May 15, 2018

あの続きが見られる!!!

IMG_4958
ついにYouTubeの有料サービスYouTube REDにサインアップしてしまった。広告がないだけでなく、オリジナルのドラマを制作してる。実はそれが見たかったのだ。

FullSizeRender
84年に大ヒットした映画、『Krate Kid (邦題; ベストキッド)』。その続編をYouTube Redがoriginal seriesとして制作してる。

FullSizeRender
正確にいうと映画でも続編は出ているのだが、これは34年の月日を経て、あの登場人物、ダニエル・ラルーソとジョニー・ローレンスの2人のライバルが、どうなったかを描いているのだ。

FullSizeRender
オリジナルのクライマックスシーンでは、ダニエルが片足立ちの『鶴の拳(Crane Technique)』でジョニーを顔面蹴りして勝利を飾るのだが、このジョニーが負けてマットに崩れた瞬間から34年後のストーリーが始まる。

FullSizeRender
YouTube REDは日本では見られないと聞いているのだが、この34年後のストーリーのタイトルはかつて彼が属していた空手道場の『Cobra Kai (コブラ会)』。ジョニーの視点で描かれているのが最高に面白い。ドラマとして最高に仕上がっている。しかも味わい深い。1話およそ30分なのだが、魅き込まれるようにして全10話を一晩で一気に見てしまった。

FullSizeRender
ストーリーをバラしてしまうのは良くないので、差し障りない程度に書いてみるが、一旦は解散して久しいコブラ会をジョニーは復活させる。『Strike First, Strike Hard, No Mercy』の3原則を座右の銘に据える、掟破りの空手道場だ。その弟子がこの上の青年、ミゲル。

笑ってしまったのが、このミゲル、織田裕二にそっくりなのだ。というか、声まで結構似ている。見ていて、織田裕二が出ているような錯覚に陥り、大笑いだった。

ただそんなことはさておいて、この『Cobra Kai』は最高の完成度に仕上がっている。オリジナルよりもより一層興味深いと言っても過言ではない。ダニエルとジョニーの運命の再会。完全に180度違ってしまった人生の軌道。考えなれないようなツイストが2人のライバル関係をさらに複雑怪奇にしていくー。

日本にいて見られないのなら、是非、NYに旅行に来られた時に見て欲しい。ちなみにトレイラーはこちらから。これは日本でも見られるのだろうか?! I hope so!!!


以上、NYから実況生中継でお伝えしました。







tangoprince at 14:53│Comments(0) ニューヨーク | アメリカ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

Hiro Tanaka (田中 ...