2017年01月15日

TOYZ Racing 初走り(in 谷田部)

   今年は元旦早々、インフルエンザで救急車で病院運ばれるという、とんでもない一年の幕開けでした。去年もトラックに跳ねられて救急車で運ばれましたんで、これで2年連続であります。先の思いやられる事、この上なしなのですが、気を取り直して頑張って行きましょう!
   という訳で、今回はTOYZ Racingの初走りであります。

20170115_082210
全国的に大寒波到来で、路面が心配だったのですが
あまり霜もおりてなくて、いいコンディションでした


■たにしシューレ
   初走りなんですが、実は年末の走り納めの時から、小学生のお子達にバイクの乗り方教えてあげるのを頼まれてまして、今回もお世話させて頂きました。前回は、エンジンついた乗り物に乗るのが初めて、という事で、オートバイの基本的な操作の仕方を中心にお教えしたのですが、そこそこ乗れる様になられたので、今回はもう少しだけレベル上げた事をやりました。
   自分もスクールでつどつど言われた事なのですが、直線の6割まではガンガンに走って残り4割でコーナーに入るための減速をするとか、コーナーの立ち上がりで加速するとか、そうしたレーシーな走り方をお教えしました。今回のお子さんは、とにかくアクセル開けまくる猛烈な子なのですが、直線の全力加速のままコーナーに入ってしまうので非常に危ない訳です。自分の場合は、コーナー曲がれる速度で直線も走ってしまうので、とても鈍臭い走りしか出来ない訳ですが、それに比べたら、とても羨ましい走行感覚です。しかし、そのままにしてたら、そのウチ曲がり切れなくなってぶっ飛んでしまうので、今のウチに丁寧にコーナーを曲がる様に教えて上げました。
   また、コーナーを曲がる際に、両足ともステップから外れてるとか、内側の足を真横に出してるとか、これは大人でも初心者が良くやってる事ですが、こういうのも危ないので、曲がる方の内側の足を横じゃなくて前に出す、つま先は内側向けて、とお教えしました。ここらの話しになると、骨盤立てて、背筋や首をグニャグニャせず、アウト側は高く、みたいな姿勢の話しにもなるのですが、自分らオッサンとは違って、お子様は素直に言う事聞いてくれて、かつ感覚的にやってしまえるので、そうこうしているウチに、非常にスムーズかつ丁寧にコーナーを曲がれる様になってきました。
   「這えば立て」という事で、お次はバイクの上でスタンディングする要領も説明しました。立つといっても、二本足で立つ訳でなく、実は四つ足で立つのですが、日常的にそんな格好で生活してる訳でないので、これはなかなか難しかった様です。でも、やろうとする辺り、素直だなーと感じました。実はその素直さこそが、物事習う上で一番大事だと自分は考えてますし、かつ自分も実践しております。

20170115_tomo01
前回、バイクの乗り方はマスターしてるので
今回はもちっと上の事をやります

20170115_toshi01
朝一番はブルで地面が掘り返されてて、走りにくかったです
でも、このバランス感覚養うには役立ちました

20170115_toshi02
滅多に使わないサインボードを使って
加速と減速を行うタイミングの説明をしました


■パンツァーファウスト号、試走
   ハンドルを低めのに替えた訳ですが、年末はバッテリーが上がってしまって乗る事が出来なかったXR230“パンツァーファウスト号”。今回はリチウムイオンバッテリーに交換したお陰で、寒さにも負けず、ちゃんとエンジン掛かりました。お子様が休憩している間、初心者コースと本コースを少し走ってみました。(少しと思ったのですが、アワーメーターでは44分走ってました)
   まず、期待のDual Sport Lowですが、結論から言うと、低過ぎてダメでした。スタンディングだとかなり前屈みになってしまい、ジャンプの着地では前につんのめる感じです。シッティングでも前屈み気味で、なんとなくコーナーが曲がりにくい。いつもと違うところの筋肉使っている様な感じで、乗り心地がイマイチ。仕方ないので、ちょっとハンドルを起こしてみましたが、そうするとちょっとマシという感じです。
   こうなってくると、ノーマルのアッパーブラケットでは対応し切れないのかもしれません。このXR230を調達した当初、ZETAのハンドルバークランプキットを組んでファットバー化するつもりをしていたのですが、XR230対応の物が製造中止になってて諦めた経緯がありました。その後、CRF230Fのフォーク径やフォークの間隔がXR230と同じ事を、実車を測って確かめたので、CRF230Fのハンドルバークランプキットなら着く事が分ったのですが、その頃には「そこまでするのもなー」みたいな感じになっていて、結局やらず終いでした。しかし、今年はパンツァーファウスト号でもレースに出る予定をしているので、いよいよやった方が良いかもしれません。何たって、バイクを操作する上で、一番身近な部分ですから、投資を惜しんではならんと思う訳です。
   あと、以前からXR230はニュートラルからローギアに入りにくいバイクなのですが、今回はとても入りにくく、何度もシフトペダルを蹴り込まねばなりませんでした。そろそろオイルが劣化してきているのか、あるいはクラッチがへたって来ているのか分りませんが、とにかく発進時にもたつくのは困ります。場合によっては、CRF250RX“モルゲンシュテルン号”と同様に、クラッチレバーロックを装備しても良いかもしれません。

20170115_miho02
座ってる分にはまだマシなのですが
ハンドルの低さはかなり意識しました

20170115_miho07
立つと前につんのめる感じです
写真からもそう見えますねぇ

20170115_miho01
ジャンプの踏み切りで下向いてるのは
ハンドルのせいでなくて、元々の癖です
これだからあまり遠くには飛べないのです

■口の方が良く動く
   こんな具合で、今回は(年末もでしたが)、身体よりも口の方がよく動く一日でした。まぁ、自分の場合、バイク乗るのも好きですが、人付き合いも好きですので、わいわい楽しくやるのがいいな〜、と思ってます。

20170115_toshi04
お昼はMotoshop TOYZのマックさんの奥さんがこさえて来てくれた
豚汁と焼きおにぎり(豚汁にドボンして食べると美味いw)
豚汁は飯盒でお持ち帰りしたくなるほど美味かったです

20170115_tomo07
前回好評だった炊飯器ケーキ
今回はホイップクリーム乗せの“ダメなデブ脳の人”仕様
ホイップクリームはとっしー殿のコーヒーにもベストマッチw

20170115_tomo02
前回以来、既婚女性にモテモテのたにしさん
既婚じゃない女性もお待ちしておりますw



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)TRAINING 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ