池田市の谷口司法書士事務所 代表司法書士 谷口裕宣です。


民法の改正にともない、相続登記の重要性がますます顕著になりました。


具体例をあげますと、たとえ遺言で自宅を妻に全部相続させるとしていても、登記をせず放っておくと、


法定相続分をもつ他の相続人が勝手に自分に有利な登記をいれて、その法定相続分をまったく見ず知らずの


第三者へ売却することができてしまうケースがあります。


旧法下であれば、遺言があればそのような不都合は解決できたのですが、今回の民法改正により、



登記を先にいれた者が勝つことになりました。



見ず知らずの第三者と自宅を共有名義で持ってしまわないように、大至急相続登記をしないといけませんね。



お気軽にご相談ください。



池田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
http://www.inaba-taniguchi.com/