歩き方についてですがその前に一つ…

先日の記事でイタリア版と日本版について触れました どういうことなのかを画像で説明します イタリア版はTanino Crisci official siteからお借りしました 日本版は銀座のお店から送られてきたカタログをスキャンしました クリックして元の画像を呼び出し拡大するとわかりやすいと思います
2002のコピー

下の靴はほとんど同じカメラアングルなので重ねて比較してみましたING

こういう話をすると製造上の誤差とかイタリア人は大雑把とかいう意見が出ることもあります しかし靴は木型に革を巻きつけて作るのですからいくらなんでもこんなに違った形にはならないです

気になるポイントがあります 上の2足はストラップが甲のところで交差していてこの部分でどちらが上になっているかが違います

よく観察するとさまざまな違いがあります それにはどういう意味があるのかといろいろ考えました そして歩き方の違いの問題だろうと思い実験をして結局は失敗したのでした

その経緯を思い出してタニノクリスチーの靴の機能について解明する材料にしようと考えています でもなんかわすれちゃったな~

つづく