元記事:プログラミング知らないHTMLコーダーがダメな理由より

一番危ういのはHTMLコーダー。

HTMLコーダーって、HTMLしか書けない人が多い。プログラミングは分からない、とか、勉強する気はない、とか言っちゃう人もいる。

HTMLなんて所詮静的なものだから、webっていう分野の中で見たときその重要度は最底辺である。

webは動的でこそ意味があるからね。HTMLコーダーという職業が未だ成立しているのは、単にプログラマがHTML書くのが面倒くさいから。

そもそもHTMLなんて素人が一ヶ月本気で勉強すれば仕事になるレベル。後はハックw ひたすらハックw そして複数のブラウザでチェックチェックチェック。

まさにIT土方。力仕事なのである。

こういう考えの人がいるから、いまだに「こんなレベルのコーディングがあるのか」っていうページに遭遇するのでしょうね。で、ちなみにHTMLコーダという職種は私の中ではHTMLのマークアップをメインにクライアントサイドでの処理に携わる部分を記述する仕事だと思っています。なので、携わる部分はHTMLとCSSとJavaScript。

しかし、それがWebという分野の中で見たときに重要度が最底辺というのが大きな間違いで、むしろ最も重要なものであるはず。なぜなら、Webという分野においてブラウザ側のインターフェースを携わる部分であるからである。HTMLが静的とかプログラムが動的っていうのは、間違った捉え方でプログラムが吐き出すものも結局はHTMLにしてクライアント側に渡すのだから、それを区別するのはおかしい。プログラムは動的な動作のロジックであり、HTMLはその動作を表現するものであるはず。PHPでもプログラムが吐き出すもののテンプレートはHTMLで書かれている。そのHTMLを軽視して素人に毛が生えたようなコーディングをしていると、最終的にアウトプットされるものもクロスブラウザ対応していなかったり、メンテナンス性が異常に悪かったり、SEOとか無視していたり、CSSのメリットを生かしていないようなものになったりする。

なにもHTMLコーダーからプログラマにステップアップしなくても、普段の仕事で活用出来る。プログラミングがちょっとわかれば、人間が手作業でやる仕事をコンピュータに丸投げできる。HTMLコーダーはそれをしない。

HTMLエディタを使わないのは、それが余りにもイケてないから。昔に比べれば改善はされたものの、ちゃんとしたコーディングレギュレーションを策定して、その上でHTMLコーディングを進めようとすれば、なかなか痒い所に手が届くHTMLエディタはない。その結果、テキストエディタを使っての作業になるのは仕方ない。

ただ、「sed」とか「awk」とか便利だし正規表現ぐらいは知っておいた方がいいのは確か。しかし、これはHTMLコーダよりWebディレクタのほうが知る必要が多いのではないかな。ちょっとした作業をするときにシェルスクリプトぐらい書けた方が断然便利だし、作業は早いし。ただ、これをプログラミングというには憚れるかもしれないけどね。