池田市の谷口司法書士事務所 代表司法書士 谷口裕宣です




死別した配偶者に、それまでどおり住居に住み続けられることができる「居住権」を与える法改正がなされると報道がありました。




現在は、死別後に遺産分割による話し合いを行う必要がありますが、話し合いがなかなかまとまらないリスクがあります。




婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、住居を生前贈与する方法により、死別後のリスクを回避できます。




同様に、公正証書遺言を作成しておけば、死別後に話し合いを経ることなく、名義を移すことも可能です。




法改正が行われる背景には、死別後のトラブルが現に多いことがうかがい知れます。




相続対策ははやめはやめの備えが必須です。




気になる方、心配な方は当事務所にお気軽にご相談ください。




池田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
http://www.inaba-taniguchi.com/