2012年09月20日

SVEA NC65

   アルコールバーナーで有名なトランギアはスウェーデンのメーカーですが、そのスウェーデン軍が採用している飯盒にも、TR-B25と同じ構造のアルコールバーナーが入り組みされているのは、結構有名な話しです。ところが、このNCバーナーは、TR-B25に比べるといまいちパッとしない印象です。パッしないだけに、自分は過去に2回もこれを手にしながら、いずれも手放してしまっています。その理由は、飯盒は日本の兵式飯盒の方が使い勝手が良いし、バーナーもTR-B25の方が使い勝手が良くて、かつアクセサリーも豊富という事で、あえてこのNCバーナーを使う必要も、手元に置いておく必要も感じなかったからです。
   とは言え、はやり何となく気になるのも事実で、自宅でコーヒー淹れたり飯盒でメシ炊いたりする機会が増えた事を受けて、三たび購入の運びとなりました。

20120920_173739
スウェーデン軍制式アルコールバーナー、SVEA NC
本来は飯盒&風防の入組品ですが
さすがに飯盒は使い途がないので、別個に買いました
スウェーデン軍飯盒については、このブログが詳細です


■TR-B25との比較
   まず、見た目にSVEA NCの方が大きい訳ですが、TR-B25がタンク直径68mm、高さ42mmに対して、SVEA NCはタンク直径83mm、高さ47mmとかなり大きめです。ちなみにタンクの高さはどちらも24mmでした。タンクが大きいだけに入れれる燃料の量も多い訳で、燃焼時間はTR-B25より長めです。

20120920_173807
タンクの高さは同じですが、バーナーヘッドがNCの方が伸びています
ちなみに、バーナーヘッドは若干NCの方が大きく
キャップに付いている液漏れ防止のゴムは
TR-B25の物が使えません

20120920_173838
見るからにNCはデカいタンクです
タンクの底には、スウェーデン軍の紋章とNC65 SVEAの刻印があります


   火の付き方にも違いがあって、TR-B25は低く横に拡がる感じですが、NCの方は高く真っ直ぐ上がる感じです。恐らくバーナーヘッドに開けられた穴の大きさの違い(TR-B25よりNCの方が穴が小さい)から来る差だと思いますが、実用上は大して差を感じませんでした。

20120920_174223
左がTR-B25、右がNC
無風状態では火力に大きな差はありません
むしろ、タンク容量が大きい分、TR-B25より長時間使えるのが特徴でしょう


■五徳の解決
   このSVEA NCは、先に述べた様に飯盒の入組品なのですが、その飯盒には専用の風防兼五徳があって、これにバーナーをセットして使います。ところが、このNCの不幸な点は、この使い方以外に使いようがない、という事でした。つまり、TR-B25の様に市販の五徳がまったくなく、TR-B25ほど使っている人が少ないせいか、五徳を自作している人もあまり見かけず、精々良いところ、トランギアのトライアングルグリッドを使ってる人が居る程度です。
   実は自分も、トライアングルスタンドみたいなのを自作しようかと思ったのですが、このサイズのバーナーです。トライアングルスタンドみたいな形だと、相当大きな物になりそうで、場所取ってしかたないと思いやめにしました。
   そこで目を付けたのが、ミニトランギアに入っている純正のTR-281。パッと見た目にSVEA NCが入りそうに見えましたし、中の爪を広げればあのデカいタンクも入れれそうに感じました。そこでやってみると、あつらえたみたいにピッタリ収まりました。

20120920_173908
トランギア純正のTR-281
アルミ板の打ち抜きで作られているので
中の爪も簡単に広げる事が出来ます

20120920_173922
入れてみると、これがピッタリwww
これに収まるという事は、角形クッカーにも使えるという事です


   問題は、TR-B25よりもNCは背が高いという事です。つまり、TR-B25で最適化された五徳だと、バーナーヘッドから鍋底までのクリアランスが狭くて、熱効率が悪いかもしれない、という事です。実際に使ってみると、一番火力の強そうな部分は逃してる感がない訳ではありません。しかし、TR-B25に使うアリゾナストーブでも同じ様に、純正五徳よりも火の高さが低くなる五徳もありますので、まぁ、気にしても仕方ないかな、とも思います。

20120920_175040
こちらがTR-B25をセットした場合
恐らく、これが一番熱効率が高い高さなのでしょう

20120920_174746
こちらはSVEA NC。高さがTR-B25の時の半分くらいです
火が十分に出る前に大きな鍋を載せると
火が消えてしまう事があるので要注意です


   ところが、カリタのコーヒーポットの様に、五徳の内側に底がめり込んでしまうと、バーナーヘッドと底とのクリアランスがさらに少なくなって、勝手に火が消えてしまう事がわかりました。これではさすがにTR−281は使えません。アリゾナストーブはそのままではSVEA NCのバーナーヘッドに被せる事は出来ませんので、逆さまに載せるより他ありません。もっとも、バーナーヘッドと鍋底のクリアランスの問題で、トランギアTRーB25の時もこの様にして使う事があるので、このやり方で問題がある訳ではありません。

20120920_233929
このくらいの高さの方が、実は熱効率が高かったりします


   そこでさらに閃いたのは、ホワイトプロダクトの缶入り固形燃料、ケイネン160の五徳を使う、という事です。この五徳は、トランギアTR-B25にはバーナーが小さくて使えませんでしたが、NCは大きいので行けそうです。実際載せてみると、しっかり使えました。しかも五徳を広げてバーナーに被せる事で、角形クッカーに納める事も出来ました。バーナーの縁に五徳を載せてるだけなので、うっかりするとずれて鍋が転ける心配がありますが、アリゾナストーブよりも火が素直に上がるので、自分はこちらの方が使い勝手が良いと感じました。

20120921_221943
載せる時は、五徳を少し締めて、縁にちゃんと乗る様にします
コケネンの時ほど五徳が熱々にならないので
綿の軍手を着けていれば、五徳を外す事も出来ます

20120921_230101
五徳を広げてバーナーに被せる事で
角形クッカーに仕込む事も出来ました。
予備でアリゾナストーブがあれば完璧でしょう


■フタの注意事項
   もう一つの問題点は、消火の際にはTR-B25と同様にフタを被せて消火するのですが、TR-B25は火力調整蓋を被せて消火出来るのに対して、NCはゴムパッキン入ったフタそのもので消すしかありません。となると、熱々のバーナーヘッドにパッキンのゴムが当たる訳で、劣化が心配です。ちなみに、TR-B25のゴムパッキンは小さいので互換がありません。つまり、大事に大事に使う必要がある、という事です。
   TR-B25の火力調整蓋でも消せるのですが、NCのフタにはセット出来ないので、持ち運びに難があります。まぁ、TR-B25のフタのゴムパッキンも15年も持っているので、大丈夫じゃないかと思うのですが、自分はずっと火力調整蓋で消火してましたので、ダイレクトにパッキンが火に当たり続けたら、意外と脆いかもしれません。
   そこで考えたのが、フタを被せて消火したら、さっと取り外して、逆さま向けにして被せる、という方法です。これだとバーナーヘッドの小穴から揮発したアルコールが逃げるかもしれませんが、大穴の方は塞いでいるのでそうそうアルコールが無駄に揮発する事はないでしょう。しかも直でゴムパッキンに熱が当たらないので、比較的パッキンを守りやすいと思います。

20120920_194105
上がTR-B25のフタと火力調整蓋、下はSVEA NCのフタ
ゴムパッキンに互換性はありません

20120920_194149
火を消したら、直ぐにこういう感じにする
揮発や引火の危険は最小限に抑えられるでしょう


■付属ボトル
   以前、スウェーデン軍飯盒を買った時にも、付属でボトルが付いてきたのですが、今回も付いてきました。スリークラウンのスウェーデン軍の紋章の下に「RODSPRIT MYCKET BRANDFARLIG GIFTIG」と書いてあるので、グーグル翻訳で調べてみると「変性アルコール、メッチャ可燃性。毒」という意味らしい事が判りました。まぁ、アルコールですから無色透明なんで、水と間違えてもいけませんし、ちゃんとエタノールが入ってるという風に書いておかないと、うっかり飲んで良い気分になって、目潰れましたー、でも困りますしね。
   ときにこのボトル、容量は300mlくらいなんですが、屋外で使うと考えて、仮に飯盒に風防をセットしても、2回も補給したらなくなってしまう量です。さすがにこれだけじゃ足りないのか、1リットルくらい入るボトルも使っている様です。もっとも、1リットルもアルコール担ぐのって、結構しんどいと思うのですが、その辺は北欧人はへっちゃらなのかもしれません。

20120920_174903
ポリ製ですが、そこそこの強度があります
キャップもプラですが、液漏れしません



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント一覧

1. Posted by pony   2015年02月11日 17:34
5 こんにちは。このバーナーにピッタリの五徳があります。もう既にお持ちかもしれませんね。Trangia No.400333の純正トライアングルです。本来なら付属のステンレス製リングを中にセットしてTR-B-25をはめ込みますが、このリングを使わず代わりにバーナーのリム部をはめ込むとピッタンコ!です。私のトライアングルスタンドはかなり使い込んで反りが強くなってきていますが、バーナーが外れるようなことはありません。BlogにもありましたがTB-25よりややバーナーヘッドが高い為クッカー底面までは幾分近づきますが支障なく使えています。既に実践済みならゴメンなさい。
2. Posted by たにし   2015年02月12日 12:34
ponyさん、初めまして〜〜^^

存じ上げてますよ〜〜、トランギア・トライアングルw
ただ、高いんですよね〜〜〜、6000円ぐらいしますもんねー、あれ。
あと、五徳がデカくて、キャンティーンカップが乗らなさそう(←ここ、大事w)
そんな訳で、採用に至って降りません〜^^
3. Posted by pony   2015年02月12日 22:30
トライアングルスタンドは海外取り寄せで送料込み\3000くらいでしたよ。元値は17ユーロでした。私もキャンティーンカップ使ってますよ。針金ハンガーの左右どちらかをそのままU字にカットしてビニール剥いて端をチョイ曲げて、それをトライアングルに渡してやりますと大丈夫でした。
4. Posted by たにし   2015年02月13日 00:29
自分は個人的には、昔売ってたトライアングルスタンドの方が好きですねぇ。
http://blog.livedoor.jp/tanisi_corp/archives/51675791.html
TR-B25に使うやつですが、「Liberty Mountain」て会社から今でも売ってます。
ヤフオクだと3000円くらいですかね。
これがあるから、他のを買わないんだと思いますww
5. Posted by kosk2935   2015年03月07日 15:47
私のSVEA (NC68)番号は製造年度かメーカーと
思われますが同じものですコンパクトに使い勝手の良い
五徳長年探していましたが大変参考になりました
ネット検索しても詳細寸法がわからなくて今日に至ってます、ちなみに私は 円筒形のサバの味噌煮缶詰の空缶をチョイ加工して使用しています
6. Posted by たにし   2015年03月11日 02:09
> kosk2935さん

初めまして〜、遅レスですんませんです^^
この種のアルストは、テント内で使用するのでもなければ、風防はどうしても必要ですもんね〜
缶詰の空き缶を利用したり、MSRのウインドスクリーンなどを利用したり、
五徳以上に軽量な風防のこそ頭使わされますw
7. Posted by えのけん   2015年03月18日 21:54
初めまして
たにしさんのブログを拝見してSVEA(NC68)を購入したのですが、
嵩張ってもいいから頑丈な五徳兼風防になる物を探しておりました。
(バイクツーリングで使用する為、重さとサイズは考慮しませんでした)

先日、しっかり自立する金属性排水口ストレーナーを購入し、
燃焼実験を行いましたが、鍋にあたる部分の口にクリップで
隙間を作れば特に問題なく燃焼しました。

ホームセンターで1000円程度の物でもしっかり風防兼五徳になりますので、
是非たにしさんの方でも実験してみて下さい。

長文にて申し訳ありませんでした。
8. Posted by たにし   2015年03月19日 00:20
えのけんさん、初めまして〜〜^^

アルストって、本体は小さくても、付属品が結局嵩張るんですよねぇ〜
基本的には、屋内かテントの中で使うもんだ、って考えてますww

しかし、あまり合理的な事を考えても面白くないでし、
あれこれ知恵を出して作ってみるのが面白いんですよね〜^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ