2009年06月04日

XR250ハイスロットル化&ハンドルクランプ交換

   ベストテクスクールでは様々な事を習う訳ですが、4回目をしてグレート・ストライカー号に使いづらさを感じるのは、「一気に全開に出来ない」という事です。コーナーリングをして1の加速のあと、2の加速で一気に全開にする訳ですが、XR250はかなりロースロットル気味のセッティングになっていて、一気には全開に出来ません。その為、3の加速で巡航する時に握り直して開けきる事になるのですが、今度は減速する時に一気に戻りきらない。気をつけていても無意識のウチにアクセルを開け直してしまう事があります。
   手首が90度に曲がるように柔軟する、アクセルのオン・オフを気をつける、等々の注意点は注意するとして、やはりマシンセッティングも変えた方が良い。そこでハイスロットル化を行う事にしました。ネットで調べてみると、XR250のハイスロ化をやっている人は案外多くて(つまり、加速がトロ臭いと感じる人は多い訳だ)、方法は直ぐに見つかりました。

■XR250のハイスロ化
   参考にしたのは、くろのさんの「XR250モタードと気儘に」の2009年5月2日の記事。ここで紹介されているのは、CRF250Rのスロットル関係のパーツを移植する方法、ZETAのアルミスロットルチューブを使う方法、そしてXR230のスロットルチューブを使う方法です。CRF250Rのパーツを使う方法は移植が大変なので却下。ZETAのアルミパーツを使うのも高いので却下。ちなみにスロットルチューブはグリップ同様に消耗品と思っています。残るはXR230のスロットルチューブを使う方法。これだとパーツ代はZETAのテフロンスロットルチューブ840円だけです(工賃別)

20090604_093812
左がXR250用、右がXR230用
XR230の方がスロットルワイヤーが走る部分が太い
太いからハイスロットルになるらしいww

20090604_094214
組み込んだところ
組み込みそのものは、削ったりする事なく
ポン付けできます

20090604_094813
ただし、スロットルチューブが太くなる分、遊びがなくなります
スロットルワイヤーの根っこを緩めて、遊びを作ります

■ハンドルクランプの底上げ
   前回のスクールで、先生にアドバイスされたのが、ハンドルの高さをあと1センチくらい上げた方が乗りやすいよ、という事。ベストテクバーを装着するために、ZETAのハンドルバークランプキットに変えた訳ですが、このクランプの高さは純正のトップブリッジに付いているクランプと同じ、35mmでした。そこで別売のオプションロアークランプの45mmを取り寄せ、付け直す事にしました。

20090604_104651
真ん中が35mm、外側が45mm
トップブリッジに取り付けるボルトは流用できます

20090604_104447
クランプの取り外しは
トップブリッジの裏側からナットを外して行います
スクールでジャンプとかやってるせいか
かなり緩んでいたそうです

20090604_105426
高くしたといっても10mmですので
ワイヤー類には全然影響ありませんでした

*替えてみた感じ
   作業が終わったあと、試運転をしてみたのですが、テキメンに変わったと思ったのはベストテクフォームがやりやすくなった事。わずか10mmでこの差はビックリです。というか、それを指摘した先生はさすがですね。
   スロットルの方も、前と違って加速が強烈になりました。コーナーリングの際に、クラッチを切ってアクセルをバンバン言わせるのですが、ちゃんとバンバン言う様になりました(笑)ハイスロにすると低速の操作が若干難しくなる、と言われてますが、自分はあまり気になりませんでした。まぁ、これは直ぐ慣れると思います。
   オンのツーリングなどでは少々シンドくなるのかもしれませんが、レース向きになったかな、と大満足です。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(2)単車整備 

コメント一覧

1. Posted by ミスターCB   2009年06月04日 21:23
おお!ハイスロ良いっすねぇ〜
同じアクセル開度でスロットルバルブは余計に開くのですから体感的にはパワーアップ同然に感じるでしょうね(^^)
MyガタピシCBも高速でアノ方に煽られてやむなく(あくまでも「やむなく」)最高速近くでの走行になるとアクセルを握り直さないと前回にはなりません。
ノーマルアクセル開度90度、ワイヤーホルダー径を4ミリ大きくすれば70度になり、現行CB1300等と同等になるらしいのですが、マイナー車種の悲しさで流用情報が見つかりません
ちょっと羨ましいっす
2. Posted by たにし   2009年06月04日 22:11
ミスタCBさん、おこんばんは
オフ車の場合、レースに転用する人も多いんで、
この種のパーツや情報は豊富なんですよねぇ〜
もっとも、「やれば出来る子」なのに、
無理矢理「出来ない子」にされてるみたいで、
ここら当たりのメーカーの設計思想はどないなっとるのか
と思わないでもないです。

明日はスクールですが、新しい加速感に慣れてないので、
今まで見たいな噴かし方して、すっ飛んでいかない様にしないと、、

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ