2017年09月02日

CRF450RX 分解編

   7月20日に早々と届いたCRF450RXですが、あまりにも早く届き過ぎて、自分もバイク屋も態勢が整わず、長い間留め置きになってました。まぁ、普通はうひうひと慣らしに出かけるところなのでしょうが、今回は慣らしの前に、CRF250R“モルゲンシュテルン号”をRX化した時と同様の改装を施す事していたので、留め置きという次第になってました。そして、クソ暑い夏が過ぎた頃、ようやく改装作業が始まりました。

20170830_120320
Motoshop TOYZに遊びにいったら
既に分解作業が始まってました


■エンジン以外の色々
   エンジンを下ろす前に、他の部分も外さねばならないのですが、その過程でも色々面白い事が分かりました。
   去年、フルモデルチェンジしたCRF450ですが、ただ単に形が変わっただけでなく、設計そのものが従来のCRFらしくなく、マックさん曰く「設計者が変わったのではないか?」との事。同じメーカーでも設計者が違うと、その設計者の経験や設計思想の違いが製品に色濃く表れるというのは、どの機会にも見られる現象ですが、今回のCRFはその傾向が強く表れているそうです。フレームの形、ハーネスの取り回し、ボルトの形状一つとっても、それは見て取れる様です。
   自分はそこまで機械の事は分からないのですが、ぱっと見で驚いたのは、バッテリーがエアフィルターのトコにあり、エアフィルターが随分薄くなっている事でした。そこに配線がゴチャゴチャあるので、配線を外すのが面倒くさいとの事。ちなみに、以前のCRFなら、サブフレームのボルトを抜いて、ちょっとずらして、リアショックを入れ替えるというのも比較的やり易かったそうですが(自分ではした事ない)、今回のモデルでは、それもやり難いとの事でした。
   次に驚いたのが、オイルのドレンがボルトでなくキャップになっていて、10mmの六角レンチでないと開けられない事。一体全体、どうしてこんなのにしたのか分かりません。今回のモデルから、ミッションとエンジンのオイルが一体になった訳ですが、オイルの抜けをよくする為でしょうか。まぁ、穴がデカイのでドバドバ出てきます。その代わり、アンダーフレームもベタベタになりますw

20170830_120328
シートを開けたら、こんな感じ
よくまとめたなー、と思いました

20170830_120812
エアーボックスからエンジンに空気が直通する構造になってます

20170830_123541
デカいドレンキャップ
ヘキサだとボケッとしてるとナメそうで怖いです


   次に感じたのが、ホンダの製品にしては、ちょっと仕上げが雑い感じがするな、という事。例えば、フレームの溶接の跡の煤がそのままになっていたり、パーツの表面処理が甘くてムラっぽくなっていたり。おそらくコストダウンじゃないかなー、と思うのですが、この辺り、どうなんでしょう?
   メインフレームの肉抜きが徹底してて、すごい薄い感想を持ちました。必要な強度は出せていると思うのですが、これもコストダウンと機能をぎりぎりまで摺り合わせた結果なのでしょうか。アンダーフレームは、以前のモデルでは断面が五角形をしていましたが、四角形になっていました。強度は五角形の方がある訳ですが、加工等を考えたら、四角形の方がコストが安いそうです。

20170830_124603
こうした感じの溶接の煤が結構残っていました

20170830_123410
徹底した肉抜きをしたメインフレーム

20170830_124410
アンダーフレームは四角形に
ちょっと安っぽい感じがするなぁ


   しかし、何でもかんでもコストダウンという訳でなく、意外に良いものを使っている部分も結構ありました。例えばチェーンは、RKのシールチェーンでクロムメッキの専用品だったり、スプロケもサンスターのそこそこ良さそうなのが付いてました。

20170830_125454
新車時でここまで上等なチェーンが付いてるのは初めてかも

20170830_125520
スイングアームのピボットシャフトは何故か逆向き
でも、やっぱりブレーキペダル外さないと
シャフト抜けませんでした

20170830_125256
ビッグタンクとシュラウド
片側のシュラウドは、デカールの型を作るのに
ウランコアデザインズに送ってます

20170901_193534
アンダーガードは厚み3mmの樹脂製
脱着はし易そうです
穴がいっぱい開いてますが、オイル交換の時は外さねばなりません

20170830_131201
エンジンの外し方はこんな感じ
フレームの感じもこれまでと違うのは
ちょっと難い感じみたいでした

20170830_131326
という訳で、次の行程へ


■エンジンの中身
   続いてエンジンの分解。ここから先は、自分ではさっぱり分からないので、ソバにいて聞いた話しの受け売りです。エンジンもやはりフルモデルチェンジで、むしろホンダ臭さがあまりしない、との事。だからこそ、結構攻めた設計になったんじゃないか、との事でした。自分は去年、成田で試乗したのですが、450だからとか、まったくの新車だから、という理由だけでない、初めて乗るメーカーっぽい乗り味を感じたのは、そうしたところにあるのかもしれません。

20170901_181006
今回のモデルから、随所にDLC加工が施されています
まずロッカーアーム。黒々しています

20170901_181040
バルブ径はデカくなったとの事

20170901_181322
ピストンは450らしくデカいですが
よりハイコンプになってるとの事

20170901_181633
ピストンピンもDLCです

20170901_182100
2018年モデルではキックアームが完全廃止になり
このセルモーターだけで始動します
思ったより小さいです

20170902_125238
エンジンのボルトも肉抜き仕様
軽量化&コストダウンの努力が見て取れます

20170901_182439
フライホイールはRと共通だそうです
極低速でエンストし易いという評が多いですが
このせいなのかな

20170902_125242
エンジンの中身はこんな感じ
おそらく試運転くらいしか動いてないド新品です

20170902_125258
ミッション関係はフルWPC処理されていたとの事

20170902_125301
これまでのエンジンにない加工を施しつつ
コストの上限はあったのでしょう


   こんな感じで、作業が始まってしまえば、ぱっぱとバラバラになってしまいました。このあと、未加工のパーツにDLC/WPC/モリショット加工が施されます。次回は「結合編」です。お楽しみに!

20170902_125254
どんな仕上がりになるか、楽しみです!



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)単車整備 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ