ETV特集ETV特集「原爆と沈黙~長崎浦上の受難~」

NHKEテレの番組だが、構成に疑問を感じる。

うちの祖父は被爆者だった。
不幸中の幸いで、致命傷になるような被害は受けず、また父も祖母のお腹の中にいたので、被爆2世3世という事態にもならずにすんだ。
働き盛りで被爆した祖父は俺が2歳の時に70代で亡くなった。
当時の医療水準や平均寿命を考慮すると、少なくとも他人様並みの時間は過ごせたと思う。
被爆が無ければもう2年3年くらい生きてくれたんじゃないかという思いはあるが。

そこを踏まえるとやはり番組に疑問を感じる。
まず、「原爆の語り部」については、長崎県は熱心に取り組んだ。
しかし、高齢化によって、語るだけの体力が持たない事など負担が大きいという事でもう10年ほど前に語り部制度は終了した。任意で語り部として活動する人も「今年の夏で最後」というローカルニュースを何人ものケースで見た。
まだ番組が放送されてないのか、今日気付かないうちに放送されたかわからないので出演した人の年齢はわからない。
ひとつ言えるのは、昭和20年に生まれた父より年上でなければならない。もう71歳で、タモリと同い年である。幼稚園児あたりから記憶が残ってると仮定してプラス5歳。わけもわからず被爆した年齢でもう76歳になるわけだ。
それより年上で今まで特に語り部としての活動をしていなかった人の証言がどこまで正確かわからない。
しかもわざわざ被差別部落などのバイアスがかかっていて、本当に原爆についてのためになる話が引き出せるとは思えない。

近頃は原爆に限らず戦争体験を高齢者が話すという企画が多い。
中学生の時、「身近な人から戦争体験を聞いてまとめる」という課題が出たのを覚えている。
祖父母は皮肉にも被爆した祖父が一番長生きで、皆既に故人。
あまりにアテがないので小学校で可愛がってもらっていた年配の先生にお願いしたわけだが、
「体験て言ってもなー。子供だったから大した話はないけどそれでもいいのかあ?」との事だった。
お元気なら80代になっていらっしゃる年代だ。それでも「子供の証言」なのだ。
裁判でも子供の証言は信憑性が疑われるではないか。
どの時代でも年寄りと中年と若者と子供が変わらず存在し、見た目は変わらない。
20年前の中年と今の中年が並べば似たような腹の出方をしているだろう。

本当に原爆に対して意味のある証言が引き出せるのか。また、それが必要ならば被爆者の方々が精力的に活動されていた時期になぜやらなかったのか。

被爆者と言えばみんな黙ると見越したような態度は、被爆者の孫として、長崎県で育った者として気分が悪い。
また、原爆資料館に似た名称の民間施設が偏った展示をしていると先ごろ問題になったばかりだ。
今や「被爆者」という言葉はビジネスの要素の一つとして扱われている。まさに死人に口なし。好き放題だ。

NHKも原爆資料館へのアクセスでも放送した方がマシなんじゃないのか?