天文・宇宙

アメリカ皆既日食の切手

20048655_1500775013321987_2001283170_o

2017年8月21日(日本時間22日)に日食が起こり、
北米大陸では
皆既日食を見る事ができます。

それを記念して
アメリカでは
皆既日食の切手が販売されました。

カードを交換したアメリカの人は
ラスベガスのキラキラしたカードに
その切手を貼って
送ってくださいました。

この切手
熱変色性のインクで印刷されていて
黒い部分に指をあてて温めると
月が現れます。


20170714_111417 20170714_111439



インドネシアから☆

2016年3月9日
インドネシアで見られた
皆既日食のポストカードです。

19876068_1498604783539010_102828547_o

切手は
ヒンズー教の神バタラ・カラが
太陽を呑み込みことによって
日食が起こるとする
ジャワ地方の伝説が
デザインされている記念切手です。

20170714_111204

貴重なカードです。

「地球外生命は存在するか」

東京都千代田区の日本プレスセンターで開催された
読売テクノ・フォーラム「地球外生命は存在するか」
に行って来ました。


プログラム

 講演 「星くずから地球へ」

          国立天文台教授・小久保英一郎氏

         「太陽系に探す! 生命を育む星」

          東京大学准教授・関根康人氏

    

 討論 「君に伝えたい宇宙の魅力」


太陽系以外では、
地球に似た条件の惑星は
少なくとも50個は見つかっている事、
太陽系内では
土星の衛星エンセラダスとタイタンが
有望な探査対象である事を伺いました。

200812172053000090 Titan_Visible

(以下は新聞の切り抜き)
20150726_161458 20150726_161654


また、最近話題の冥王星についても
お話がありました。


20150714-OYT1I50038-N


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


小久保先生の講演は
The Pale Blue Dot」の画像で締め括られました。


bluedot


ペイル・ブルー・ドットは
1990年に約60億キロメートルのかなたから
ボイジャー1号によって撮影された地球の写真です。

ボイジャー1号は
当初の目的を達成して太陽系を離れるところでしたが
カール・セーガンの依頼を受けたNASAにより
カメラを地球に向け撮影しました。





ハロ現象!

11 019

小町通りを歩いていたら
皆さんが上を向いて写真を撮っているので
何かと思ってみると
太陽の周囲に光の輪が出来ていました。

自宅に帰りネットを見ると
この現象が色々な所で見られ、
「ハロ現象」と言うのだと知りました。

「ハロ現象」とは、
太陽や月に薄い雲がかかった際に
その周囲に光の輪が現れる大気光学現象の事で
特に太陽の周りに現れたものは
日暈(ひがさ、にちうん)と言うそうです。
(暈 - Wikipediaより)

初めて見ました。


20150522_115614





今年最大の満月「スーパームーン」

topics02-l
『(c) 国立天文台』


8月11日に
今年最大の満月「スーパームーン」が見られます。

AM2:44〜3:09に最も大きく見えるそうです。


台風が接近しているので、
     お天気が気がかりです。





NASA オシリス・レックス

0117osirisrex

あなたの名前を小惑星へ 
  オシリス・レックスと行く宇宙の旅


米航空宇宙局(NASA)と惑星協会は
2016年に打ち上げる小惑星探査機オシリス・レックス(OSIRIS-REx)に、
世界中から募集した名前を書き込んだマイクロチップを搭載する
キャンペーンを行っています。

マイクロチップは、
オシリス・レックスの目的地である小惑星「ベンヌ」にちなんで、
「ベンヌへのメッセージ」。

募集は今年の9月30日までで、
専用サイトで氏名登録(無料)を受け付け、
登録者には氏名入りの証明書を発行しています。



宇宙へのポータルサイト 

★OSIRIS-REx | The Planetary Society
http://www.planetary.org/get-involved/messages/bennu/








平塚市博物館 プラネタリウム

20131124_11564520131124_104127

20131124_11580220131124_115815

20131124_12022620131124_115934



日曜日に
平塚市博物館のプラネタリウム
に行って来ました。

プログラムはフリートーク・プラネタリウムで
「今夜の星空」と
今話題の「アイソン彗星」について
お話がありました。

アイソン彗星を見るには明け方で
東の空が地平線近くまで開けていないと難しいので
私は無理かなぁ・・・と思っています。

でも、アイソン彗星が太陽の近くに来るのは1回限り。
今回の接近を逃すと二度と見ることができないので
何とか見たいです。

12月下旬、クリスマス過ぎには、
日没後の北西の空に見えるそうです。


 ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆ ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


毎週日曜夜 8:00 〜 9:00
FM湘南ナパサ(78.3MHz)で放送中のラジオ番組
ミマスの星空音楽館」を
インターネットサイマルラジオで聞いています。

先日の日曜日は
アイソン彗星のお話でした。

つい時間を忘れてしまうので
スマホにアラームを設定して
聞き逃さないようにしています。



20131124_12043320131124_120347




平塚市博物館 プラネタリウム
国立天文台 アイソン彗星
インターネットサイマルラジオ







国立天文台 岡山天体物理観測所


13日未明に極大を迎えたペルセウス座流星群
生憎と雲が厚くかかり
自宅では見えなかったので
国立天文台 岡山天体物理観測所からの
ペルセウス座流星群中継を観ていました。

肉眼で見る事が出来なかったのは残念でしたが
部屋を暗くして、フルスクリーンで観ていたので
それなりに楽しめました。


You Tubeに動画がありました。
2013年8月13日ペルセウス座流星群極大日

BGMも素敵で、とても綺麗に写っています。
天の川が綺麗〜







KAGAYAさんは日光戦場ヶ原で
素晴らしい写真をお撮りになりました。

 pic.twitter.com/bfe0SNRnoN

 pic.twitter.com/BJD6zYUGAk






プラネタリウム「宇宙を夢みて」


naoのコピー








平塚市博物館で
プラネタリウム「宇宙を夢みて」を観ました。

「宇宙を夢みて」は
宇宙を旅する事を夢みる女の子・ナオの物語で
「カガク+アート」をコンセプトにした雑貨団 と
平塚市博物館のコラボレーション・プラネタリウム番組です。

子供向けの様ですが、それだけではなく
宇宙飛行士を目指しながらも事故に遭い
夢を叶える事が出来なかった飛行士達の無念の思いや
彼らの夢を引き継ぐ意味を
「宇宙を夢みて」の中で描いています。

ナオは千葉県松戸市出身の宇宙飛行士
山崎直子さんがモデルです。

山崎さんは中学生の時、
スペースシャトル・チャレンジャー号の事故を見て
亡くなった宇宙飛行士の意思を引き継ぎ、
多くの子供達に宇宙の素晴らしさを教えたいと思ったそうです。


プラネタリウムでは、
13日未明に極大を迎える
ペルセウス座流星群のお話もありました。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


展示室1階「相模の家」では、
ちょうど紙芝居をやっていたので
少しだけ観ました。

新鮮な感じで、面白かったです。



平塚市博物館 







ペルセウス座流星群


chart1






(画像 アストロアーツ)



ペルセウス座流星群

12日深夜から13日未明にかけて見頃を迎えます。

1月の「しぶんぎ座流星群」、
12月の「ふたご座流星群」と並び「三大流星群」の一つで
ピーク時の13日未明(午前2時〜3時頃)には
1時間あたり、数十個の流れ星が見えると言われています。

特に今年は、月が夜半前に沈む為に月明かりが無く
観測条件は「最良」 だそうです。


期待できそうですネ〜



国立天文台 ペルセウス座流星群
「夏の夜、流れ星を数えよう 2013」キャンペーン(期間:8月9日〜14日)







国際宇宙ステーション(ISS) 2回目

manuai002







今日も
国際宇宙ステーション(ISS)を見ました。

未だ空が完全に暗くなっていなかったので
前回(2013年8月4日)よりキラキラしていませんでしたが
雲が無かったので、
消えるまでの長い間、ずっと見る事が出来ました。

こんなに短期間に2度も見られて〜
嬉しいです。

何度見ても良いですネ。






国際宇宙ステーション(ISS)


先ほど、
国際宇宙ステーション(ISS)を見ました

初めてです

月刊「星ナビ」や星座ガイドブックなど
天文関係の書物へのイラスト提供や
近年は、プラネタリウム番組のアニメーション製作もされている
KAGAYAさんツイート
「国際宇宙ステーションは、20:07に南西の方角に現れ、
空を横切って20:13に北東の方角に飛び去ります」
とあったので、外に出て待機していました。

生憎と雲が多かったのですが
運良く、その雲の切れ間から
国際宇宙ステーション(ISS)が見えました。

思っていた以上に明るくて
キラキラしていました。

一瞬でしたが、感激しましたぁ。

嬉しい〜



KAGAYAさんのTwitter







livedoor プロフィール

たんぽぽ

最新コメント
月別の記事
記事検索