LP8260013LP9090012かかとの部分

左は新品
右は本日の様子

写真の撮り方を考え直さないとよくわからないかな と言ってももう遅いか


LP8260015LP9090008つま先の方
左=新品

意外と沈んでいるのがわかる

新しい時の方が高さがある



履いているうちに横にのびたがその分高さが引き下げられたのかな
変化まだ革が伸びるほどは履いていない 形が変わっただけだろう

履き始めてしばらくするとなんとなく全体的にきつくなってきたのは形が変化して薄くなったからだろうか。その後解消したが中底が沈んだせいかな

P9090013ほとんど座って着用しているが意外と沈んでいる。沈むための空間がとってあるかもしれない

コバの部分にこんなパーツが貼り付けてあるのはそのためかな


P8210011P9090019左=新品

だいぶ拡がってきた

履き口の様子がかなり変わった




横に広がってP8240027P9090020羽根のところのカンジが変わってきたような?気のせいかな

ひじょうに柔らかい。合わないシューキーパーを使うと逆効果で履きにくくなってしまうだろう

これだけ足なじみが良ければオーダーメードは必要ないでしょうね

これまでの使用状況
・デスクワーク
・ストレッチ
・累計さらに30時間ほど
・足の内側への荷重を意識して行う
状態
・土踏まずのラインがうまく合って来て快適
・中底が沈むのはアーチのラインをフィットさせるためのようだ
・ウイズが広がるわけではない
意外な効果
・骨盤の痛みが緩和


以前は履きならすにつれてきつくなり困ったことを思い出しました。今回は始めのうち少しだけそのようなこともありましたがその後問題なく推移しています。足の形に合って来るまでの間はきつさを感じるようです

以前の靴はひとつサイズが小さかったのでそれがよくなかったわけです。でもなぜ最初はきつくないのでしょうか

これはタニノ・クリスチーに限りませんが少しサイズが小さくても指の骨が寄せられて靴の中に足が押し込まれてしまいます。指は閉じたままで身動きできません。一般的な靴ですとなんか履きにくいなあと感じつつそのままです

ところがタニノ・クリスチーですと革が非常に柔らかいのできつい部分がすぐに伸びてきます。指が動く余地があるのでもっと自由になりたいとさらに伸ばして拡げようと活動します。しかしサイズが変わるほどは伸びません。そして革が伸ばされた分が元に戻ろうとする力が足に加えられるようになります

だんだんきつくなって来たのではなくて少しゆとりができたのできついことがわかるようになった訳です。裏地が擦り切れるぐらい履きこむと指の形に出っ張ってくるので何とかなりますが型崩れして履きにくくなってしまいます 

当たって痛いのは上から押さえつけられるような力が加わるためですので幅を拡げても解決しません。逆に指の無駄な動きが増えてしまいよけいに痛くなります

サイズが合っていないとアーチのラインが合いません。きついとか痛いとか以前に足のバランスが崩れるので問題です。逆に言うと足のアーチのバランスがくるっているとサイズの判断ができにくくなります。足のアーチを鍛える体操で整えることが必要です