February 13, 2018

NYで100人に聞きました!!!

自分はテレビ業界で働いてきたのに、NYではテレビをほとんど見ない(笑)。でも日曜日夜8時ごろレストランでやっていた番組を見た。

FullSizeRender
3大ネットワークABCのCelebrity Family Feudという番組だ。レストランだから音はほとんど聞こえないのが、しばらく見ているどこか凄く懐かしい感覚に襲われた。こ、これはー!!!! 

家族対抗でクイズ番組をやっているのだが、これはどこかで見たことはある!!! そう気付くのにそれほど時間はかからなかった。

IMG_8893
決定的に気づいたのはこの司会者のポーズだった。クイズ出題時に、肘をテーブルに付いて寄りかかるこのポーズ!!!!! そう、これは関口宏の有名なポーズなのだ。そう、この番組『クイズ100人に聞きました』のアメリカバージョンなのであった。

100人に聞きましたは、古巣TBSで1979年4月2日から1992年9月28日まで放送された。20代〜30代前半の人たちはわからないけれど、僕らは子供の頃、よく見ていた超人気番組で、視聴率は最高30.7%を記録したというー。

初めはTBSがアメリカABCにライツを売ったんだろうと思った。ところが調べるとそうではなかった。実は全く逆だったのだ。元になったアメリカのFamily FeudはABCで1976年7月に放送が始まっているので、日本よりも3年ほど前なのだ。

つまり本家がアメリカの『Family Feud』で『クイズ100人に聞きました』が、その日本バージョンなのだ。調べれば、アルゼンチンや、ドイツ、メキシコ、スペイン、オーストラリアなど様々な国でこの番組がカバーされて放送されているのだ。

FullSizeRender
『100人に聞きました』は、この『Family Feud』にセットも似ているし、間違っていた時のバッテンのデザインもほぼ同じだった。

そして最高に面白いことを発見。『Family Feud』の初代のMCがリチャード・ドーソンなのだが、YouTubeでビデオを見てみると、すでに出題時に、肘をテーブルについて寄りかかっているのである。

そう、関口宏のポーズは、このアメリカの本家の初代MCドーソンから来ているのだ!!! 関口宏がものまねしたことがよくわかる。皆さんもビデオを見て自分で確かめてほしい。そしてこのポーズは今現在も、受け継がれているのである。

たまにアメリカのテレビを見るのも新たな発見があっていいものだ。それにしてもアメリカで関口宏のポーズが見られるとはー。その由来も今回発見することができて非常に嬉しい気分だ。

以上、NYから実況生中継でお伝えしました。





tangoprince at 16:06│Comments(0) ニューヨーク | アメリカ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

Hiro Tanaka (田中 ...