池田市の谷口司法書士事務所 代表司法書士 谷口裕宣です。


不動産を他の家族と共有することは可能です。


しかし、共有すると想定外のいろいろなデメリットがでてくることが多いようです。


例えば、不動産を「売りたい」と考えても他の共有者が「売りたくない」と思えば、


売ることはできません。


時には当時の分割方法がそもそも不公平だったと主張する共有者もでてきます。


そうこうしているうちに当初の事情を知っていた共有者が死亡し、


事情を知らない相続人が名義人になってしまい、もう手の付けられない状況にもなる可能性があります。


当事務所ではできるだけ共有を避ける方がよいとアドバイスすることがほとんどです。


相続、遺言や不動産のことならお気軽にお問合せください。


田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
電話 0120-914-496
http://www.inaba-taniguchi.com