メールの誤送信対策というのは情報漏洩対策などでは必須のものである 。しかし、メールというこれだけ多用されているものについて、誤送信であるかどうかを判断するのは難しい。下手な方法を取ると、誤送信の疑いでメールが全然送れなかったりして、逆にメールでの業務に支障をきたしかねない。そこで注目のソリューションをピックアップ。

元記事:メール本文を分析して誤送信防止 NRIが新技術 - ITmedia Newsより

野村総合研究所(NRI)は7月31日、電子メールの送受信履歴を自動で学習・分析することで、誤送信を事前に検知・防止する技術を開発したと発表した。

過去に送受信した電子メールの履歴を分析。あて先ごとの特徴を自動で認識し、送信しようとしているメールのあて先が間違っている可能性があれば通知する。

確かにメールの本文を解析することで送信先が正しいかどうかをある程度推測させることは可能である。例えば取引先など社外の人が含まれているにも関わらずメール文頭が「お疲れ様です」などと始まっていれば誤送信の可能性が高いと判断して間違いない。メールの文頭で「○○○株式会社 △△様」と書いているにも関わらず送信先のアドレスに含まれていなければ、それも誤送信と判断できる。

予想される問題としては、やり取りをしているメールであれば本文が長くなりメール全文の解析などを行うと時間がかかってしまう。回避策としては、解析範囲を文頭のいくつかに制限することで実際の運用において解析による遅延を抑えることも可能であろう。そして完璧ではないが、ある程度の誤送信を防ぐことが可能であることには違いない。

実際の解析方法など技術的に難しいかどうかは別にして、その発想自体は非常に分かりやすいものである。