2011年7月追記 タニノクリスチーの靴と服の関係については こちらの別ブログをご覧ください

この記事は間違いでした お詫びして訂正いたします

思い当たる点を列挙してみます

見落としていたこと
1.日本の服だけでなくイタリアの服も視野に入れたがタニノクリスチーの格式の高さを考えていなかった これについての分析はこちらです

2.フォーマル用の靴は木型が違っていて履き方も違うことを考慮していなかった これについて詳しくはこちらへ

3.靴は洋服の影響で変化して行くが洋服は靴によって変化しない この解説はこちらです

4.シャツが持つボディメイキング効果は非常に強力 これについてはこちらへ

5.オーダーメイドスーツの型紙修正の限界 アームホールの形 袖の作りなど ご説明はこちら

6.これまでの習慣によって体についたクセのため本来の設計通りの効果が出ない この問題についてはこちらのページで考えます

思い当たるのは こんなところでしょうか 一つずつ見直して服選びの方向性を修正するための指針を見つけたいと思います