旅行系

2015年10月11日

   そのそも橋の下会とは、昨年11月、職場の野郎共と男子会をやるつもりが、天気予報で雨の予報だったので、急遽、ウチの近所の平井大橋でデイキャンプをやる事になったのが発端です。雨降っても良い様に橋の下でやったのが、橋の下会の由来です。
   まぁ、アウトドアグッズは好き、でも登山やキャンプはなかなか出来ないって人も多いですし、特に都市生活者となると気軽にアウトドアに出向くというのも難しいのですが、そんな中でも橋の下ならやれそうなトコあるやん?というのに目を付けたのが今回の企画です。

20151011_163752
アーバンキャンパーは橋の下を目指す!


■一応、泊まりの装備
   今回のキャンプ地は葛西橋という事で、ウチからスクーターでものの30分ほどしか離れてない場所なのですが、一応、泊まりの装備をしていく事にしました。まー、帰りたくなったら帰れば良い訳ですし、ともあれ日頃仕舞ったり分散させてるキャンプの装備を、集合させてパッキングするのもキャンプの一環です。
   持って行くのはいつもの通りで、テントとポールシュラフ、スリーピングマット、だいたいこれでリーコンアサルトパックの4分の3が埋まってしまいます。この他に、今回は煮炊きの道具は飯盒オンリーの縛りがあったのですが、それは旧軍よろしくバックパックの背面縛着、食料入れにサステインメントポーチも背面装着。キャンティーンとカップは1個だけ右側面に、タオルとトイレットペーパーもIFAKポーチに入れてキャンティーンの下に装着。左側面には折り畳みの三脚椅子を縛着。ストーブは、夜冷える事を考慮してコールマンのフェザーストーブをチョイス。燃料は満タンにしておきました。その他、照明として高輝度30灯スクエアLEDランタンとEnergizerのアルティメットヘッドライト、スプーンやハサミが入ったMOLLEマガジンポーチやドイツ軍のファットコンテナを持ちました。
   今回、スクーターで移動の割には、ほぼ全ての装備を担ぐことにしたのは、スクーターを降りてちょっと歩くかもしれない、という話しがあったからでした。歩かないのであれば、スクーターにも装備を分散させたのですが、まぁ、ちょっとでも装備を使うのがこの種のイベントの趣旨ですので、使ってなんぼです。

20151011_141603
一泊も連泊も、主要となる装備に変化は大してありません
つまり、結構な荷物になるという事です
しかし、飯盒をこうして運ぶのは、今の時代にはむしろ画期的でしょうな

20151011_150208
自宅からスクーターでものの30分
上は風がビュービュー吹いてましたが
下に降りたら結構マシでしたw

20151011_152538_01
相方登場
これまたレトロなスタイルなのですが
自転車は比較的新しいそうです(そう見えないw)


■飯盒の蓋について
   さて、相方と合流できたので、さっそく橋の下会開始。相方は自分からロゴスのハンドル付き飯盒を買った人ですが、まだ炊爨経験は少ないという事で、まずご飯炊いてもらう事にしましました。とはいえ、いきなり炊く訳ではなく、米を水に浸けておかねばなりません。無洗米という事で、米を研ぐ必要はありませんが、いつもよりは長く浸けておく必要があります。
   ぼけっと待ってるのもなんなので、先に飯盒の蓋でステーキ焼く事にしました。LIFEで買って来た2枚1050円くらいのやっすいオージーです。まずフライパンにラードを落としてストーブで溶かし、その後、おもむろにステーキを飯盒に蓋に入れて豪快に焼きました。飯盒の蓋は、フライパンに比べれば厚みが薄く、どのくらい使えるか、今回は敢えて飯盒の蓋だけで焼き物にチャレンジしました。
   しかし、結果は上々。中まで火が通り、美味しく食べれました。気になる飯盒の焦げですが、ちゃんと脂を敷いておけば、炭化する様な焦げ方はしない様です。また、自分は蓋にハンドルの付いてない、普通の兵式飯盒を使っているのですが、その代わり、トランギアのアルミハンドル(鍋つかみ)を使っています。しかし、蓋とアルミハンドルの組み合わせはとても使い易く、要る時だけハンドルを付ける格好になるので、蓋が空でも蓋がストーブから落ちる事無く(ハンドル付きだと、ハンドルの重みで落ちる)、とても便利でした。

20151011_153951
橋の下会会場
相方は、今回初めて、カセットガスジュニアバーナーを購入
今回はその使用練習も兼ねています

20151011_162003
まずはラードを溶かします
自分は寒さ対策で、コールマンのフェザーストーブを投入

20151011_162322
火力最大で焼きまくります
良い感じに焦げ目がついて、美味そうです

20151011_162557
ナイフは使いにくいので、ハサミで切ります
ハサミは意外に使えるのです


■屋外に於ける火力調整の難しさ
   さて、浸水の時間が終わったので、相方にご飯炊いてもらう事にしました。自分がやれば失敗はないのでしょうが、それでは練習になりませんので、芯になろうが焦げようが、やってもらう事にしました。とはいえ、放ったらかしでは出来ないので、最初は強火で、沸騰したら弱火に変えて、重湯が消えたら火を消す、という手順を説明しながらやって貰いました。
   難しいのは、今回はそこそこ風がきついという事。気温的には温暖なので、カセットガス使うカセットガスジュニアバーナーでも火力が不足する、という事はないでしょうが、弱火の時は風に煽られて火力が分散してしまう可能性が大なので注意です。
   さて、やってみたのですが、強火でガンガン炊いてるのに、3分過ぎても蓋が持ち上がる気配がない。とはいえ、3分もしたら飯盒の中は大抵は沸騰しています。でもまぁ、一応中身を点検してみる事にしたのですが、ハンドルの先の折れた部分が飯盒の底に当たって蓋が開けにくい。もちろん、ハンドルを起こすのですが、それが手間です。ともかく沸騰していたので、弱火に切り変えました。
   ところが、ガスストーブの場合、弱火がどの程度の強さだったらよいのか、使い慣れてないと判りにくいものです。弱過ぎたら重湯が消えるのに時間がかかってベタ飯になるし、強過ぎたら底を焦がしてしまう可能性が大です。良い具合の弱火にしたつもりでしたが、5分経っても飯盒の中はボコボコ言っており、仕方ないので暫く火にかけ続け、ようやく重湯が無くなった時点で火を止めました。
   出来栄えは、カニの穴から焦げた煮汁がにじみ出てて、底はしっかりストーブの火の形に炭化していました。炭化してる範囲は、最大火力での火の範囲でしたので、強火に掛けている時間が長過ぎた様です。それでいて、弱火が弱かったので、なかなか重湯が消えなかったのでしょう。久々に焦げ飯を食う事になりました。

20151011_155033
今回は色々食い物があるので、2合だけ炊きました
掛子擦り切り一杯で2合です
こういう所では、研がなくても良い無洗米が良いでしょう

20151011_163101
外ですので、火力全開です
しかし、沸騰したタイミングの見逃すと、エライ目に

20151011_165101
炊いてる間に、ステーキ2枚目焼きました
ただし、一人の時は炊飯に集中しないと、エライ目に

20151011_165222
全般的にベタ飯なのに、真ん中に怪しい色目が、、

20151011_165351
案の定、底が炭化してました〜〜〜
ここまで焦がしたの、久しぶりです(汗


■飯盒の蓋のハンドルの功罪
   ところで、炊飯はハンドル付き飯盒で行ったのですが、案の定というべきか、炊飯には非常に使いにくいものである事が判りました。そもそも飯盒の蓋にハンドルが付いているのは、蓋をフライパンとして使う為なのですが、発祥の地であるヨーロッパではどうやら飯盒に蓋をして煮炊きする使い方はあまりしない様です。つまり、蓋にハンドルが付いてても、別に不便がない訳です。ところが、米の飯を炊く日本の飯盒の場合、まず吊るせばハンドルの重み分、傾いてしまいますし、蓋取るにもハンドルが邪魔ですし、そんな事もあって、日本の飯盒にはハンドルが省かれたのだと思います。
   そして今回感じた事は、ポータブルストーブの上で使うので、飯盒が傾くという事はないものの、ハンドルにロック機能がある訳ではないので、下に倒れてハンドルの先がバーナーの火に炙られて非常に熱くなる事、飯盒の中身をあらためようにも、まずはハンドルを起こさないと蓋が取れない事。それを忘れて蓋を取ろうとすると、ハンドルの先の折れた部分が飯盒の底に引っかかって、蓋が開かないだけでなく飯盒を倒しそうになる事、といった具合で、良い所が一つもありませんでした。
   では、フライパンとして使う場合ですが、ロゴスの飯盒のハンドルは、ハンドルが下向きになる様な構造になっていて、料理する場合でも食べる場合でも、とても使い勝手が良くない。せめて、ドイツ軍の飯盒の様に使い易いのが付いていれば良いのですが、これならハンドルない方が良くない?という感想になりました。

20151011_164323
こんな感じで、とにかく邪魔臭いのが
日本の飯盒についてるハンドルです

20151011_170350
飯盒の蓋自体が、フライパン代わりとして使えない訳ではありません
ハンドルは取り外し出来るのが便利です
(日本の飯盒の場合は)

20151011_165517
掛子は皿代わり
ステーキ丼、美味かったですw


■宴会キャンプで役立つポータブルストーブ
   今回、自分はコールマンのフェザーストーブ、相方はイワタニのカセットガスジュニアバーナーを持参したのですが、フェザーストーブは最初ステーキ焼くのに使ったきりで、後はカセットガスジュニアバーナーばっかで料理してました。それは買ったばかりのストーブを積極的に使わせてあげよう、という気持ちがあったのも確かなのですが、料理する度にポンピングして点火するのが面倒で、電着一発で点火できるお手軽なガスストーブの方をついつい使ってしまった、というのが実際の所です。
   これまでのソロキャンプでは、自分の分しか食べるものを作る事はなかったですし、その場合は一気に作って終了という感じでしたから、ガスでもガソリンでも使う機会は一度きりという感じでした。しかし、作っては消し、というのを繰り返す時、ポンピングやプレヒートをしなければならないストーブは、意外と面倒なもんなんだな、と感じました。まぁ、それしか無かったらそれ使うんでしょうが、便利なのがあれば、そっちを使うのは人情というものです。
   そこで、ふと思い出したのが、大型タンクを備えたケロシンストーブ。よく大人数用と称して売っているのですが、バーナーが一つしかないのはソロ用のストーブと同じで、どの辺りが大人数用なのか今まで判りませんでした。しかし、後でケロスト教の人に聞いたところ、弱火でずっと運転し続けて、料理作る時に火力あげて使う、との事。つまり、常夜灯的な使い方をする訳です。そのため、大型のタンクが必要な様です。

20151011_171302
ステーキ2枚、ソーセージ6本焼いたら
蓋も結構ヤレてきました
火の当たる面積が狭いのが判ります

20151011_182705
焦げ付いた飯盒
水を入れて出来るだけ炭化した焦げを落としましたが
あとはクレンザーで磨くしかありません


■結局泊まらず撤収w
   とまぁ、こんな話しを相方としてるウチに、いい加減腹は膨れてくるし、いやいやシメのラーメンは逝かんとイカンだろう、なんて言いながら、腹ごなしに中州の端っこまで歩いてみたり(実はそこが本来予定してたキャンプ地)、色々やってたのですが、一通りのことをやってたら、「そろそろもういいかー」みたいな雰囲気になってきました。そうと決まれば撤収なのですが、相方はだいぶメートルが上がったみたいで、銀空マットしいてお休み。その間に自分は先に湯を沸かし、飯盒や蓋などを拭いてキレイにしました。
   そして、なんのかんので、0000時には撤収。さっさかウチに帰りました。まぁ、近場ですしね、別に泊まらんでもいいという訳です。まぁ、こういうレクレーションもまた有りかと。

20151011_201545
荒川と中川の終端。その奥は東京湾です
すでに磯の香りがします

20151011_210030
シメはラーメンで
こういうの煮るのに、飯盒は最適ですw

20151011_215315
とりあえず、お湯とキッチンペーパーでキレイに
あれほど焦げてた蓋も、キレイなもんですw



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 22:00コメント(2)

2014年08月19日

   去年の明日香村作戦で、あわや熱中症になりかけた経験から、今年はちっと涼しいところに行こうと考え、艦これブームにあやかって舞鶴の軍港に遊びに行こうと思ったのですが、予定日の前日に大雨が降って福知山が冠水。交通網も怪しい状態になっているみたいなので取りやめました。
   仕方ないのでどうしようかなーと思っていたら、堺の方の古墳にタヌキが住んでるを思い出し、調べてみると、タヌキの古墳の直ぐそばに日本一(“古墳”は日本にしかないので、日本一という事は世界一w)の古墳、仁徳天皇陵がある事を発見。というか、その回りは古墳がゴロゴロあって、とても1日じゃ回り切れない。そこで、仁徳天皇陵、御廟山古墳、たいすけ古墳(タヌキ居るとこ)、履中天皇陵の4カ所を回る事にしました。

20140819_101200
JR阪奈線百舌鳥駅前にあった地域地図
今回回った古墳が全部入っています


■百舌鳥古墳群
   仁徳天皇陵ってのは、大抵の人は歴史の資料集なんかで写真を見て知っていると思うのですが、それが元々は100基近い古墳の中にあって、現在も45基も残った古墳の一つだ、という事はあまり知ってる人は居ないかもしれません。かくいう自分もそうでした。ついでに言うと、実家から電車で1時間ちょっとの所にあるのに、この歳になるまで一度も“日本一の古墳”に行った事がない訳で、まぁ、ある意味、興味のない人にとっては古墳は出かかろうが大して興味の対象にはなってない、というのを示していると思います。
   さて、今回探訪する古墳は、JR阪奈線の百舌鳥駅を基点として全部回れる位置にあります。今回もレンタルサイクルを借りる事も考えたのですが、そこまでしなくても徒歩行軍で十分回れそうです。なんと行っても、駅ほ歩道橋の上から仁徳天皇陵なんかは見える訳です。ただし、猛烈な猛暑ですから、水分補給だけは忘れる事は出来ません。その点でも、去年の明日香村と違って、古墳と古墳の間が迫っているので移動しやすい事、自販機などは結構ある事、街中でもあるのでコンビニもそこそこある、という事で、補給には難儀しなさそうでした。

20140819_101219
JR阪奈線百舌鳥駅
なんと無人駅でしたw

20140819_102107
駅前にあったファミマで、フローズンなんとかを補給
住宅街だけに、コンビニはそこそこありました


■仁徳天皇陵
   仁徳天皇陵は、百舌鳥駅から歩いてものの10分もしない所にあります。日本一の古墳だけに、側で見てると、その大きさがイマイチ判らんほどです。その大きさを実感するには、古墳の回りを1周歩いてみるのが良さそうです。同じ様な事を考える人が多かったのか、仁徳天皇陵の回りには遊歩道が整備されているとの事。だったら歩いてみるにしかずです。
   まずは拝所に移動。日本一の古墳だけあって、地元のボランティアのガイドの人が、観光客相手に関西弁丸出しでガイドをやってました。ところで、この仁徳天皇陵は、いわゆる前方後円墳なのですが、写真やイラストでは円墳が上、方墳が下、いわゆるガキ穴の形で写されたり描かれたりするので、てっきり円墳が上のイメージを持っていますが、前方後円墳という様に、前が方墳の方で後ろは円墳です。なので、前方後円墳の場合、拝所は方墳の頂点(まぁ、一般的イメージで行けば底辺)の所にあります。
   さて、さっそく行軍開始。どっち回りでも構わないのですが、何となく半時計回りに歩き出しました。とりあえず、てくてくと脇に古墳を眺めながら歩く。ひたすら歩く。古墳には鉄柵がしてあって中には入れないのですが、細い道路を挟んで反対側には、普通の住宅が並んでいます。当たり前の様に、家の前に日本一の古墳があるのは、ちょっとシュールな感じでした。
   そんなこんなで、だらだら写真撮りながら歩く事、約38分。元の拝所に戻ってきました。もっと時間掛かるのかと思ってたのですが、2.8kmはそんなに長い距離ではない様です。しかし、歩いてみて感じたのは、側から見える古墳の部分というのは、周濠に設けられた堤で、これにも木が植わっているので墳墓それ自体は見えない、という事です。自分らがイメージしてる仁徳天皇陵は、空から撮影されたもので、実際現地で見てみると、ただの鬱蒼として岡にしか見ない、というのが率直な感想でした。

20140819_102819
仁徳天皇陵の模型
仁徳陵の回りには、10基ほどの陪塚があります
(それも地方豪族の古墳規模)

20140819_103053
仁徳天皇陵の説明書き
しかし、鹿の耳から鳥が出て来たって、、

20140819_103244
天皇陵には、必ずこの注意書きが掲げられます
でも、時たま侵入して捕まる人がいますねぇ

20140819_103452
仁徳陵の回りには、こんな風に遊歩道が整備されています

20140819_103640
遊歩道には、こうした距離と位置を示す石碑が
所々に設置されています

20140819_103923
しかし、窓を開けたら目の前が日本一の古墳
すごい所に家が立っているもんですw

20140819_105446
陪塚の一つとされている、永山古墳
暑かったので、遠望して通り過ぎました

20140819_110210
そのデカさ故に
大昔から色んな作品に取り上げられていた様です

20140819_111110
あまりに暑くて、のぼせてましたw


■堺市博物館
   とはいえ、炎天下の中を2.8kmも歩いた訳ですから、いい加減暑くて疲れてます。ともかくクールダウンが必要という事で、仁徳天皇陵そばのお洒落な喫茶店に入り、マンゴーのかき氷とグレープフルーツジュースを注文。汗だくの短パンのおっさんがかき氷食う様は、ちょっとアレな感じですが、外聞憚ってる余裕はないので、バクバク食ってクールダウンしましたw
   ようやく汗が引いた訳ですが、すぐさま次の古墳に行こうか、という元気まではまだありません。ふと前を見ると大仙公園(この中にも小さい古墳がいっぱいあるw)です。その中に、堺市博物館があるのが判りました。せっかくですし、クールダウンがてら入ってみる事にしました。
   入場料は200円、規模としては小柄な博物館ですが、なんと言っても45基も古墳が集まってる場所だけに、出てくる物も結構すごくて、立派な物ばかり。個人的には軍装に関心が向いてしまうのですが、そんな人の為に、レプリカの兜や短甲なんかも置いてあったりして(兜は被りましたw)、結構楽しいです。
   とはいえ、見たいもの見たら、小一時間ほどで見終わってしまいました。まぁ、時間的にもお昼なので、適当にファミレスかラーメン屋か牛丼屋にでも入ろうと思ったのですが、その手の店はまったくありません。コンビニで買い食いは出来ますが、いい加減足が疲れてるので、座って食べたい訳です。結局、百舌鳥駅前に唯一あった、如何にも田舎にありそうな定食屋に入ったのですが、予想に反して美味しくて、ご飯大盛りお代わりしてしまいましたw

20140819_112310
とりあえずクールダウン
もう一杯お代わりしたかったですw

20140819_114022
この中にも古墳がゴロゴロあるのですが
見て回る気持ちの余裕はありませんでしたw

20140819_114222
堺というと、古墳よりは
織豊次代の自由都市のイメージの方が強かったりします

20140819_121643
出土品の甲冑
案外、完全な形で残ってるもんですね

20140819_121807
埴輪ももちろんあります
ちなみに、仁徳陵には2万体の埴輪が使われたとか

20140819_122001
堺市博物館の展示の半分は
自由都市次代のもので、それも見応えがありました

20140819_131150
やっとありついたお昼ご飯
他人丼に豚汁を頼んだのですが、ご飯も追加しましたw

20140819_132628
普段、この手の店には入らないのですが(ハズレが多い)
ここはとても美味しかったですw


御廟山古墳〜たいすけ古墳
   ちょっと食い過ぎたかなー、とか思いながら、iPhoneのマップに案内されて、御廟山古墳へ。こちらも住宅のど真ん中にあるのですが、それなりに結構大きな前方後円墳です。仁徳陵の様に堤がないので、柵越しに周濠に浮かぶ墳墓を拝む事が出来ます。自分が見た方角は、前方墳側からですが、それとして形が判るのが興味深かったです。とはいえ、この御廟山古墳は通過点なので長居せずに通り過ぎました。
   ふたたび住宅街をてくてく歩く事、15分ほど。今回の作戦の目標、いたすけ古墳に辿り着きました。そして、期待に胸躍らせながら、半壊した橋を見てみると、、、、タヌキの姿は見えず、代わりにいたのは番いの鴨と首伸ばした亀だけでした。まぁ、内心そうじゃないかなーと思っていたのですが、この糞暑い時期に、いくら夏毛に生え変わってるととは言え、タヌキが日光浴してるはずもなく、どこか涼しい所で日中は寝てるに違いありません。
   それでも、夕方まで待ってみようかと思ったのですが、日陰さえない住宅街の真ん中で、出てくるか判らんタヌキを待っていたら、熱中症で神に召されてしまいそうです。そもそも、タヌキどころか、人っ子一人居ないのです。このままここで頑張っていても仕方ない、と諦める事にしました。

20140819_133353
御廟山古墳のパノラマ写真
iPhoneでパノラマ撮影すると、墳墓が小さく写る様な気がしますw

20140819_134012
住宅地の中に埋もれる様にある古墳でも
やっぱ観光資源には違いない様で
古墳ごとに周遊路が整備されていました

20140819_134927
いたすけ古墳に向かう途中にあった善右エ門古墳
思わず見落とすところでしたw

20140819_134920
地方豪族レベルの古墳は宮内庁管轄でなく
都市の教育委員会の管轄ですw

20140819_135708
ようやく、おめあてのいたすけ古墳に到着
良く晴れた、良い写真が撮れました

20140819_135136
冬場なら、この半壊した橋の向こうに
タヌキの家族が姿を表すそうですが
今回は鴨のつがいと、亀だけでしたww

20140819_135510
ぼけーっと眺めていたら
亀がワラワラ集まってきました
エサでも貰っているのかな?


■履中天皇陵
   さて、本日のファイナルミッション、履中天皇陵は、やはり住宅街のど真ん中にあります。いたすけ古墳からは歩いて大体30分くらい。またも炎天下の中の行軍です。結構しんどかったのですが、なんと言っても最後のミッションですから、歩き続けました。
   と、そうこうしているウチに、家と家の間から、ドドーンと履中天皇陵が見えてきました。履中天皇陵は、仁徳天皇陵と違って堤がないので、墳墓が丸見えです。それだけにかなりデカイなーという印象を受けました。履中天皇陵は、日本で3番目にデカイ古墳との事。つまり、サイズ的には仁徳天皇陵と変わらんくらいのビッグサイズなのです。熱にノボせた身体で歩いていくウチに、周濠に辿り着きました。
   履中天皇陵は、仁徳陵と違って、周濠の周囲は遊歩道化されていません。すなわち、住宅の裏、生活道路に面した状態でドドーンと存在しているのです。その周濠は広く、墳墓は山高く、第3位といえども迫力満点です。仁徳陵だって、もし中に入れたら、このくらい、いやこれ以上の迫力があるはずです。
   しかし、この時すでにいい加減足は歩き疲れ、身体はオーバーヒート気味で、古墳を見れただけで満足して、あとは早々に最寄りの上野芝駅に向かい、コンビニでクールダウンして本日の作戦を終了しました。

20140819_141304
住宅街の彼方に偉容を示す履中天皇陵

20140819_141834
履中天皇陵のパノラマ写真
前方墳の右斜め辺りから撮影

20140819_142012
風致地区ってのがあるのを初めて知りました

20140819_142312
履中陵の拝所
その脇まで民家が迫っていますww


■まとめ
   さて、今回生まれて初めて日本一大きい古墳を訪れた訳ですが、意外に思ったのは、仁徳天皇陵が世界遺産には登録されてない、という事でした。面積においては、エジプトのピラミッドや、中国の始皇帝陵よりも広い墳墓で、十分世界レベルの規模であると思うのですが、まだ登録されていないのです。もちろん、地元では運動がある様ですが、全国的に見た時、そうした運動がどの程度まで知られているか、ちょっと疑問です。
   もう一つ感じたのは、現代人の視線では、これら巨大古墳の偉容を、古代人の視線で感じる事は困難なんだ、という事でした。博物館に展示してあった、仁徳陵建造当時の風景図では、古墳の回りにはほとんど民家などなく、海からは古墳が丸見えで、古墳の側でもその巨大さを仰ぎ見る事が出た様です。ところが現在は、古墳のギリギリの所にまで家が立ち並び、家々の屋根の下に古墳が没している様な感じです。自分たちが古墳というと、空撮された写真を印象する訳ですが、古代人は下から仰ぎ見る、もしくは遠方から望遠する、といった見方をしていたに違いありません。その意味で、日本一の古墳の偉容を感じ取るのが困難であったと感じました。
   最後に、博物館でガイドの人が(これまた関西弁丸出しで)説明してたのを小耳にして、おやと感じたのですが、実は建造時期は仁徳陵よりも履中陵の方が先である、との事。系図では履中帝は仁徳帝の次代なので、順番的におかしい訳です。とはいえ、天皇陵は全部宮内庁の管轄で、勝手に調査したりする事も出来ない訳で、考古学的な研究はぶっちゃけ出来てない様です。万世一系の大君の神話性を守りたい気持ちも判らないではないですが、それ以上に考古学的な研究を進めた方が、古墳作らせた人にとっても嬉しい事なんじゃないかなー、とか思いつつ、阪奈線に揺られて帰りました。

20140819_101815
百舌鳥駅の歩道橋から撮影した、仁徳陵のパノラマ写真
屋根の上から、辛うじて墳墓が覗いてます

20140819_102916
仁徳陵建造当時の予想図
次代の履中陵の方が、木が生えています
(つまり、履中陵の方が建造時期が古い)

20140819_104402
こんな風に古代人が古墳を見たかどうか判りませんが
世界文化遺産になって欲しいものですw



ブログランキング・にほんブログ村へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(2)

2014年03月21日

   かつて、仮想軍隊クラフトフェルトでは、3月の春分の日前後に奥多摩の某海沢渓谷で設営隊活動(いわゆる軍装キャンプ)をやってたのですが、その伝統を引き継いで去年から日帰りで焚き火をやりに行く事にしました。ところが、一人ではあまりに寂しくて泊まらず帰ってきたので、今年は職場の同僚たちと男子会を兼ねて奥多摩に出ばる事にしました。
   ところが、作戦の前日に帰宅途中で財布を落とすという事件があり、免許証などの公的カードもさる事ながら、現金まで一気に無くしてしまい、かなりヤバい事になってしまいました。幸い、お金は一枚だけ残っていたので、どうにか男子会には参加出来ましたが、帰りの運転は運転免許証がないので出来ませんでした。

20140321_125622
海沢園地は今回は雪化粧
平らな地面がなくなったので
ここでキャンプはもう無理ですねぇ


■レンタカーで移動
   これまでの男子会では、自転車やスクーターといった移動手段で集合していたのですが、今回は現地に着いてからもそこそこの距離を荷物もって上がったり下ったりしなければならないのと、男子会と銘打ちながら御婦人が約1名同行する事になったので、車両移動という事になりました。まぁ、かつてのクラフトフェルト設営隊でも、車両行軍は基本でしたから珍しい事ではありません。
   レンタカーは朝0800時から借りれるという事で、0830時に石神井公園駅に集合だったのですが、前の晩に財布探したり遺失届を出しに行ったりで、あれこれ準備に手間を食ってしまい、朝、目が覚めてからもぼーっとしてて時間が過ぎてしまい、いつもなら早めに着いている自分が今回は15分ほど遅刻してしまいました。
   ともかく、レンタカーに乗り込んで行軍を開始した訳ですが、今度は道がエラい渋滞でなかなか青梅市に着きません。3連休の初日だからか、奥多摩の梅園に見物に行く人が多いのか、ノロノロしてなかなか前に進まない。途中、コンビニで休憩したり、スーパーで買い物したりして、4時間ほどして、ようやく海沢川に到達しました。
   流石にその辺りになると、車も人も少ないのですが、林道海沢線に入ってビビリました。というのも、いつぞやの大雪のあとか、なだれ込んだ雪がまだ残っていて、林道の部分だけ雪が掘削されて、所によっては雪の壁の中を進むという感じです。まるで豪雪地帯のミニチュア版みたいな感じです。20年来こんな風になっているのは、初めての光景でした。
   とはいえ、昔と違って今は海沢園地の上の方まで一応は舗装されていますので、ゆっくり行けば何なりと上がって行く事が出来ます。現地に着いたのは、当初予定していた時間よりも2時間遅れて、1300時頃でした。

20140321_130527
海沢園地の上部に薪拾いに行軍
まぁ、少し上に上がれば、枝がゴロゴロ落ちてます


■燃料を集めろ
   これまでの男子会では、バケツコンロで炭火を熾してましたが、今回はそんな甘っちょろい事は禁止です。事前に全員に、防寒に配慮した服装、足下の安全を担保した靴、軍手、新聞紙、マッチなどを持参する様に指示してあったのですが、これは林道上部で杉の枝などを拾って焚き火をする為です。焚き火の燃料となる枝は、土地の林業の人が枝打ちしたのがいくらでも転がっているので、それを有り難く頂戴する訳です。
   設営隊時代には、一晩燃すために山肌の斜面にまで登って枝を落としていたのですが、日帰りではそんなに沢山は要りません。また、長い枝を真ん中から燃やして、半分になったのをさらに真ん中から燃やして、順次に短くしていくのが面白かったりするのですが、そんな悠長な事してる時間もありませんし、長い枝は料理の焚き火にするには邪魔なので、折りたたみのノコギリで30cmくらいに切っていきました。また、レンタカーに直に薪を載せたら車内が汚れてしまうので、職場から90リットルのゴミ袋を貰ってきて、二重重ねにした中に入れて、レンタカーのシートにも新聞紙を敷いて載せました。薪の量は、90リットル一杯で大体4時間は持ちそうです。
   さて、首尾よく薪を調達したあと、林道を下って設営地に到着したのですが、難儀したのは渓流に降りて行く斜面。結構急なのは昔からですが、今回は大雪の影響か、杉の葉が一杯落ちていて地面が見えないのです。かつ、雪も残っている部分が結構あって、かなり足下がヤバい感じでした。とりあえず、90L袋の薪は下にぶん投げて、各自の荷物はリレー方式で下に送って、滑って落ちない様に気をつけて降下しました。

20140321_130909
こんな感じで雪が残ってました
明らかに除雪した感じですね

20140321_131352
こういう時は鉈よりもノコギリの方が安全ですし
楽に仕事が出来ます


■料理しますよ
   さて、下に下ったら早速カマド作りである。といっても、そこらにゴロゴロとメロン大の石が転がっているので、それを集めて円陣を組めばおしまい。簡単なものである。カマドが出来たら薪を放り込んで火入れである。予定では、クソ真面目に新聞紙や枯れた杉の葉などで火を熾すつもりでいたのだが、時間が押しているのでゲルネンを投入。ところが、予想以上に風が強くてなかなか火が着かない。何本かマッチを犠牲にしてようやく点火した。火が着いてしまえば、ゲルネンは勝手に薪に火を付けてくれるので楽勝である。
   火が熾きたら、年始に購入したハンゴーキャッチをプラスチックハンマーで地面に打ち込み、炊爨開始です。ところが、地面が柔らかいくせに10cmくらい下にはデカイ石があるみたいで、縦棒が結構ぐらぐらして心もとない。この状態で飯盒ぶら下げたら、うっかり縦棒が転けてエラい事になりそうなので、適当な大きさの石で棒をサンドして極力グラつかない様にしました。
   いい感じで火が熾ってきたので、いそいそと料理開始。まずご飯は米4合の無洗米でチャレンジ。いきなり沸騰しない様に、若干火から遠ざけて、じっくり炊く様にしました。オカズの方は豚汁という事で、ネギの皮剥いたり人参切ったりしてましたが、アドバイス通りハサミを持ってきてたので、あまり道具で嵩張らず準備が出来た様です。
   問題は豚汁の作り方で、自分の認識では、先に肉を炒めてから、野菜をぶち込んで、野菜に火を通しつつ肉の旨味を野菜にしみ込ませる、というものでした。ところが、手順を逆にやろうとしたので、注意しようと思ったのですが、「たにしさん、小姑みたいに〜〜〜w」と言われたので、各員の自主性に任せる事にしました。まぁ、失敗もまた学習ですw

20140321_135331
残ってた雪に缶ビール埋めます
本当は熱燗の予定だったんですが、メニュー見て変更したとかw

20140321_140010
自分が火を用意してる間に
他の人たちは隅の方で、具材の準備中

20140321_141920
これぞ飯盒炊爨!って感じですねww
ハンゴーキャッチは石でブラブラしない様に抑えてます


■実は結構寒かった
   まぁ、なんだかんだで飯も上手に炊けたし(しかも飯盒の底を焦げ付かさない程度におこげも出来たw)、豚汁も少々煮込みが足りない感じがしないでもなかったですが、それなりに食える物が出来ました。まぁ、自分以外は焚き火で料理作るのは今回が初めてだった訳ですが、まったくの失敗ではなかったので、そこそこ上出来と評価しました。
   ところで、海沢渓谷は、渓谷というだけあって谷底なので、山の方は照っていても谷の方は日陰です。かつ風も強かったのですが、その上いつぞやの大雪も残っているという状態で、風が吹くと結構寒い。到着して間もなくの間は、それなり動いていたのであまり感じませんでしたが、料理が出来る頃にはあまり動かないので、風が吹くと身体が冷えてくる。自分はマイナス10度くらいまで耐えるツーリング用のジャケットを着てたので大丈夫でしたが、皆さん一様に寒そうです。特に寒がってたのは御婦人で、どうみても普段着の上からリスの絵の小さい毛布被ってる感じです。かつ、どうすれば極力体温を奪われずに済むかもご存知ない様でした。
   まずは頭を覆う事、体温の20%は頭から逃げて行くからです。その上で肩から毛布被って、さらに腹回りも防護する様に教えてあげました。もっとも、それでも気休め程度ですので、自分のライディングジャケットも貸してあげたのですが、最後にはそれでも耐えられんという事で先にレンタカーに退避して貰いました。
   あとで聞けば、一応は防災マニアらしいのですが、実地訓練は今回が初めてとの事。「この調子で災害きたら、アンタ凍死やで〜w」と言っておきましたが、まぁ何事もトライ・アンド・エラーですので、これにめげず、次回は完全装備で参加して貰いたいものです。
   実はこのあと、焼きソバとぜんざいをやるつもりだったのですが、日も陰ってきて寒いし、レンタカーは2000時までに返さねばならない、という事で、余裕みて1600時に撤収する事にしました。今回は最初から日帰りの予定でしたが、のんびりするなら、やっぱり泊まりがけじゃないと無理があるねー、と感じました。

20140321_150837
豚汁
肉はもう少し小さく切った方が良かったかも
あと、牛蒡と唐辛子粉がなかったのが残念!!

20140321_152201
ご飯
飯盒の底を焦げ付かさない様に、おこげを作るという
スペシャルな出来映えに!!


■ハンゴーキャッチの評価
   さて、今回満を持して投入したハンゴーキャッチですが、結論から先に言うと、ちょっと使い勝手が悪いかなー、という感じでした。その理由は、
  1. 全体的にブラブラしてて安定感がない。
  2. 地面に差した時、意外に高さが足りない。
  3. 飯盒の蓋を取るのがちょっと大変。
  4. 飯盒を取る時に、横棒から抜かねばならない。
   こんな感じです。ブラブラするのは、ハンゴーキャッチの縦棒が細いからだと思います。材質は鉄ですので丈夫ですが、満載の飯盒を3つも下げたら、かなりブラブラして危険度アップの気がします。
   高さが足りない件は、今回は地面に穴を掘らなかったからで、本来は穴を掘ってその中で焚き火をすれば解決した問題です。もっとも、仮にそうしたとしても、ブラブラするのを防止しようとしたら、もっと深く地面に突き刺す必要があり、その意味でも縦棒の長さは足りないと感じました。もっとも、いきおい長くしたら携帯性に問題が出てくる訳で、一概に長くしたら良いという事でもなさそうです。
   ご飯を炊いている時に蓋を取ったり、あるいは飯盒で具材を炒めたりする際に、横棒にぶら下がった状態では非常にやりにくい事が分かりました。横棒にぶら下げて炊爨する要領は、旧日本陸軍に限らず世界各国の軍隊でもやっている事ですが、基本的に蓋を取らない炊爨に適した方法であって、自分の様に始終蓋を取る人には、やりにくい装備である事がよく分かりました。
   同様に、飯盒を火から下ろす時に、横棒から抜かねばならない訳ですが、些細な事ながらこれが面倒くさい。日頃、ストーブの上に置いて調理するのに慣れているせいか、本来なら飯盒は横棒にぶら下げて使うのが当然の事なのですが、横棒から外すのにストレスを感じました。特に隣の飯盒はまだ火に掛けておく必要がある時に面倒です。
   この様な具合で、期待の新装備でしたが、結果はイマイチでした。まぁ、自分以外に買ってる人が居ないのもそこそこ頷ける気がしますが、ただ単に使い慣れてないせいかもしれませんので、これにめげずまた使う機会を設けたいと思います。

20140321_142707
飯盒で料理する時は
横棒に通さないで手で持った方がやり易いです
(写真では横棒に通ってます)



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 バイクブログへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 21:00コメント(0)

2013年08月31日

   月をまたいでバイクをオーバーホールに出したので、8月最後の土日はノーバイクデーになりました。そこで泊まり掛けでハイキング&キャンプに行く事になったのですが、非常に大型の台風15号が週末に本土直撃、という予報が出た為に、土曜日のみの日帰りの作戦に切り換えました。まぁ、泊まりの装備を担いでこの時期に山歩きしたら、相当に疲れる事が予想できたので、かえって軽装になれたのはラッキー、とか思いながら装備を調えました。

20130830_214523
日帰りならアサルトパックだけで十分ですが
実は高麗川で水遊び出来るように、水着とかビーサンまで入れたので
結構パンパンでしたw


■Marine Cooling Vest
   この作戦の2週間ほど前に、友達とのネタ話しで盛り上がったのが、アメリカ海兵隊が使っているメッシュ貫頭衣の話し。ボディーアーマーの下に着込むベストなのですが、断層のあるメッシュ生地がボディーアーマーと身体の間の風通しを良くして、熱を溜め込まずクールダウンさせるというものなのですが、見た目がどう見ても縄文人辺りが来てた様な感頭衣なのです。恐らく、様々な素材や装置を考え尽くした挙げ句、かなり原始的な装備に行き着いたと思われるのですが、あまりにもネタ的過ぎて面白可笑しい。まぁ、真剣さも通り越すと笑いになってしまう典型の様なベストです。
   ところが、このメッシュ貫頭衣、あまり日本には入ってきてないのか、国内で買えば結構なお値段になるとの事。忠実にコスプレしたい人にとっては、金に糸目は付けないところでしょうが、さすがに万もついては買う気になれない。ところが今回、eBayで半額セールで売ってるところを発見。送料込みで4000円ほどで買えるのが判ったので、さっそくネタとして購入しました。
   10日ほどしてブツが届いたので、早速着てみたのですが、eBayに載ってた写真では貫頭衣の前後を留めるストラップが腰の所にきて如何にも貫頭衣だったのに、自分が着てみるとストラップが胸の辺りにきて、貫頭衣の裾が腹の辺りに来る。かなり寸足らずな感じで、貫頭衣としては前もケツも丸見えの状態です(実はネタ話しで、このメッシュ貫頭衣を着て竪穴式住居で写真撮影する話しが出てた)。しかし、よくよく考えてみれば、ボディーアーマーは精々腰の辺りまでしかない訳で、大きさ的にはこれで十分なのです。むしろ見本のマネキンがかなり小さかったのでしょう。
   メッシュ貫頭衣のメッシュは、難燃樹脂製で感じとしては玄関に敷いてあるマットみたいです。恐らくコレ用に開発した物ではなくて、もともと何か他の目的で使われていた素材を流用してるんじゃないでしょうか。端っこはザックリ切ったままですが、首を通す穴はちゃんと縁取りされてました。本来はボディーアーマーの大きさに合わせて端っこを切る様ですが、切ったら転売する時に困るのでそのまま使う事にしました。

20130814_224823
これがマリーン・クーリングベスト
ホームレスでももうちょっと良いモン着てそうな見映えです

20130814_224412
全面蜂の巣模様ですww
お世辞にもカッコイイとは言えませんw
もちろん、ウチから着ていく勇気もありませんwww


■ブーツ修繕
   自分が履いているアメリカ海兵隊のコヨーテカラーのコンバットブーツは、まだサバゲーをやっていた8年前に、予備として買ったもので、新品で一度も履かず8年間靴箱の中で保管し、今年になってから履き始めたのですが、まだ4回ほどしか履いてないのに土踏まずの辺りからソールが剥がれ始めました。サバゲーで使っていた中古のブーツは、今でもしっかりソールが付いているので、いささかショックを隠せないのですが、まぁどんな良い物でも8年も履いてなかったら悪くなってしまう、という事でしょう。買い直すとなると1.7万円はしますので、駅前の靴修理屋に持って行く事にしました。
   ところが、この手のブーツはあまり扱った事がないのか、貼り付けるだけだったらOKだけど、圧着させてる場合はここでは修理出来ない、との事。とはいえ、物を調べてみない事には分からないという事だったので、預ける事にしました。ともかく、貼り直しは確定らしく、目の前でべローンとソールを剥がされた時は、ちょっとモヤモヤした物を感じましたが(剥がれて浮いてる部分だけボンドを流し込んでくっつけると思ってたから)、餅は餅屋なので任せる事にしました。
   果たして2日後、ブーツを貰いに行ったのですが、ソールはガッチリくっつけられていて、完璧でした。若干短くなったとかで、踵の所が1ミリほど段が付きましたが、まぁ剥がれ落ちる事を考えたら無問題です。店の人に、実は海兵隊のブーツだと話ししたら、エライ驚いてましたが、駅前の靴修理屋でマリーンのブーツが修繕できる事が判ったのは収穫でした。

20130903_202430
どういう訳か、土踏まず付近から剥がれ出したソール
8年も置いておくと、接着剤が劣化するみたいです

20130903_201439
駅前の普通の靴修理屋に修繕して貰いましたが
ばっちり直してくれました


■飯能〜天覧山〜高麗峠〜巾着田
   今回のミッションは、まぁ、巾着田でアルスト使って何か食おうってのがメインなので、最寄りの高麗駅から歩いても良かったのでしょうが、それじゃ腹も空かんという事で、飯能駅に0900時に集合。6月のホタル作戦の時の道順で歩いて行く事になりました。
   例のクーリングベストは、ウチから着込んでいこうと、アンダーシャツの上に着てみたのですが、なんぼアサルトパックを背負うと言っても、町中や電車の中でアレを着て歩くというのは、羞恥プレイ以外の何者でもないので、無茶は止めて畳んでアサルトパックに縛着し、現地に着いて人目が少なくなってから着る事にしました。
   天気は良く、残暑盛りな中でゆっくり行軍開始。でも開始と同時に汗がダラダラです。途中コンビニでお茶など補給しながら天覧山に突入、休み休み急な坂を上がり休憩場で小休止取ってから、いよいよクーリングベストの投入です。着てみてまず判ったのは、意外に涼しいという事です。まぁ、スッカスカのメッシュですので涼しくて当たり前なのですが、もっと驚いたのはアサルトパックを背負った時、メッシュ貫頭衣を着てない時よりも軽く感じた、という事です。メッシュで背中とパックの間に空気が行き来しますので、汗でベッタリつく不快さもありません。見た目は確かにアレですが、さすがアメリカ海兵隊が採用するだけあって、なかなかの使い心地でした。
   そのまま、時々休憩を挟みながら、ノンビリとハイキングを続けましたが、この間、大汗はかきましたがクーリングベストなしで歩いているよりは遙かに快適に歩けました。

20130831_092507
天覧山の案内板の前で
この時点ではクーリングベストはまだ着てません


20130831_102610
山中にて小休止
見た目はイマイチ、と思ってたのですが
山の中では「コレもアリかな?」とw

20130831_110819
ドレミファ橋に到着
既に家族連れで結構な賑わいになってました


■帰りはバスで
   巾着田には昼前頃に到着したのですが、夏休み最後の土曜日とあってか、前に着た時よりも人出で賑わっていました。汗だくで暑くて火炊いて何か食おう、という気にはなかなかならなかったのですが、ともかく先に川原に降りて日陰を確保。周りは家族連れや大学のサークルっぽい人の中で、軍装3人組がドテーっと伸びて雑談してる光景はなかなか異彩を放っていました。
   いつまでもダベっているのも何なので、アルスト出して焼き物を始めました。今回は自分も豚肉を持って行ったので、ユニフレームの角形フライパンを持参しました。米軍のメスパンも持って行ったのですが、油を引いても焦げやすいのに対して、ユニフレームの角形フライパンはフッ素樹脂でコーディングされてますので、焦げもせず後始末もトイレットペーパーで拭いて終わりです。
   実は「ほぼ千葉県限定」のアラビヤン焼きそばとか、「関西限定」の伊藤ハムのポールウインナーも持って行ったのですが、帰りの行動に支障を来すほど腹パッツンで、お友達2人に進呈いたしました(で、まんまと自分だけ荷物軽減ww)。野菜はともかく、ご飯もなしに肉系ばっかり食うのは、さすがに年齢的に厳しいもんがあるかもしれないのと、ゆっくり食えば良いのに次から次へと焼いて食ってしまい、何に慌ててるんだと思わないでもない一方、休んでるウチに腹が膨れてしまい持って行った物が食えなくなってしまう事態にも陥るという具合で、相変わらず訳判らん事やってましたw
   昼を過ぎてから、さらにBBQ客が増えて来たので、用事のなくなった自分らはケツに根っこが生える前に撤収しました。まぁ、よしんば泊まるつもりでも、あんだけ人大杉の状態ではしばらくテントは立てられなかったでしょうから、日帰りで正解だったかもしれません。
   帰りは、前回は高麗駅まで歩いたのですが、高麗駅まで歩いても駅前に涼める店がある訳でもないし、今回はバスを使って飯能駅まで戻りました。1時間に2本しかありませんので少し待たされましたが、それでも暑い思いして高麗駅まで歩いて、さらに飯能行きの電車を暑いホームで待つよりは、涼しいバスで楽々と飯能駅まで行った方が今回は正解でした。

20130831_120243
毎度お馴染みオージービーフ
今日のは値切り品じゃなかったせいか、かなり美味かったです

20130831_122616
こちらは豚ロースの味噌漬け
ちょっと甘すぎましたが、ご飯が欲しくなりました

20130831_124227
こちらもお馴染み、チーズインソーセージ
2本食って撃沈ww

20130831_141509
撤収する頃には、さらに人出が
川遊びする人で、ガンジス川の様になってましたw

20130831_143704
巾着田から高麗駅まで、歩いて大体15分くらいなのですが
道中珍しいものがある訳でもないので
バス乗った方が楽できますw



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2013年08月22日

   一昨日の明日香村作戦で今回の帰省での古墳ツアーは終了のつもりだったのですが、親父が向日市にある古墳に連れってやるというので、素直に言う事を聞いて見に行く事にしました。
   向日市というのは、自分の実家がある長岡京市の上(つまり北)にある街で、昔から「向日町(むこうまち)」と呼んでました。ついでに言うと、長岡京市はもともとは「長岡町(ながおかちょう)」で、どちらの街も1972年に市制施行されているのですが、今だに向日町と呼ぶ事が多いので(向日町の名を関した施設やランドマークも多い)、本作戦も向日町の名を冠する事にします。
   ところで、長岡京市というと、如何にも昔、長岡京市に長岡京があった様な印象を持たれるのですが、朝政が行われた大極殿は実は向日町にありました。それが何で向日町になったかというと、市内にある向日神社の名に由来するとの事です。

20130822_141751
古墳とは何の関係もありませんが、実家猫のレオ
新生児の姪御に両親の関心が向いてて
この一ヶ月、ご飯と水以外はあまり構って貰ってなかっとかw


■物集女車塚古墳
   連れて行かれたのは、ウチから車で約15分ほどの所にある物集女車塚古墳。長岡京にも「車塚」と名が付く古墳が多いのですが、車塚の車は、昔の貴人が乗る車の事で、この名前が付く古墳は大抵は前方後円墳です。長さ43〜48m、高さ7〜9mと大きめの古墳で、間近に立ってちょっと圧倒されました。
   古墳の周囲は公園化されているのですが、整備された古墳は大抵柵などしてあって中に立ち入れないのですが、この古墳にはそうした野暮な物がなく、古墳の上に上がれます。いや、厳密には「キケン!のぼらないでください」と立て看板が立っているので、上がっちゃいけないのでしょうが、それは史跡保護の為に入るなという意味でなく、うっかり転けて落ちたら危ないからダメよ、という意味の様です。現にみんな登っているみたいで、斜面にいくつか階段状になった部分がありました。
   そこで自分も登ってみたのですが、斜面は結構急で登りはともかく、下りで足滑らせて落ちたら危ない感じでした。しかし、小高い円墳部からの眺めはなかなかなもので、大昔、田んぼしかなかった頃は辺り一面が見晴らせたんだろうな、と感じました。
   この古墳の凄いところは、立派な石室が残っていただけでなく、その石室から排水する排水溝が今も機能している事です。千年以上経っても使える知恵というか技術を持ってた古代人ってのは凄いなー、と感じました。

20130822_143634
物集女車塚古墳
パッと目にもデカイ古墳ですが、間近に見れるのが良いです

20130822_143720
解説板
(字が細かいので大きめの画像で載せました)

20130822_143912
円墳部から方墳を眺めた図
高さは3階建てくらいで、結構高いです

20130822_144110
親父の後ろのコンクリの部分が周濠のあった所

20130822_144141
石室はこんな感じで出入り出来る様になっていますが
普段は中に入れません

20130822_144148
石室と石棺の解説板

20130822_144258
これが排水溝
石でキッチリ組まれています


■長岡宮大極殿跡
   次に向かったのが、長岡京の大極殿跡。物集女車塚古墳からは車で約10分くらいのところですが、最初、親父が「ここだ」と言った場所は、どうみてもタダの公園でした。まぁ、史跡が公園化されている所は多いのですが、流石にブランコとかが置いてあったりする所はないので、Googleマップで調べてみたら、その公園の裏手にちゃんと整備された大極殿跡がありました。
   大極殿跡といっても、長岡京から平安京に移った時、建物などは全部平安京に移築したとの事で、かつ長岡京が放棄されたあと、大極殿跡も農地になってしまったとかで、その大極殿跡は長い間、位置が特定されてませんでした。発掘調査の結果、ここが大極殿跡と特定された訳ですが、もともと農地だった事もあって今は宅地のど真ん中で、大極殿跡に行く道も細いコチャコチャしたのしかなく、観光地化は難しい様です。

20130822_150535
大極殿跡
跡と言われても、建物が復元されている訳ではないので
ちょっとイメージしづらかったです

20130822_150510
後殿(小安殿)跡
帝が政務中に休憩する場所
今は公園化されていて、球技とかしない様に注意書きがありました

20130822_150408
大極殿公園解説板

20130822_150647
長岡宮大極殿はこんな感じだったそうです


   たった10年くらいしか都が置かれなかったといえ、それでも都が置かれてた事は郷土の誇りであったらしく(自分も誇りに思ってますがw)、明治の頃にデカイ石碑が建てられたそうです。また、今上天皇皇后両陛下も行幸されたとか。

20130822_150742
真ん中の石碑は明治28年建立
左の灰色の碑は
平成22年に天皇皇后両陛下が行幸された記念碑

20130822_150310
長岡宮跡 大極殿・後殿(小安殿)地区解説板

20130822_150322
国指定史跡 長岡宮跡解説板

20130822_150327
史跡長岡宮跡 大極殿解説板


   自分は実家を出る18歳まで長岡京市に住んでいたのですが、長岡京の大極殿跡を見るのは実は今回が初めてでした。まぁ、昔はフィールドワーク的なものに大して興味を持ってなかったというのもあるのですが(その癖、歴史は得意科目だった)、近場の地元って事もあってあまり行こうと思わなかったのです。東京に住んでると東京タワーやスカイツリーに行こうとあまり思わないのと同じ様なもんです。なので、今回はプチツアーながら、地元の誇り?を見る良い機会になりました。

20130822_150257
こんな感じで長岡京があったよ、の図(南が上)
長岡宮大極殿の近くには、結構古墳がある様です
機会をみて第二次作戦を組みたいものです



ブログランキング・にほんブログ村へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2013年08月20日

   去年の夏から始めた古墳ツアー。自分の実家がある京都(といってもちょっと南の方)は、それ自体が歴史のある街であるだけでなく、奈良にも大阪にも古墳だの史跡だの遺跡だのが豊富は土地柄です。その様な訳で、せっかく帰省するからには、今回もどっか出かけるつもりをしていたのですが、新幹線に乗ってからもどこに行くか全然決めていませんでした。まぁ、事前にしっかり下調べして行った方が良いには違いないのですが、行き当たりばったりの旅もそれはそれで結構楽しい。
 で、どうするかなーと、ぼーっと考えていたら、電光掲示のニュースに「キトラ古墳の石室を一般公開」というのが目に飛び込んできました。そこで、iPhoneで色々調べてみたら、キトラ古墳は奈良県明日香村にある事が判明(それまで名前は知っていたが、場所は知らんかった)。そして明日香村には高松塚古墳(行った事ない)や石舞台古墳(2回行った事ある)もある事が判明。そこで今回の古墳ツアーは明日香村に行く事にしました。

20130820_141159
今回見て回った範囲(赤の網掛けの部分)
明日香村の見所の半分も見てません


■作戦計画
   行き当たりばったりだけに、予備知識は全くない状態でしたが、世の中便利になったもんで、iPhoneがあればドコに何があるかくらいは判ります。参考にしたのは、国営飛鳥歴史公園のサイト。このサイトによると、目的地である明日香村は、JR京都駅から近鉄に乗り換え、55分特急に乗って橿原神宮駅まで行き、さらに5分鈍行に乗って飛鳥駅まで行く様に案内が書いてありました。また、現地では自転車を借りて移動の手段としたり、コミュニティバス(かめバス)も出ている事が判りました。
   という訳で、0800時に実家を出発。JR京都駅で近鉄特急に乗り換え、特急券を買うのを忘れて車内で車掌さんから買った(駅で特急券を買うと指定席になるが、車内で買うと「空いてるとこに座って下さい」になるw)以外は問題なく橿原神宮駅に0937時到着。ところが、ここで問題発生。橿原神宮駅から飛鳥駅に向かう吉野線は、鈍行が1時間に2本しか電車が出ておらず、次に電車が来るのは50分後!暑い駅のホームで待ちぼうけするには、結構ツラい話しです。(後日、時刻表を調べたところ、0946時に特急が来て、この特急は吉野駅にも停まる事が判りました)
   そこで考えたのは、橿原神宮駅から出発して高松塚→キトラと移動する作戦。歩きではかなり大変そうなので、自転車を借りて移動し、もし余裕があれば石舞台方面にも足を伸ばす、というもの。そこで、駅前にあった如何にも「田舎の貸し自転車屋さん」に入り、自転車を借りました。

20130820_150742
今回自転車を借りたお店
店内には古いカメラが沢山あって、それはそれで見学したかったです
実はレンタルサイクルはもっと大きい店が他にも沢山ありますw


■銅鏡つくり
   さて、借りた自転車をキコキコ漕ぎながら、取りあえず店のおじさんが教えてくれた様に神武天皇陵方面に向かった訳ですが、自分が向かいたい明日香村方面とは正反対なので直ちに反転。第一の目標である国営飛鳥歴史公園館を目指しました。天候はこれ以上ない晴れ。気温は恐らく37度くらい。東京よりも2〜3度高い様に感じました。タダでさえ暑いところへ来て、自転車を漕ぐ訳ですからたちどころに汗だく。ちょっとした坂道でも息が上がってしまい、降りて自転車を押して歩く始末。歩くよりは楽と思った訳ですが、歩くよりは早いだけであってシンドイ事には変わりない。その様な訳で、国営飛鳥歴史公園館にたどり着いた時には、相当出来上がった状態になっていました。ともかくクーラーの効いた館内に突入してクールダウン。冷茶など頂いて汗引かせました。
   落ち着いたところで展示物などを見て回ったのですが、当初予想してた博物館然とした感じではなくて、むしろ休憩所に展示物がある様なこじんまりした感じでした。もっと落ち着いて休みたかったので、他に何かないかと探してたら、「鏡つくり体験」ってのを発見。前々からやってみたいと思っていたので、休憩がてらやってみる事にしました。
   やり方は、カセットコンロで溶かした錫とアマルガムの合金を耐熱ゴム製の鋳型に流し込み、冷えたら型から外して鏡面をサンドペーパーで研磨して、最後にピカールで磨くというもの。鋳型に合金を流し込む時は、素早く途切れない様に丁寧に流し込むのが大事。7分ほどして冷えたら、今度はサンドペーパーを掛けるのですが、これが結構大変。400番くらいの粗目の物をひたすら「の」の字を書く様に掛けまくり、次に1000番くらいの耐水ペーパーで水を漬けながら磨いて行きます。30分ほどしてピカールで磨くと、顔が写る程度にキレイに磨けました。
   実はサンドペーパー掛けてる間も、ぼたぼた汗をかいていたのですが、昔からこの手の削ったり磨いたりする作業が好きなので、没頭して作業してました。お陰で前からやりたかった銅鏡つくりが出来て、思いもよらぬ収穫が出来ました。

20130820_102914
国営飛鳥歴史公園館
霧っぽく見えるのはミストシャワーです
冷茶のサービスやってました

20130820_103904
2階会議室で銅鏡作り
左に見える茶色のが鋳型。耐熱ゴム製です

20130820_105507
鋳型から取り出したばかりの鏡
サンドペーパーとピカールで鏡面を磨きます
(係の子から「凄い!」と言われる出来映えでしたw)


■高松塚古墳
   歴史公園館の外の自販機で水分補給をしたあと、後ろ髪を惹かれつつ次の目標である高松塚古墳へ。自転車に乗ろうとしたら、炎熱でサドルが焼ける様に暑くなっていて、ケツが慣れるまでしかめ面をしながら自転車を漕ぐハメに。
   高松塚古墳は飛鳥歴史公園館から自転車で大体10分くらいの位置にあります。高松塚古墳に向かう前に、中尾山古墳を見学。駐輪場に自転車を置いて、小高い丘を登って行くとこじんまりした古墳が見えます。もとは八角墳らしいですが、ぱっと見た目は円墳に見えました。
   次は石室内の壁画で有名な高松塚古墳。実は今回が初めてです。壁画は写真などで良く知ってましたが、古墳自体はどんな形してるか分りませんでした。てっきり前方後円墳かと思っていたら(遠目にはその様に見える)。実は円墳だそうです。意外にこじんまりした佇まいで、周囲を柵に従ってグルっと見て回って終わり。古墳の上で封土の芝生の養生用かスプリンクラーが回ってました。
 古墳の見学もそこそこ、クールダウンの為に高松塚壁画館に突入。猛烈に空調が効かせてあって涼しかったです。ここに展示されているのは、複製品ばかりですが(歴史公園館で作った海獣葡萄鏡のレプリカも展示してある)、感心したのは石室の実物大模型(盗掘の穴から石室内を見れる様になっている)。結構デカい石をふんだんに使っているんだなー、と思いました。

20130820_114434
中尾山古墳
解説板を読むまで円墳だと思ってましたw

20130820_114446
石室にはデカイ石が使われていた様です

20130820_115740
高松塚古墳
実は見るのは今回が初めて

20130820_115408
壁画は超有名ですが、どんな形の古墳かは
今回行くまで知りませんでした


■キトラ古墳で大失敗
   さて、今回明日香村行きを決断させたキトラ古墳を目指す事にしました。サイクリング道を出てひたすら国道169号線を南下したのですが、道中は緩やかな上り坂。しかも猛烈な暑さで、自転車を漕ぐのが難儀で押して歩いたのですが、少々前屈みになるせいか、普通に歩いているよりも疲れる。猛烈に疲れる。しかも高松塚古墳の周辺みたいに観光地化されてないのか、コンビニはおろか自販機さえも見あたらない。ゼーゼー口で息するせいか、気管というか気道がひりついて痛くなる。しかもキトラ古墳の位置を見誤り、20分ほど迷子になってしまい、いよいよ熱中症っぽくなってしまいました。
   ようやくキトラ古墳への入り口を見つけ行ってみると、古墳の周りには柵だの覆いだのがしてあって全然見れない。フェンスに「ここはキトラ古墳です」という小さい看板が付いているからそうと判るだけで、ぱっと見た目には資材置き場くらいにしか見えない。建物があるから行ってみると、「キトラ古墳仮設保護覆屋」と看板が掲げてあって、中には入れない。自販機はなく、木の切り株を並べたビーチパラソルが一つあるだけ。補給も休養もまったく出来ない状態で、辛うじて林の木陰で休むのが精一杯。
   キトラ古墳は石室内の壁画の劣化が進んでいるとかで、それらを取り出して埋め戻す作業の真っ最中で、外部からもまったく見えない状態になっていたのでした。そうした情報は十分出回っていて、事前にしっかり調べておけば、こうしたドジも踏まずに済んだのですが、「行けば見れるだろう」的な発想で行動発起したお陰で、えらい空振りをふる事になりました。こんな事なら、キトラ方面に向かわず石舞台方面に行けば良かったのですが、後悔遅し、この時点で気力体力の大半を使い果たしていました。
   ともかく水分補給とクールダウンが必要、という事で、一旦飛鳥駅方面に撤退。行きは登りだったので、当然帰りは下りで自転車漕がなくても進むので楽でした。撤退後、直ちにコンビニでクールダウン。丁度昼時だったので何か食べたかったのですが、珍しい物探す元気もなく、ソフトクリームやアイスクリームだけで済まし、気力を回復させました。

20130820_122811
今回借りた自転車。サドルが半分外れかけw
どこまでも続くダラダラ坂を押して歩いて、体力消耗

20130820_125507
キトラ古墳仮設保護覆屋
古墳の周りは覆いがしてあって、全く見れませんでした

20130820_125530
解説板
ヘロヘロに疲れて、写真が傾いてます


■欽明天皇陵
   ソフトクリーム食べながら考えたのは、「まずは橿原神宮まで自転車返しにいって、かめバスで石舞台方面を目指す」という事ですが、橿原神宮まで戻るのも大抵難儀な話しです。かつ、かめバスの運行状態もよく判らないので、下手をすれば何も出来ないまま終わってしまう可能性も大です。そこで、橿原神宮まで戻る道すがら、その近辺の史跡を見て帰る事にしました。そこで、飛鳥駅の側にある猿石と欽明天皇陵を見て帰る事にしました。
   この二つの史跡は、国道169号線から少し引っ込んだ所にあるのですが、大きな通りを外れると畑や農家といった田舎の風景の中に史跡がある、という感じです。おそらく昔はざっくばらんに在ったのでしょうが、今は貴重な観光資源らしく、きっちり整備されています。猿石(吉備姫王墓)も欽明天皇陵も宮内庁管理で中には入れず、外から眺めるだけでしたが、なかなか奇麗な光景でした。

20130820_134636
吉備姫王墓。宮内庁管理
中には入れません

20130820_134553
案内板
延喜式の記述に基づいて特定されたそうです

20130820_134714
王墓の中にある石像
こちらは門の左側の2体

20130820_134731
こちらは門の右側の2体
一応、人を象ってるらしいのですが
猿にしか見えんから「猿石」と呼ばれるんでしょうねw

20130820_135253
欽明天皇陵。宮内庁管理
もちろん中には入れません

20130820_135058
傍目には判りにくいですが
結構大きめの前方後円墳だそうです


■鬼の雪隠・鬼の俎
   欽明天皇陵では日陰がまったくなかったのですが、飛鳥駅で大休止取ったお陰か、まだまだ頑張れそうでしたので、亀石方面に向かう事にしました。その途中には、鬼の雪隠・鬼の俎なる史跡があるとの事なので、ついでにそれを見ていこうという訳です。
   キトラ古墳の方はまだ調査中という事もあって、公園らしい物は何もなかったのですが、飛鳥駅から橿原神宮駅の間は歴史公園としてかなり整備されている様で、遊歩道もサイクリング道も細かく整備されていました。そして、橿原神宮駅では気が付かなかったのですが、レンタルサイクルも飛鳥駅を中心にかなり大規模な店がある様で、方々でレンタルサイクルに乗った人と行き交う様になりました。
   さて、気候が良ければ間違いなく気持ちいいであろうサイクリング道をダラダラと走っていくと、ようやく鬼の雪隠に辿り着きました。こちらも宮内庁管理下にあって、岩の上に登ったりする事は出来ません。行く前はタダのデカイ岩だと思ってたのですが、行ってみるとデカイ岩を掘削した石室であるとの事。しかし、何でこんな所に、しかもひっくり返った状態で「落ちている」のか不思議なもんでした。
   鬼の俎は、雪隠から少し離れた高台の方にあり、こちらは石室の床にあたるとの事。つまり、この位置にもともと古墳があったという事です。鬼の雪隠は大昔は俎の上に載っていた訳です。こちらも宮内庁管理下で、中には入る事が出来ませんでした。

20130820_141653
鬼の雪隠
こんな大きな石に正確な掘削が行われてるのに驚きました

20130820_141708
鬼の雪隠の解説板

20130820_142142
こちらは鬼の俎
この上に雪隠が載ってた訳ですが
重機のない時代に大変な技術があったもんです

20130820_142149
これまで古墳は盛り土がメインと思ってましたが
巨石文化としての石室の方が面白い様に感じてきましたw


■亀石
   今回の最終目的地である亀石付近に辿り着いた時には、もう息は上がりまくりでとにかくコンビニに入って休憩しない事にはヤバげな感じになっていました。キトラ方面と違い、この先には石舞台古墳などもあって観光地化が強化されているらしく、この辺りは道路が立派に整備され休憩も出来るコンビニもありました。これ幸いにクールダウン。Googleマップでは亀石はホンの目と鼻の先にある事を示してますし、この後にミッションはありませんから、十分休憩しました。
   ようやくやる気が出て来たので、亀石を見に行った訳ですが、確かに立派なデカイ石であるには違いないのですが、鬼の雪隠・鬼の俎を見た後では、ちょっと見劣りを感じない訳には行きませんでした。何せあちらは結構精緻に人の手が入っていますが、こちらはボンとそこにあるだけなので、まぁそう感じるのも仕方なかったかも。とはいえ、大昔の人がどこからこんなデカイ石を、どうやって運んできたのか興味がそそられるものがありました。
   今回のミッションはこれにて終了。出来れば石舞台古墳も見たいところですが、地図に示された等高線の幅の狭さを見ると、とてもじゃないがこれから自転車押して歩く気にはなれない。そこで素直に撤収。こちらも行きは登りだったので帰りは下り。岡寺駅から橿原神宮駅までの169号線は若干登りになるのでしんどかったですが、それでも無事に1500時に橿原神宮駅に到着。自転車を店に返納し、帰りも特急で(今度はちゃんと駅で特急券買った)涼んで楽して帰りました。

20130820_144730
亀石
といっても、カメの形をしてる訳ではありません

20130820_144740
仮に標石であったとしても
こんなデカイ石を運んでこれるところに
古代の明日香パワーを感じましたw


■感想・まとめ
   今回のミッションは、それこそ新幹線の中の思いつきで発起したもので、何の下調べも準備もなしに決行したのですが、明日香村自体が歴史公園化されているといって良いほどよく整備されていたお陰で、熱中症や脱水症状などにならずに済みました。もっとも、公園化されてないキトラ古墳方面は、文字通り「田舎の村」で自販機さえなくてエライ目に遭ったのですが、そうした事含め、今回は「思いつきの行き当たりばったり」の旅を楽しむ事が出来ました。
   今回は初めてレンタルサイクルを活用したのですが、押して歩く場面が多くて大いにアゴが出る事にはなりましたが、自由度と機動性においては大いに役立つものである事が判りました。今回借りたお店は小さいお店で、そのお店に自転車を返しに行かねばなりませんでしたが(まぁ、当たり前なのですが)、飛鳥駅周辺の大きいレンタルサイクルでは、追加料金を出せば出先で乗り捨ても可能ですので、第二次作戦時には是非とも活用したいです。
   明日香村は、近鉄沿線から石舞台方面に向けて傾斜が高くなる地形となっているのですが、自転車を活用したとしてもこの坂を登っていくのはかなり大変であると思います。むしろ、かめバスなどを活用して石舞台古墳まで行き、そこから自転車を借りて下ってくる作戦が楽ではないかな、と思いました。
   今回は古墳ツアーと言いながら、どちらかと言えばメンヒル系の巨石史跡の方が興味深く感じました。古墳にしても石室にはデカイ石が使われていて、石岡染谷作戦の時に見た古墳の石室の石が比較的小さかった事、それでも現地にはなくて余所から運んだものである事と対比して、明日香村近辺にはデカイ石が取れる産地があるのか、それともヤマト王権の権力のデカさ故なのか、色々興味深く感じました。明日香村には他にもメンヒル系の史跡がまだありますので、是非とも第二次作戦を組みたいものです。

20130820_141247
サイクリング好きにはたまらない光景じゃないでしょうかw
明日香村には、こうしたサイクリング道がアチコチにあるそうです



ブログランキング・にほんブログ村へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2013年06月09日

   前回の嵐山作戦のあと、急速の再軍備を進めた訳ですが、努力?の甲斐あって野営装備の大部分を軍装化する事が出来ました。今回の再軍備では、別にサバイバルゲームをやる訳ではないので、着る物、担ぐ物、泊まる物の3つにテーマを絞り、それぞれMCCUU(アメリカ海兵隊のマーパット迷彩服)とLightweight Exposure(ゴアのレインウェア)、RECON ASSULT PACKEBNSを調達しました。短期間での調達だったので、結構な出費になりましたが、モトクロスやる事思えば、予算的には10分の1程度です。
   出来ればスリーピングマットも海兵隊の物に替えたかったですが、値段が高いのとサーマレストのプロライトのカバーが違うだけなので、今回は止めにしました。また、寝具も3SSS(3-Season Sleep System)にしたかったのですが、セットで値段が4万近く、さすがに今回は手が出せませんでした。まぁ、あまり一気にやるのも楽しみが減るというものなので、次の機会に回す事にしました。
  
20130606_124616
1〜2泊用装備として準備しましたが
体力的にも、これが限界ですw


■準備
   取り敢えず物が揃った訳ですが、問題はこれまで使っていた民間品とは重さ大きさが違うので、パッキングには少し頭を使いました。
   シュラフはこれまで通りなので、アサルトパックのボトムにアンダーウェアと一緒に入れ、マットも従来通りアサルトパックの主室の下に入れた訳ですが、問題はテントであるEBNS。これまではエアライズ2だったので、そんなに嵩張らず、マットの上に入れて、かつパックに余裕が出来ていたのですが、EBNSとグランドシートを入れるとそれだけでパックがパッツンパッツンです。一応、アルストセットやキャンティーン、タオルや食糧などは、外付けのポーチに入れる事にしていましたが、防寒用のフリースさえ入れれないのは問題です。
   そこで、同行してもらうToyofusaさんを真似て、EBNSを副室のカバーになってる背面のウェビングに付ける事にしました。2kg近い物が背中から遠い所にあるのは、バランス的に今ひとつなのですが、容量確保のためには仕方ないかなー、という所。EBNSのグランドシートは副室に納める事にしました。
   雨具であるLightweight Exposureは、当初はイイ感じの大きさに畳んで、アサルトパックの副室の方に入れようと思っていたのですが(その方がサッと取り出せる)、しかしEBNSのグランドシートを入れる事にしたので、小さく畳んでSEAL LINE MACS Sackに入れてパックの主室に入れました。もともとLightweight Exposureは軽量かつ薄いので、サックを圧縮するとかなり薄くなります。EBNSを外付けにする事で、かなり容量を稼ぐ事が出来たので、食糧を入れたサステインメントポーチやフリースをパックに収納する事が出来ました。
   次に気にしたのは服装で、もちろん軍装な訳ですが、下はトラウザーにブーツは良いとして、上もばっちりブラウス(MCCUUの上衣はブラウスという)もキメたのでは、さすがに電車の中でイタイかなーと思い、6年もののOGのTシャツだけにしました。まぁ、どのみち暑くて上衣まで着てられないだろうと思った訳です(その通りだった)。

20130607_224340
EBNSを外付けにした事で、サーマレスト以外に
食糧、雨具、フリースを内蔵する事が出来る様になりました

20130607_104925
オージービーフの付け合わせはポテトだろ、って事で投入
しかし、肉が多くて食えませんでしたw
パエリアはめっちゃ旨かったです


多峰主山〜天覧山〜高麗峠
   今回の作戦は、実はホタル見に行くのが主目的で、目的地である日高市巾着田は西武池袋線高麗駅から歩いて20分。これでは絶対的に時間を持て余してしまうし、そもそもせっかく買ったアサルトパックを背負って歩いて具合を確かめる事も出来ません。それはなんぼ何でも、という事で、飯能駅から多峰主山、天覧山、高麗峠を結ぶハイキング道を歩いて目的地を目指す事にしました。
   といっても、のんびり歩いても2時間もあれば到着する、という事で、飯能駅は1200時集合。飛び乗った電車が鈍行で、集合時間を10分ほど過ぎてしまいましたが、無事、Toyofusaさんと合流。揃いのデザート・マーパット(Toyofusaさんは上衣も着込んでたw)で、道行く人々から珍妙な動物を見る目で見られながら、行軍を開始しました。
   飯能というと、失礼ながら自分には田舎のイメージしかないのですが、確かにその通りで、歩き出して30分もしないウチに山の遊歩道に突入です。まぁ、自分の実家の長岡京市もそんな感じなのですが、市民向けの遊歩道の整備は飯能の方が上の様です。二人してテクテク歩いていると、何人かのハイキングの人とすれ違いました。町中では珍妙は生き物を見る目で見られるのに、山の中では案外そうでないのは、やっぱりアウトドア向けの格好をしているからでしょう。
   今回のミッションでは、遊歩道を歩くだけで登頂は目指さないのですが(Toyofusaさん曰く、「景色が良いだけだから」w)、約13kgの荷物背負って歩くだけでも、それなりに結構いい運動です。キャンプするという目的が無ければ決してやらない事だと思うので、運動するにも目的というのは大事だと思いました。大半はダラダラと歩ける平面な道なのですが、時々は登り坂があったりして、そんな時でもアゴを出さずに歩けたのは、日頃の水泳のお陰だと思いました。
   こんな感じで出発から2時間後には高麗峠に着きました。当初の予定では、途中で昼飯食って、1600時ころ巾着田に着く予定だったのですが、全然腹が減ってない。それもそのはず、自分は出発前にフライの4色丼を食い(大島のダイエーでフライが安かった)、Toyofusaさんもカップ焼きそば(恐らく大盛り)食ってきたという事で、わざわざ荷物広げて飯食いたい、というほどではない。しかも目的地まであと20分と言われたら、目的地着いてから食った方が良さそうなもんです。
   その様な訳で、予定よりも1時間早い1455時、巾着田に掛かるドレミファ橋に到着しました。

20130608_121156
待ち合わせ場所で集合
この方は、こういう格好でもあまり違和感ないですw

20130608_01
高麗峠で休憩
前回とは装備一新。まぁ自分的にはこっちが普通ですがw

20130608_145536
目的地の巾着田ドレミファ橋に到着
なんでドレミファなのかは判らんそうですww


■ホタルゲット
   到着と同時に、野営地を設営。EBNSは初めて使うテントですが、設営そのものは難しいものではなく、せいぜい地面が固くてアルミのペグが刺さらないので困ったくらいでした。設営が済んだあと、歩いて10分のコンビニに飲み物など買いに行き、まだ腹は減ってないけど今食わんと、夜の大ミッションに備えられないという事で、遅めの昼食を摂りました。
   さて、長かった陽も暮れて、1930時からホタルの鑑賞会が始まりました。ホタルは巾着田の外側の田畑の中を流れる小川に生息してるそうで、小川に入り込まない様にロープがしてありました。最初はあまり見れなかったのですが、2000時頃から光り出すホタルが増えてきて、なかなかの見物でした。もっとも、ホタルの数より鑑賞に来てた人間の方が多かった様ですが。
   十分ホタルを堪能したあと、好例、もとい恒例のオージービーフの夜、スタート。今回は一人380gという事で、決死の覚悟で食い尽くしました。今回は自分が持参したチューブバターで焼いたのですが、前回より全然美味く食べれました。しかし、その後に出て来たチーズ・イン・ソーセージはもっと美味しくて、4本も食べてしまいました。
   ところが、塩辛いものばかり食べたので(オージービーフはステーキソースや醤油禁止で、塩胡椒のみで味付け)、甘い物が食べたくなりました。そこで再びコンビニに甘い物買いだし。その帰りに、鑑賞会が終わったホタルの小川に寄ってみたところ、Toyofusaさんが地べたに落ちていたゲンジボタルを発見。「よく発見しましたねーー!」と驚いた訳ですが、夜間昆虫採集のエキスパートだけに楽勝だったそうですw
   そのホタルをコンビニ袋に入れ(エクレアとプリンはトラウザーのポケットへ。エクレアは爆裂し、プリンはシェークになったw)、一晩枕元に置いてたのですが、ずっと光り続けててなかなか雅なものでした。(翌朝リリースしました)

20130608_155705
EBNS二張り
国内でEBNS使ってる人はあまり居なさそうなので
珍しい光景になるのかも??

20130608_171534
遅い昼飯
自分は乾パンだけにしましたが
Toyofusaさんはフォーと残り汁にご飯入れてましたww


ホタル鑑賞会
一所懸命、ホタル光ってました

20130608_204236
そして、大オージービーフ大会
なんと一人380gです。もちろんお残し禁止ですww

20130608_212435
さらにソーセージもwww
どんなけ食うんだwww

20130608_214733
野菜も食え、という意見が出そうですが、何も食えませんww
せっかくですから、サイリュームで雰囲気出しました

20130608_224428
コンビニの帰りにホタル発見!!
生まれて初めて、ゲンジボタルを生で見ました


コンビニ袋の中で光るホタル
明るくなるまで光ってました(翌朝逃がしました)


■翌日は撤収するだけ
   食う物食ってする事もなくなったので、さぁ寝るかー、という事になったのですが、問題は今回初めてEBNSで寝るという事。これまでのエアライズ2は2人用とは言え結構広く天井も高かったのですが、EBNSは横になる高さしかありません。慣れてないせいもあるでしょうが、結構寝にくく感じました。そのせいか、2時間ほどは寝てた様なのですが、夜中に目が覚めて、そのあと全然寝れなくて、そのまま夜が明けてしまいました。まぁ、前日に大して身体使ってなかったのもありますし、行きの電車でずっと寝てたのも影響してたと思います。
   0700時頃から、ごそごそと朝飯に取り掛かったのですが、Toyofusaさんはリークのヌードル(ただし、リークは長ネギとタマネギで代用w)、自分はアルファ米にパエリアの素を混ぜたやつ、という風に朝からヘヴィな物食ってました。もっとも、前の晩の飯もまだこなれてない状態だったので、食ったあとは1時間くらい動けませんでしたw
   やっとこ撤収となったのですが、EBNSは折って畳んで丸めるだけですので、案外撤収は手早く出来ました。パッキングが済んだあとは、高麗駅まで約20分の行軍。高麗駅は文字通り何にもない駅で、奇妙な2本のトーテムポール以外は、売店も牛丼屋もなく(あっても食えなかったがw)、土産物屋も閉店、辛うじてジュースの自販機だけはありました。その割には遠足風の子供達やハイキング風の老若男女が多かったのが印象的でした。

20130609_073721
朝っぱらからヘヴィは朝食です
でも、どっちも美味くて完食ですw

20130609_090807
撤収作業中
休憩前に予めパッキングは済ませてましたので
さっさと終える事が出来ました

20130609_102553
高麗駅前の様子
高麗郡は8世紀に高句麗の王族が亡命して封じられた場所らしいんですが
このトーテムポールは高句麗とはあまり関係ないとか
(高句麗は騎馬民族、このトーテムポールは農耕民の習俗)


■まとめ
   今回は生まれて初めてホタルを見る、という目的だったのですが、ホタルが光って飛んでるのを見ただけでなく、ホタルの現物もゲット出来、大成功に終わりました。ホタルごときで大喜びする歳でもあるまいしー、という気もしないでもないですが、でもなかなか良かったですよ、ホタル。
   RECON ASSULT PACKに最大限荷物を詰めて担いで歩いたのですが、あんだけペラペラのショルダーストラップの割には担ぎやすく、ここ数年で軍装のバックパックも進歩してるんだなー、と感じました。もっとも、このアサルトパックは衛生兵用のCorpsmanを流用したものですが、コアマンの場合、衛生材料一式を積んだ時の重さが13kgくらいらしくて、それ以上の装備を詰める事を前提としていないから、ペラいショルダーストラップなのかも知れません。何にしても、MOLLEシステムであるので外付けで拡張出来るのがとても良く、少々容量不足に感じるものの、十分外付けで補う事が出来ました。
   テントも軍装で、という事で、アメリカ海兵隊が採用しているEBNSを投入したのですが、使い勝手や居住性については、やはり民間のドーム型テントには及ばぬ様です。まぁ、もとがベットネットですので、コンセプトが違うから仕方ない訳ですが、ある程度は慣れていくしかなさそうです。疲労度が強いミッションを行う場合はエアライズ2を使い、今回の様に軍装使って遊ぶ場合はEBNSで、という風に使い分けると良いなと思ってます。
   そして、今回も激烈wオージービーフの夜があった訳ですが、ステーキソースや醤油禁止であるからには、塩などの粉末系の調味料で挑まねばならぬ訳で、実は塩と黒胡椒を混ぜたのを持って行く予定だったのですが、すっかり忘れてしまいましたw 恐らく次回も出てくると思うので、忘れず持って行きたいものです。ご飯に混ぜる「洋ごはんつくろ」は、予想以上に美味くてナイスでした。アルファ米の臭さも気にならないほど美味いので、今後は常備したいと思います。

20130608_05
もうちょっと腹が凹むとカッコイイんですがー(汗)



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 17:00コメント(2)

2013年04月29日

   XR250を手放す以前からツーリングには全然行かなくなっていたのですが、たまにはツーリングも良いかな、なんて思う様になった今日この頃。もともと自分がバイクの世界に戻ってきたのは、ジョルノで犬吠埼に撮影に行ったのがキッカケですから、アドレスV100だっていっこうに構わない訳です。むしろ、原付でなく小型自動二輪ですから、前よりも機動力がアップしたくらいです。
   それはともかくとして、以前から職場の同僚たちと「たまにはキャンプでも行くかー」みたいな話しが出てて、いよいよそれを挙行する事となりました。場所は、10数年前に自分が部隊の仲間とキャンプツーリングに来た利根川河川敷。今回は場所をちょっとずらして関宿近辺で行う事になりました(故に関宿男子会という名称になった)。自分はスクーターで、あとの二人は自慢の自転車で各々集合する、という事になりました。

20130429
赤線は往路、青線は復路
帰りはわざわざ遠回りしたのではなくて
iPhoneのMapの言うとおりに走ったらこうなった(汗


■準備
   今回は、3人が各々持ってるアウトドアグッズを活かしつつ、飯に関してはそれなりに共用しようという事で、自分はBBQコンロと炭、画家のI月君は飯盒で飯炊き、Uのピー(神様)はBBQに使う食材を持ってくる、という事になりました。
   BBQコンロはスクーターの足元、炭は後ろのトランクに入れるとして、野営装備一式はどうするか。どうするかもこうするかも、ラッキーな事にアメリカ海兵隊のリーコン・アサルトパックを入手していたので、テント、シュラフ、マットの基本装備は詰め込み、ストーブはアルストからプリムスのP-153に切り換え(I月君が昔自分が売り飛ばしたオプティマスCRUXを持ってくると思ったので、ガスカートリッジを共通にした)、水はナルゲン・オアシスを装備。またBBQ大会なので折り畳みの椅子もリーコン・アサルトパックに縛着しました。天気予報では雨は降らない予報だったので、ポンチョはオミット。最悪降ってもトランクにレインウェアが入ってるので身体は濡れません(アサルトパックは濡れますが)
   食料も他の二人が持ってくるので、自分は4号線のコンビニで厚切りバームクーヘンと麦茶だけ購入。2人は酒飲みですが自分は酒飲まないので甘味が欲しい訳です。

20130428_125558
初投入のリーコン・アサルトパック
今回はバイクなので、真剣に担ぐ場面は少なかったのですが
結構担ぎ易かったです

20130428_143652
集合場所の関宿城博物館に一番乗り
ウチからスクーターだと大体1.5時間くらいです


■宿営地変更
   関宿城のベンチでごろ寝してると、Uのピー(神様)到着。聞くと風が強くて自転車組は結構大変とか。I月君は集合時間より1時間ほど遅れるとの事です。自転車だと5時間は掛かってるみたいです。取り敢えず到着までに時間があるので、先に野営地を探す事にしました。
   予定では関宿城の近辺の河川敷でキャンプするつもりで、またそれっぽい場所も色々あったのですが、問題は自転車やバイクで乗り付けるためには、かなり大回りして来なければならない事。乗り物は関宿城の駐輪場において、荷物担いで河川敷に降りる事も考えたのですが、それはそれでちょっと面倒くさい。アサルトパックに荷物が積み込んである自分は良いですが、自転車にバッグを括り付けてる2人にはちょっと厳しい話しです。
   そこで、どっちみち大回りするのなら、一旦道の駅さかいまで移動して、そこからキャンプ地を探そうという事になりました。合流したI月君と一緒に道の駅さかいに移動したあと、Uのピー(神様)が独特の嗅覚で関宿の対岸に降りる河岸道を発見。どこまでも続いている利根川河川敷の道をウロウロしているウチに、ゴルフ場かグライダーの飛行場みたいな芝生のグランドを発見。そこの端っこを男子会会場としました。

20130428_151951
キャンプ地を探しに行くに当たって、買ってきた肉をバッグから出す神様
実は神様、キャンプは今回がほぼ初めてですw

20130428_161505
奥の赤いのがI月君の轟天号、手前のが神様の流星号
積み込み方の違いに経験の差が現れてます

20130428_164324
良い感じに砂利道を走る男子会一同
実はこの先に珍走団の一群がたむろってて、Uターンwww


■失敗続出ww
   キャンプ地も無事に決まったところで、早速BBQスタート。いつもなかなか炭に火を着けるのに苦労しますが、ガストーチとゲルネンのお陰で一発点火。イイ感じに火が熾ったところで、さぁ焼くぞーと思ったら網がない。BBQに必要な装備は一式まとめてコンロの箱に入れて置いたはずなのに、ない。これには慌てたのですが、幸い近くにデカいホームセンターがあったので、そこで網を買ってきて貰いました。
   さて、食うぞーと思ったら、持って行くはずだったシェラカップを忘れてました。まさか手で受けて食う訳にもいかないので、Uのピー(神様)の飯盒(自分が譲ったもの)の中盒を借りる始末。日頃偉そうな事をいう割には、大事なところで忘れ物しまくりです。
   さて、イイ感じにBBQやってるウチに夜が更けて、徐々に寒くなってきました。自分は比較的防寒をしっかりしてたのですが、I月君はなんか寒そう。本人は大丈夫というものの、見てるこっちが寒くなる感じ。ところが、一晩中もつ筈だった炭は予想外に早く底つきかけている。ほとんど新品と思ってたのが、実は半分くらいしか残ってなかったらしい。もっとちゃんと点検しておくべきでした。慌ててホームセンターに走ったものの、もはや営業時間終了。
   まぁ、ガスバーナーもあるし、缶入り固形燃料もあるという事で、コケネン使って飯盒で湯を沸かし、カップ焼きそばを食おうとしたら、今度は沸かした飯盒を転かして湯を全部地面にぶちまけてしまいました。なかなか上手い事行きませんw

20130428_205728
宴もたけなわ、イイ感じに出来上がってます
もうちょっと炭があったら、寒さはしのげたんですが、、

20130428_210317
コケネン使って湯沸かし。ボコるほどではないですが
ちゃんと湯が沸きました


   さて、食うモン食って、燃やすモン燃やして、する事が無くなった頃に、だんだん結露は激しくなってきました。全濡れになる前にテント立てて装備を退避させました。
   今回、キャンプはほぼ初めてのUのピー(神様)は、辛うじて銀空マットとキャプテンスタッグの1980円の封筒型シュラフは買ってきましたが、テントは未配備です。本人はテント無しで寝るつもりで、自分らもそのチャレンジャーぶりを楽しみにしてたのですが、予想外に結露が激しい。このままで行くと明け方までにシュラフは全濡れ確定です。本人曰く、もしダメそうだったら途中で助けて貰うと宣ってましたが、夜中に濡れ濡れのシュラフをテントに持ち込まれるのは、ぶっちゃけ迷惑です。
   そこで、2人用のエアライズ2を持ってる自分の方に来て貰う事にしました。リーコン・アサルトパックはグランドシートを被せて外に放り出しました。実は、このテントで2人で寝るのは初めてなのですが、まさかその初めてがオッサンだとは思いもよりませんでしたwww

20130428_233049
2人用だけあって、荷物がなければ2人寝れます
もっとも、ワタクシ、なんだか緊張してなかなか寝れませんでしたがw


■古墳見てミッションコンプリート
   やっとこ明け方になって熟睡できたのですが、「は、は、は、は、は、おはようございます」とまるで怪人二十面相みたいなI月君の笑い声で起こされて起床。気が付いたらお日様は中天に上がってました。地面はすっかり乾いてたのですが(夜中は盛大に濡れていた)、テントのフライシートは結構濡れてましたので、ただちに外してバイクに掛けて干しました。
   フライやテントを乾かしてる間に朝食。昨日はBBQやインスタントの焼きそばやラーメンで腹一杯で食えなかった米の飯を炊き(I月君担当)、昨日無駄に多かった豚肉をハサミで脂身を除去して豚汁を作り(神様担当)、意外にそれっぽく出来た朝食を頂きました。ただ、ここで特筆すべきは、豚汁に牛肉を入れてしまうと、訳の分からん味になるので要注意です。
   食事のあと、湯を沸かし食器類をざっと洗い、荷物をまとめてパッキング。この辺りは自分もI月君も手慣れたものでした。もちろんゴミも残さず持ち帰りましたが、意外にゴミの量が多かったのは、やはりBBQだったからでしょうか。

20130429_081520
朝のキャンプサイト
誰にも邪魔されず、平和に朝を迎えました

20130429_084217
包丁やナイフより、文房具のハサミの方が
アウトドアでは意外に役立ちます

20130429_090607
得たいの知れない豚汁を調理中
今回、ワタクシは基本的に料理に口出ししませんでした

20130429_102629
撤収準備完了
神様の流星号が昨日よりカオスな状態になってます


   ところで、前夜に境町の河川敷でキャンプしてるとツイートしたところ、Toyofusaさんから「道の駅さかいの向かいにあるショッピングモールの駐車場に、蓋された古墳がある」と教えて貰いました。せっかくなので帰る前に見学にいきました。
   ホームセンターの前にスクーターを駐め、さてどこにあるのかな、と探そうと思ったら、I月君が「たにしさん、ここ、ありましたよ!」と呼び止められました。振り返ってみると、四角形に鉄板敷き詰めて柵をした場所がありました。これがおたま塚古墳でした。柵をするなら蓋は要らないだろうし、蓋があるなら柵はやめて駐車場にしてしまえば良さそうなもんですが、太古の豪族の霊を恐れたんでしょうか。取り敢えず車を駐められない様にしてありました。
 おたま塚古墳の直ぐそばには、蓋がされてない鷲塚古墳がありました。といっても、円墳の周りを堤防みたいにコンクリで固めて、駐車場の下に円墳が顔を覗かせてる様な感じ。コチラも柵がありましたが、古墳の姿が見えるだけマシです。もしかしたら、おたま塚古墳も昔はこんな感じだったのかもしれませんが、ゴミとか放り投げられたりして困って鉄板の蓋をしたのかもしれません。

20130429_103736
こちらがおたま塚古墳
鉄板で蓋がされているので、古墳の姿は拝めません


20130429_104346
こちらは鷲塚古墳
いかにも古墳っぽい雰囲気を醸し出しています

20130429_2
Googleマップから
ショッピングモールが建設される前の状態っぽいです


 古墳も見たし、じゃあ解散という事で1030時現地解散。帰りも4号線で帰るつもりが、iPhoneの素晴らしい誘導で、国道16号経由6号線で帰る羽目に。お陰で野田の2りんかんで切れかかってた2stオイルを買う事が出来ました。1345時、無事帰宅。帰り着いて昼飯食ったら急に眠くなって、夕方過ぎまで爆睡してました。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 バイクブログへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(2)

2013年03月10日

   前回の龍神山のあと、どっかでキャンプしましょかー、という話しが出て、今回の企画となりました。埼玉県で山登りってのはイマイチ、ピンと来なかったのですが、あまり高い山だとよう登り切らんと思われますので、丘陵地帯の端っこにある低山なら、どうにかやれると踏んだわけです。
   ところで、キャンプの荷物を担いで歩いてキャンプ行く、というのは、旧クラフトフェルト時代に有志(といっても、自分とあと一人w)で何回か行った事がありますが、米軍のバックパックがそれなりの形になるまで物を詰め込んで行く主義だったので、荷物がやたら重くて大変だった記憶しかありません。その様な訳で、今回はあまり見栄を張らずに、出来るだけ軽装で行く事にしました。

20130305_233452
このモンベルの3ウェイバッグ。実に10年ぶりくらいの再就役です
というか、まさかキャンプで使うとは思ってませんでした


■準備
   軽装といってもキャンプですから、泊まりの用意をせねばなりません。最低限必要なのは、テント、シュラフ、スリーピングマットです。これらはツーリング時代に吟味しまくった奴があるので心配なしです。ストーブ類は、一緒に行くToyofusaさんに合わせてアルストセットにし、予備でプリムスP-153と110ガスカートリッジを持つ事にしました。クッカーは、基本的に湯を沸かせば食べれる物が食事となる関係から、アルストセットとオアシスにセットしたキャンティーンカップ2つで済ませる事にしました。その他は、IFAKポーチからファーストエイドキットだけを抜いて持参。衣類は下着の替えと防寒具&寝間着としてアウトラスト・アンダーウェアを入れました。
   食糧は、初日の昼夜、翌日の朝の3食分。昼と朝用にカニヤのネービービスケット10枚と玄麦乾パン10枚、チューブ要りのバター、コンソメスープ、カフェオレ。晩用に辛味棒ラーメンと尾西のアルファ米。行動食として、カロリーメイト8本、チョコレート、ミックスナッツを持ちました。あと、ネタ用にフルーチェ2人分。水は予めオアシスに1リットル入れて持参し、現地のコンビニで500mlのウーロン茶を買って行動中チビチビ飲む事にしました。
   被服は、足はマリーンのコヨーテブーツ、下衣はカーゴパンツ、上衣は長袖のアンダーウェアにRsタイチのライディングジャケット。もっとも、気温が高いとの予報でしたので、もっと軽装でも良かったのかもしれませんが、コレ以外に被服が無いので選びようがありません。
   さて、装備を要る物だけに切り詰めたまでは良かったのですが、問題はそれを入れるバックパックです。去年入手したILBE アサルトパックには、シュラフ、テント、サーマレストは入れる事が出来ますが、アルストセットやオアシスをパック背面のウェビングに付けたとしても容量不足です。急遽、ILBEのメインパックを取り寄せる事も考えましたが、こちらは75リットルも容量があって、明らかに装備の方が少ない。つまり、パックが大きすぎる。丁度イイのは、40リットルくらいのCorpsman アサルトパックなのですが、入手困難です。
   そこで、昔サバゲーに行く時に使っていたモンベルの3ウェイバッグを引っ張り出して使う事にしました。ミリタリー色どころか、アウトドア色もないバッグですが、丁度いい容量で装備がピッタリ収まりました。担いでみたところ、重くないと言えばウソになるけど、何とかなりそうな感じ。まぁ、何とかならなくても、今はこれしかバックパックがないのだから、頑張って歩く事にしました。

20130306_125633
取り敢えずパッキングのテスト
テント、シュラフ、スリーピングマットの収納サイズを合わせてあるので
パッキングがとても楽です

20130306_224318
今回は乾燥食糧がメインです
玄麦乾パンとクリームチーズはとても合ったのですが
持って行ったのはパッキングしても潰れなさそうな
チューブ入りバターでした


■仙元山縦走
   当日は朝0600時に起きて、0700時にはウチを出ました。早めに出て集合場所である東武東上線小川町駅の駅前でソバでも食うたろか、と思ったのですが、現地に着いてみると、普通の駅前にありそうなソバ屋や牛丼屋がない。定食屋っぽいのはあるのですが、1000時ではまだ開いてない。辛うじてローソンがあったので、弁当を買い込んで外で食べました。ところが、弁当を食べてる間に気温はドンドン上がっていき、結局、ライジャケのインナーは外してバックパックに入れ、ライジャケ自体はバックパックの側面に縛着して、長袖シャツだけで歩く事にしました。

20130309_100808
駅に着いて早々にライディングジャケットを脱ぎました
インナーは3ウェイバッグの中に入れ
アウターは丸めてバッグのサイドに縛着しました


   Toyofusaさんと合流したあと、さっそく行軍開始。町中を歩いている間は、時々道行く人や自動車を運転してるドライバーの何人かから、珍妙な動物を見る目で見られましたが、山が近づくにつれ誰も見かけなくなりました。今回のミッションの一つに「絶滅危惧種のトウキョウサンショウウオの卵を見る」というのがあって、小川のそれっぽい所を覗き込みながら歩いたのですが、それっぽい物は見つからず。そんじゃという事で、仙元山の頂上目指して行軍を開始しました。
   約40リットルのバックパックを背負って山を歩くのはどんなものか、と思っていたのですが、意外に歩ける事を発見しました。まぁ、ガンガンと延々に歩くという感じではなく、登りは適宜休み休み歩いたのですが、そのお陰かあまり息も上がらず思っていたよりは楽に歩く事が出来ました。もっとも、これもこの一年水泳を続けて、それなりに肺活量が増えたお陰かもしれません。

20130309_104656
仙元山はハイキングやランに丁度いい山の様で
遊歩道がきっちり整備されてました
もっとも、こんな格好だったのは自分らだけでしたがw


   歩き続ける事、約1.5時間。仙元山山頂に辿り着きました。この仙元山は標高298.9m。わずか1.1m足りないだけで300m級に達しなかったちょっと残念な山ですが、手頃な低山にも関わらず高尾山の様な人気スポットではなく、登りに来る人もチラホラ。まぁ、そのお陰で大荷物背負った自分らが浮く様な事もなかったのですが。ときたますれ違う人は、みんな軽装か手ぶらで、キャンプの道具背負って歩いているのは自分らだけでした。
   頃合いもちょうど昼過ぎ辺りでしたので、山頂から少し下った所にある屋根付きの展望台で昼食。今回は湯を沸かすだけで食べれる物、という事で、昼はカニヤの玄麦乾パンにチューブ入りバター、オニオンコンソメスープにフライドオニオンを入れて食べました。ストーブはトランギアのTR-B25にキャンティーンカップスタンドでしたが、大して風がなかったので十分使えました。玄麦乾パンは以前は評価が低かったのですが、最近嗜好が変わったのか、ノーマルのカニヤのネービービスケットより美味しく感じます。

20130309_04
登頂成功ww
まぁ、普通にただのキャンプしても面白くないですから
低山経由をコースに含めた、という事でw

20130309_124430
近くのベンチで昼食
来た時はベンチの上が花粉で真っ黄色でした
トランギアTR-B25、活躍してます


   昼食のあとはひたすら下山。仙元山は昔はMTBとかで走るのが流行っていたそうで、確かに下りもダウンヒルとかやったら楽しそうです。もっとも、古城跡が国定史跡になってからは自転車もバイクも乗り入れ禁止になったらしいです。登りの時もそうでしたが、このコーナーはどんな風に(CRFで)降りるか、なんて考えてる自分は、なんてバイク脳なんだろうとか思いながら歩いていました。

20130309_142803
山をおりてキャンプ場を目指すの図
とても長閑でイイ感じでした


■オージービーフの夜
   下山開始から約1時間で割合という所に辿り着きました。ここの湧き水は美味しいという事で、Toyofusaさんと二人して給水。地元の人も車で乗り付けて、焼酎のペットボトルにガンガン入れてましたから、やっぱり美味しいのでしょう。飲んでみると癖のない冷たい水でした。
   ここからは麓の道を歩いて、今夜の野営地である月川荘キャンプ場を目指します。のどかな田舎道をひたすら歩いたのですが、意外にも山道を歩くよりも疲れました。アップダウンがあっても日陰のある山道の方が疲れにくい様です。また足元にも注意しなければならないので、注意力が散漫にならないからかもしれません。約2時間ほど歩いて「ようやく」月川荘キャンプ場に着きました。

20130309_161626
キャンプ場にクジャクがいると思いませんでした
真っ白なオスを含め、オス4羽、メスが2羽もいました
他に山羊もいましたが、夜中ガンガン何かに角をぶつけてたそうです


   事前の調べで、月川荘キャンプ場は都内から近く、自動車で行けて、キャンプもBBQも出来て、と言う風にかなり人気のあるキャンプ場である事が判っていました。もし客がいっぱい居たらどうしますー?みたいな事を言っていたのですが、着いてみるとお客は自分らだけww 従ってどこでも好きなトコにテント張れるので、オーソドックスに芝生のテントサイトに陣取りました。
   さっそく幕舎設営。自分のアライテント・エアライズ2は、キャンプで建てるのは6年振りですが、何のとまどいもなくものの15分で設営完了。Toyofusaさんは米軍のCatoma EBNS Rain flyという簡易テントでしたが、やはり手際よく設営完了。まぁ、この辺りはお互い手慣れたものです。

20130309_162633
本日の幕営地
どこでも好きなトコに張れるので
出来る限り、水平な場所を選びましたw


   ダベってるウチに暗くなってきたので、飯でも食うか〜という事になりました。当初の予定では、棒ラーメンにアルファ米をぶち込んで食べるつもりをしていたのですが、なんとToyofusaさんが肉持ってきた、というじゃありませんか。しかも、オージービーフ。これはエライこっちゃ〜っと思ったのですが、付き合いの悪い事はしません。アルコールストーブと米軍のメスパンでジュージュー焼きながら、「もちっと焼いた方が美味くないですかー?」とか「終わりら辺になってくると、美味いと感じるから不思議ですねー」などとイイながら、結局、二人で全部食べきってしまいました。

20130309_183456
夜はアルファ米に棒ラーメンだと思ったら
まさかのオージービーフww しかもまだ半分凍ってました
塩胡椒だけで食べました
(次回はステーキソース持って行こうw)


   食べるもの食べたら、あとはする事がなくなるのはどんなキャンプでも同じ事で、暇つぶしに焚き火あとに燃え残ってた木っ端に、ファイヤースチールで火付けたり、色々やってましたが、2200時には就寝。外はさすがに寒かったのですが、シュラフの中はヌクヌクでした。もっとも、花粉の爆心地を一日中歩いたせいで、鼻も目も壊滅状態でずっと口で息をしてましたので、口の中がカラカラだなーとか思いつつ、朝を迎えました。

20130309_15
退屈したので、ファイヤースチールで焚き火起こしました
ティッシュペーパーさえあれば
ちゃんと焚き火が起こせる事を確認しました
(このキャンプ場は直火OKです。ダメな場所もありますが)


■山王古墳群
   朝は0800時に起床。Toyofusaさん曰く、夜中の2時頃に山羊が何かに激突する音とそれに呼応して犬がワンワン鳴きまくり、寝れなかったとの事ですが、幸い自分は全然気が付かず爆睡していたようですw
   朝はカニヤのネービービスケットにチューブ入りバター、カフェオレ。例によってアルコールストーブで湯を沸かしたのですが、キャンティーンカップのワイヤーハンドルに火がモロに当たっていた様で、うっかり持って軽く火傷しました。カニヤのネービーは食べ慣れているのですが、玄麦乾パンの方が美味く感じました。またカフェオレより朝はココアの方が良いなぁ。
   食べ終わったら直ちに撤収作業。キャンプ場は朝1000時に引き払わねばならりません。食事の前にフライシートをテントから外して干しておいたのですが、陽が陰っていたので結露は乾かず。仕方なしにそのまま畳んでパッキングしました。昨日の引き続きで、花粉にやられてクシャミ連発でしたが、ちゃっちゃとパッキングを済ませて予定通り、1000時にキャンプ場を後にしました。

20130310_084555
朝っぱらからフルーチェwww
でも、ネタになるほど寒くなかったので
美味しく食べました

20130310_091019
飯が終わったら直ちに撤収
バックパックの下に敷いてる90リットルのゴミ袋
グランドシート代わりで大活躍でした


   今日のミッションは、嵐山町の蝶の里公園にあるという古墳を見て回る事。延々アスファルトの道を歩いたのですが、食料、水、燃料のあらかたを消費して背中の荷物が大分軽くなったのか、歩くのは楽でした。ところが、そろそろ蝶の里公園辺りに近いのに、それっぽい標識も何もない。このままじゃ武蔵嵐山駅に着いてしまうぞー、と思った矢先、申し訳程度に備えられた道標を発見。その先に蝶の里公園がありました。
   さて、お目当てなのは古墳ですが、公園の案内図はオオムラサキとかの蝶々に関するものばかりで、古墳のコの字も出てこない。ウロウロと探し回ったのですが、Toyofusaさんが「あの盛り上がりが怪しい」というトコに行ってみました。すると、差し渡し10〜20mくらいの木の生えた盛り土がボコボコとありました。どうやら古墳らしいです。写真を撮って回ってると、さらにボコボコと古墳がありました。

20130310_111726
こんな感じで古墳がボコボコありました
大昔は王家の谷ぽかったんですかねぇ?


   あらかた写真を撮り終わったころ、公園の出口にやっとこ、この山王古墳群の案内板が出て来ました。元々は100基近い古墳があったそうですが、今は20基くらいしか残ってないそうです。この近辺の古墳文化の終末点だそうで、結構歴史的価値があるそうですが、現在では蝶々の方が大事な扱いになっていました。

20130310_114036
駅に向かう道すがら見かけた光景
キリスト教の教会とスケボーショップ
ものごっついコントラストですw


■撤収
   蝶の里公園から武蔵嵐山駅までは、ものの20分くらい。途中でファミレスにでも入って飯食いますかー、とか言ってたのですが、ファミレスはおろか定食屋さえない。とうとう駅まで着きましたが、結局駅前にありがちなラーメン屋だけしかありませんでした。もっとも、このラーメン屋さん、結構美味しかったです(オージービーフのあとは何食っても美味いかもしれない)。
   あとは電車乗って帰るだけだったのですが、この日、低気圧がどうのこうので煙霧が発生。電車は止まりまくり、走り出しても架線にビニールが引っ掛かったとかでまた止まる。結局、地下鉄に乗り換えて、ウチに着いたのは1700時前でした。この時期にキャンプすると、毎回帰りが遅くなる事件なり事故が起こるのですが、今回も例に漏れませんでした。もっとも、駅に向かっている最中に煙霧が発生してたら、花粉症どころの騒ぎでなかったので、幸いではありましたが。

20130310_130044
いきなりの颶風で辺りは一面真っ黄色
もっとも自分は前の晩から花粉にやられてましたが
この時期は花粉対策が必要ですねぇ


   今回のキャンプでは、米の飯は一切炊かず、基本的に乾燥食糧を活用したのですが、お陰でクッカーはキャンティーンカップ1個で済みました。もっとも、オージービーフはToyofusaさんがメスパンで焼いてくれたのですが。ソロキャンプの装備の中で、クッカーは意外に削りにくいアイテムですので、その場合は食べる物の内容を考えれば、軽量化できるというのがよく判りました。
   オージービーフは、「まさか」出てくると思ってなかったのですが、あんだけ食って痛風にならなかったところをみると、意外に健康食品です。あとは、如何に美味しく食べるか、あるいは美味しいと感じれる様になるかですので、今後の取り組みにおいて研究を進めていきたいと思います。

20130310_165358
ともあれ無事に帰って、ネコ達の出迎えを受けました



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 17:00コメント(0)

2013年02月23日

   これまで膝の靱帯伸ばしたり、肩と鎖骨の関節が脱臼したり(厳密にはそこの靱帯が切れた)、と言う具合に、色々怪我をしましたが、骨折となるとリハビリ以前にまずは骨がつくまでに結構時間が掛かるもので、バイクは言うに及ばず水泳さえ出来ない毎日が1ヵ月近く続きました。色々気を紛らわせるのもそろそろ限界です。
   その気を紛らわすアイテムとして、古墳横穴及同時代遺跡探訪記録帳のToyofusaさんに、キャンティーンカップのフタを取り寄せて貰ったのですが、それが届いたという事で、受け渡しかねがね茨城県石岡市の古墳見に行きませんか、とお誘い頂いたので、ご一緒してきました。

20130222_235501
今回の装備一式。アサルトパックを中心に
食糧、IFAKポーチ、アルストセット、ナルゲンオアシス
武器ポーチ、タオル、などなど

20130223_080254
サバゲーから足を洗った時に、転売せずに残したマリーン・コヨーテブーツ
軽くて歩きやすく、古墳探索に持ってこいです


■常陸風土記の丘
   先月に手の骨を折って、うーうー言いながらトランポを運転して帰ってきて以来、1ヵ月近くトランポを運転していませんでした。ギプスがデカかったり手の自由が効かなかったりで運転できる状態ではなかったのですが、そのギプスも手の平側だけになり、指先も大分言う事が効く様になってきたので、トランポで出掛ける事にしました。
   集合は常磐道守谷SAに0900時との事だったのですが、0700時にウチを出たら0800時に着いてしまいました。谷田部エンジョイスポーツランドなどに行く時は国道6号線を使って行きますので、下道のイメージで予定を考えてました。まぁ、早く着いた分には問題ないので、集合時間まで運転席で仮眠してました。
   予定通り、0900時にToyofusaさんと合流。実は自分はこの日はToyofusaさんについて行けばイイやくらいの考えで、行き先とか全然把握してなかったのでした。そこでまず一等最初に向かったのが、茨城県石岡市の常陸風土記の丘というところ。今回捜索する染谷古墳群のすぐ側にあるとの事で、ここで古墳の情報を仕入れるとの事でした。
   この石岡市というのは、大昔は国府があったとかで、色々な史跡や遺物が出てくるみたいで、それで文化センターを作った様です。しかし、ここの目玉は古代家屋復元広場で、古代から江戸時代くらいまでに掛けての家屋のモデルハウスが展示されている事です。実際に中に入る事も出来たので、「ここで住めるかどうか」という視点で見て回ったのですが、意外だったのが、高床式倉庫より竪穴式住居の方が安心感を感じた事。パッと見た目には、高床式の方が文化的な気がしないでもないのですが、建て付けが良くないのか、なんか床が抜けてしまいそうな感じだし、すきま風は多いしで、住むんだったら竪穴式の方がイイや、と感じました(笑)

20130223_103354
常陸風土記の丘の古代家屋復元広場
まめに修復もされている様で
復元された倉庫に茅が大量に置いてありました

20130223_103511
竪穴式住居の中
意外に風を通さない構造らしくて、これなら住めそうですw


■染谷古墳群
   今回の本来の目的は、常陸風土記の丘の側にある染谷古墳群です。側にあるのは間違いないのですが、雑木林の中です。合計32基あるそうですが、分布図が未入手という事で、雑木林に入って直ぐ判るそれっぽいものだけ見て回る事にしました。
   ところで、今回、というか古墳を見に行く時は毎回らしいですが、Toyofusaさんは頭の上から爪先まで、現用のアメリカ海兵隊の軍装で揃えてきてます。自分もかつて仮想軍隊クラフトフェルトをやってた時は、最終段階ではマリーンの格好をしてたのですが、あれから7年、装備も大分進歩したみたいです。それはともかく、ミリタリーマニアなのでそうした格好をしてるのかなー、といった風に思っていたのですが、雑木林に入ってみて「こりゃ、軍装の方がええわな」と感じました。自分もブーツだけは、昔買った海兵隊のコヨーテブーツを履いていったのですが、歩きやすさとか安全感はかなり高く感じました。確かに軍装なので、多少キテレツ感はありますが、最近の米軍の軍装の多くは、アウトドアメーカーが手がけてたりします。なので、「趣味としてそういう格好をしている」というよりも「その格好の方が機能的」といった感じです。まぁ、若干趣味も入ってますがww
   古墳の方は、風土記の丘の側の雑木林に2基ありましたが、それが古墳だと言われなければ、ただの盛り土にしか見えません。ましてや、それが盗掘の跡と言われなければ、ただの地形の起伏としか見えません。さらに近くの海洋センターの駐車場に、明らかにそれと判る古墳が1基、その脇道に小径で崩されて半分しか残ってない古墳が1基(Toyofusaさんが斜面を足で踏んで、傾斜があったのでそれと判った)、全部で4基見ましたが、このり28基は分布図が手に入ってから、という事になりました。

20130223_100742
染谷古墳群の入口
この看板が無かったら、どこが入口かさえ判りません

20130223_111302
と思ったら、いきなり古墳がありましたw
とは言え、これも古墳だと言われなければ、ただの小山にしか見えません
軍用ブーツ履いてきて正解の雑木林でした

20130223_113214
海洋センターの中にある古墳
石室の石材が1枚だけ残ってました

20130223_114300
小径で恐らく半分削られた古墳
鬱蒼と雑草が茂ってるので、傍目にはどこが古墳か判りません


   ところで、先ほど盗掘の話しがあったのですが、海洋センターの駐車場にある古墳には、石室の石材が1枚だけ残っていました。1枚だけという事はなく、実際にはもっとあった筈ですが、何でも古墳の石室や石棺は、神社の石畳や水路、碑文など、後世の人が掘り出して様々に「活用」したとの事。現にその古墳の側にも、如何にもそれっぽい碑文が立ってたりしました。まぁ、エジプトのピラミッドも表面の化粧石は建材に流用されたと言いますから、洋の東西を問わず、人間のやる事は似たり寄ったりだな、と感じました。

20130223_114040
上の小径の入口に立っている碑文
駐車場の中の古墳に残っている石材と同じ材質の石です

20130223_114940
これなんかは、石室から外したまんまで使っているみたいです


■龍神山プチ・アルストOFF
   古墳探索のあと、キャンティーンカップのフタの威力を確かめるため、風土記の丘から自動車で約10分くらいの所にある龍神山に移動。ここは市営の墓地があるところですが、頂上までちょっとしたハイキングコースになっていて、その頂上でアルコールストーブオフをやる事にしてました。
   龍神山は標高170mくらいという事で、山としては低い部類ではあると思うのですが、アサルトパックに荷物詰めて上がるというのは、去年の自分だったらちょっとしんどいミッションだったと思います。ところが、この1年水泳やってきたお陰か、あまり息を切らす事なく登る事が出来ました。
   この日の予報では、風は結構強いはずだったのですが、山頂に着いてみると意外とそうでもない。吹き晒された状態で、アルコールストーブ使用時の風防やフタの威力を確かめるというのが当初の目的だったのですが、これらなウインドスクリーンはイイや、という事で早速お湯を作りました。フタは無くても湯は沸かせますが、やはりあった方が早く湯が沸きます。しかし、やはり屋内の様に無風という訳ではないので、アルコールの減り方は屋内の倍速い様です。
   今回食べたのは、サタケのアルファ米に常陸風土記の丘の売店で買ってきたダチョウカレー。駝鳥肉を使ったカレーで、ダチョウ王国製です。食べてみた感想は「ヒト噛みなら牛肉っぽい食感」「噛み締めるとダチョウ臭がする」というものでした。実はダチョウシチューというのもあったのですが、カレーにしといて正解だった様です。ちょっと物足りなかったので、サタケのフリーズドライのペペロンチーノの食べましたが、少々硬かったものの、普通に美味しく食べれました。昔の怪しい感じのフリーズドライとは懸絶した出来映えでした。
   いっそ、暴風とか吹いていれば、ネタ的に面白い事になっていたかも知れないのですが、案外普通に出来てしまって、ちょっと拍子抜けです。やはり、アルファ米でなく白米から炊かないと、スパルタンな企画にはならないのかもしれませんw

20130223_123254
龍神山頂上の休憩所
風があれば吹きさらし間違いなしですが
今回は微風だったので風よけなしです

20130223_125928
アルファ米を熱湯で戻している間に
レトルトのダチョウカレーを温めています
今回はLIGHT MY FIREのファイヤースチールを使いました

20130223_131333
お食事風景
こうやって外で食べると、ダチョウ臭のするカレーも
それなりに美味しく食べれますww



と言うわけで、このシリーズ、今後も続けたいと思いますw
gunso_kofun



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 16:00コメント(0)
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ