2013年03月16日

ALVA つめかえ君 Nタイプ

   アルバのつめかえ君を入手したのは、2006年11月の事です。プリムスやEPIなどのガスカートリッジは、何が問題といっても、中途半端にガスが残った状態だと、使い切るために余計多めにカートリッジを持って行って無くなったら取り替えるか、自宅で飯炊きなどをして使い切るかするしかなかった、という事です。つめかえ君はそうしたニーズに応えて、ガス検が認可しないにも関わらず、今でも「堂々と」発売されているのです。今では様々なバリエーションがある様ですが、自分が持っているNタイプは、アウトドア用のガスカートリッジと家庭用のカセットガスを詰め替える、アルバの原初的製品です。

20130303_175107
つめかえ君のカセットガス側
爪をカセットガスの切り込みに合わせてハメて回してセットする

20130303_181746
こちらはガスカートリッジ側
ねじ込んでセットする


■つめかえ君の使い方
   まず、詰め替え作業を行う前に、詰め替え先のボンベを冷やしておく必要があります。これはガスが暖かいところから寒いところへ流れていく性質を活かす為です。氷水などで冷やすのも手ですが、自宅で詰め替え作業を行うのであれば、詰め替え先のボンベを冷凍庫などに入れて冷やすのが手っ取り早いです。
   十分ボンベを冷やせたら、つめかえ君の両端にカセットガスとガスカートリッジを取り付け、冷やした方を下にしてバルブを開けます。すると「チュルチュルチュル〜〜」と音を立ててガスが冷えたボンベの方に流れていきます。時々バルブを閉めてボンベを外して、キッチンスケールで重さを計り、定量の9割程度で詰め替えを終えます。残り1割を残す理由は説明書によると気化スペースを残すためで、仮に店で売ってる時の重さまで入れてバーナーを点火したら、火柱を上げましたので危険です。
   理屈の上では、詰め替え側のボンベが送り出し側のボンベより冷たければ、ガスはドンドン移動していくのですが、流れが悪くなった時は、ボンベを冷やし直すか、送り出し側を手で握るなどして温めれば、さらに流れていきます。くれぐれも重さに注意して詰め替えて下さい。

20130303_175140
こうやって冷凍庫に入れて冷やす
氷水に漬けるのもOK

20130303_182027
バルブはしっかり閉めてから連結しましょう
でないとガスが漏れます

20130303_180720
立てたままでもガスが入りますが
入りが悪くなったら、上のボンベを握って温めます
また、カセットガスの残りが少なくなったら
バルブを下にして斜めにすると、全部入ります


■ボンベの重さ
   先に述べた様に、つめかえ君を使用する上で一番注意せねばならないのは、注入できるガスの量は「定量の9割まで」という事です。これはガス検にモグリで製品を出しているメーカーとしては、絶対安全に使って貰うための措置なのだと思います。
   この種の液化ガスを使ったボンベは、中に気化するためのスペースを残してガスが注入されている訳ですが、メーカーが出荷する時の量よりも注入するガスの量を少なくする事で、確実に気化スペースを取るために「定量の9割」という事にしているのだと思います。ちなみに、これ以上ないくらい注入してバーナーを点火したところ、生ガスに引火して火柱を上げました。せっかくの便利な道具を危険行為で禁止されるのは困りますので、説明書きの言う事を聞いておくべきでしょう。
   具体的な注入量は、下記の表にまとめました。ガスの内容量の9割とボンベの重さを足した重さが注入量となります。

gas_tumekae
販売時の重さは、キャップを外した重さです
内容量は、メーカー発表によります


■つめかえ君の利便性
   つめかえ君の本来の目的は、中途半端に余ったガスカートリッジのガスを一つにまとめる、というものです。この作業はNタイプのつめかえ君の場合、一旦、カセットガスにガスを移してから、他のガスカートリッジに移す、という事です。つまり、カセットガスにプロパン混入の寒冷地用ガスを入れられる、という事です。
   そこでよくやったのが、イワタニ・カセットガスジュニアバーナーを冬場に使う時用に、カセットガスにIP-500Tのガスを入れる、という事です。こうする事で、少しは寒さに強いカセットガスを作れる訳です。一応、アウトドアメーカーの何社からかは寒冷地用のカセットガスが販売されていますが、詰め替えた方が若干得です。
   逆にカセットガスのノーマルブタンを寒冷地用のカートリッジに入れて使う、という事もよくしました。ノーマルガスのカートリッジよりも遙かにお得で、かつ寒冷地用カートリッジは気化機構が入っているので(といっても、ただのボール紙なんですがw)、ノーマルガスのカートリッジよりは燃えやすい、という訳です。
   もっとも、詰め替えはよくやって5回くらいまでだと思っています。特にねじ込み式のガスカートリッジの方は、頻繁に詰め替える事で口がねのねじ山も摩耗すると思うので、一応は使用限界があると考える様にしています。

20130303_182135
正しく使えば、便利な道具です
しかも、故障知らずの一生ものですw


(初出:2006年11月2日



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント一覧

1. Posted by orematsu   2013年03月22日 18:58
全く同じものを持ってます。 すごく重宝してます。 純正のボンベ高いんですよね。
2. Posted by たにし   2013年03月22日 19:53
>orematsuさん

最近、韓国製の同種商品があるらしいですが、
大っぴらには輸入されてないみたいですね〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ