2007年10月20日

AQA DRYサイドバッグ:パッキング考察

   先日、オプティマス123Rをクッカーに収納すると、やはりクッカーの中がガソリン臭くなる、という話しを書いたあと、ではクッカーにストーブを収納しないでパッキングする方法を研究してみた。結果は、「意外に出来る」というもの。これも装備を削ったから出来た芸当である。

20071020_1

   まず、オプティマス123Rの場合。意外にぴったり収まってしまった。123Rと汎用ポーチの下に、バンダナで包んだトレックコンボが収まっている。

20071020_2

   次に、オプティマスCRUXと250カートリッジ。カートリッジの方が123Rよりは小さいので、隙間が開いた。もっとも、CRUXはカートリッジの底に無理に装着せず、空いた隙間に押し込んでも良いと思う。その方が変に圧が掛からず、バーナーが壊れる心配もない。

   問題はトイレットペーパーで、この方法の前は、トレックコンボの下に敷いていたのであるが、それをやると、真ん中が盛り上がってしまうので、出来ない。
   2リットルポリタンは若干他の物より低いので、その部分に良い感じに宛がうしかなさそうである。

20071020_3

   ちなみに、モリタの角型クッカーはトレックコンボの半分くらいの大きさしかないので、同じパッキングを取ってもかなり余裕が出る。トイレットペーパーは角型クッカーと並べてセット出来る。この上にストーブと汎用ポーチを置けば良い訳だ。

20071020_4

   角型クッカーは、物が小さいので中には大して入らないが、トレックコンボはトレック900の方でも250の カートリッジが入るくらいの容量があるから、長期の作戦の場合は、米を入れたり予備のガスを入れたり出来る。「ストーブを外に出す」という発想で、意外な スペースを生み出す事になった。何でもやってみるものである。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 バイクブログへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)単車雑文 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ