池田市の谷口司法書士事務所の代表 谷口裕宣です。


2024年7月からは相続登記が義務化されますが、


それまでの間に相続登記するメリットは?相続登記しなくてもデメリットはあるのか?ということをよくお問合せされます。


登記の専門家からすれば、お亡くなりになった方の名義をそのまま放置しておくなんとことはリスクでしかないと考えます。


被相続人の相続人同士は仲良くもめることもないかもしれませんが、相続人の相続人つまりいとこ世代同士ではどうでしょうか。


核家族化がすすみいとこ同士の行き来など皆無といった方々も多いはず。


そうなると古くなった家を売却するにはまず名義変更しないといけない。


行き来のない者同士でハンコを集めることなど困難を極めるでしょう。


そうならないためにも相続登記は必須だと考えます。


名義をほったらかしていいことなどひとつもないように感じます。


相続、遺言、不動産のお問合せならなんでもどうぞ。


田市・豊中市・箕面市・川西市・伊丹市・宝塚市なら
谷口司法書士事務所
電話 0120-914-496
http://www.inaba-taniguchi.com