ABK

2011年04月03日

   今年に入って、ヒマがあったらABKの河川敷に遊びに行っている感じです。まぁ、ウチから1時間くらいですし、好天続きだとドライ路面でバイクが汚れない ので、後始末が楽、というのも有り難い。「気軽にいける」というのは、「バイクに乗る機会が増える」という事ですから、なかなか結構な事だと思います。
   今回も朝0730時頃にウチを出て、ABKに着いたのが0840時過ぎ。途中、朝マックしたりしましたので、ちょっと遅れました。しかも、着いてバイクを 下ろした途端、急に大の方を催してしまい、バイクも装備も放ったらかしで近所のコンビニに駆け込む始末。帰ってきた時には、朝連に来てたNMR殿がお帰り になてしまいました(スタート練習の仕方習おうと思ってたのに、、)。

20110403_094220
ずっと晴れ続きだったのに、今回は曇り
堤防の上は寒いんですよねぇ〜

20110403_094313
朝練終了のNMR殿


   習うつもりだった人が先に帰ってしまったので、仕方なく堤防の上でフォームのチェックをしたり、コースに降りてウォーミングアップしたりしました。
   昼頃になると、他に走る人も増えてきました。そのほとんどの人が自分より上手い人なので、邪魔にならない様に気をつけつつ、自分なりにピッチを上げて走ってみる事にしました。
   前回、スズキ党殿にここのコースは大体何速で走ってるか聞いてみたら、「4速。直線は5速全開で」との事でした。自分は1速低く走っているのですが、4速 でブン回すとギャップに跳ねられてぶっ飛びそうだし、その前にセクション対応が遅れて徐々に回転が落ちてしまうので、だったらまだしも3速で高回転で走っ た方が良かろう、と思います。
   なので、自分のピッチでイイから、出来る限り限界に挑戦するつもりで走りました。一度だけ、コーナーで倒し込み過ぎて滑って転けましたが、地面が砂なのであまり痛い思いもせず、繰り返し走りました。
   その後、何周か本コースを走って、本日の練習は終了。寒いし腹も減ったので(練習中の昼はあまり食わない事にしてる)、早めに引き上げる事にしました。やはり、近場だと帰るのも早いので楽でイイですね。

20110403_095817
ウエストウッドの半額券持って
ウキウキと買い物に向かわれました

20110403_102027
楽しげにオーバルを走るワタクシ
テクも大事ですが、楽しく走るのも大事です
(楽しく走るためにテクを上げるのも大事です)



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2011年03月27日

   世間が東日本大震災で、パンや米やトイレットペーパーを買いだめに走り、ガソリンスタンドには長蛇の渋滞で身動きが取れなかった2週間。我々オフローダー もバイク乗るのを自粛していました。ガソリンの手配が出来ない、というのもありましたし、遊びでガソリン使うのも何だな、ってのもありました。
   とはいえ、バイク乗らないと具合が悪くなっちゃうところもある訳でして、ようやくガソリンの手配が滞らなくなった頃合いを見計らって、リハビリかねがね、 ABKの河川敷に練習に行く事にしました。今回はa-pro殿、スズキ党殿、NMR殿、db殿と、ベストテクスクールの生徒大集合(笑)。他にも練習しに 来てた人が沢山いて、いつもならトランポが7台も来れば大入りのABKに、大挙15台も集まってました。皆さん、溜まってたみたいですw

20110327_123328
イイ陽気でしたが、堤防の上は風がきつくて
ちょっと寒かったです


■呼吸のおさらい
   朝0800時頃に着いた割りには、バイク下ろしてる間に大を催して道の駅しょうなんに戻ったり、その道の駅がいつもスカスカに空いてるのに今日に限って駐 車場満杯でなかなか駐めれなかったりで、スッタモンダしてる間に時間は1000時。いそいそバイク乗って、まずはオーバルでウォーミングアップしました。
   まずは、バババーと走って、前回のスクールでならった呼吸法をやってみる事に。しかし、やってみるとやはり難しい。加速の時やコーナーに進入する時に息を 吐ききって、少し吸って止める、というのは判ります。が、じゃぁブレスはどこでしたら良いのか、というのがイマイチ判りません。確かに、肺が満杯よりも、 空気が少ない方ががっしり姿勢を固める事が出来て、Gに耐えれます。しかし、いつまでも息止めてる様な感じなので、息苦しくて思いっきり息吸ったら、 フォームも崩れる、という感じです。
   今度は本コースの方も走ってみました。とにかく、あまり飛ばしすぎると、習った事もヘッタクレもなくなってしまうので、取り敢えずゆっくり、呼吸を合わせ る事だけ考えて走ってみました。長い直線やコーナーなどでは、この呼吸法が取れるのですが、入り組んだところになると呼吸が乱れて、その後はグダグダな走 りになってしまっていました。

20110327_143318
WRで疾走するdb殿


■フォームの固定、個別のテーマ
   そのグダグダなライディングを見てたa-pro殿とスズキ党殿から、スタンディングフォームの固定化が甘いんじゃないか、という指摘がありました。そして、それはいわゆる「コブの上にも3年」コブの通過を徹底的にやってマスターするしかない、との事。
   そこでみんな揃って、オーバルの奥にあるコブに移動、コブの通過をやってみました。そこで先輩二人から言われたのは、
  • もっとコブを走ったり、急減速の練習をされると一皮剥ける。
  • 減速がエンジンブレーキ任せになっている。
  • つまり、強い減速Gに耐えられない→ブレーキを強く掛けられない&フロントブレーキは無いに等しい→スピードを出すと止まれないので、加速も出来ない→全体としてメリハリが付けようがない、といったロジックに陥ってると思う。
  • 教習所でやったようにエンストしてもいいから、完全停止させる減速の練習を取り入れてみよう
   コブの通過に関しては、これまでもスクールでやってましたが、さすがに「コブの上にも3年」と言われるほどやっている訳ではありません。なので、減速姿勢 でコブに進入、コブの斜面で加速姿勢、コブを越えたら減速姿勢、そして加速姿勢で加速、というのは、理論としては理解しているつもりですが、実際やるとな ると、コブに進入する時に、いつ減速姿勢を作ればいいのか判らない、という感じです。
   それプラス、短切な加速が出来てないので、コブの直前まで加速してて、コブの斜面にフロントが当たった時に減速姿勢を作ろうとして、、、しかし、全然間に合っていないので、どうにもダラ〜ンとした飛び方しかできない、という感じでした。
   そこで、助走距離を多めに取って十分加速して、いつもより早めに減速姿勢を取って、むしろコブの斜面に当たるのを待つくらいの感じにしてみました。する と、斜面に当たった時、フロントが上がってくるのが明確に判って、コブの通過の仕方を明確に出来た様な感じになってきました。

20110327_151149
こちらはワタクシ。自分では気が付いてませんでしたが
客観的に見ると、身体が太くてイヤになりますw


■フロントブレーキを使う
   a-pro殿からも、自分はアクセルオフにすると減速になってしまっている、と指摘を受けました。自分ではそのつもりがなかったのですが、コーナーの進入 など確かにエンブレを聞かせて速度を落としている様な感じです。クラッチを切るのは着座する時で、それまではエンブレで曲がれる速度まで落としている感 じ。しかし、それでは車体を寝かそうにも加速Gは掛からないし、荷重も掛かってないから再加速に移る時にアクセルだけで加速しなければならないから、余計 ギクシャクする、との事でした。
   そこで、本コースを走る時に、コーナーの進入でいつもよりも早めにクラッチを切ってみて、ブレーキで速度を調整してみる事にしました。確かに、ブレーキを 掛ければフロントフォークに荷重が掛かってフォークが縮む感じが判る気がします。また、これまで自分が思っている以上に、エンブレを使っていたんだな、と いう気がしました。(XRと比較するとCRFはエンブレがない様な気がしますが、モトクロッサーといえども4stは2stに比べるとエンブレが大きい)

   この後、2セットほど本コースを走って今回の練習は終了。乗り始めた時は、バイクの乗り方忘れたんじゃないか、というくらい身体が硬い感じでしたが、終わ り頃には調子を取り戻してきた感じです。やはりバイクは継続的に乗らないとダメだなー、と感じつつ家路につきました。

20110327_151348
路面はほとんどドライで、後の洗車が楽で助かりました
コブの通過をもっと根詰めて練習したいですねぇ



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 20:00コメント(0)

2011年01月29日

   朝0600時、目覚ましの音で目が覚めた時、今日練習行くかどうか、ぶっちゃけ迷いました。そのまま、猫と惰眠を貪ってたら、どんなけ気持ち良かったでしょう。外は寒いし、なんか曇ってるっぽいし、当然、河川敷は寒いはずなので、寒いとこで練習するのはキツイ訳です。しかも、来月後半に立て込むスクールとレースの為に、今日の休みの後は12日間連続勤務になります。やっぱここは惰眠を、、、とか何とか考えてましたが、ここで休んだのでは、先週習った事は完全に身体から抜けてしまう!と思い直し、テッテケ準備して出発しました。

■習った事が再現できるか?
   ABKはウチから約1時間。0730時頃出発しても0830時には着いてしまいます。バイク下ろして点検してガソリン入れて、着替えてストレッチしても、0900時には走り出せます。
   まずはオーバルで簡単に身体に加減速Gを加えてから、2速の上げてズババーっと加速。2週間前に比べると、体重心が若干上に上がる様になったのか、最初のGを受けたあと、徐々にGが消えていく様な感じ。リアがあまり引っ掛からない感じがしました。そのまま何周か走って身体を温めたあと、コースの方の下見。数日雨が降ってないせいか、前回以上に乾いてて、泥など一欠片もつかない感じでした。
   一旦、トランポの方に戻って休憩。今回は自分一人で練習に来てたのですが、ブラジルヤマハのXTZ125Eに乗ってる人がいたので、色々お話しを聞いたりXTZ125Eに乗せて貰ったりしました。トレール車なのになかなかパワフルなエンジンで、しかも125ccなので車高も低く、女の子でもエンデューロで使えそうなバイクでした(乗り手の人は男性でしたがw)

20110129_085125
前回来た時に比べたら温かったですが
まだまだ寒々としてます


■ビビリミッター作動を初めて実感
   歓談してると段々寒くなってくるので、走ろっか、という事でコースイン。本コースを今度は3速でなるべく高回転をキープしながら走る様に心掛けました。
   そして今回の自主トレのメイン、直線加速で垂れ下がらない様に走るのをやってみましたが、やっぱり若干垂れ下がり気味な感じ。アクセルオフにして体重を上に上げるように心掛けるのですが、1秒以上は耐えれない感じ。前回のスクールでは、加速するにつれ、足元がふわっと浮く様なGの消滅を感じたのですが、ちょっとそれが気が感じがしませんでした。
   そこで今度はジャンプの練習。2週間前に来た時は、飛び方を習っていたにも関わらず、あまり飛べませんでした。そこで今回も注意深くやってみたのですが、最初のウチはあまりアクセルを開けれず、前のめりで落ちる感じ。まぁ、徐々に開けていくという事で、繰り返し飛んでみました。
   徐々に飛ぶ距離が伸びてきたので、助走距離を伸ばしてアクセルも多めに開けてコブに突っ込んでいこうとすると、斜面にフロントが当たった時にアクセルを開けずに戻してしまう事を発見。自分自身は飛ぶつもりなのですが、本能的に自分の意志とは反対の事をしてしまっているのを、初めて自覚しました。
   そこで、怖いものは仕方ないので、繰り返し飛ぶ事で徐々に慣れていく事にしました。最初はフロントアップで落ちるようにし、コブに向かう直線で十分に加速して、アクセルオフにするタイミングを早めにし、余裕もってコブにつっこめる様にする事で、斜面でのアクセルも長めに開けれる様になってきました。
   そしてタイミングを合わせてバッとアクセルを開けて、フォームを確認しながら飛ぶ、という練習を繰り返しました。

20110129_105429
誰も撮ってくれる人がいないので
自分で自分を撮ってみました(爆)


■とにかく乗る
   その後も、ジャンプを練習したりコースを走ったり、飽きない程度に疲れたら休む、というのを繰り返し、最後はジャンプの練習で締めました。習った事がどこまで出来たか、というと、ちょっと不満が残りましたが、前回来た時に比べたら、大分良くなっていたんじゃないか、と思います。やはりスクールの成果は出て来てるな、と感じました。
   あと、練習というのは、やはり反復練習だな、という気がします。同じ事を繰り返し行う。学校の部活でよくやる方法ですが、昔は「何でこんな事何度もせなあかんねや」と思ってましたが、この歳になって、出来るまでやる、出来たらもっと出来るようにチャレンジする、という練習方法の必要性を感じます。
   結局のところ、基礎的な事が出来ずにいて、その上の走りは出来ない訳ですし、スクールで習った事も反復してやらっておかない事には、身に付かない訳です。その様な次第で、有料でない河川敷で練習するというのも、大事な事だと感じて帰宅しました。

20110129_151237
るくす君が遠路はるばる遊びに来たので、撮って貰いました
リアが離陸するまで、アクセル戻さない様に注意



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(8)

2011年01月15日

   前回のスクールで、実は自分が極大な加速Gにテキメン弱い事が判りました。特に、短い直線とか、そういうセクションが連続すると、段々アクセルが開けれなくなって、姿勢も中間で固まって低い回転でしか走れない、という具合です。
   そこで、早く走るとか上手に走るとか、そういうのは取り敢えず置いておいて、1速でも2速でも良いから、急激かつ極大な加速Gを身体にかける練習をしようと思い立ちました。そんな練習に、ABKの河川敷はもってこいです。

20110115_094645
他に誰か来てるかなー、と思いましたが
自分らだけでしたw


■まずは極大加速
   最初は一人で練習するつもりだったのですが、たまたまスクールの先輩のスズキ党殿が来てくれる事になったので、一緒に練習する事にしました。とはいえ、お互い抱えてるテーマが違うので、自分はウォーミングアップをかねて、広場のオーバルへ。そこをグルグル回りながら、加速2秒をやってみました。
   いつもは左回りで使っている様なのですが、自分はスクール同様に右回りでやりました。まず往路はコーナーの立ち上がりの1の加速、復路はダラダラコーナーを過ぎてボコボコの直線を越えたら、スタンディングに移行して3の加速。これを繰り返しやりました。どちらもいつもBTC市貝の南コースでやっているよりも全開気味でやってみました。顔が引きつる様な加速感です。徐々にピッチを上げて、身体を温めました。
   身体が暖まったところで、コースイン。早く走るより、確実に通過、そして高い回転域で走るのを目的としたので、あえて2速で走りました。そして、土手横の長大な直線。ここの加速ポイントは、オーバルの広場に出る所までなんですが(その先は連続ギャップがある)、2速であまり速度も出てないので、コーナーの入り口まで断続的に加速2秒をやりました。
   これから加速する、と判っているので、自分が意識する以上に上体を前に出し、アクセルも今まで以上に開けたので、相当なGが掛かってるのが判りました。そのせいか、3周も走ったらフラフラになってしまいました。

20110115_102306
奥にちっこく見えるのが
4速全開で直線を疾駆するスズキ党殿


■短切な加速
   少し小休止を取ってから、今度は軽いジャンプの練習をしよう、という事になりました。まずは今までの自分なりの走行イメージで飛んでみたのですが、イマイチ飛びきらない感じ。飛んだな、と思っても、それが怖かったり。一応、スクールで習ったフォームを意識しながらやってるのですが、「2速だったここまで来なきゃ」の手前くらいで落ちてしまいます。
   スズキ党殿から言われるまでもなく、開けが足りないなー、という感じがします。しかし、判ってても開けられない、という感じです。そこでスズキ党殿から、シッティングジャンプやってみ、と言われました。今までやった事がないのですが、意外に簡単だとの事です。見本を見せて貰って、自分もチャレンジしてみました。フロントが斜面に当たってフロントがせり上がる感覚は、前なら怖いイメージがありましたが、今はあまりありません。が、リアがコブを通過すると、ポーンとお尻が跳ね上げられて座ってられません。その訳を聞くと、アクセル戻すのが早いからだ、と言われました。
   自分はどうもコブの斜面に当たってGが掛かってくると、ビビリミッターが作動してアクセルを自動でオフにしてしまう様です。そして飛びきらず、リバウンドも作ってしまい、余計に怖い思いをしてる様です。平地ではアクセル全開〜といった事も意識してやれば出来ますが、おそらくこれはダラ〜っとした加速のスパンが短くなっただけで、加速2秒に言い表される短切な加速に耐える様な走り方じゃないんじゃないか、という風に思えてきました。

20110115_151031
FIのCRFのエンジン特性は
どちらかというと、エンデュランサー的な味付け
サスは上等らしくて、イイ仕事してるそうです


■バイクによるエンジン特性の違い
   その後、オーバルの広場でスタート練習を少しやって再びコースへ。やはり2速で、自分の身体にGを加える様な走りに徹しました。大分Gに慣れてきたのか、自分なりにはちょっと攻めて走れる様な感じになってきました。
   大分日が傾いてきたので(それでも1430時頃でしたがw)、そろそろ止めようか、という事であがったのですが、その時スズキ党殿から言われたのは、
「斜面のもっと手前から開けて、リアが離陸するまで開けとく。
斜面にフロントが当たる前には数ミリアクセルを開けてパーシャルで突入。ぶつかったら、斜面接線方向へ加速体制を移行しつつアクセルワイドオープン 。フロントが飛び出すぐらいのときには、アクセルをパーシャルもしくはちょっとだけ戻しておく。リアが飛び出すまで開け足していってしまうと飛び出した瞬間に棹立ちになりやすく危険だからね。出来てきたら最後まで開け足していかれるようになるけど。リアが飛び出すタイミングでアクセルオフ。 もっと大きい奴は、飛ぶときにスピードが出てるからフロントが飛び出したときにアクセルオフにするとタイミング的には同じになる」
   あと、CRFはエンジンのつきがYZ-Fよりちょっと遅いかも、と言われました。これはFIのCRFのユーザーからもよく言われてる事で、ガンガンにMX的な乗り方をする人は、FIをいじってるケースが多いです。もっとも自分はFIのCRFしか乗った事がないので違いが判りません。そこでスズキ党殿のYZ-Fに乗せて貰いました。印象としては、CRFよりフロントが軽い事、Fサスが固いなーという事、そして確かにエンジンのつきは良くて、掛かってくるGがCRFよりシャープな感じでした。

   いろいろ個別のテーマはあった訳ですが、今回はともかく加速Gを自分の身体にぶつける、という事に特化して練習しました。そのせいか、ウチに帰ってから前進がフニャフニャになってしまい、シャワーも浴びずにそのままベッドに倒れ込んでしまいました。耐G訓練をした時はいつもこんな感じです。
   一つ判った事は、自分はジャンプの時にアクセルを開けるタイミングを間違えている、という事。そしてCRFはエンジンのつきが悪い(と言ってもコンマ何秒の差なんですが)事を踏まえてアクセル操作しなければならない事、等々の理屈が判りました。
   ともかく、バイクに跨って走らせる機会を増やす、という事で、今回の練習も成果あったと見ています。

20110115_151731
1500時には完全撤収w
コースはほぼドライで、全然バイクが汚れませんでした
オイル交換とフィルター洗浄だけで良さそう



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(2)

2010年11月21日

   モータースポーツって、やっぱりお貴族な趣味だと思うんです。モトクロッサーも消耗品の固まりですし、トランポだってどっか行けば数千円単位でガソリン代掛かりますし、ケガすりゃ病院代だってバカになりません。コースで練習するにも3,000〜4,000円掛かる訳です。しかも、コースにはエライ早い人を始め、色んな人がいます。自分みたいなヘタクソがちょこまか走るには、やっぱ気兼ねする訳でして、基礎的な練習したい時には近所の河川敷に繰り出したくなるのは、自分だけではなかろうかと思います。ABKの河川敷は、この3月に一度行ったきりでしたが、ウチから小一時間で行ける所にあるんですから、もっと活用したいなー、と思いつつ今回の練習会となりました。

   現地に着いたのは0900時頃、先客の方が2人ほど居ましたが、閑散としてて練習しやすそうです。準備してたら小一時間ほど経ってしまい、どうせならもうちょっと早く来たら良かったかなー、とか思いました。
   まずはぱっつぁん君にフォームのおさらい。ベストテクフォームのキモは、「骨盤を立てる」という事ですが、これが最初はなかなか理解できない。取り敢えず背中そらせとけ、といつも言ってます。自分も最初はそうやって身体を慣らしていきましたから。
   続いて河川敷に降りて、オーバルのところで二回線を含むコーナーリングの練習。始めのウチは、そっち行くな的な大回りでしたが、徐々に慣れてはみ出さない様に回れる様になってきました(自分じゃなくて、ぱっつぁん君が)。
   軽くお昼を食べてから、まず右側のコースを案内しましがた、乾ききらず湿り過ぎずで走りやすくなっていました。いきなりバンバカ飛ばさず、最近習っているアクセルワークやコーナーリングの時の体重の持って行き方など、頭に思い描きながらゆっくり走りました。
   今回は徹底してコブの通過をやるつもりだったのですが、3月の時は走れた左コースが、この夏の猛暑でやたら滅多らボウボウに雑草とかセイタカアワダチソウが生えまくって、その枯れたのが群生してて、途中で行き止まりになってしまいました。遭難しても困るので撤退。やりたい事が出来なかったので、ちょっと詰まらん思いになってしまいました。

   そうこうしているウチに、ABKのご近所さんのdb殿、ZENN殿とPINKYちゃん親子が到着。db殿は月初めに転けて右足の靱帯をやってしまったそうで、WRよりも乗りやすい、と鱶みたいなBMW-GSで登場でした。
   PINKYちゃんも交えて再び右コースを試走。PINKYちゃん、ピットクルーカップでレディース2位になっただけあって、なかなか開けっぷりが良いです。その後、オーバル場に戻って、ぱっつぁん君にオーバル場の外周をグルグル回るのをやらせ、だらだらコーナーの曲がり方、直線での加速のあり方、等々を始動しました。
   まぁ、初歩的な事をおさらいした訳ですが、人に教えるのって、やっぱり難しいなぁ、と感じました。習ってる身で人に教えると、「習った事が身体から抜けていく」と言われる訳ですが、やっぱり習うのだったらちゃんとスクールで先生から習って貰いたいものです。
   1530時になり、いい加減暗くなるのも早かろうという事で、自分らはバイク片付けて撤収作業をしたのですが、PINKYちゃんは一人でいつまでもグルグル回ってました。まぁ現役JKでつい最近まで体育系部活で頑張ってただけあって、タフといえばそれまでなのでしょうが、単純なコースで繰り返し乗り続ける、というのも大事な事かもしれんな、という風に感じました。技術はともかく、まずは自分のバイクに慣れるという事が大事ですし、走り続ける事でスタミナも付いてくる訳ですから、この練習法は是非次回取り入れたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(0)

2010年03月14日

   スクールの先輩のに連れられて、ウチからトランポで90分の所にある某河川敷に行ってきました。ウチから近場という事で、相方のがんトック兄も参加。久々の練習会となりました。
   河川敷に着くなり、KXをいじってた青年から「たにしさんですよね?いつもブログ見てます」と声を掛けられ、「ははー、お世話なってます」と返事するワタクシ。相手さんはコッチを知ってて、コッチは相手さんが誰だか判らない、とケースは結構多いのですが、声を掛けてきてくれたのは、ニコ動のヘルカメで有名?なtsumayoujiさんでしたw この日、もうお一方からも、同じように声を掛けて貰いました。ちょっと有名人になった気分になりました。

20100313_155823
このトランポのお陰で
行く先々で「たにしさんですよね?」と言われるw


   堤防の上は、やたら風が強くて、バイクリフトに乗せたバイクがブラブラ揺れるほどで、気が気でなかったのですが、そうこうしているウチに、風で倒れてしまいました。よくよく考えたら、風の向きに対して横向きに置いているから倒れるのであって、縦向きにすれば多少マシだった訳です。
   そんなこんなで準備が終わったあと、直ちにコースイン。まずはスズキ党殿にゆっくりコースを案内して貰い、続いてコブの連続するコースで特訓を受ける事になりました。特訓といっても、前傾くの字をカッキリ決めて、2速でゆっくりコブを通過していく、というものなのですが、コブが連続するコースで、丁寧にコブをなめて通過するというのは、慣れないとなかなか大変な事で、フォームが甘いとバランスが取れず余計に疲れます。
   疲れては休み、休んではまた走り、途中、がんトック兄に自分のCRFを貸して、自分は相方のXR250Rで練習したり、というのを繰り返しました。またコブの通過だけでなく、比較的長い直線もあったので、アクセル全開で走る練習もしてみました。巡航から一気に加速に移れないとか、姿勢が甘くて加速に遅れる、という問題もありましたが、スピード感を身につけるにはイイ練習でした。

20100313_133843
河原の方は大して風がなかったのですが
堤防の上は、ビュンビュン風が吹いてました


   この河川敷に来たのは初めてで、初めて会う人ばかりだったのですが、皆さんフレンドリーで、とても気持ちいい人たちでした。自分はなかなか自主トレが出来ないのですが、その一番の理由は、練習出来る場所が遠いからでした。コースに行くという手もあるのですが、有料ですし、他のお客さんもいて(そのほとんどが上手い人たち)自分みたいなヘタクソがじっくり自主トレするには、気が引けていました。
   ウチから近い、というのは、トランポの燃料代も安くて済みますし、なによりサッと行けるのが有り難い事です。これからはマメに練習に行けるようにしたいです。

《後日談》
   翌日から、両肩が相当な筋肉痛になりました。膝の裏も、膝を伸ばして前屈したら軽く筋肉痛に。肩甲骨周りがあまり痛まなかったのは、それなりに鍛えられてるからか、それとも肩だけを固めているのか。何にせよ、前傾くの字が甘い乗り方をしてたのがテキメン、この練習で判りました。

20100313_180025
道の駅でビーフカレー食いました
練習中は、コンビニのおにぎり2個した食べなかったので
練習が終わったら腹ぺこです



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ オフロードへ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tanisi_corp at 00:00コメント(2)
最新記事
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
livedoor プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ