2008年07月05日

スペアパーツについて

 工具についてはあれこれ想いを巡らす事は多かったのですが、スペアパーツを持ち歩く事については、これまであまり神経を使っていなかったのが実情です。バイクのツーリングでスペアパーツが要るという状況は、よほどの長期の作戦でない限り必要がない、と感じていましたし、パンク対策でタイヤのチューブを持ち歩くとしても、パンク修理の技術を身に付けていない以上は、まったくの無駄と割り切っていた事もあって、関心が持てなかった訳です。
 そんな自分が、にわかにスペアパーツを持つ必要性を感じる様になったのは、エンデューロレースに挑戦しようし始めてからです。エンデューロレースとツーリングの決定的な違いは、エンデューロの方が車体を酷使する、という事だと思います。例えば、練習やレースでドロドロになった車体を、会場の洗車機で洗って泥を落とすのは良いとして、その時、チェーンの油はすっかり抜けきっています。そのままで走れば、チェーンが伸びるのは間違いなしです。となれば、携帯用のチェーンオイルが必要となってくる、といった具合です。

■スペアパーツポーチ
 スペアパーツといっても、車体に関する限り、目下のところはそれほど多くはありません。せいぜいクラッチとブレーキのレバーの予備がこれに当たります。以前はアチェルビスのブッシュガードを付けていたので、転けてもレバーが折れる心配はほとんど無かったので、レバーの予備さえ持っていませんでした。ところがブッシュガードは転倒するとあさっての方向に歪んで運転に支障が出る事が判り、ナックルガードとピボットレバーに換えた事で、それまで付けていたショートレバーが浮いた事から、それを予備としました。ピボットレバーは、可倒式ですので、よほどの事がない限り、折れる事はないと信じているのですが、レースでは“よほどの事”が起こりそうな予感がするので、持って行くに越したことない、と考えた訳です。
 チェーンオイルは、上段でも述べた様に、洗車後に油を差すために必要を感じ、装備する様になりました。もちろん洗車出来ない場合でも、帰宅する前に油は差す様にしています。差すと差さないとでは大違いで、差した時はチェーンが埃や泥にまみれていても、動きが滑らかです。チェーンオイルは、大抵はスプレー缶に入って売っている訳ですが、携帯用の小型の物でも大概イイ値段しますし、かといって大きな缶を持ち歩くのは何なんで、ご婦人方が使う化粧水のスプレーボトルに移し替えています。安物だと漏れてくる可能性があるので、東急ハンズの旅行小物売り場で、ちゃんとしたのを買っています。今のところ、漏れはないですが、一応コンビニ袋に入れてお漏らししても大丈夫な様にしています。
 ゴム糊、パッチ、ムシ回し、ビートワックス、サンドペーパー。これらは言わずと知れたパンク修理のための備品ですが、後述する様にパンク対策としては、タイヤチューブを装備していますので、これらはあってもなくても良さそうな物です。少なくとも、忙しいレースの時には、いちいちパッチを当ててパンク修理などしてないと思うので、必要性が乏しい訳ですが、ゴム糊の缶以外はさして嵩張る物でもないので、“ツーリング向け”として含めています。まぁ、スペアパーツが少なくて、ポーチの容量に余裕があるので、オマケで入れている様なものです。
 ボルトを入れている小箱には、もともとXRに付いていたシートや小物入れを留めるボルトが入っています。キャリアを外した時に付けるのに使います。もちろん、キャリアを外した時は、キャリアを留めるボルトを代わりに入れて保管します。スペアパーツとしてもボルトは、メンテナンスセットの方に入れています。
 自転車のチューブを半裂きにしたゴムバンドは、サイドスタンドをフレームに縛り付ける物です。レギュによっては、サイドスタンドを取り外す事を求められる場合がありますが、外さなくても良い場合でも、固定する事を求められる事は多いので常備しています。ドロドロになる事が多いので、これもコンビニ袋に入れています。

spare_01.jpg
スペアポーチはキャンプ用の汎用ポーチと同じもの
スペアバルブが含まれてない、等
改善の余地はまだまだあります


■タイヤチューブ
 パンクした時、いちいちチューブの穴をパッチで塞ぐのではなく、チューブごと交換してしまう、という人は多い様です。これはレースに限った事ではなくて、ツーリングの場合でもそうしてる人はいる様ですし、連泊するツーリングでも、まずはチューブを交換しておいて、キャンプ地に着いてから穴の開いたチューブを修繕する、という方法を取る人がいる様です。
 そういった意味で、あれば便利に違いないスペアのチューブですが、問題は重いのと嵩張る事です。自分はタイヤやチューブの交換をした事がなかった事もありましがた、それよりも重くて嵩張るのが嫌で、換えのチューブは装備から外していました。幸いにして、XRに乗って2年、一度のパンクも無かった事もあって、「持ってても意味がない」状況が続いた事も幸いでした。
 しかし、レースの場合、タイヤの空気圧はかなり下げますし、そうなればビートがずれたりリム打ちしたりで、パンクする機会は多くなるそうです。しかも自分は自走で参加ですから、パンクした状態では帰ってくる事すら出来ません。そこでスペアのチューブ、タイヤレバーなどのパンク修理の道具を持つ必要が出てきた訳です。もっともそれ以前に、自分でタイヤやチューブを交換できる様になっておく必要があるのですが。
 装備するチューブは、いわゆる普通のチューブです。レース用のタイヤには、ハードチューブとビートストッパーを入れているのですが、このハードチューブというのが入れるのが大変で、とてもじゃないが現地でやれる作業じゃないと思っています。まぁ、運悪くパンクするにしても、日に一度くらいと考えて、替えのチューブはノーマルで良し、と割り切っています。

spare_02.jpg
写真に写ってるチューブは新品ですが
実際に持って行くのは中古です
結構嵩張って重いのが難点…


 これらの備品は、レースに参加しようと考える様になってから追加で必要となったもので、予備のプラグやボルトなどは、以前からメンテナンスセットに含まれていました。その意味では、スペアパーツというカテゴリーの「装備」については、まだまだこれから検討の余地が多くあると思っています。場合によっては、メンテナンスセットに含まれている予備部品に属する備品は、こちらに移す事もあるでしょう。
 もっとも、あれもこれもと欲張り始めたら、物というのはドンドン増殖していく傾向にあります。だから、ツーリング、レースと状況に合わせて、必要な装備をチョイスできる様に組んでいく必要がありそうです。

spare_03.jpg
ポーチにはまだ余裕があるが
これ以上、物が増えない様に心がけたいです




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)単車雑文 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ