ブログネタ
に参加中!
フジテレビの世にも奇妙なのサイトを見ました。

才能玉について、翔くんのコメントが載っていました。

翔くんは、貧乏なフリーターの太田真和役
バンドでデビューすることを夢見ていたが・・。
ひょんなことから才能玉の存在を知り、思わず手を出してしまう。

「びっくりしました。すごくうれしかったですね。
 子供の頃、すごく楽しみにして観ていたんですよ。
 台本をもらったときも、ちょっと興奮しました」

「僕の台本見て、ニノが興奮していました。
 『このロゴ(“奇妙”の番組ロゴ)がついた台本は、
 ちょっと興奮する』とか言って。
 やっぱり、“奇妙”って、僕らの世代にズバリなんですよ。
 子供の頃、連続ドラマとして放送していましたからね。
 そんな番組に自分が出るっていうことで、
 びっくりしたっていうのが一番ですね」

「今回の役は、サイコキラーっぽい、
 ちょっと狂気じみたところのある役柄。
 そういう役はこれまでやったことがなかったので、
 台本を読んだときはそこが楽しみでしたが、
 実際に演じてみると…難しい。
 でも、それが楽しいですね。
 今までやったことないタイプの役を演じるというのは、
 芝居をするうえでの醍醐味だったりもするので、
 わずか4日間の撮影ですけど、監督に僕の新しい面を
 引き出してもらって、監督と一緒に役を
 作っていったという感じです」

もし実際に“才能玉”があったら、どんな才能がほしいか?

「そりゃあもう、お芝居、歌、ダンス。
 これがあったら完璧でしょう。
 でも、“才能玉”というのは、本人も気づいていない
 潜在的な能力を最大限に引き出すものだと思うので、
 実際になめてみて、僕の中から引き出される才能が、
 果たしてどんなものなのか知りたい気持ちはありますね」

「今までみたことのない僕を見てもらえると思うので、
 楽しみにしていてください。
 あとは、月並みな言い方になってしまいますが、
 衝撃の結末にご期待ください!!」


このコメントを読んで、楽しみで楽しみで
たまらなくなっております。
翔くん、大好き!

ZEROの翔くんは、本当に立派で、世界一ステキでしたし、
世にも〜のコメントは、素晴らしいですし、
あまりにもカンゲキして、朝からエントリー。
今日も幸せです!