2009年09月06日

オフ練習(in 凸凹)その3

   日曜日は、約半年ぶりに印西のデコボコランドに練習しに行った。まだ5級が終わった訳ではないが、たまにはスクール以外の場所を走りたくなったのだ。予め、ジャガンナート号のトランポ化工事を進め、バイクをこかして床がガソリンまみれにならない様にし、グレート・ストライカー号のタイヤも、リアだけS12に履き替えた(前は時間が無くてチビたAC10のママ)。
   デコボコランドには0900時到着を目標にして、0730時に出発。京葉道路→木下街道→国道356号線→県道64号線を経て、最後、デコボコランドに向かう道を通り越して迷子になりかけるものの、予定通り0900時に到着。他のお仲間は、自走組以外は皆さん揃ってました。
   受付を済ませ、早速コースへ。MXコースの道順は知っていたが、路面が判らないので、最初はゆっくり目に走りる事にした。ここ最近、あまら雨が降ってないせいか、イイ感じの走り易い路面だった。
   少し休憩して、遅れてきた自走組の子の面倒を見たあと、実走行へ。なるべく開けて、セクションはスムーズに、、を心がけているものの、コーナーではどうにも回転が落ちてしまうし、特に下りのカーブはアクセル戻してアイドルで惰性で走る感じ。だから今度上りになった時は、開けても回転がついて来ず、ジャンプもコブ越えに毛が生えた程度。フープスもボヨンボヨンとなかなか前に進まず、全般的にイラッと来る走りだった。
   半年前と比較すると、速度そのものは大した変化を感じられなかった。しかし、タイトコーナーやジャンプは習った事を自然にやれる様になったらしい。少なくとも、下りのカーブを怖いと感じに走れた。
   ただ、後になって考えたら、無理にインから行かないで、勢いつけてアウトから行っても良かったはずである。もっとも、捻り戻しを習ったばかりで、まだそれが出来ないのであるが。
   午後に他の仲間に呼び止められて、EDコースのガレ坂上がりにチャレンジ。スタックしたものの、自力で突破。エンジンの回転上げて、一気にクラッチ繋いで、瞬発的に再発進させる要領が解って来たので、半年前ほどのツラさは感じなかった。ここいら辺は進歩を感じたものの、やはりガレ場を登ったり獣道を下ったり、というのはあまり好みでないな、と言うのを再確認するに留まった。

   全般的に、「高回転域をキープして走る」と言うのは、まだ身に付いていない様である。また、基本的な事は理解できていても、応用が利かない段階の様だ。スピードに対して恐怖心も旺盛である。こんな事でレーサーに乗り換えて、果たして上手くやれるであろうか。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)TRAINING 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ