January 28, 2020

超絶的に態度が悪いNY!?

伝説のNBAプレイヤーコービーブライアントの悲劇の死が世界を駆け巡った今日。ニューヨークのエンパイヤステートビルは急遽このような色に染まり彼の功績を称える追悼のライトアップを行った。

FullSizeRender
そんな悲しい日となってしまったが、今日地下鉄に乗っていて、ちょっとした光景を目にした。といっても結構見る光景なので珍しいというわけでもない。でも日本の人から見ればびっくりするようなシーンなのかもしれない。

IMG_3390
結構ガラガラな地下鉄だったが若いカップルのうちの女性が両足を車内中央の手すりに伸ばしてジャイアント馬場の32文キックの状態でキープしていた。

裏若き20代の女性と思われるその人は全く悪気は無いのだろう。相手の男性も彼氏なのだろうが全く注意もしない。普通日本だったら好きな男性の前でこんな姿は恥ずかしくて見せられないと思うはずなのだが…。でもそれをしているということはニューヨークではこれは普通に許容される行為であることを物語っている。

FullSizeRender
しかもこの上の写真を拡大すれば、奥のほうで、また別の裏若き女性が両足を投げ出して3席分を占拠していた。しかも土足!!! OMG!!!!

こちらの女性は30代前半で、人々が乗り降りしても全くお構いなしにこの姿勢を崩そうとはしなかった。

おいおい一体どうなっているんだ。確かにニューヨーカーは自己主張が強い。でもやっぱり最低限のマナーって言うものがあるはずだ。目の前に行ってホイッスルを吹き、イエローカードを出してやりたい気分だった。😆

バリバリの極悪非道な輩とかヤンキーがやってるならまだわからなくもないが、いわゆる普通の女性がこれをやっているということが最悪さを感じさせる。

IMG_3385
まぁでもこれもしょうがないか。1番上に立つ人がこの人だからなぁ。自己主張がきついし、諸外国にもガンガンのジャイアンぶりを発揮している。それをみんながものまねしてるんだろうなぁ。

と言うことで今日は愛するニューヨークにちょっと残念な気持ちを抱く日となってしまいました。

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。






tangoprince at 15:27|PermalinkComments(1) ニューヨーク | アメリカ
Profile

Hiro Tanaka (田中 ...

Archives