2017年11月15日

ルアー釣りにおいての永遠のテーマにルアーローテーションってのがあると思います。

対象魚によって全然変わってくるルアーローテーションですが、メッキ釣りに関しては1つの答えがある気がします。

オレは色々とミノーをローテーションする間にポッパーを挟みます。

それはポッパーで釣りたいって気持ちもありますが、

釣れなくてもポッパーを投げることに意味があると思ってるから、間、間で投げています。

image
■ポッパーで釣れたメッキの写真

ポッパーのポップ音はオレの中では撒き餌を撒いてるようなイメージです。

メッキ釣りは群れにさえ当たれば(長崎では)比較的簡単に釣れる釣りだと思います。

そのメッキの群れを寄せるためのポッパーなのです。

image
■ミノーで釣れたメッキの写真

先日の釣りではトップでは1匹も釣れませんでしたし、1回も水面を割ることもありませんでした。

しかし、ポッパーはミノーと同じくらいの数を投げていました。

そして、ポッパーからミノーに代えた1投目にヒットすることがしばしば。

そこから連続ヒットすることもしばしば。

ポッパーのポップ音で魚の活性が上がるなんてことが、ルアー釣りの入門書に書いてあることがありますが

他の魚に対しては眉唾もんですが、ことメッキに関しては間違いなく効果があります。


これからもう少しの間は楽しめるメッキ釣り。

ミノーの間にポッパーを投げてみてください。



みんな↓をクリックだ!
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村



たんtantantarn at 00:03
釣り妄想   このエントリーをはてなブックマークに追加
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
月別アーカイブ