July 27, 2017

光ある所に影がある

NYはまた今日も秋を感じさせる日だ。最低気温は19度と、夏はどこかに行ってしまった。

image
仕事帰りにチェルシー地区のハドソン川まで行ったらちょうど夕陽のパノラマショーの真っ只中。川沿いをランニングする人たちが光と影の最中に。

image
上流から下流へ、フリーダムタワーを見ながら下る人。逆に下流から上流へと走り登る人。その交差が夕陽の光の中で起きることが、自然の創り出すアートに見えた。

image
夏のクソ暑い中では「地獄の修行僧」みたいになってしまうが、こんな涼しい気候では、心も体も最高の気分になる。ランナーも深く呼吸しながら、この気候をかみしめ、味わっているような感じだ。

image
光があるから、影がある。逆に言えばまた、影があるからこそ、光が引き立つのだ。うーん。皮肉のようであって、実は深い真実を表している。

image
ハドソンの光と影の織りなす光景を見ながら、今日が今年最高の日だと思った。

そういえば昔、大好きだったTVドラマ『影の軍団II』。あのエンディングテーマが光と影のバラードだったな。いい歌だった。今でも覚えている。今日、この夕陽を見ながらあのメロディーが頭をよぎったのだった。
愛しい人よ、ついてくるんだ、風よりも早くー。
十分、このNYの今日の景色でもピッタリと合うような気がした。

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。




tangoprince at 14:02|PermalinkComments(0)ニューヨーク | アメリカ
Profile