池田市の谷口司法書士事務所 代表司法書士 谷口裕宣です。




ここ最近の相談や依頼のなかで特に目立ってきたのが、配偶者も子もいない方の相続手続きです。





配偶者も子もいない場合、直系尊属(父母)が相続人となりますが、直系尊属(父母)も既に他界されていることがほとんどです。




そうなると、次は兄弟姉妹が相続人となります。





様々な事情から兄弟姉妹の関係が希薄になっている場合など、相続手続きを進めていくうえで、困難が生じます。




そもそも、故人が財産を兄弟姉妹に残したかったのかどうかも気がかりな点ですが、既にお亡くなりになっているので、それを確かめるすべはありません。




司法書士業に従事して10数年経ちますが、故人が遺言を残していればよかったのになぁと感じる事案に何度も出会ってきました。



人間いつ死を迎えるかわからない以上、生前に築いた財産を使い切ってから死ぬことなど不可能ですし、あの世へもっていくこともできません。



であれば、遺言を作成し、自ら築いた財産を誰にどのような形で引き継いでもらいたいかの意思表示をしておくことが必須です。





気になる方、心配な方は当事務所にお気軽にご相談ください。




池田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
http://www.inaba-taniguchi.com/