大内転筋【大内転筋の起始・停止】
(起始)坐骨下肢の前面、坐骨結節の下面に付着。
(停止)大腿骨粗面の内側唇に付着。

【大内転筋の主な働き】大腿を内転する。股関節の内旋、伸展 。

【大内転筋の神経支配】閉鎖神経(L3~L4)


【内転筋に関する一口メモ】大内転筋は、長内転筋や短内転筋と共に内転筋群の一つです。大内転筋は内転筋群の中で最も強大で強力です。この筋肉は、乗馬や平泳ぎの際に使われる筋肉とよく表現されています。触診はとても簡単です。脚を伸ばして座っても、曲げて座ってもいいので、内転方向に両脚を力みます。座った状態であれば、膝の間にこぶしを挟んで、こぶしを挟むように力を入れます。この状態で内転筋群を触診します。こぶしを挟んだ力の加減を強めたり弱めたりすると尚のこと、内転筋群の緊張や弛緩を確かめる事が可能です。