短腓骨筋-3 【短腓骨筋の起始・停止】
(起始)腓骨の外側面に付着
(停止)第五中足骨粗面に付着。

【短腓骨筋の主な働き】足関節を外反(そとがえし)する。足関節を底屈する。

【短腓骨筋の神経支配】浅腓骨神経(L5~S1)



【短腓骨筋に関する一口メモ】短腓骨筋の働きは、足関節の外反(そとがえし)です。足の裏は外側を向きます。また、長腓骨筋とも協力して足の底屈をします。短腓骨筋は、『そとがえし』の主導筋です。この筋肉は脛骨の外側中央から第五中足骨の底部に付着しています。ここで、内反方向に足首を捻ってしまった場合、この第五中足骨の骨折を起こす事があります。これは、短腓骨筋が付着している為、急激な内反にて筋の付着部が引っ張られることが原因です。(ジョーンズ骨折)比較的よくある骨折です。