谷口高司:タマシギ♂のいきいき日記

鳥と自然と善福寺池…僕だっていろいろ考えているんだぃとこっそり思ってる絵描きの日記

風蓮川河口

aa3eecad.jpg今日の締めくくりは、風蓮湖に注ぐ風蓮川河口を、高台から望む絶景でした。
卵を抱くタンチョウ、渡り途中と思われるダイサギの群れ、カワアイサの親子等が遠望出来ました。

ソウサンベツ保護区

e04dfdad.jpg日本野鳥の会では、寄付金を元に、土地を買って、開発から野鳥生息地を守る活動を続けてきました。今や、島を除く根室半島の1%が、タンチョウ・シマフクロウなどを守る保護区となっています。
その一つ、ソウサンベツ保護区に連れてきていただきました。
対岸には、大木にかけられたオジロワシの巣にヒナがいて、その下をタンチョウ夫婦が歩いているという、贅沢な光景が見られました。

風露荘ヘ

学生時代に野鳥を教えて頂いた、先輩のお宅にお寄りしました。 ご本人は、遠いところへ行ったきりですが、奥様にお会いできました。話が弾んで、つい長居をしてしまいました。

道の駅スワン

3ad2ce38.jpgお昼を食べに戻りました。

木道の終点

c78e6f42.jpg以前は森の中を一回り出来たのですが、今はここで終点。ミソサザイの声を聞きながらお昼寝しているのは?

倒木の山

2451d25c.jpg第三砂丘は、アカエゾマツの純林に覆われていましたが、爆弾低気圧による風倒木と、高潮による海水の浸潤で、ものすごい数の木々が枯死してしまいました。かって姿を知っている身には、なんとも 辛い光景です。

第三砂丘へ

85815b09.jpg流れは無いが、低くなったところを越えて、第三砂丘ヘ入ります。

枯木の森

48a484ef.jpg第二砂丘では地盤沈下のために枯死した木々が目立ち始めます。

第二砂丘ヘ

e751a404.jpg橋を渡って次の砂丘に入ります。流れの上流には、ヒドリガモの大きな群れが残っていました。

春国岱観察コース

6792f45b.jpg爆弾低気圧による高波と暴風で、壊れたままになっていた木道の修復が、一部を残して終了し、歩けるようになりました。先日のタマゴ式教室は、それを祝う行事の一環だったのです。
第一砂丘に沿ってまっすぐ延びる木道を、ヒバリの声を聞きながら歩きました。
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

tanipan

  • ライブドアブログ