2011年7月16日追記 この方法は無理があるので現在再検証中です
http://blog.livedoor.jp/tanino_camper-diary/archives/1658277.htmlをご覧ください

先ほどの続きです

足を外側に傾ける歩き方とは
walk
後ろ側の脚で体を押し出す時に腰をひねるのではなく股関節を外側に回転させる歩き方です

骨盤の角度が安定するので何かといいことが多いです

腰が回らないようにするためには前の足に体重が移ってから後ろ足のかかとを上げるようにします この時に股関節が外側に回転walk-2します

その場合足が外側に傾いている方が動かしやすいのです


タニノクリスチーの靴はこの動作に対応した形に作られていると考えられます

筋肉の働きなども調べて人間工学的に分析しようと試みましたがよくわからなくなったのでやめました

大殿筋と関係がありそうです おしりがカッコ良くなる歩き方です

具体的にはどんな動きをすればいいのかというと説明が難しいんですよ 姿勢がどうだとかどこをどうするとか表面的な問題ではなくて筋肉のバランスなので…

見た感じはどうでもいいので必要な筋肉が働いていればいいのです 表面的にはよさそうでも機能が伴っていなければ逆効果になってしまうこともあり注意が必要です

もうちょっとよく考えてからにします

つづく