June 15, 2017

NY最大の弱点(2)

今日の気温は少し落ち着いた。陽が沈んだ後は気温21度と超快適。午後7時半からタンゴのプライベートレッスンを教えた後、28丁目を東へ歩いていた。

image
そこから、すごい圧巻なエンパイアが見えた。昨日、一昨日と陽炎の中にエンパイヤがあったが、久しぶりにクリアな姿を見せてくれた。

image
一方で過ごしやすい日になったのにまだまだ陽炎の中に霞んでいるのがNYの地下鉄だ。とんでもないサービスで悪名高く、NYの最大の弱点なのだ。

image
昨夜のように何にも理由がわからず、突然40分も止まるなど当たり前。地元紙amNYが今日、いかにNY地下鉄がひどくなったのかという記事を掲載。
2012年11月から2016年11月までの4年間で、地下鉄の遅延は1万8255件から6万274件になり実に332%も増加。
image
悪くなる一方だ。しかも地下鉄の遅延のうち最悪の理由は信号故障でこれが起きると10分や20分で修正されるはずもなく、数時間も遅れ続いたり、最悪、路線変更になって完全通行止めもあり得るのだ。

image
私もテレビ東京や日経CNBCのキャスターでオンエアを抱えている時に、この信号故障で地下鉄内に閉じ込められ、危うくNYー東京の生放送をぶっ飛しそうになった危機一髪が少なくとも2、3回はあった。

駅と駅の間で止まるためにもちろん携帯、WiFiなども使えず、東京、NYのスタッフにも連絡することもできない最悪の状態。焦りで地下鉄内で走り回るも、どうなるものでもなく寿命が数年は縮まったことは間違いない。

なのにamNYはこういう事実を伝えている。
2005年以来、地下鉄の信号システム修理プロジェクトが47あったが、そのうち57%(27件)が予定より遅れた。
地下鉄の開設以来、113年も経ち、システムもガタガタになっていることは間違いない。なのに信号を含めて修理が滞っているのが理解できない。

image
しかもこれは声を大にして言いたい。今年の3月19日にも、地下鉄の料金は値上げされたばかりだ。2008年以降、これは6回目の値上げになるのだ。一体その金はどこに消えているのだ!?

わかりたくてもわからない魑魅魍魎の世界ー。ニューヨーカーの最大の苦悩の種であり、街の最大の弱点でもある地下鉄。今日も摩訶不思議な最悪のサービスで運営し続けていくのだろう。

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。






tangoprince at 14:16│Comments(1)TrackBack(0)ニューヨーク | アメリカ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佐野総一郎   June 15, 2017 22:27
5 世界最先端のニューヨークですが、思わぬ弱点があるものですね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile