うまくまとまらないのでとりあえずは思いつくままに書いて行きます

以前から歩き方の問題で混乱して行き詰ってしまうことがよくありました 先日の記事でかかとの幅が広い点について考えた時に歩き方との関連性が出てきたのでした 問題点を改めて確認しておきます

かかとの幅を広くとる必要性
●足が平らに接地したり外側に傾いたりする動きに対応するためのゆとりを持たせている
●かかとのふくらみが横方向にせり出すため
foot-2

中底の比較
●かかとだけでなく全体的に内側の分量が多い
●足全体の傾きに対応するため
比較

足が傾く理由
●股関節の旋回を起こしやすい
●腰をひねらないで歩くため

いわゆる二軸動作を行うために適した形となっています この点についてはまたあらためて…

続く