カンボジア不動産ブログ

カンボジア。。。 投資、事業のファイナルフロンティア。 私たちはカンボジア進出5年目となりました。 カンボジアでの新しい発見、新しい出会い、新しい挑戦、そして日本では絶対に遭遇しない事件をコピペではなく、私たちの実体験のみを記録したブログです。 カンボジアで収益不動産16階建、4階建を2棟建設、所有。日系初タワーコンドミニアム「Jタワー」24階建を分譲開始5週間で完売、2018年1月計画通完成。農業収益不動産113haで胡椒農園を運営しています。魅力ある収益不動産をカンボジアで探し求めるブログです!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
IMG_0191
コンドミニアム、サービスアパートメントの運営をしていてやはり一番怖いのは火災です。

万が一のことが発生したらと考えますと。。。。否、そうならないために気を抜かないように
しておかなければなりません。

でも万が一のことが発生しても、まずカンボジアの消防隊などあてにできない。

またカンボジア人スタッフも火災時為すべきことより、火災の現場をFacebookにアップする方に気持ちが行ってしまいそうな国民なので。。。

普段からの意識付け、教育、訓練が大切だと、今回、訓練の実施とコンドミニアムに設置してある災害システムのチェックを行いました。
IMG_0185
まずは災害時に何をすべきかをプリントして説明。

消化活動も大事ですが、一番に住人の避難誘導をすることをスタッフに求めました。

特に子供、乳児が住んでいる部屋を全員で把握して避難誘導に全力を注ぐように!と

もう一つここでカンボジアらしいことを指導しなければなりません。

避難誘導で各部屋の住人に伝えます。
ブザー、ノックをしても反応がない時どうするか???
プライベートな問題もありますが、身分、階級意識があるのでここがいざと言う時、取り決めていないとカンボジア人では難しいと思います。
応答がなければ部屋の鍵を開けて在室確認しろ!
問題が起きれば、後でオーナーの私が責任を取るで非常時の意識一致。
IMG_0188
私たちのコンドミニアムの階段部分には防火ドアを設置してあります。

階段部分から侵入されないようにロックがかかっていますが、侵入者対策だけでなく、災害時に煙を防いだ避難路になるため、開けっ放しにしないように注意確認。
IMG_0189
まずは避難誘導ですが、初期消火が可能なら努めよと女性スタッフに消火器の使い方、まずは安全ピンの抜き方
IMG_0190
そして消化訓練。

油の火に水をかけてはいけないよと。。。

と言っていてもカンボジア人なら水をかけそう。。。

キッチンから火が出ていたらインテリアが汚れてもいいから消火器を使用!
こういう言い方の方がいいでしょうね。
IMG_0187
男性スタッフによる消火訓練ですが。。。

いざとなるとできませんね(^^;接続ができない時間かかり過ぎ。。。
IMG_0202
ホースもこれでは水が出て来ないだろう。。。

ホースを包帯みたいな初めから終わりへの巻き方をしていたらこんな感じになってしまいます。
IMG_0192
ホースは水の入口と出口を二つに折って
IMG_0201
このように巻きますと
IMG_0199
さっとスムーズに展開できます。
各階のホースの巻き方が悪いところをこの後、確認修正。


日本人なら子供の頃から
「はたらくおじさん」(NHK教育)古いか、古過ぎ(^^
「警察、消防24時」みたいなTV番組が1年で一回くらいはやっています。
また不幸にして災害が多い国ですので、災害時に何をすべきかは、どこかで見た聞いた、そして教育を受けてきていると思いますが、カンボジア人に災害時に何をすべきを期待するのは無理です。

普段から少しずつでもやっていないといけないなと思います。

PPCBの日本人デスクで消防訓練を行ったことを話しますと
「日本の幼稚園では毎月やっていましたよ。」と女性スタッフの方にご意見を頂きました。

そう、カンボジア人、言ったら悪いですが子供みたいなものです。
幼稚園みたいに本当にマメにやっていかないといけませんね。

カンボジア、自社コンドミニアムでの消防訓練ですが、ご参考になりましたでしょうか?


次回ブログ記事更新の意欲になります。下記アイコンをポチッとクリックをよろしくお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
いつも応援ありがとうございます。

カンボジア

投資、事業のファイナルフロンティア

私たちはカンボジア進出5年目となりました。

新しい発見、新しい出会い、新しい挑戦、そして日本では絶対に遭遇しない事件などを

コピペではなく、私たちの実体験のみを記録した真実のブログです。

これからも応援、励ましよろしくお願い致します。















にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

IMG_0174
カンボジアで4棟目のプロジェクトスタートです。

昨日23日、Jタワー2(仮称)の土地売買契約の決済でした。

少しカンボジアでの不動産取引とお金の流れを説明します。

①不動産売買契約(手付金)
  ↓
②登記手続(中間金)
  ↓
③登記完了(最終金支払)

日本と大きく違うのは登記手続きから登記完了までの間に2か月くらいかかってしまうことです。

所有権移転が完了しない時点で多額の支払いをしなければなりません。

日本なら②③、登記と決済は同日に行えます。

詐欺が発生するのはこのタイミングが一番多いです。

過去の経験から売主買主双方が建設省の役人を呼び、役人同士をお互いの面合せ、その役人本人の確認、在職確認を行って取引を行いました。

ここまで慎重にやらないとやられてしまうカンボジアの不動産取引です。

確認、確認、確認、確認。。。

日本と同じく基本に徹する、疑わしきことは全て明らかにする、そして確認が大切です。

カンボジアでは土地売買契約だけでは、いつひっくり返される、白紙になるか分かりませんが、土地代金を支払って登記準備にはいれば、あとは受け取るだけ、いよいよスタートの実感が出てきます。

さて、今から登記完了、建築確認申請、許可までを計算しますと正式発表は今年9月頃、工事着工が12月末予定です。

現在発表できる概要は

立地:カンボジア プノンペン最高級地ボンケンコン1
敷地面積: 1000㎡以上
建物高さ: 39階以上
タイプ: 2bed~のファミリータイプ
販売価格: 2000ドル以下/㎡

不動産はロケーションと価格です。

最高のロケーションはもちろん、特に満足頂ける価格でご提供できます。

カンボジアでは開発業者、投資家本位の希望利益による市場からかけ離れた価格帯がほとんどです。
その上、物件が完成するかどうか?、引渡時期が定かでない遅滞、家賃保証販売。。。相場が判断しにくい現状です。

唯一、日系上場企業の初プロジェクトのコンドミニアムが建設、販売中です。おそらく完成するだろうと見込める物件と判断しますと、その販売価格が約4000ドル/㎡と聞いております。

立地、規模、価格そして実績で同じ日系企業として、お互いいい競争ができたらと考えています。

私たちカンボジアでの3棟の建設実績を踏まえて、さらに品質、内容を充実させたコンドミニアムのご提供に一同邁進していきます。

3棟目プロジェクト Jタワーコンドミニアムが大変有難いことに販売開始後5週間で完売したことで、ご興味があった方々に情報が十分に伝わっていたかったことがあり、大変お叱りを頂きました。

その点を十分に反省し、この度は「JClub」を発足して、情報を漏れなく迅速に伝え出来るように準備してまいります。

益々の応援よろしくお願い致します。

50歳最後の日にいい仕事、思い出に残る仕事ができたこと、日頃の皆様の応援、ご支援のおかげと感謝致しております。


次回ブログ記事更新の意欲になります。下記アイコンをポチッとクリックをよろしくお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
いつも応援ありがとうございます。

カンボジア

投資、事業のファイナルフロンティア

私たちはカンボジア進出5年目となりました。

新しい発見、新しい出会い、新しい挑戦、そして日本では絶対に遭遇しない事件などを

コピペではなく、私たちの実体験のみを記録した真実のブログです。

これからも応援、励ましよろしくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

本日2018年4月19日、ピカソシティーガーデンと私たち近隣者との間で和解が成立致しました。

近隣住民の生活に配慮した建設工事を今後行うことを確認し、ほぼ私たちの要望通りの内容となりました。

今後、両者間に紛争は無く、工事は再開されるものとなります。

2日間、計9時間におよぶトップ会談による解決和解合意でした。

関係者の皆様、誠に有難うございました。

ご報告まで。


カンボジア

投資、事業のファイナルフロンティア

私たちはカンボジア進出5年目となりました。

新しい発見、新しい出会い、新しい挑戦、そして日本では絶対に遭遇しない事件などを

コピペではなく、私たちの実体験のみを記録した真実のブログです。

これからも応援、励ましよろしくお願い致します。

次回ブログ記事更新の意欲になります。下記アイコンをポチッとクリックをよろしくお願い致します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
いつも応援ありがとうございます。

↑このページのトップヘ