小殿筋【小殿筋の起始・停止】

(起始)

腸骨翼の外面で、前殿筋線と下殿筋線との間、もしくは下殿筋線の下に付着。

 (停止)

大腿骨の大転子に付着。

 

【小殿筋の主な働き】

大腿を外転する。大腿を僅かに内旋する。

 

【小殿筋の神経支配】

上殿神経(L4~S2)

 

【小殿筋に関する一口メモ】

小殿筋は、大腿の外転筋です。中殿筋と働きは一緒ですが、中殿筋よりも下層に付着しています。片足立ちした時に、立っているほうの小殿筋や中殿筋は、股関節を骨盤に固定して、反対側の脚をしっかり持ち上げられるように働きます。この筋肉群が弱いと、片足立ちをしても安定しません。悪い場合は、転倒してしまいかねません。(片足立ちして、持ち上げている方のお尻が、極端に下がったり、安定しなかったりする整形学検査を、トレンデンブルグと呼んでいます。)この筋肉の触診は、殆んど出来ません。中殿筋や大殿筋の下層にあるインナーマッスルです。また、中殿筋は大きく、力も強く、この筋肉と働きが同じなので、触診しても、区別がつきません。