May 04, 2016

NYにある泪橋とは!?

不朽の名作『あしたのジョー』でジョーが練習に励んだボロボロの丹下ジムは泪橋のたもとあった。

image
ニューヨークにもそんな古き良きボクシングジムが存在する。ブルックリンブリッジのたもとにあるアメリカボクシング界にとってなくてはならない伝説のGleason's Gymだ。

1937年の創業以来、幾多の世界チャンピオンを輩出。その中には、モハメッドアリ、マイクタイソンがいる。

image
会長室の数百にも上るタイトルマッチのポスターを見てもその歴史が垣間見える。

image
お世辞にも綺麗とは言えないそのジムは、幾多の英雄のサクセスストーリーを生んできた。

この床やサンドバックに、アリやタイソンの汗と涙が染み込んでいると思うとー格別の感慨と共に鳥肌が立つのを感じるほどだ。

TBS時代、実況アナとしてボクシング中継には情熱を注ぎ、後に世界ミドル級チャンピオンになる竹原慎二の東洋太平洋タイトルマッチや、カリスマ性のあったピューマ渡久地の日本タイトル再獲得試合も担当した。

image
その関係でアメリカに移住してからもGleason's Gymには何度も取材に訪れ、今では日本のボクサーたちがこの歴史あるアメリカの伝説のジムでトレーニングできるようコーディネートをしている。

今回九州長崎からプロボクサーの佐野総一郎君が参加。そして今年9月にデビュー戦を迎える彼のためにわたしが選択した専属トレーナーは...

image
元WBO世界スーパーバンタム、スーパーフェザー級チャンピオン(2階級制覇)、ホアン・グスマン氏だ。

超人的なスピードで威力あるパンチを放つファイターでありながら、鉄壁のディフェンステクニックで相手を翻弄。戦績は37戦(21KO)34勝1敗1引き分け。

数々の世界チャンピオンを取材で見てきた私でも彼の現役時代のスピードと、さらにロープ際に攻められても不敵のノーガードから鉄壁のディフェンスを見せるという離れ業には驚嘆する。そのくらいの天才肌のボクサー。

ただしもっと驚いたのは彼がトレーナーとしても一流ということだ。一発でボクサーの長所短所を把握し独特の技術論からオリジナルの指導を展開する。

上のビデオはその一端でしかないが、プロアマ問わず、日本では決して学ぶことができない、秘伝のボクシングを体験したい人は是非、ご連絡ください。

ちなみにホアン・グズマンの現役時代のスーパーファイトをご覧になりたい方はこちらからどうぞ。HBOの映像ですが、鼻血が出るほどすごくて興奮します。

今は太ってしまって現役時代の細くて強いイメージは消し飛んでしまったホアングズマン。

しかし、世界の頂点を極めた人がこんなにも近くにいるのかー思うと、ニューヨークのすごさを改めて感じざるを得ないのであった。ホアングズマン、そしてニューヨーク万歳!!!

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。








tangoprince at 14:37│Comments(1)TrackBack(0) ニューヨーク | アメリカ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 城崎みか   May 04, 2016 15:00
5 日本から来られたボクサーの方も、こんなに素敵なコーディネートをしてもらえて、嬉しかったでしょうねー。歴史的なジムで練習できて、さらに世界チャンピオンのトレーナーだなんて🐥🌟✨

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile