June 12, 2017

旅立ちを祝福する夕陽

アウトドアのイベントが続く。日曜はチェルシーの桟橋でVOLVOタンゴ。タンゴのプライベートレッスンを教えた後、生徒と一緒にふらっと立ち寄った。

image
気温が32度と非常に蒸し暑かったがハドソンを渡る風で過ごしやすかった。しばらくするとこのようにでっかい夕陽がハドソン川に沈んでいった。

image
気温が一気に高まったからか、ここ数日睡眠不足で疲れてもいるが、それでもここまで足を伸ばしたのが、翌日ヨーロッパに旅立つ友人がいたからだ。

アルゼンチンブエノスアイレスから川向こうのウルグアイ出身のアンドレア(写真中央)。タンゴで知り合い住んでいるところも駅一つしか違わないので親しくなった。

彼女は会社を辞めて明日からヨーロッパのタンゴフェスティバルを3ヶ月ハシゴし、その後スイス移住を目指している。今日はさよならを言いに来た。

image
昔はここにワールドトレードセンターのツインタワーがあった。今ここから見えるのはフリーダムタワー。新たなNYのスカイラインを満喫できる。

image
そんなこの日もNYの夕陽は相変わらず美しかった。彼女の旅立ちを祝福するにはいい日になった。

image
彼女には素敵な人生を切り開いていってほしい。いくつになっても新たな土地で真新しい人生を始めることは大きな試練。もちろん希望に満ちているだろうが、慣れ親しんだ生活を離れる怖さもあるはず。

自分も21年前に東京からニューヨークに移住した。2度と帰らないつもりで来た。『死して屍拾うものなし』の隠密同心の心得の条を座右の銘に据えた。

帰ることを選択肢に入れたら、簡単に心がぶれて、逃げてしまう気がしたからだ。アンドレアの旅たちを見ていると、自分がアメリカに飛び込んだ時を思い出す。

きっと頑張って、納得いく生活を手に入れて欲しい。自分もその間さらに成長していこう。次に会う時を楽しみにしたいー。

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。





tangoprince at 14:23│Comments(1)TrackBack(0)ニューヨーク | Tango

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佐野総一郎   June 13, 2017 12:42
5 今までにない人生を切り開く為の旅立ち。
立派ですね!私も応援してます!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile