ウォーターウォーキング-水歩き日和- WaterWalkingWether

ウォーターウォーキング(WaterWalking)を楽しみましょう ★丹沢ネットワーク                   見方を変えれば素晴らしい場所になる                              今年の夏はどこも水量多くて苦労した             ナメいっぱい水が流れて歩くのに疲れた

ウォーターウォーキング(WaterWalking)ってなに。
WWをする前の段階のことから、楽しみ方、その他のことを書いて行きたいと思っています。
  《 関連サイト 》
★白山書房←
★低山山歩のHP←
  《  WW情報  》
★ウォーターウォーキングを楽しむために(始めるために)←
★ヤマビル対策(予防法・対処法)←
★ご質問・ご感想メール←

2017年の夏の豪雨と今後の安全対策について
今年の夏は沢の水量が多かった
今年は梅雨どきに夏みたいな陽気だったのに梅雨あけと同時に、梅雨みたいな雨状態になった。
東京は梅雨明けから22日間連続雨の史上タイ記録という夏とはいえない最悪な季節になってしまった。
後日梅雨明けが7月上旬に変更されたけど、とんでもなく雨と大雨と曇り空がほとんどな夏だったと言える
 今年は 天気における聞きなれない言葉 たとえば 線状降水帯とか記録的短時間大雨情報とか
さらに50年に一度の大雨とかいう言葉が 何度もテレビで流されて なんか最近すごいことになってきたと実感している
 実際問題、1時間に100mmとかいう物凄い大雨が最近では山北町であったり、練馬での大雨などは一瞬で道が川のようになったりと雨の危険をまのあたりにしている訳だ。
 なので今年は8月の沢は関東にゲリラ雷雨発令などと聞くと恐ろしくて出かける気にならないくらいだった。
 8月は雨が多くて希望するルートに出かけることができなくてルート変更を余儀なくされたりした
IMGP8860
8月の沢では
予想以上の
水量に何度も
高巻きを余儀
なくされた
(茨城の沢)





 このゲリラ雷雨とか記録的短時間大雨情報とか台風の大型化とかは、地球温暖化により赤道付近の海水温度が上がっているためさらに今後はこういった事が多くなるとのこと。
 いままでの夏のように時々降る夕立ちとか、風情ある状況ではなく生命にかかわる状況になっているとわきまえた方がよいということだ。

 今後の夏の沢歩きについても。それに伴って順応し臨機応変に行動しないと危険ということになる。
計画した沢の箇所の週間天気予報および当日朝の天気状況と予報の確認は必須だ
雷雨注意報が出ているならば、午前中に沢から出るか、最悪3時前には沢の安全圏に出るのが最良といえる。
8月の大雨で九州の大雨の状況をテレビのニュースで見たのだが、その中で大量の流木がおそよせていた。その中で驚いたのは、流木のほとんどが外皮が剥がされて白い丸裸の状態で残っていたことだ。これは尋常でない水流の激しさで木の外皮がすべて剥がれてしまうとのこと。
この光景は今まで見たことがなかっただけに、改めてその激しさに戦慄を覚えた。
山北町に1時間100mmの雨が降った数週間後、その地域の沢に入った。
沢の上部の滝付近に倒木が詰まった箇所に行きついたのだが、その詰まった倒木の塊には外皮がほとんど無くて、九州で見た流木と同じ状態だった。つまり九州の洪水時の激流と同程度の激流がここで流れていたと言える。
IMGP9512
外皮が剥がされて丸裸になった木々。水流の激しさを物語っている(9月の丹沢の沢にて)





 そんな激流に沢で出くわしたらこちらはひとたまりもないと言える。
そんな豪雨の予報を事前に察知して回避することが重要だ。
 また最近のゲリラ豪雨の雨量は想像を絶する訳で、いままでの雨量とは比べものにならないくらい山などに降る。その雨量の水が沢に流れ込むのだから激流となり山の斜面は土砂崩れとなる。その土砂崩れはいままでの雨では残っていた滝などの巻き道をそぎ落してしまう。
なので今まで簡単に沢歩きできた沢なども、ちょっとした滝の巻き道がなくなるため、それ以上上に進むのが困難になってしまう。
 特に顕著なのは山奥の簡単な沢だ。倒木と巻き道の消失で進むのが困難となり無理に進むと進退窮まって、動けなくなる可能性大だ
 そんな訳で
今後の沢歩きにおける安全帯策として
●沢に出かける当日の朝の天気予報で現地の予報の確認は必須
 雷雨の予報がある場合は豪雨の可能性大なので別の地域の沢の変更を考える
●撤退及び巻き道の消失などで沢に降りる際にロープ8mm×10m以上の持参は必須
●いくら簡単な沢でも、土砂崩れなどで地形が変わっていると判断したら無理せずに中止
sawa003
踏み跡が崩れて危険なので安全を考えてザイルダウンで通過する
WWと言えども最低8mm×10mロープは必須持参装備にしたい
(2016年秋の湯ノ沢にて)


 といった事が必須安全対策となってくると考えます

大滝沢中流WWの最新情報 2017年
先日大滝沢に行ってきた
最近の豪雨などで大幅に状況が変化しているので
詳細と注意点をアップします
概略
滝などは以前とそれほど変化はないので2級程度で難しくはない
巻き道等が各所で崩れていて、そのため全体の難易度は以前よりも厳しくなっていている。
以前はw1レベルだつたが
現在はw2+となっている
2017年8月現在のレベル
興味度    ★★半★ 2.5★
難易度    w2+
登攀グレード 2級
非常用ロープ 8mm10m又は8mm20m

コース中の注意ポイント

林道から沢に入った場合に最初に出てくる10m堰堤
以前は堰堤傍に踏み跡があったが現在は崩れている。
なので登山道方向の斜面がなだらかになるまで沢を下り戻り、そこから登山道にでて巻くこと。
無理して急斜面を登ると結果的に時間もかかり危険。
ooa002
10m堰堤の右斜面は崩れて急斜面になっている
斜面がゆるやかになる箇所まで戻って登山道に出ること







②15mスラブ滝へはトラロープの張られたしっかりした道があるのでそれを利用。
以前はスラブ滝の右に踏み跡があって巻いて登ることが出来たが、崩れていて危険。
なので元来たトラロープの道から登山道に出て進むこと。
ooa003
杭にトラロープが巻かれた道を下って沢に降りる
下で遊んだら、再びこの道を通って登山道に戻り進むことになる。







ooa003a

15mスラブ滝下の釜にザブンと入って暑さを吹き飛ばす
WWらしく楽しむ
ずぶ濡れで涼んだらトラロープの道から登山道に上がる






③15mスラブ滝の先で万一川原に降りる場合は、斜面が急なのでザイルダウンかザイルで懸垂下降必須。
④5m堰堤手前に踏み跡があるのでそこから沢に降りられる。
(その場合15mスラブ滝から5m堰堤間のナメとナメ滝はカットされてしまう)
下方にナメとナメ滝があるので空身でナメまで降りてナメ滝を登ったりできる。
ナメ滝はヌルヌルなので滑落注意。
ここから再び先ほどの踏み跡を登って登山道に出る
ooa004
5m堰堤手前の踏み跡を下って沢に降りる
下方にはナメとナメ滝があるのでそこでしばし遊ぶ。









ooa004a
5m堰堤下方にあるナメとナメ滝
ナメ滝に降りてシャワークラライミンク゜みたいなことをして遊ぶ
ナメ滝はヌメヌメなので滑落注意
遊んだら、先ほどの踏み跡を登って登山道へ


⑤木橋を二か所通過したあと前方にナメが続くが突き当りは堰堤になる。
なのでここで戻って右側にある登山道の梯子階段を登り、鎖場を利用して進むこと。
ooa005
前方に二個目の堰堤が横切っているのが見える
その先にもナメが続くが行き止まりとなる
なので右にある梯子階段から巻いて進む





⑥マスキ嵐沢に突き当たったら左の小尾根を下って大滝沢に降りる。
その後は問題なく進むことができる
途中の堰堤には右端にトラロープがある。
ooa006
登山道を進むとマスキ嵐沢が横切る
前方がマスキ嵐沢。写真左の小尾根沿いに降りるのが歩きやすい。降りると下は本流の大滝沢だ
ここから先は歩きやすい渓流と浅い釜が続く
適当に釜に入って涼む
ooa006a





5m堰堤は左端にトラロープがあるので慎重に登って巻く






ooa006b

渓流を進むと稲妻状のナメ
その上が地獄棚となる








ooa006c
やや暗い渓流から明るい空間となり
その正面に、水を落とす巨大な地獄棚50m
薄茶色い岩肌に光が反射して地獄
と言うには明るすぎる美しさだ














⑦地獄棚から尾根を利用して登山道に至る踏み跡は
出だしが不明瞭であり、急斜面。さらに尾根はルートファインディングが必要なので
沢登り経験者でないと厳しい。
WWレベルの場合は同下降が安全
ooa7
稲妻状ナメの先に浅いやや急なルンゼがある
これが小尾根の登り口
正面の岩場に近づくと古い固定ロープなどもある
状況判断で岩場の左か右に巻いて尾根上に上がる
そこからルートファインディングで登るルートを探しつつ進む。上部にはトラロープがあるが、そこまでが分かりにくい


⑧沢の同下降の場合
全体的に下降方向左側に、一段上がった所が平坦な樹林帯が続くのでそれを利用て下る。
マスキ嵐沢出合から小尾根を登って登山道に出る。
地獄棚から林道入口まで1時間10分ほどで下ることが出来る
全体の感想
巻き道が崩壊はしているが水も豊富でキレイであり、全体に以前より印象は良くなっている。
ooa008
下降時にナメや滝の下降は転倒に注意
不安なら手も使って慎重に降りる






ooa008a

下降方向左側は、一段上には平らな樹林帯も多いので楽に下れる






ooa008b

マスキ嵐沢から登山道沿いに下る
下山時は時間もないので水には入らずに登山道を利用して楽をする




ooa008d今回もWWの必須イベントはしっかり実行
ソーメンは状況的に無理だったのでうどんを作る
具材タップリ。
真夏でクソ暑い日ではあるが大汗かいてうどんをすするのもいい感じだ
逆に冷えた身体にはいいかもね

ooa008e

具材がしこたま入ったうどんと挽いた豆をドリップしたコーヒー
何となく至福
な感じのヒトコマ

2017梅雨明け以後の山での対策
関東では7月19日に梅雨が明けた
しかし今年は空梅雨気味であり梅雨に入っても晴れの日が多かった
なので7月5日から真夏日が連日続きすでに15日連日真夏日という異常な状態だ
気象庁でも
異常天候早期警戒情報が発令されている
7月25日から8月3日まで主に南九州においてではあるが
関東地方でもほとんどそれに近い暑さなので
異常天候早期警戒情報における熱中症注意の呼びかけをしっかり守って
行動したいところだ
これは防災情報にあたるとのこと
もはやこの暑さは災害のレベルとなっているということだ
もう暑さが災害レベルだと自覚しないといけないわけであり
山においても特に低山などでは日中の暑さと行動中の汗で
熱中症にかかるかもしれないと予測して
それにしっかり対策をしていかないとならない
最近は低山では自分は2リットルの水は持って歩いている
主にスポーツドリンクで、水だけだと塩分などミネラルが汗で流れてしまうため
足がつったり、悪くなると意識障害がおこる可能性があるので

2年前に沢に行ったときのことだが
沢は水が冷たくて木陰が続きなんの問題もなく歩くことができた
なので熱中症は問題外と思っていた。しかし沢から上がり帰りの尾根歩きが
蒸し暑くて所々樹林のない炎天を歩いた。
それを2時間くらい続きあと1時間で下に着けるといった時に
仲間が熱中症になっていしまった
まさか沢登りで熱中症と思うかもしれないが
帰りの道が落とし穴といえる。
自分としても山登りを長くしていて熱中症に出くわしたのは
これが初めてという状態だった
幸い木陰で30分程休み、夕方に近づいてきたので涼しさもあり
軽い症状で済んで下山することができた。
また別の知り合いも山から下りて平地に戻った時に突然意識を失ったそうだ
場所が下界だったので事なきをえたが

まさか、ということが昨今では起きる可能性がある
災害級の暑さなのだから何処で起きてもおかしくはないだろう
沢においても、沢中は涼しいが沢から帰る道すがらが落とし穴と言える

沢においてもこまめに水分補給をするのがよい
涼しくても身体を動かしているので汗は蒸発している
さらに沢からあがってから暑いので、タオルを濡らしておいたり
帰りに水がなくならないように余裕をもって所持するなりするのがよい

天候の問題
関東は梅雨明けしたが、太平洋高気圧の位置がいつもと違うとのことで
7月下旬は雨の確率が高いので天気予報の確認が大切だ
先日は関東各所でゲリラ豪雨となりニュースにもなっているので
7月いっぱいは雷雨の予報なども確認しつつ山に向かうのが安全だろう
沢で豪雨にあったら相当危険なので天気確認は細心の注意が必要だ
ww07
201707のナメの沢にて
暑い日は水に入るのが一番
だけど沢から上がったら熱中症対策は万全に

このページのトップヘ