池田市の谷口司法書士事務所 代表司法書士 谷口裕宣です。


さまざまな相続のご相談を受けるなかで、ここ最近特に子のいない方の相続が増えています。


子がいない場合には、亡くなった方の兄弟が相続人として登場してきます。


兄弟が既に亡くなっている場合には、甥っ子姪っ子が相続人として登場します。


生前行き来があればよいのですが、何十年と会っていないことや分け合って絶縁状態のこともあります。


この場合には、兄弟や甥っ子姪っ子に、遺産分割協議書に実印を押してもらうのは大変なことです。


そんなことを防ぐ意味をこめて、元気なうちに公正証書遺言を作成し、


自らの死後に相続手続きをスムーズにすすむようにしておいた方がよいと強くお勧めします。


遺言のお問合せはお気軽に。


池田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
http://www.inaba-taniguchi.com/