2013年08月22日

第4.5回古墳ツアー“向日町”

   一昨日の明日香村作戦で今回の帰省での古墳ツアーは終了のつもりだったのですが、親父が向日市にある古墳に連れってやるというので、素直に言う事を聞いて見に行く事にしました。
   向日市というのは、自分の実家がある長岡京市の上(つまり北)にある街で、昔から「向日町(むこうまち)」と呼んでました。ついでに言うと、長岡京市はもともとは「長岡町(ながおかちょう)」で、どちらの街も1972年に市制施行されているのですが、今だに向日町と呼ぶ事が多いので(向日町の名を関した施設やランドマークも多い)、本作戦も向日町の名を冠する事にします。
   ところで、長岡京市というと、如何にも昔、長岡京市に長岡京があった様な印象を持たれるのですが、朝政が行われた大極殿は実は向日町にありました。それが何で向日町になったかというと、市内にある向日神社の名に由来するとの事です。

20130822_141751
古墳とは何の関係もありませんが、実家猫のレオ
新生児の姪御に両親の関心が向いてて
この一ヶ月、ご飯と水以外はあまり構って貰ってなかっとかw


■物集女車塚古墳
   連れて行かれたのは、ウチから車で約15分ほどの所にある物集女車塚古墳。長岡京にも「車塚」と名が付く古墳が多いのですが、車塚の車は、昔の貴人が乗る車の事で、この名前が付く古墳は大抵は前方後円墳です。長さ43〜48m、高さ7〜9mと大きめの古墳で、間近に立ってちょっと圧倒されました。
   古墳の周囲は公園化されているのですが、整備された古墳は大抵柵などしてあって中に立ち入れないのですが、この古墳にはそうした野暮な物がなく、古墳の上に上がれます。いや、厳密には「キケン!のぼらないでください」と立て看板が立っているので、上がっちゃいけないのでしょうが、それは史跡保護の為に入るなという意味でなく、うっかり転けて落ちたら危ないからダメよ、という意味の様です。現にみんな登っているみたいで、斜面にいくつか階段状になった部分がありました。
   そこで自分も登ってみたのですが、斜面は結構急で登りはともかく、下りで足滑らせて落ちたら危ない感じでした。しかし、小高い円墳部からの眺めはなかなかなもので、大昔、田んぼしかなかった頃は辺り一面が見晴らせたんだろうな、と感じました。
   この古墳の凄いところは、立派な石室が残っていただけでなく、その石室から排水する排水溝が今も機能している事です。千年以上経っても使える知恵というか技術を持ってた古代人ってのは凄いなー、と感じました。

20130822_143634
物集女車塚古墳
パッと目にもデカイ古墳ですが、間近に見れるのが良いです

20130822_143720
解説板
(字が細かいので大きめの画像で載せました)

20130822_143912
円墳部から方墳を眺めた図
高さは3階建てくらいで、結構高いです

20130822_144110
親父の後ろのコンクリの部分が周濠のあった所

20130822_144141
石室はこんな感じで出入り出来る様になっていますが
普段は中に入れません

20130822_144148
石室と石棺の解説板

20130822_144258
これが排水溝
石でキッチリ組まれています


■長岡宮大極殿跡
   次に向かったのが、長岡京の大極殿跡。物集女車塚古墳からは車で約10分くらいのところですが、最初、親父が「ここだ」と言った場所は、どうみてもタダの公園でした。まぁ、史跡が公園化されている所は多いのですが、流石にブランコとかが置いてあったりする所はないので、Googleマップで調べてみたら、その公園の裏手にちゃんと整備された大極殿跡がありました。
   大極殿跡といっても、長岡京から平安京に移った時、建物などは全部平安京に移築したとの事で、かつ長岡京が放棄されたあと、大極殿跡も農地になってしまったとかで、その大極殿跡は長い間、位置が特定されてませんでした。発掘調査の結果、ここが大極殿跡と特定された訳ですが、もともと農地だった事もあって今は宅地のど真ん中で、大極殿跡に行く道も細いコチャコチャしたのしかなく、観光地化は難しい様です。

20130822_150535
大極殿跡
跡と言われても、建物が復元されている訳ではないので
ちょっとイメージしづらかったです

20130822_150510
後殿(小安殿)跡
帝が政務中に休憩する場所
今は公園化されていて、球技とかしない様に注意書きがありました

20130822_150408
大極殿公園解説板

20130822_150647
長岡宮大極殿はこんな感じだったそうです


   たった10年くらいしか都が置かれなかったといえ、それでも都が置かれてた事は郷土の誇りであったらしく(自分も誇りに思ってますがw)、明治の頃にデカイ石碑が建てられたそうです。また、今上天皇皇后両陛下も行幸されたとか。

20130822_150742
真ん中の石碑は明治28年建立
左の灰色の碑は
平成22年に天皇皇后両陛下が行幸された記念碑

20130822_150310
長岡宮跡 大極殿・後殿(小安殿)地区解説板

20130822_150322
国指定史跡 長岡宮跡解説板

20130822_150327
史跡長岡宮跡 大極殿解説板


   自分は実家を出る18歳まで長岡京市に住んでいたのですが、長岡京の大極殿跡を見るのは実は今回が初めてでした。まぁ、昔はフィールドワーク的なものに大して興味を持ってなかったというのもあるのですが(その癖、歴史は得意科目だった)、近場の地元って事もあってあまり行こうと思わなかったのです。東京に住んでると東京タワーやスカイツリーに行こうとあまり思わないのと同じ様なもんです。なので、今回はプチツアーながら、地元の誇り?を見る良い機会になりました。

20130822_150257
こんな感じで長岡京があったよ、の図(南が上)
長岡宮大極殿の近くには、結構古墳がある様です
機会をみて第二次作戦を組みたいものです



ブログランキング・にほんブログ村へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)旅行系 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ