3月半ばにサイズが合っていない点について少し考えました。簡単にまとめます。
タニノクリスチーは独自の設計方法による独特な形
以前から履いている一般的な靴と同じ感覚で選ぶとサイズが合わない
あるいは 合っているのに合わないように感じるかもしれない

最近足のコンディションが良くなってきました。靴に対する感じ方も変わりました。

について改めて考えてみました。物置から以前履いていた日本の会社の靴を出してみると…
「あれ~?きついなあ…すごく」

そこでスーパーの靴売り場に行って適合サイズとその上下の3足を履き比べてどんな感じがするか調べてみました。

わかったこと
●靴の形に限らずサイズが合わないならば合っていないと感じる
●形が合わないのとサイズが合わないのは別の問題
●以前は足がねじれていたのでよくわからなかった
●足の裏の重量配分がよくなかったため
●タニノクリスチーは足へのフィットがよいので違和感も強く感じる

いろいろと履いてみると改めてタニノクリスチーの履き心地の良さに驚かされます。

サイズの問題は足の健康状態の影響でした。研究のテーマはタニノクリスチーの形の機能美なので別の問題です。しかしこれは重要なことです。

タニノクリスチーは履きならすにつれて足に合わせてフィットする性能が高いので小さいとつらいです。他の靴ではあまり気にならなかったのですが…

このことがタニノクリスチーについていろいろと考えるようになったきっかけの一つでした。

靴のサイズが合っているのかということは大切なことです。このことについてまずよく考えておこうと思います。とりあえず今日はこのへんで…