June 30, 2022

NY、私の心を開いた魔法の言葉

今日週半ば水曜日のニューヨーク。最高気温は28度で心地いい。快晴の空が広がった。文句の言いようのない青空ー✨🌟。

IMG_1892

LGBTQのプライド月間も、もう間もなく終わる。引っ越することになるとは、6月1日には思っても見なかったが、一気に運命は動いた。風林火山。疾きこと風の如く。「動く時は風のように瞬く」が人生に必要な時がある。今がそれだった。

IMG_1720

ユニオンスクエアで、心安らぐ光景に出くわした。新緑の季節。木漏れ日。風とともに新緑がざわめき、光と影がバラードを奏でていた。

FullSizeRender

さてそんな今日、地下鉄である出来事が。例によって車内パフォーマーがやってきた。隣の車両から移動してくるや否や大きな声を張りあげて、注目を集めようとしてた。よく見るとパーカッションのコンガを叩く、パーカッショニストだった。

FullSizeRender

初めは自分のiPhone に入ってる音楽を聞いていたので、無視しようと思っていた。それでも大きな声で騒いでいたのでこっちもさらに気合を入れて無視しようと思っていた。完全に私の心は閉ざしていたのである。

だが、彼がある一言を言った時、私の心が開いた。何気ない一言だった。それを私の心の中で言い直した瞬間、暗証番号を言い当てられたように、心が動いたのだ。こんなことは初めてだった。

どんな高尚な話と思うかもしれないが、何とも普通の言葉だった。だからこそ不思議だった。

英語がわかる人はそのまま敢えて訳さずに感じてみてほしい。日本語に訳すとcheapに感じられるかもしれないが、敢えてここに彼の言葉を書いてみる。

Why do you ignore people who really respect you? (あなたに対して本当に敬意を抱いている人をなぜ無視するのですか?)
これは心に響いた。そうだなと心が動いた。自分も辛いことがあって色々考えさせられることがあった。そのために成長させられることがあった。人のことを思って努力したことが、全く相手に通じない時の悲しみとつれなさは、心が折れそうな痛みがあった。

だからこそ彼のこの言葉は、自分に強烈なインパクトを与えた。皆さんはそんな経験はありますか?

彼の音楽に対するお礼ではなく、自分の心をふと開いてくれた彼に対して、チップをあげたのだった🙏🌟✨。

以上、ニューヨークから実況生中継でお伝えしました。

P.S. ***ブログランキング参加中。記事が面白ければ下のペンギンのボタンをクリックしてサポートいただけると嬉しいです。 ***




tangoprince at 16:00|PermalinkComments(2) ニューヨーク | アメリカ
Profile

Hiro Tanaka (田中 ...

Archives