September 27, 2016

大統領選の逆転勝利へ

大統領選も残り1ヶ月半。ラストストレッチに入ってまさに最終局面を迎えた。

image
大統領選の大詰め、今日は大注目のヒラリーとトランプの一騎打ち、第一回ディベートが行われた。(CNNの報道より)

予想ではトランプが得意のディベートでアドリブを巧みに操ってヒラリーを追い詰めるかーという怖い物見たさもあった。
image
イーストビレッジのバーでも普段スポーツ中継一色の若者が、この日はどういう展開になるのか、固唾を飲んで見守っていた。

結果から言うとヒラリーに軍配が上がったと言えそうだ。完璧に勝ったとは言えないが少なくとも負けはしなかった。

image
CNNの映像を見ていたが、トランプは終始むっつり顏。笑顔を時折見せるヒラリーの方がより余裕があるように見えた。

何度もトランプは鼻をぐずぐずさせていたし、体調不良なのか、いつものキレがない。だいたいトレードマークのいつもの赤ネクタイはどうしたんだ!?

"よそ行き"のトランプである感覚がしたが案の定ヒラリーに互角以上の展開を許すという、意外な展開。

相当ヒラリーがディベートを仕込んできたのは間違いないが、トランプはキレが鈍ることを恐れ必要以上に練習しない選択をした。

image
ディベートの運びもうまくいかなかった。アメリカの人種問題を語るときに、シカゴで今年に入ってから何千人も銃で撃たれている、オバマ政権になってからは4000人銃で殺されてると何度も繰り返した。

「シカゴは戦争で分断された地域なのか?」とまで言った。シカゴ住人を敵に回す可能性もある発言だ。

無理にこじつけて自分の知ってるデータを持ち入れ、少し争点から外れている感があったし、その分「相手を踏みにじってやろう」という邪悪さが透けて見えたのは間違いない。

オーソドックスに答えていたヒラリーの答えが優れていたわけでもないが、トランプの自責点に加算されるだろう。

というわけで大統領選の最後の重大局面ディベートの第一弾は、ボクシングで言えばヒラリーの12回判定勝ち。上の写真もCNBCがヒラリー勝利を謳っている。

とは言っても下駄を履くまで、まだまだわからない。よそ行きでない、赤ネクタイのトランプが戻ってきたとき、ヒラリーはどう立ち回れるのか?本当に楽しみにしている。





tangoprince at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アメリカ | ニューヨーク
Profile