ケロシン

2015年11月18日

   かなり昔の事なんですが、ある時、実家の親父が何を思ったのか、映画とかでよく出てくる、いわゆるハリケーンランタンを送って来た事がありました。別にくれと言った訳ではなかったのですが。しかし、珍しくも感じたので、買い置きの灯油を入れて使ってみました。ところが、映画では結構明るいのに、現物は結構暗く、少しでも明るくしようとしたら煤が出る。あまり良いもんじゃないなー、と感じてるうちに、何かの拍子に蹴飛ばしてしまい、芯が顔を出してるところから、どくどく灯油が流れ出してしまい、頭に来て捨ててしまいました。
   以来、この種の芯タイプのランタンは使い物にならん、という事で、加圧式のランタンを使っていたのですが、最近、日本飯盒協会の会員さんにベランダクラフトが流行り始め、そこで皆さんがハリケーンランタンを使っているのをみて、自分も少し欲しくなり、このたび、改めて調達しました。

20151106_173745
Feuerhand Eternity Lantern Clear Globe Suprax Brand 276
色々な色の奴もあるんですが
このスズ色の上に塗装してあるだけのそうです
(塗装の分だけ高い)


■どこのを買うか
   この種のハリケーンランタンは、安いのになれば500円くらいからあるのですが、1,000円前後の物は中国製のいわゆる「安かろう悪かろう製品」という事でした。まぁ、ブリキで出来た製品ですし、それにウン千円も掛ける方がどうにか、と思わないでもないのですが、名の通ったヨーロッパ製のランタンは、大体4,000〜6,000円もするのです。ちょっとあり得ん値段だと感じるのは不思議でもありません。
   では、やっすい中国製とたっかいヨーロッパ製のどこが違うのか。まず、造りはヨーロッパ製の方が全然良さそうです。事前に聞いた話しでは、芯の立ち具合が全然違うとのこと。中国製のはフニャフニャで立ちが悪いらしいです。あと、グローブのガラスの質が違うとか。自分が昔親父から貰ったのも、かなりちゃっちい造りだったのですが、いくら安くてもチャチなものを買ったのでは意味がありません。そこで、多少高くても、ヨーロッパ製のにする事にしました。
   そのヨーロッパ製でも、今回かったフュアーハンド以外にも、ペトロマックスなど色々なメーカーがあるのですが、その辺りはどこが良いとか好みがなかったので、一番有名なフュアーハンドにしました。ただ、一番安いのでも4,000円くらいします。高いなぁ〜と思って色々探していたら、並行輸入品を扱っているショップを発見。他よりも1,000円ほど安くで手に入れる事が出来ました。

20151106_174144
正規輸入品は箱とかに入ってたりするみたいですが
こちらのは紙袋でしたw
でも、この紙袋が価値が有るらしいので、大事に取っておきます

20151106_173940
芯とタンクの構造
タンクは二重構造になってて、うっかり倒しても
燃料が溢れにくいそうです

20151106_174304
タンクのキャップの造りも、安物と違って
結構しっかりしたものでした

20151109_125503
タンクの刻印
W.GERMANYのままになっています

20151109_125539
グローブの方はGermanyになってました
金属部の金型は、20年以上前と同じなんですね


■第一印象
   速攻で届いたFeuerhand Eternity Lantern Clear Globe Suprax Brand 276。まず開けてみて驚いたのは、レトロな紙袋に入っていた事。記憶を辿れば、自分がまだ幼稚園に上がる前くらいの頃、コンビニ袋が普及する前のスーパーでは、この手の紙袋に買ったもん入れてたなー的な紙袋です。もちろん、クッション材はしっかり入ってたので、破損箇所などないのですが、あまりの軽便な包装に驚きました。並行輸入という事で、ちゃんとしたのが来るか気にはなっていたのですが、ちゃんとフュアーハンドの丸いタグが付いていました。その店は、その種の業界団体に所属してるらしくて、ちゃんとした物を扱っている店の様です。
   さて、モノそのものの印象ですが、さすがは100年の歴史があるメーカーだけあって、しっかりした造りだなーと感じました。ランタンとしては簡単な原理の灯器なのですが、実に頑丈に作ってあって、また気品ある仕上げです。自分が昔持ってたハリケーンランタンは、如何にもやっすいチャチな代物だった事が分ります。
   この種のランタンに、自分はさほど知識がないので詳しい解説は出来ないのですが、今回一つ勉強になったのは、タンクから生えてランタンのグローブを両サイドから挟み込む様になっているアームというか支柱が、実は空気の通り道で、炎から上がった空気がその支柱の中を通って芯の方にいき、燃焼効率を高めている、という事です。安物はその辺りの仕組みが上手い事いってなくて、それであまり明るくならない、との事でした。その辺りも値段によって差が出ている様です。

20151106_174210
一応、ランプオイルを買って来ましたが
あまり良い匂いもしないし、明るさは灯油と同じでしたw

20151106_180945
初点火!なのですが、燃料が十分染みてなくて
芯が燃えてるだけでした


■使ってみた感じ
   以前、親父から貰った奴が暗かったのは、ただの灯油を使ったからで、精製されたランプオイルなら明るいかも?という事で、450mlで1500円もするのをわざわざ買って帰り、さっそく給油して点火してみました。ところが、それほど明るくない上に直ぐに消えてしまう。あれれ?と思っていたのですが、どうやら給油したてで、芯に十分オイルが染みてなかった様です。暫く放置したあと、再び点火したら、今度は明るく点りました。
   しかし、精製アロマランプオイル、確かにオイル自体は灯油と違って、石油臭くなく、どっちかというとトイレの芳香剤の臭いなのですが、燃しても良い匂いがする訳でもなく、また明るさも劇的に明るいという訳でもない。試しに灯油を入れてみたのですが、明るさに関しては全く同じ。むしろ、燃した時に変な臭いがしない分、灯油の方がマシ、という感じでした。
   さて、その明るさですが、ハリケーンランタンとしては上等な部類とはいえ、加圧式ランタンの様な明るさを求めるのは無理で、ロウソクの4〜5倍明るいというレベルです。ランタンに近づけば辛うじて本は読めるけど、離れたら無理です。広い空間よりも狭い空間の方が明るく感じる訳ですが、それでもこれだけでシャワーを浴びるには暗いなー、と言う感じでした。
   むしろ、有った方がマシ!と思えるのはベランダで、手元灯りとしては十分。確かに、ベランダクラフト向きの照明です。自分の場合、仕事から帰って来てから洗濯機を回す事が多いのですが、これまでベランダは真っ暗で、手探りで洗濯してた様なもんなのですが、このランタンがあれば多少は明るい訳です(LEDランタン使えってのは、この場合なしでw)。ちなみに、このランタン、風速80mでも大丈夫とかで、ベランダに普段吹く風くらいでは火が消えません。

20151109_000234
洗面所に置いてみました
これでヒゲ剃るのはチト暗いですねぇ
歯磨いたり、顔洗ったりは大丈夫ですが

20151109_002450
もとより、ベランダクラフト用に買ったのですが
足下照らす分には十分明るいです

20151116_235111
洗濯する時にも使えます
まぁ、LEDライトの方が全然明るいですが、、


■まとめ
   昨今流行のLED照明に比べたら、明るさは雲泥の差どころではないのですが、明るきゃ何でもいいのか、といえばそうでないのが人間の情というものです。確かに、何かする時は明るくなければ困りますが、「何もしない時」には、この手の明るくない灯りが有り難いというものです。かつて、ペツルのミクロをハロゲン球に替えて「おお〜!サーチライトみたい!」と喜んでた歳には、その良さが理解出来んかったという事です。
   あと、いくらロウソク並の明るさとはいえ、やはり高いモノはそれなりに出来が良い、という事を再認識しました。なにせ、500円と4,000円の違いですから、出来栄えに差があって当然な訳です。逆に、1,500円もしたランプオイルもリッター72円の灯油も、さほど変わらんというのが意外でした。昔持ってた安物のハリケーンランタンは、もっと灯油臭い感じでしたので、これも本体価格の差の現れなのかもしれません。
   とか何とか言いながら、やっぱりもう少し明るいのがいいなー、とか思うのも正直なところですが、そうなると加圧式のランタンという事になるので、少し二の足踏むところでもあります。

20151107_193003
明るさはロウソクの5〜6倍くらい?
ボケッと眺めるには良い明るさです



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2015年11月05日

   MSRドラゴンフライのケロ化に引き続き、コールマン550Bのケロ化も行う事にしました。550Bはジェネレーター交換によって、ガソリンもケロシンも使用可能となる「マルチフェル」なストーブで、ケロ化している人も多くいます。
   ところで、自分は「マルチフェル」だから当然、レギュラーガソリンも使えるもんだと思っていたのですが、コールマンでは、ホワイトガソリンとケロシンが使えたら「マルチ」で、さらにレギュラーガソリンも使えるものは「デュアル」と称するとの事。たった2種類の燃料が使えるだけで、マルチもヘッタクレもないと思うのですが、要するにホワイトガソリン用のジェネレーターでレギュラーガソリンを使っていた訳で、そりゃ詰まってくるわな、というところです。
   ともあれ、ジェネレーターを交換しました。

20151031_010817
ガソリン用のジェネレーターが詰まり気味になったので
ケロシン用のと交換する事にしました


■アメリカ〜ンな造り
   550Bのジェネレーターの交換要領は、
  1. ジェネーター基部のナットを外す
  2. 五徳とバーナーヘッドを留めているビスを外す
  3. 良い感じに持ち上げ、ジェレーターのクリーニングニードルの金具を外す
  4. 組み立てはこの逆順
   と、こんな感じで、文章で書けば簡単ですし、また手順が分っていれば難しい事ではありません。しかし、そこはメリケンの製品だけあって、今回、新品のケロシン用のジェネレーターを取り付けるのに、少し難儀しました。というのは、バーナーヘッドにジェネレーターを差し込んで、タンクにつけ、ジェネレーター基部のナットを締めようとしたら、全然締まらないのです。どうやら、ジェネレーターの形が適当にいい加減で、うまい事ハマらない感じです。こうした現象は、フェザー442でもありました。対策としては、基部のナットを仮止めして、無理無理バーナーヘッドを組み付けてしまう事です。ジェネレーターは比較的柔らかいので、適当に形が歪んで付いてくれます。

20151031_011138
550Bのジェネレーターにはクリーニングニードルが入っていますが
その根っこの鉤状の金具を良い感じに外さねばなりません

20151031_011344
左がガソリン用のジェネレータ、右がケロシン用です
見分けは、基部のナットの印の有無です

20151031_011535
この穴の部分で、ガスと空気が混合されます
少しズレたりすると、混合比率が変わって火力に影響するとか

20151031_012143
組み付けには難儀しました
結局、ジェネレーターを仮付けして
無理矢理バーナーヘッドを組んでしまいました
あとは、基部のナットを締めて完了です


■使い勝手
   ケロ化した550Bは、ガソリンの時の様にポンピングだけで点火する事は出来ません。バーナーボールにアルコールを注ぎ、プレヒートしてから点火します。この際、プレヒートの火が消えるか消えないかくらいまで、しっかりプレヒートしてやる事がポイントで、中途半端に火力をオンにしたら、火柱を上げるのは他のケロストと同様です。
   アルコールをケチるためか、プレヒートの時間を惜しんでか、ガストーチでジェネレーターを炙るというやり方をする人もいます。たしかに、ものの30秒も炙れば、気化したケロシンが出て点火する事が出来ますが、本燃焼の安定はアルコールでプレヒートした方が早いです。まぁ、ガストーチでのプレヒートはトンチ技の一つと考えています。
   本燃焼は、ガソリンの場合と変わりありません。火力調整も不具合なしです。燃焼中は、別に身体に悪そうなガスが出るとか、そういう事はありません。ただ、消火後、ジェネレーターに残っている灯油が、しばらくポッポと燃えるのですが、その時、いわゆる石油ストーブ臭いにおいがします。屋外なら問題ありませんが、室内の場合は換気扇推奨。テントの中では使わない方が良いと思います。

20151031_013030
アルコールにてプレヒート中
要は、ジェネレーターが温まれば良いのですが
バーナーヘッド全体を温めてる感じです

20151031_013345
全力運転中
赤火に見えますが、根っこの部分は青火です

20151031_014642
プレヒートを前提としていないフェザー442は
バーナーボールに穴が開いています

20151103_225041
ガストーチでジェネレーターをピンポイントプレヒート
弱い火力でじっくりやった方が良さそうです


■火力、その他
   ケロ化550Bで、ベランダにて2リットル薬缶を沸かしてみたのですが、グツグツ沸騰するまで12分でした。これはガソリンの場合でも同じで、性能はガソリンでもケロシンでも変わらない事を示しています。この辺り、燃料によって差が出るというより、ストーブ自体の性能で差が出ると思います。(MSRドラゴンフライは9分、オプティマスNo.45は15分)
   550Bはジェネレーターを脱着すると、基部のナットの部分から油漏れを起こすので、耐熱耐油のガスケットを塗って対応していたのですが、今回は油漏れを起こしていません。察するに、今回は現物合わせで無理にジェネレーターを組んだのですが、それがかえって気密性を持つ事になったのかもしれません。むしろ、こうして形になったものを再度組み立てると、隙間が生じて漏れるのかもしれません。まぁ、基本的にジェネレーターを交換する時は、新品に交換というのが前提でしょうし、その度に無理に現物合わせで組むなら、今回の様に油漏れを起こさない、のかもしれません。

20151101_235351
火力はガソリンの場合と同じです
まぁ、どちらも原料は同じなんですけどねw

20151031_013412
ガスケットの跡が汚いですが、今回は塗ってません
まぁ、塗らなきゃならんのが問題なんですが…



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2015年11月04日

   オプティマスNo.45のレストア成功で、急速にポータブルストーブの燃料として、自分の中でクローズアップされる様になった灯油ですが、所有しているポタストで灯油も使用できる物がいくつかあるので、ケロ化してみる事にしました。その手始めとして、まずはMSRドラゴンフライからです。この種の分離型ストーブの多くは、いわゆるマルチフェルと称して、ホワイトガソリン以外にも、レギュラーガソリン、灯油、軽油、菜種油、ジェット燃料などを使えるものがほとんどです。(もっとも、ジェット燃料なんて普通には手に入りませんがw)

20151028_010748
灯油で全力運転中のMSRドラゴンフライ
写真では火が赤っぽいですが、実際は青いです


■メインジェットの交換
   MSRドラゴンフライには、標準でガソリン用のメインジェットが装着されていますが、ケロシン用のメインジェットも付属しています。灯油や軽油を使用する場合は、メインジェットを交換する訳です。それ以外は、ポンプも燃料ボトルもそのまま使えます。
   メインジェットの交換は、付属のメンテナンスキットで行うのですが、説明書には簡単に外れる様な感じで書いてあります。ところが、これが固着して外れないという人も結構いるようで、自分もその口でした。どう頑張ってもジェットが回らず、付属のペラペラのレンチも歪んでしまう有様で、それが為に今までケロ化してなかった様なものです。まぁ、その必要もあまり感じてなかったのですた。
   今回、どうあってもケロ化したかったので、あれこれアドバイスを貰って、CRCを吹いて、バイク整備用のKTCのマイナスドライバーを投入。それでも回らなかったので、結局ドライバーに10mmのコンビレンチを噛ませて、エイヤと回したら、「ピキン」と回りました。
   その後は、ケロシン用のジェットに交換して、バーナープレートを付け直して、作業完了です。本来なら、ここまで苦労する事はないのでしょうが。熱の掛かる部分でもあるので、膨張固着は仕方ないところです。

20151028_005214
外すのに非常に苦労したメインジェット
付属の工具はあまり役立ちません


■プレヒート
   ドラゴンフライのプレヒートの要領は、まずポンピングしてボトルに圧を加え、元栓を開いて、火力調整キーを回して燃料をバーナー内に噴出させ、それに火を付けるというやり方です。これまでガソリンでしたので、このやり方でも直ぐに点火する事が出来ました。
   灯油の場合でも、やり方は同じなのですが、灯油はガソリンより引火点が高いので、ただ単にマッチを近づけただけでは火が付きません。バーナーの下にあるウィッグも灯油で湿らせて、そこに火を付ける感じなのですが、それでも火が付かないので、バーナーに火の点いたマッチを突っ込んで、それで上手い具合に点火する、という感じです。
   プレヒートの時間は、ガソリンの場合よりも長めで、かついい加減にやらず丁寧にやります。ガソリンの場合は、適当にやっててもそれなりに点いたりするのですが、灯油はもれなく火柱あげます。逆に、プレヒートの火が消える直前までプレヒートしてやった方が、素直に本燃焼を始めます。この辺りは、ケロシンストーブと同じ様です。
   もっとも、それでもいきなり火力全開にすると、バッバッと赤火で爆発っぽくなるので、最初は弱火で、様子を見ながら少しずつ火力を強くしていく、というやり方をします。プレヒートさえしっかりしていれば、ものの20〜30秒ほどで全開でも火力が安定します。

20151028_010653
灯油でプレヒート中
黒煙は出ますし、煤も付着します
しかし、これが標準のプレヒートの仕方です

20151028_011953
臭いや煤を嫌って、アルコールでプレヒートする人もいます
この場合、やや多めにアルコールを掛けます


■使い勝手
   ドラゴンフライはそもそも弱火から強火の火力調整が自在のストーブです。この点は燃料が灯油になっても変わりません。灯油を使ってるから赤火になるとかいう事もなく、キレイな青火になります(完全燃焼してる証拠)
   灯油は、例によって臭いが石油臭いのですが、燃焼中はその種の臭いはほとんど感じません。室内で使った場合でも、まったく臭わない訳ではありませんが、レギュラーガソリン使った時の様な、明らかに身体に悪そうな臭いがする、というほどではありません。消火の際は、フェールライン内の燃料が燃え切るまで、しばらく赤火が出ますが、いわゆる石油ストーブ臭いというのは僅かです。
   臭いが少ないというのは、極地や高山など、テント内で使用する事も考慮しての事かもしれません。その事は、自宅内で使用する際にも利点となりました。ドラゴンフライは、重い鍋釜も乗せれるほどの強度があり、かつ重心が低いデザインですので、台所でも使い易いのです。
   火力は、気温10度、微風のベランダで、2リットルの水が入った薬缶を約9分でグツグツと沸騰させました。この辺りもガソリン使用時と変わらない火力です。また、自分が現在所有する灯油を使用するストーブの中では、最強の火力を持っています。
   これまでドラゴンフライへの評価というのは、ソロ用としてはオーバースペック過ぎて、あまり出番がない、というものでした。ところが、ケロ化した途端、燃料代が安く、長時間使える、まさに自宅向きのストーブである、という評価に変わりました。しかも、他のケロシンストーブやケロ化ストーブは、プレヒートに燃料アルコールを必要としますが(これが高い)、ドラゴンフライはデフォルトで灯油でプレヒート出来るので、その点、ランニングコストの安さに繋がり、非常に有利であると感じています。(ただし、自宅内で灯油プレヒートする場合は、換気扇の下で行う必要があります)

20151028_011012
弱火で運転中
少々の風が吹いても消えません

20151028_011058
ケロシンストーブの特許をプリムスが申請したのが1889年の事
MSRドラゴンフライは1998年に製造開始
109年の技術差は歴然でした



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 22:00コメント(0)

2015年10月28日

   灯油を燃料とする加圧式ストーブ、いわゆるケロシンストーブは、大昔から興味があり、前々から欲しい欲しいと思っていたのですが、もともとバイク乗りで主たる燃料はガソリンである事、何だかんだ言って出先ではガスの方が手早くて使い勝手が良い事、などなど、ケロシンストーブに用事がなかったために、これまで買わずに来ました。
   しかしまぁ、欲しいには違いないもので、日本飯盒協会にケロストの人たちが増えたのをきっかけに、自宅用にケロシンストーブを買う事にしました。

20151025_201342
欲しい欲しいと思い続けて25年
やっと手に入れました!



■どれを買うか
   ケロシンストーブというのは、アウトドアシーンではすっかり旧式で、もはや登山などで使ってる人はほとんどいないと思うのですが、それでも一部熱狂的でコアなファンは今だに多くいます。ヨーロッパの有名どころのメーカーは軒並み生産を終了しているのですが、日本では今だにマナスルシリーズが生産されています。一応、されている事になっているのですが、あまり生産数が多くないのか、最近は売り切れになる事が多く、そのため、ケロシンストーブは軒並み高騰する傾向にあります。
   実は、当初はその国産のマナスルを買うつもりでいたのですが、それが品薄どころか不当に高騰する傾向にあり、かつケロスト教の人ら言わせると、仕上げはインド産のストーブと変わらん程度との事でしたので、だったら腐っても鯛で本場のスウェーデン製が良いだろうという事になりました。スウェーデン製となると、プリムス、スヴェア、ラジウス、オプティマス辺りで、常時オークションに何かしら出品されてるのですが、程度の良い物はやはり高値になってしまいます。
   その中でも人気が高いのは、小型のケロシンストーブですが、自分は徒歩やバイクで移動する様な作戦でこの手のストーブを使うつもりはなく、むしろベランダなど普段使いを目的としていますので、大型の物でも構わない。その線で探していたら、たまたまオプティマスのNo.45という、いわゆる登山用で大人数用のストーブの出物がありました。これも結構弾数があるのかよく見かけるのですが、小型のより安いとはいえ、そこそこの値段になる様です。万を超えるようなら諦めるつもりでしたが、そこまで行かずに落札する事が出来ました。

20151015_173926
箱の外からも臭う灯油臭
開けてみると、収納缶が油まみれ

20151015_174028
中身もベタベタ
タンクから燃料が抜かれてない上に、センターキャップ締め忘れ
輸送中に漏れ溢れたのでしょう

20151015_183745
付属品も油まみれ。しかも相当古い油のようで
金属臭が猛烈でした

20151015_234027
パーツクリーナー2本使って、油をキレイに取り除きました
収納缶の底から、購入当時の伝票などが出て来ました
昭和52年6月に購入した様です

20151015_234056
缶の内側に値札のシールがありました
自分が8歳の時の7600円は、どれほどの価値があったのでしょうか
まだまだ外国製品は珍しい部類だと思います


■物の状態
   状態は写真で見て承知していたので、レストアは覚悟の上だったのですが、届いたブツを開封してびっくり! タンクの中に燃料が残ったままだっただけでなく、バーナーヘッドを付ける穴をふさぐタンクキャップも締めてなくて、敗走中にタンクの燃料が漏れて、収納缶の中が灯油まみれになってただけでなく、外にも漏れてました。こんな非常識な送り方する出品者ってのが居るってのに、腹が立つのを通り越して呆れてしまいました。
   とりあえず、パーツクリーナーを使って徹底的に灯油を除去。タンクの中の、一体何年物か判らん灯油も捨て、収納缶も徹底的に洗いました。収納缶の底から、恐らく前のオーナーが購入した時の伝票が出て来ました。購入日は昭和52年6月27日、神戸の三ノ宮のお店でした。収納缶の内側に7600円の値札が貼ってありましたが、伝票には5320円とありました。値切ったのか値引きされたのか、昭和52年といえば自分はまだ8歳の頃ですが、まだまだ海外製品は高かった時代だったのでないでしょうか。
   ともあれ、伝票まで残しているくらいですから、前のオーナーがこのストーブを大事にしてたのは想像に難くありません。灯油をキレイに拭き上げたら、物そのものはそれほど悪い感じではありませんでした。目立つキズはなく、欠品はフレームリングのみ、ポンプは圧が掛かる状態でした。レンチとタンクキャップはチェーンで繋がれていましたが、これは前のオーナーが独自で工夫した様です。
   とりあえず、新しい灯油(といっても、ベランダのポリンタンクに残ってた3年前くらいのですが)を入れ、バーナーヘッドのニップルをニードルで掃除して、ポンプにコールマンのリュブリカントを塗り、ケロシンストーブを点火する手順を踏んで点火してみました。プレヒートが済んでポンピングして本燃焼させようとしたのですが、どうも余熱皿の脇から燃料が漏れているらしく、ニップルよりもそこの方が激しく燃える感じです。そしてポンピングすると余熱皿に燃料が溜まる感じで、まともに使える状態ではありませんでした。

20151015_230411
ポンプの状態
カッチカチに硬くて、油っけ無しでした

20151015_232632
取りあえず組み立ててみた
前のオーナーがレンチとセンターキャップを紛失防止でチェーンで繋いでます
正味、邪魔ですww

20151015_232009
プレヒート後、ポンピングすると
余熱皿の上から燃料が漏れて、そこから激しく燃え上がりました
まずはこの部分のパッキン交換が必要です

20151016_002347
必要なパーツが揃うまで、ピカールでキレイにする事に
磨けは光る逸材です


■バーナーヘッドの洗浄
   パッキン類はとりあえず交換という事で、パーツが届くまでの間、真っ黒けになってるバーナーヘッドの洗浄をやってみる事にしました。
   まず、バーナーヘッドの分解ですが、バーナーヘッドは余熱皿をはさんで、バーナーとライジングチューブに分解する事が出来ます。ただし、オプティマスは19mmのレンチが必要で、自分はそのサイズはメガネレンチ1本しかないので、メガネで下のライジングチューブを押さえ、上のバーナーはモンキーレンチで回しました。ガチガチに固着しているイメージをしていたのですが、案外あっさりはずれてしまいました。問題は燃料漏れを起こしていたパッキンで、外したその時は余熱皿の上から1枚だけ外れ、下には何も付いてませんでした。普通は余熱皿の上下にパッキンがあります。あれ〜?と思ってたら、後でさらに1枚、バーナー部から外れ落ちました。つまり、前のオーナーは余熱皿の上に2枚パッキンを重ねていた様です。
   ライジングチューブはピカールで磨けましたので、洗浄するのはバーナー、余熱皿と風防だけにしました。洗浄に使う薬剤は、クエン酸が良いらしいのですが高いのでサンポールを使う人が多い様です。また、汚れを落としたあとに中和させるので重曹を使うそうです。どちらにして大して高いものではありません。まず、500mlのペットボトルを半分に切ってその中にサンポールを入れ、同じ量のお湯を注いで薄め、その中にパーツを入れて5分待ちました。5分後、薬剤を捨てて、水を掛けながら浮いた汚れを落とし、今度は重曹を溶いた水にパーツを浸けて3分ほど待ち、引き上げてから水洗いして乾かします。
   その後、余熱皿と風防はピンク色のままなのでピカールで磨き、キレイにしてから、届いたパッキンを組み付けました。

20151017_141120
バーナーを分解。19mmのレンチが必要です
固着してるのかと思ったら、簡単に回りました
前のオーナーが、パッキンを2枚とも余熱皿の上に入れてました
(写真ではもう1枚が固着して取れてません)

20151019_230234
Tポイントが貯まるウエルシアにて
サンポールと重曹を調達
洗浄容器は適当なのがなかったので、ペットボトルぶった切りで

20151019_231741
お湯で割ったサンポールにブッコミ
5分で引き上げて水洗いします
歯ブラシ等で浮いた汚れを洗い流します

20151019_232432
今度は重曹水につけて中和させます
時間は3分くらい

20151019_232905
この後、余熱皿と風防はピカールで磨きました
特筆すべきは、バーナーヘッドの刻印
PRIMUSとOPTIMUSが並記されています

20151021_125825
届いたパーツ類
ポンプカップや逆止弁のゴムも入っています

20151021_130012
余熱皿の上下にパッキンを入れます

20151021_222907
プレヒート中
薬剤の影響か、妖しい色になってます

20151021_223601
ところが、肝心の焔はロウソクレベル
このストーブの本気はこんなモンじゃないはず


■ポンプカップの交換
   さて、バーナーヘッドの準備が整ったので、早速タンクに付けて点火してみました。ところが、どうにか火が付くものの、とても小さい。圧が足りないのかと、ガシガシとポンピングをしてみても、大きくならない。それよりも、時々ポンプが滑る様な感じがして、ちゃんと圧が掛けらてるのか?という感じです。そこで、ポンプカップのリペアパーツも取り寄せてあったので、ポンプカップを交換する事にしました。
   ポンプそのものを外すのは簡単で、タンクへの取り付けキャップを回せば取れます。そのまま引き出せばポンプ全体が抜き取れます。ポンプカップは、ポンプロッドの先にナットで留っています。問題はそのナットをどう外すかでした。というのも、ナットにレンチを当てて回そうにもポンプロッドは滑り易く、空回りしてしまいます。試しにポンプロッドのつまみの部分をラジペンでつかんで回そうとしたら、つまみが回って取れました。ロッドにネジが切ってあって、つまみをねじ込んであったのです。
   結局、ポンプロッドの先の方をバイスプライヤーで噛んでナットを外す事が出来ました。この際、あまり強く噛むとロッドにキズが入ってしまうので要注意です。そして、さらにポンプカップを挟み込んでいるロッドナットなどを外さないとならないのですが、専用の工具はありませんので、ロッドナットはバイスで、ビスの方には大きめのスプーンで回して外しました。
 古いポンプカップは、さすがに経年劣化でカチカチです。オイルに浸けておくと復活するという話しもありますが、ここは新品に交換した方が無難です。取り付けは分解の逆の要領で行い、オイル(コールマンのリュブリカントを使いましたが、ミシン油でも可との事)をしっかり塗り、少しポンプを広げてから、タンクに付け直しました。
 そして試してみたのですが、時々空振りするものの、タンクに圧が掛かってない訳ではなさそうです。それでもバーナーから出る火はとても小さく、むしろ詰まってていくらポンピングしても、これ以上入って行かない感じです。

20151021_225914
前のオーナーさんの工夫ですが、これではポンピングのテストが出来ません
悪いけどチェーン外しました

20151021_232319
まず、このナットを外さないと行けませんが
このままでは外せません

20151021_233511
キズが出来るだけ付かない強さでバイスグリップを噛ませて
レンチ使ってナット外しました

20151021_234054
さらに、バイスグリップで固定して
スプーンで完全分解です

20151021_235438
ポンプカップを替えても、状況は変わらず
圧は一応かかっているので、バーナー自体に問題ありそうです


■バーナーのチューブ洗浄
   かくなる上は、バーナーのチューブがどこかで詰まっていると考えるべきで、その洗浄に取り掛かりました。とはいえ、完全に洗浄するには、ニップルも外す必要があります。ニップルはニップルレンチがないと付け外しが大変なので、取り寄せる事にしました。
   ニップルレンチが到着する前に、先にバーナーをキャブレタークリーナーに浸けて、チューブ内のカーボンやスラッジをふやかします。キャブレタークリーナーには、液体と泡状の二種類ありますが、今回は液体を使いました。といっても、スプレー缶なので、500mlのペットボトルに直噴してクリーナーを溜め、そこにバーナーを沈没させました。
   チューブの洗浄は、自転車のブレーキワイヤーみたいなの先端を解して、チューブの中に突っ込んで擦り、パーツクリーナーを注入してゴミを出します。1回2回でなく、何度も何度も、ゴミが出て来なくなるまでやります。送油管(Rising Tube)と接続する上昇管(Ascending Tube)は、奥の方はスカスカしてましたが、下のアールの部分に引っかかりがありました。その引っかかりがなくなり、ゴミが出なくなるまでひたすら掃除しました。清掃後、試しに点火してみましたが、やはり火は小さいまま。どうやらニップルと下降管(Descending Tube)に問題がありそうです。
   ようやくニップルレンチが届き、さっそくニップルを取り外しました。バーナー部にレンチを入れるのが、結構知恵の輪チックでやりにくく、またニップルを外すのもコツが要りましたが、とりあえず外れました。ニップルは中にカーボンがびっしり詰まっていて、火が小さい原因はどうやらそれにありそうでした。爪楊枝をつかってカーボンを取り除きパーツクリーナーで洗浄。ニップルの穴からワイヤーを入れて下降管も掃除しました。
   パーツクリーナーが残っていると、燃焼時にタールや煤を発生させるというので、パーツクリーナーで徹底して洗い流し、最後はエアダスターを吹き込んで乾かしました。その上で再度タンクに組み込んで、燃焼テスト。すると今度は勢いよく燃える様になりました。

20151024_162450
バイク用とかのは高いので
農機具とかの使いそうな安いキャブクリを使いました

20151024_142407
ゴミが出まくり、ひたすらワイヤーで掃除しまくり
最終的にはカスが出なくなりました

20151024_151900
しかし、それでもまだロウソク状態
こうなると、ニップル側が原因濃厚です

20151025_152646
やっと届いたニップルレンチ
ちょっと知恵の輪的な難しさがあります

20151025_152901
外したニップルを見て驚愕! カーボン詰まりまくりです
爪楊枝でキレイに掃除しました

20151025_154205
ニップルの穴からもワイヤー入れて掃除しまくり
こちらもカスが凄かったです

20151025_161207
結果、かなり勢いよく炎が出る様になりました
しかし、まだまだ赤いし、こんなもんじゃない筈です


■逆止弁の破壊と交換
   さて、このオプティマス45、ウチに来た時からポンピングの際に空振りがあったり、「ぶぶぶ〜〜」と空気が入ってるんだか抜けてるんだか分らないところがあって、まずはポンプカップの交換をしたのですが、それでも根本的な解決にはなりませんでした。となると、逆止弁が怪しいかもしれません。逆止弁とは、正しくは逆流防止弁と言いますが、コールマン辺りではチェックバルブと呼ばれているものです。空気をタンクに圧送し、かつタンクから燃料が逆流するのを防止する弁です。古いストーブの場合、そのバブルのゴムが劣化してカチカチになっている場合があります。
   この逆止弁を外すのにも専用のNRVレンチが必要で、これも調達しました。大概高い代物なのですが、ヤフオクで安いのが出ていましたので、コレ幸いにゲットです。そしてポンプを抜き去り、レンチを逆止弁に宛てがって回そうとしましたが、カチカチで回りません。となると、慎重を要しつつも決断よく回さねばならないのですが、もうここまで来たらビビっても仕方ないので、逆止弁の頭を舐めるのを覚悟で、エイヤとレンチを回しました。すると、「キュっ」と音を立てて回りました。
 後はレンチで回し切って逆止弁を取り出すだけですが、NRVレンチには逆止弁をつかむ機能はないので、タンクを逆さにして弁を落とすしかないのですが、この際、タンクに灯油が入ったままだと、灯油が逆流してきますので(まぁ、逆流を止める弁がない訳ですからw)、タンクは空にしておいた方が良さそうです。
   やっとこ取り出した逆止弁を今度は分解して中身を確かめねばなりません。そこで、弁の下に付いてるスリットにマイナスドライバーを噛ませ、頭をNRVレンチに宛てがって、回して頭を取ろうとしました。これも結構硬かったので、気合い入れて回そうとしたら、マイナスドライバーを噛ましてる方が「ヌル」と動いてしまいました。見てみると、スリットが広がって弁の筒にヒビが。ここに来て、とうとう壊してしまいました。
   かくなる上は、新しい逆止弁を調達するより他ないのですが、これが品薄な上に高い。純正パーツは1780円もします。まぁ、それでも金で済めば安い方かもしれません。しかし、国産ケロストのマナスルの逆止弁が使えるとう耳寄りな情報を頂きました。金額が安いのも去る事ながら、国産の現役製品ですから、今後の供給も安心です(マナスルをいつまで製造するか、によりますが)。
   そして取り寄せたマナスルNRVですが、大きさはオプティマスの物より気持ち太くてやや長い。一見すると「入るんかいな?」と感じましたが、情報のとおり、ピッタリ入りました。あとは、ポンプチューブに漏れた灯油を拭き、ポンプカップに改めて注油して、ポンプをセットしました。

20151026_121714
固着気味でしたが、どうにか外れた逆止弁
こればっかりは、工具がないと出来ない作業です

20151026_122120
ところが、ここへ来て破損
めっきり割れてしまいました(泣)
まぁ、どっちみち、交換した方が良いとは思ってたのですが、、

20151026_122701
こうやって外すのが正解だったのかも
もっとも、強くつかむと割れてしまうそうです

20151026_122816
逆止弁の中身
黒いゴムがカチカチになっていました

20151027_223542
左がマナスルの逆止弁
オプティマスのより少し大きく見えます

20151027_223924
しかし、御覧のとおり、ちゃんと取り付け可能です


■漏れ火の対策
   漏れ火を起こすというのは、その部分から圧が逃げる事で、当然火力にも影響します。逆止弁交換前に燃焼テストを行ったのですが、薬缶に入れた2リットルの水を沸かしてみたところ、24分経ってもボコボコに沸騰する事がなく、結局、沸かし切るのを諦めた、という結果がありました。あまりの火力の弱さに失望したのですが、この時、ニップルや余熱皿とバーナーの付け根から漏れ火があったのです。漏れ火を口で吹いて消すと火が強くなり、漏れ火が点くと弱くなる、という現象でしたから、この漏れ火対策は必須です。
   ニップルに関しては、ニップルレンチで増し締めする他有りません。それでも漏れる様であれば、ニップルのネジ山が潰れてる可能性が高いので、ニップルを交換する必要が出てきます。余熱皿の方は、すでにパッキンを交換した後でしたので、それでも漏れるとしたら、締付けが弱いという事が考えられます。とはいえ、どのくらいのトルクで締めたら良いのかもよく判らないところです。
   しかし、付属のレンチを使う分には、オーバートルクにならないとの事。そこで、トランポから19mmのメガネレンチを持って来て、それをライジングチューブに噛ませ、付属のレンチを使ってバーナーが動かなくなるところまで締めました。タンクに付けてやらなかったのは、そこは思いっきり締めるところではないのと、ライジングチューブ内の鉛のパッキンを痛めないためです。

20151027_224322
タンクに付けながらでなく、ちゃんとレンチで押さえた方が吉です
この太さでこの純正レンチの長さなら
思いっきり締めてもネジ切る心配は無さそうです


■レストア完了
   やれる事はすべてやりました。たっぷり余熱皿にアルコールを注いで、十分にプレヒートし、プレヒートの火が消えかかった頃合いを見計らってポンピング。空振りは「ぶぶぶ」みたいなのはなく、すっすっと圧が掛かって行き、たちまち爆音を立てて燃え始めました。しかも、赤火はなく、キレイな青火です。漏れ火はニップルからも余熱皿の上からもなくなっており、全力で燃えている様です。
   今度はベランダで飯盒を使ってご飯を炊いてみました。肌寒い夜で風も少々あります。天ぷらガードを使って風除けを作ってからの実験となりました。結果は、強火で約4分、弱火で約4分半、コールマンのガソリンストーブよりやや時間が掛かる程度です(室内で実験しても同じだった)。今度は2リットル入りの薬缶を沸騰させました。こちらは約15分で爆沸。前回の実験より10分以上短縮した上に、きっちり沸騰しました。つまり、ケロシンストーブは定格の火力を発揮する限り、現用できる性能をもっている、という事です。

20151027_224835
バッチリです! 猛烈な勢いです!

20151027_224909
漏れ火もなし、完璧!


■使用感
   使用上の注意としては、以下の事項が上げられます。
  1. まずプレヒートはしっかりやらねばならない事。まだプレヒートの火が燃えているのにポンピングすると、灯油が液体で出て火柱を上げ、かえって点火に時間が掛かります。
  2. 屋外で使用する際は、風避けを使用する事。どんなそよ風でもバーナーの火が揺らぎ、弱火の場合は消えてしまいます。その場合は、あわてず再点火するか、減圧弁を開けてタンクの圧を抜く事。
  3. タンクに灯油を入れる時は、ゆっくり様子見ていれる。ボケッとしてると溢れて床なり地面を灯油まみれにする。ガソリンより揮発しないので、乾燥するまでに時間が掛かる。
20151027_224541
とにかく、プレヒートはひつこくやった方がいいです
また、慌ててポンピングしない事
プレヒートの火が消えてからでも間に合うので

20151028_000733
風よけは必須
この天ぷらガードでも十分では無かった

20151027_233239
直接、石油ポンプを使うのでなく
一旦ボトルに入れてからの方が良さそう


   これらに注意しておけば、使用上、なんら不都合ありません。火力が弱い云々は、確かに都市ガスのガスコンロや、最新のガスストーブに比べれば、確かに火力が落ちますが、コールマンのガソリンストーブとは遜色ありません。ケロシンストーブでチャーハン作ろうとしたら、ベタベタしたものしか出来なかったという話しがありますが、他のポータブルストーブでも似た様な仕上がりになるので、ケロシンストーブだけが化石燃料つかうストーブの中で、極端に火力が弱いとは感じませんでした。むしろ、オプティマス123Rより火力が強いと感じたくらいです。

20151028_115416
使っているうちに、炎の出方が整って来て
キレイな青い火になりました

20151028_115646
この手の料理なら、そつなくこなせますw





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 21:00コメント(4)
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ