2011年06月19日

ジェリカン

   トランポを導入した時に、国産の10リットル缶を買ったのですが、この缶の最大の問題はキャップがスクリュータイプで、うっかりキツくしめると手で開けるのに難儀する事、ホースが内臓タイプで缶に装着する時、必ず手がガソリン臭くなる事でした。それでもガソリン缶ごときで頓着するのも何なので、そのまま使っていたのですが、スクールの先輩方がドイツ軍タイプのジェリカンを使っているのを発見し、そちらの方が遙かに使い勝手がいい事が判りました。
   問題はどこで売ってるかで、そいじょそこらのホームセンターには置いてないのですが、色々調べてみると、ジープ関連の店で売っているのを発見。しかも20リットル、10リットル、5リットルの3種類があるのが判りました。当初は10リットル缶1つで十分間に合っていたのですが、バイク2台が泊まり掛けでスクール行くとなると少々心許なく、以前買った手提げの5リットル缶を追加して使っている状態でしたので、思い切って20リットル缶を買う事に決定。ただし、それだけではレース中の給油などに不便ですから、小分け用の5リットル缶も買う事にしました。
   ところが、それを決めた前後に東日本大震災が発生し、国内のガソリン缶は市場から消える自体に。このジェリカンも市場在庫が急騰して、とても手に入らない。取り敢えず在庫のあった5リットル缶を先に入手し、後日、スパウトを手に入れて、20リットル缶は震災発生から3ヶ月後、やっと手に入れる事が出来ました。

20110616_142635
左が20リットル缶、右が5リットル缶


   この他に10リットル缶があるのですが、やっぱりドイツ軍のジェリカンは20リットルじゃないとサマにならない、という事で20リットル缶にしました。
   5リットル缶は、20リットル缶から小分けにして使う為の物で、20リットル缶と合わせて25リットル車載する、という意味ではありません。ちなみに消防法では、自動車には22リットルまで携行缶で燃料を積む事が出来るそうです。

20110616_142724
これがジェリカン最大の特徴であるバネ式のキャップ
しかも旧ドイツ軍のから進化したらしくて
ロックピン(L字の金具)が追加になって、二重ロックになってますから
間違って開く事はまずありません

20110616_142806
ロックピンを外してキャップを開けます


   キャップには分厚いゴム板が入っていて、気化ガスが漏れる事はありません。スクリューキャップタイプのガソリン缶には、ガス抜きの栓があるのですが、この缶にはそれがありません。その代わり、キャップを開けた時に、「ポンっ」とフタが開く感じです。マルキルやグランテトラの水筒にビールやサイダー入れた時の様な感じです。
   このキャップは、開けた状態でロックされるので、逆さにしてもキャップがブラブラしたりしません。
   缶の中は腐食防止の塗料が塗られています。また、20リットル缶にはエアレーションシステムが付いていて、缶を逆さにして給油しても息継ぎしない様にできています。
   昔のドイツ軍のには注ぐ用の装備がありませんでしたが、これにはスパウトというホースが付きます。バイクのタンクに給油する時は、スパウトなしでも缶の注ぎ口からダイレクトに給油できますが、このスパウトを使った方が燃料をこぼす事無く給油する事が出来ます。

20110616_142902
この状態でピットに缶を置いておくのですが、泥や埃がスパウトの中に入らない様に
ホームセンターで適当なゴム栓買ってきて付属させています

20110616_143128
そのスパウトは、20リットル缶の取っ手の部分に取り付ける事が出来ます
このアイデアには唸りましたw

20110616_143014
20リットル缶に満タン燃料を入れるとかなりの重さになります
持ち上げて給油するのは大変なので、他の缶へは灯油ポンプを使って行います


20110616_142705
スクリューキャップタイプのガソリン缶は
キャップの反対側にガス抜き穴があるので横置きは出来ませんが
ジェリカンはこういう置き方も出来ます
昔のドイツ軍の車輌には、こうやって搭載してる例が沢山あります


20110616_143310
10リットル缶の時は背が低かったので
トランポが揺れて缶が倒れるという事はなかったのですが
20リットル缶は背が高いのでその可能性があります
なので取っ手のところにストラップを付けて
上から引っ張る事にしました


   このジェリカンは、UN規格を通ってますので、消防法規格品でもあります。つまり堂々とガソリンスタンドでガソリン入れて貰う事が出来ます。
   ちなみにこのジェリカンは、ラトビア共和国のVALPRO社という会社が作っています。旧ドイツ軍のガソリン缶を、ドイツ軍に占領された国のメーカーが作ってるってのも変わった話しなのですが、ドイツ軍、イギリス軍、フランス軍など、NATO加盟諸国の軍隊で採用されているそうです。

20110616_143159
時々オークションで外国軍のガソリン缶が出品されてますが
このUNマークが入ってない缶は、国内の消防法では使えない事になってます


■パッキンの劣化(2013.5.20追記)
   先日、いつもの様にスパウト使って給油しようとしたら、スパウトの根本からガソリンがタラタラこぼれてきました。何だと思ってスパウトを外してみたら、ゴムパッキンが劣化して縮んでいました。2週間前に使った時は異常なかったのですが、この2週間の間に急速に劣化したという事でしょうか。
   缶の蓋に入ってるのを見てみましたが、そちらの方は20Lも5Lも異常がありませんでした。察するに、缶の蓋の方は常に気化したガソリンがパッキンに当たっているのでゴムが湿気を帯びた状態なのに対して、スパウトの方は缶の取っ手に取り付けられているのでゴムが乾燥したのかもしれません。いずれにせよ、このままの状態ではガソリンがダダ漏れですので、JO-YA.comにメールして替えのパッキンを取り寄せる事にしました。
   後日、パッキンが届いたのですが、かなり分厚くなったみたいで、ロックの爪を奥まで押し込むのが難しくなっていました。でも、それだけきっちり装着出来る事でもあるので、大丈夫でしょう。

20130518_091258
左がスパウト。ゴムが乾燥して縮んでいます
定期的にパッキンを交換する必要がありますね


■5Lジェリカン専用スパウト用クリップ(2013.5.23追記)
   パッキンだけ頼むのも何なので、5L缶の取っ手にスパウトを取り付けられるクリップも注文しました。これまで、スパウトは10L缶と20L缶にしか取り付けできなかったのですが、これで全種類取り付け可能となった訳です。クリップを取り付け、スパウトをセットしてみると、意外に持ちやすい事が分かりました。見た目も意外とカッコイイです。
   問題なのは、仮に長時間のレースなどで給油用にコース脇とかに置いておくとして、この状態では使わないだろう、という事です。直ぐに給油できる様にスパウトはセットした状態で置いておくでしょうし、取っ手に付けた状態だと、砂や埃がスパウトに入ってしまう事もあるので、あまりよろしくありません。トランポに搭載している時は20L缶に取り付けていますから、よくよく考えたら要らなかったかも知れませんw

20130522_111740
こうやってみると、それなりにカッコイイです
考えた人はなかなかの知恵者ですね

20130522_111755
持ち運ぶ時も、意外に手に馴染みます
ただし、この状態でコース脇やピットには置きたくないですねぇ



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(6)車輌関連 

コメント一覧

1. Posted by ハリネズミ   2017年10月25日 18:40
お邪魔します。6年前の記事ですがスパウトのパッキンを交換された様なのでお伺いします。

私の物もパッキンが硬化して隙間から漏れます。交換しようと思いましたが、Jo-Yaさんで販売されているパッキンは1種類です。ですが、スパウトとジェリカンのそそぎ口蓋の内側の形状が違います。Jo-Ya.comで販売されている物でジェリカンとスパウト両方の形状に合うのでしょうか?

私もJo-Ya.comにメールして聞いたのですが、”スパウトは交換用ガスケットの設定はございません。”との事でした。タニシさんはジェリカン蓋用の補修パッキンでスパウトのパッキンを交換されたのでしょうか?


2. Posted by たにし   2017年10月26日 16:37
ハリネズミさんはじめまして〜〜!

パッキンはJo-Yaが扱っているもので大丈夫です。
自分もJo-Yaから取り寄せました。
10番目の写真の、スパウトと缶本体のキャップを並べた写真を見て貰えば分かると思いますが、
パッキンに注ぎ口の跡が残っているので、
完全にカバーされています。

ただし、結構分厚くて、結局カッターナイフでスライスして、薄くしてから入れました。
ぶっちゃけ、耐油ゴムの板を買って来て、それを切って使っても差し支えない様に思いますw
3. Posted by ハリネズミ   2017年10月26日 23:46
そうでしたか、スパウトの穴のサイズとジェリカンの台形型の(パッキン止めとでも言うのでしょうかの)所のサイズがスパウトの方が大きいのでパッキンを無理やり伸ばして取り付けるのかと思いました。Jo-Yaさんのパッキンで両方に問題なく取り付けできるのですね。

古いパッキンを一度取り外そうと思ったのですが、硬化していて切らないと外れないかもしれないのでまだ外してませんが、分厚そうだと思いました。耐油ゴムシートですが自分も調べたのですが1mmか2mmぐらいの厚さの物しか見つからなかったのですが、パッキンの厚さってどのぐらいでしたか?古いの外して調べるのが一番ですね。

それからその後パッキンは問題なく使用してらっしゃるんでしょうか?2年ぐらいで定期的に取り替えとかでしょうかね?

教えていただき助かりました、ありがとうございます。
4. Posted by たにし   2017年10月30日 18:20
確かにスパウトに固着しているゴム、なかなか取れなかったです。
薄いマイナスドライバーで、こじりながら少しずつ剥がしていきました。
パッキンの厚みは、よく覚えていないのですが、2mmくらいだった様な、、、
ただし、硬貨してひからびた状態だったので、あまりアテになりません。
自分はJo-Yaから取り寄せたパッキンを半分くらい削って、はめ込みました。
それでも最初は結構キツかったのですが、最近は慣れて来た様です。
あれから交換はしてないですが、今んとこ、ヒビ入ったり漏れたりはしてません。

ただし、スパウトの注ぎ口の蛇腹みたいになってるトコの根元が割れて来て、
そこから漏れる様になりました。
実用上問題ないので、そのまま使ってますけどw
5. Posted by ハリネズミ   2017年11月21日 15:54
Jo-Yaから取り寄せて装着できました、装着には少しコツが要りましたがうまくいきました。古いパッキンも小さいマイナスドライバーで同じく取外せました。2週間ぐらい経ちますが今の所漏れてません。ただ送料が...高いような。普通郵便やクリックポストでは送ってくれないようでした。あんな小さい物普通郵便でも発送できると思うのですが大人の事情ですかね。

ここで教えていただき助かりました。
6. Posted by たにし   2017年11月21日 20:20
取り付け出来てよかったです^^
自分のもこの記事から漏れてないので、当分大丈夫だと思いますよ〜

他にも色々携行缶はありますけど、
このVALPRO社のほどしっかりしてるのはないので、
これからもお互い重宝いたしましょう〜〜〜!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ