単複道

3連系馬券の登場で破産者続出   派手さは無いが確実に儲かる馬券は単複以外考えられない

2017年05月

全力で予想し、100%の自信で公開した浦和競馬第11競走さきたま杯。
どう考えても、指数を算出しても8番ベストウォーリアが1着になると確信しました。
これが競馬、ギャンブルなのでしょうか?
複勝に推した5番ニシノラピートも指数上では上位にいましたし、前走のタイムも優秀で複勝に最適な馬だと確信して配信させてもらいました。
渾身の予想も単なるハズレ予想と終わってしまい、期待して閲覧して下さった読者さんの期待を裏切る結果となってしまいました。

少し充電期間をいただき、次回の予想配信は6月3日(土)の中央競馬からにしたいと思います。

こんな結果ですが、応援のクリックをお願いします。




クリックありがとうございました。

いつも当ブログを閲覧していただきましてありがとうございます。
平日の昼開催って、会社勤めしていますと配信って難しいのが現状です。
明日は浦和競馬で重賞のさきたま杯が行われますので、何としても配信できるように頑張ります。

わがまま言います
応援のクリックをお願いします。


宜しくお願いしますm(_ _)m

先ずは
018

単勝 12番レイデオロ
複勝 10番ベストアプローチ

単勝530円的中しました
複勝の方は11番人気で9着と期待を裏切りましたが、何故この馬に期待したかと言いますと、先ず距離適性。前走青葉賞2着。力関係としては1番人気のアドミラブルと互角にやれて良いほどの力を持っています。しかも5枠の偶数枠。
戦歴も、どんなレースにおいても崩れない器用さ。
当然買いという判断でした。
結果は9着となりましたが、私は悔いはありませんよ。
狙い過ぎたかなっていう感覚もなく、何故人気無いのかな?って思ったほどですから。

単勝にレイデオロを推したのは前走がポイントです。
詳しいことはここでは書けませんが、やはりそうだったのかと思います。

参考にされた読者さん、おめでとうございます。



続いて
019

単勝 1番モンドインテロ
複勝 7番ウムブルフ

正直言いますと、回顧とか予想の根拠を語るのはあまり得意じゃないんですよ。
恐らく語ったとしても他のブログで書かれているような事くらいしか言えないと思います。
わかったふりして言葉を並べても自分の価値を下げるだけですからね。

それでは目黒記念の回顧?
このレース、私の脳みそでは獲れません。
以上です。

って言ってしまえば楽なんでしょうが、何でしょうか、やはり外人騎手を買っとけよってことでしょうか?
フェイムゲームは視野には入れていましたが、僅差で落選でしたね。
問題は3着のハッピーモーメントです。
川田さんも昨日重賞勝って気合いが入っていたんでしょうか?
個人的には川田さん好きですし、もっと勝ってるイメージでしたが、これで重賞3?4?勝らしいです。

全然回顧になっていませんが、こんなところでしょうか。

明日からは南関浦和競馬ですが、仕事していますので配信できるかどうかはわかりません。
ブログのライン読者登録していただければ、ゲリラ配信にも対応できるかと思います。

これからも
単複道を宜しくお願いします。

応援クリックお願いします。




クリックありがとうございます!

東京競馬
019

このレースも超難解です。
去年の勝ち馬のクリプトグラムは長期休養明けですよね。
普通に考えれば手が出し辛いですが、結構人気しているところを見ると地力に期待して買われているんでしょうね。
私はスルーしておきますが。

単勝、複勝 

クリック先のランキングに2頭記載しておきます。

今日はどうでしょうか

東京競馬
018

アドミラブルが1番人気なのはわかりますが、私はちょっと大外枠というのが引っかかってるんですよ。
負けた時の言い訳が最初から用意されているみたいで。
考えすぎでしょうかね?

単勝、複勝 

クリック先のランキングに2頭記載しておきます。




金曜、土曜と、どうしても時間が取れなくて配信を休ませてもらいました。
楽しみにされていた読者さん、すいませんでしたm(_ _)m

本日の配信は、東京競馬のダービーと、お休みしたお詫びとして目黒記念をお届けしようと思います。

どちらも超難解なレースですので、自信度は?って聞かれると微妙なんですけど・・・

とりあえず準備が出来次第配信しますので、少々お待ちください。

大井競馬
016

単勝 


複勝 


人気馬が外枠に並びましたね。
偶然ですかね?
枠順の抽選を生で見てみたいものです。
中央競馬もそうですよね笑

今日は気になる1頭もクリック無しで紹介します。
少々内枠ですが、5番のクラージュドールの複勝も買いました。
現時点でオッズも変ですしね。

今日も決めたいね

このページのトップヘ