2018年09月25日

ありがとうございます

3CE06976-593E-4991-982A-8F0A7B78F54D


22日土曜日まで小さなタンテ in ピュスラ、無事に終了いたしました。
そして翌日23日日曜日 うめの森ヴァルドルフ子ども園 の オープンデーが開催され、タンテもお伺いいたしました。
お天気に恵まれて、暑いくらいの一日!
かわいいお顔にも、なつかしいお顔にもたくさん会えて楽しい一日でした。
毎年感じますけれど、ご父兄のパワーすごいです。ОBの方々もお手伝いされて、つながりの深さを思います。

そしてウォルドルフ人形講座の予定に変更があり、訂正いたしました。
この秋はイレギュラーでわかりにくく申し訳ないですが、なんとか開催できるようにと思っておりますのでご理解いただけるとありがたいです。
ペレの家の9月は、開催場所の方のご都合などあり、開催できなくなりました。
10月以降調整中です。9月のご希望の方が重なっておりましたので、申し訳ないかったのですが、こちらもなんとか開催できるようにとふんばっております。しばしお待ちください。



tantewolle at 17:17|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年09月16日

三連休

21B1B58C-1AA9-481E-BC12-77C989C19523







小さなタンテ in  ピュスラ
9月18日(火)〜22日(土
 




雨もふるし、曇り空ですし、さえないけれど、とにかく3連休。
災害の後始末に心と身体をくだいている方々も多いことかと、不安定な空をながめております。

朝、地域の清掃デーで近くの公園の草取りにでかけました。
明け方までの雨で、ざわざわはえた草々にはたっぷり水滴がついてキラキラしていました。
そして大量のトンボがらせんを描きながら飛びまわっていたのでした。

昔、池だったの?ここ?
あるいは沼か、あるいはあの露を目当てか。
遠慮しつつ草を取りました。酷暑の日々では子供たちも遊びに来なかったでしょう。
短い秋としても、元気にお外で遊べるといいね。
火曜日から、栄のピュスラ。
あれこれ準備中。



tantewolle at 14:13|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年09月11日

秋の涼しさ

102E91CE-8DA7-485E-A500-8B2D324FDCDB





うめの森ヴァルドルフ子ども園にて、今年もオープンデーが開かれます。
9月23日日曜日。
今年もタンテは小さな小さなタンテをもってお邪魔いたします。
お声をかけてくださって、いろいろとお気持ちをかけてもらって、毎年ありがたいと思います。
そしておいいしいものも、いっぱい売られますので楽しみです。
この写真はうめの森の天井、毎回ほれぼれと見上げる天井です。

そして、その前に お久しぶりの ピュスラ!!

小さなタンテ in  ピュスラ
9月18日(火)〜22日(土
 



濃密な1週間が楽しみでもあり、ドキドキでもあり、絶賛準備中。
ピュスラではもちろん、ウォルドルフ人形のお教室が開催されます。



tantewolle at 19:36|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年09月08日

普通の日

DD7B4639-A5F0-42ED-8E1A-A2F2352716A0




















オミナエシ、ワレモコウ、秋の草花を目にすることもふえてきたこの頃。

台風も去って、と ホッとしたのもつかの間、大きな地震が北海道をおそいました。

普通にタンテを開けることの奇跡。
電気がかよい、水道が流れ、ガスがみなぎる不思議。

そんなことがおしよせるこの二日間でした。

明日の日曜日が9月の豊田のタンテの終わりです。
また来月って言えるしあわせを膨らませて、お待ちいたしております。


1E9B4D81-D734-4A95-9C89-61293ACAC38A

tantewolle at 16:10|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年09月05日

台風一過

ECE2EF3C-7295-48C3-9370-CDE96602CA3B
















大きな台風がすぎていきました。
皆様、無事におすごしでしょうか?
台風の影響が比較的すくない豊田市でも、今回は強風と雨で、身のすくむ一日でした。
停電もあって、夕方の3時間だけですが、いつ復旧するかもわからないですから、不安な時間をすごしました。
ガスも水道も通っているのに、なんと脆弱なことか、恥ずかしいかぎりです。

ろうそくやランタンをいくつつけようとも、電気の灯りには到底かないません。
豊かな暮らしをしていると改めて、しみじみ。
今日は豊田のタンテノ準備をしましたが、そのまえに台風の後片付けをしました。
車がとめやすいように、ローズマリーの伸びすぎた枝をはらったら、すぐ段ボール箱いっぱい。
豊田のタンテノオープン中に来てくださった方に、一枝さしあげようかな。


>タンテボレ in 
豊田
 

日 時 2018年  9月 7日(金)〜9日(日) 
午前10時〜午後5時




tantewolle at 17:28|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年09月04日

台風、お手柔らかに

1C21758F-2014-452C-8B97-77BFD5210DD1












>タンテボレ in 
豊田
 

日 時 2018年  9月 7日(金)〜9日(日) 
午前10時〜午後5時


シュタイナー学園のカレンダー、9月のページ。
毎月、子どもたちの作品が彩ってくれますが、この秋の絵も大好き。
秋と言えば台風というけれど、今回は特別。
その台風が、このあたりにもいよいよ上陸となり、風が強いこと、強いこと。

今日予定されていたお人形講座も、もちろん中止です。
ハラハラしながらお人形を作れません。
大きな被害なく、無事に通り過ぎてほしい。

この7日の金曜日から豊田のタンテも開ける予定ですが、どうでしょうか?
ハラハラいたします。


tantewolle at 12:42|PermalinkComments(0) 自然 

2018年09月02日

ようこそ九月

D185FDD4-0307-4FFB-AF1F-CA62AEA43B24























>タンテボレ in 
豊田
 

日 時 2018年  9月 7日(金)〜9日(日) 
午前10時〜午後5時


ようこそ、九月。

あっと言う間にすぎていった八月。
悲しいことが重なり、気の重い八月でした。

それでも小さな喜びや、ささやかなうれしいこともいろいろありました。
それぞれは別々に目の前をすぎていき、成長とかやりとげたとか、そうした前向きなことはありませんでしたが、でも生きているなぁと実感する日々。
台風だって近づいて、酷暑とともに地球の劇的な変化をこれでもかと訴えています。

韓国の慰安婦の方々のニュースが出るたびに、いろいろなことを思いましたが、今回ふとこれは戦争を日本が忘れないための声なんだなと、あたりまえのことにやっと気がつきました。
戦争の代償が63年たっても続いていることに、代償の大きさに気がつかなくては。

三十数年前に、友人のふるさとの徳島に招かれて、はじめて阿波踊りをみました。
ニュースとなった大きな通りの踊りを見たかどうかは覚えていないんです。
ただ、友人の家を出て、暗い道を歩いていくと、その大通りのまばゆい灯りが大きな光となって見えるくらい街中ですら、その頃は、暗い地方都市でした。今は絶対違うね。
でもその暗い道のあちこちから三味線と叩きものの音色が聞こえてきたかと思うと、おそろいじゃなくバラバラの衣装の数人の連が現れて、笑うように歌うように踊っているのが新鮮でした。
大抵まわりに一人や二人、三味線が弾ける人いるのよ、なんて友人は教えてくれて、ゆるゆる歩く道すがら、10人いるかどうかの集まりが、思い思いに踊っているのが、盆をおくる姿に感じられて、阿波踊りの華やかなニュースを見るたびに思い出されていました。今年は特に。

夏の暑さはまだまだですが、九月です。
少しづつお店も整えて、今週は久しぶりにオープン。
その前にご依頼を受けて、出張お人形講座がございます。その集まりの方々限定ではありますのでおしらせしておりませんが。
教室案内も先週アップいたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。





tantewolle at 12:53|PermalinkComments(0)

2018年08月20日

秋のはじまり

IMGP8408

お盆の終わりには、朝晩めっきり涼しくなり。あの酷暑と嘆いた日々がいかに暑かったかを改めて思うこの頃。

天下のTOYOTAの夏休みは昨日の日曜日まででしたので、街中はスイスイとがらーんとしておりました。
渋滞なくて楽!

そうしてお盆も終わり、夏休みもあと10日。
宿題の残りが気になる季節です。
良い子のみんなはそんなことないかな?

春や秋が終わるときにはさみしくないのに、なぜ夏の終わりはさみしいのか?
秋の訪れはうれしいのに、盛りの季節の終わりが身に沁みるのかしら。
それとも宿題に追われた子供時代がトラウマなのか?

なんてしみじみとしている間はございません。

キノコもそろえて秋を彩らなくては。


tantewolle at 13:21|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年08月18日

岸田劉生展

3FE04FB8-F576-4C6E-BBBF-588960329870













田原に帰りました時、帰りに豊橋市美術館で開催中の、岸田劉生展をみてきました。

あの麗子像で有名な岸田劉生の生涯の中で描かれたたくさんの絵が展示されておりました。

一番有名な麗子像も有名な崖の絵もありませんでしたが、見たことのない麗子像もたくさんでしたし、静物や風景画にたくさんいい絵があって驚きました。
驚きましたなんて、大変失礼ですが、ホント、しみじみしました。

でも情の深い人ながら、不摂生と放蕩もあっての早世で、娘の麗子さんにとってはすごい人生を余儀なくされたと、凡人のわが身をありがたく思ったり。

とにかく圧倒される画業の一生。

この展示が巡回するかどうかも掲示されておりませんでしたが、もし豊橋によることがございましたら、おでかけください。


tantewolle at 01:00|PermalinkComments(0) よもやま 

2018年08月17日

あっという間に

IMGP0580





ようこそ、八月とつぶやいて以来、はや17日!
すいません、何をしていたのでしょうか?
2週間海外旅行に行っておりました!なら格好いいのですが、残念ながら日々におわれていて、加えて
去年の12月亡くなった母の初盆もありました。

八月は、広島と長崎の原爆投下もあり、終戦記念日もございます。
平和な時代に生まれて、平和な時代をのんきにすごしてきた私でも、身のしまる思いがする夏。

私の世代では、子どものころ身の回りに戦争を感じるものはたくさんありました。

フック船長?と聞きたくなるような粗末な義足をつけたおじさんや、義手さえつけれず、開襟シャツの袖から腕の無いまま働く先生もみえました。

ふるさとの田原から豊橋市に向かう途中には高師緑地という松林の公園がございます。
ここは戦時中高師の陸軍演習場で、にわかに集められた市民兵などが整備し簡単な訓練をして、、戦地に出兵されてたようです。
今は子供向けの遊具が松林の間に点在する公園ですが、私の子どものころは、そこをバスが通るとき、手を合わせ、拝むおばさんやおじさんの姿をみかけました。
その時、戦争が終わってオリンピックもすんで、田舎ですら経済の振興を感じる時代でしたが、身近な大事な人を戦争で失った方には、そここそが最後に見送った場所だったのかもしれません。
戦争の体験はありませんが、身近な痛みを子供心にもつきつけられる時代でした。
母の病院に通っていた時はいつもバイパスでしたので、今回久しぶりに国道を通り、高師緑地の前も通り過ぎて、子どもの頃のことをぐっと思い出しました。
亡き母もあのころ、バスの中で手をあわせていたことも。
身を粉にして日本の平和を守ってくれたことに感謝です。
次の世代にも平和な日本をバトンタッチしなくっちゃ。



tantewolle at 13:33|PermalinkComments(0) よもやま 

2018年08月04日

暑い八月、ようこそ。

IMG_6981






名古屋は、昨日観測史上初の40度越えましたが、そんなの実感としては7月半ばから40度越えです。
アスファルト街なんてちょっと歩くとクラクラする熱量。

それでも人間はクーラーつければ暑さから逃れて、アイスや氷で体を慰められますが、空飛ぶ鳥や、海を泳ぐ魚はぬるくなった環境から逃げることも、暑さの限度を知ることもありません。

熱中症から身を守るすべを学ぶことはできても、この異常気象の舵を切るすべはみつけられるのかしら?

人の知恵を信じたい。と思うというか願います。

今年はひときわ プリズムからうまれる虹が強く、濃いです。

太陽のプリズム。
あがめるよりも、うらめしくもあるこの太陽の強さ。

この強い日差しの中に7色以上の色が隠れていると慰めるしかありません。






tantewolle at 14:04|PermalinkComments(0)

2018年07月31日

ありがとう、七月

4058712E-3DB3-4F34-AA81-CC587443273F















ありがとう、なんて、この酷暑と洪水の七月には、なかなか素直に言えません。

アイスランドの港にたどり着いた、巨大な氷山が崩れて、津波のように小さな港町を逆流するニュースをご覧になられましたか?

ヒートアップした地球をどうしたらおさめられるのか?

想定外のコースをたどる台風に、逆走してあちこちぶつかる自動車の姿を重ねてしまうのは、考えすぎ?

なんてことを思う七月の終わり。
やっぱりありがとうと、欠けていく月につぶやいてみよう。

八月はどうぞお手柔らかに。お願いいたします。

この季節クレヨン売りにでかけるのも、クレヨンや蜜蝋粘土をちょっとの時間でも車には置いておけないのでハラハラします。
品質保持に一番気をつかう季節。

でも粘土遊びは、蜜蝋粘土が細工しやすいので、楽しいです、
青い色の粘土を指先で広げて、まぶしい太陽に透かしてみると、そのデコボコした粘土の光の通り方が違ってきれいでした。それでパチリ。

気持ちがおちつきます。


tantewolle at 17:36|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年07月21日

今日はお人形講座

9D499932-4575-4087-B316-9CD8560F44F6























今日は臨時お人形講座です。
暑い中ですし、昨日はこのあたり終業式で夏休みのスタートです。
だから開講できないかな?なんて気弱なことを考えておりました。
だからありがたく思います。
今までそんな心配したこと無かったんですけど、エアコンありますけれど、お茶とかいろいろご用意して熱中症対策しなくてはいけなかったかしらと朝になって思いました。
お人形作り、体力要りますからね。
皆様、朝ごはんはしっかり食べておでかけください。
お花だけは昨日活けてきました。

38B23464-89C5-4F75-8139-07AC7A4B8474


tantewolle at 07:56|PermalinkComments(0)

2018年07月17日

カレンデュラ

379E487F-4FAD-4579-BA42-9BFE1AA77C05

















カレンデュラ!
この花の写真、花が小さすぎてうまくいきませんでした。残念。
またチャレンジいたします!

そんなことより、カレンデュラは和名きんせんか。
子どものころ、ただひとつ嫌いな花がきんせんか。
だからこのヴェレダ・カレンデュラオイル の写真を見まして、えっこれが同じきんせんか?とびっくりした花です。
実は、きんせんかには種類がたくさんありまして、ヴェレダのオイルに使われているのはおなじみのきんせんかではありません。
種類 が多いので、日本にきている きんせんか の中でどのタイプが一番薬効があるか、まだはっきりいたしません。
ただこの Calendula officinalis の種には薬効ありと書いてあったので蒔いてみました。
立派な花が咲き、でもすぐくしゅと がく だけのようになり、たくさんの種をもって散っていきました。
あれれ、、花が短かったのは、なにか育て方が悪かったか、と茎をぬいてしばらくほったらかしていたら、このように大量に発芽しました。
すごい生命力、まびいてほかの植木鉢にうつしましたので、また秋には咲くかなって思っておりますが、なんとこの間引いた後の大量の新芽に花がつきました。10分の一くらいの大きさで、その完結しようとする命に驚かされて、ピンボケですがぱちり。

カレンデュラは皮膚にすごくよく効くといわれております。
昔は、農夫などケガをすると、お医者さんにかかるまでに時間がかかりますので、まずカレンデュラの花や葉を傷口につけて向かったそうです。
強靭な生命力が、皮膚の再生を促すのか、ひれ伏すばかりですが、生花がてにはいりにくいですからヴェレダ のカレンデュラ・シリーズは欠かせないものです。


tantewolle at 19:30|PermalinkComments(0) 自然 

2018年07月13日

ウォルドルフ人形

6EE0DCFE-C661-4A6C-A05F-35A4BA953D56

















ウォルドルフ人形のA体は、身長20cmのかわいい着せ替え人形です。
ただ、身長40cmのC体にくらべますと逆に手間がかかるといいますか、小さい分バランスをとるのにコツがあります。
はじめて作られる方にはC体人形をおすすめしているのも、できるだけではありますけれど、最初はある程度の大きさでないと作りにくいからです。
このウォルドルフ人形A体に、この夏おまけがつきました。
写真でおわかりになるでしょうか。
お手持ちの布で、簡単にできるお洋服の作り方がついてます。
お洋服のアクセントにつかうリボン用のスゥエーデン製織リボンもおまけです。
お洋服がないと裸では着せ替え人形はかわいそう。
ですからこのように簡単で作るお洋服の作り方がついているとうれしいですよね。
織リボンのお色はこの黄色、ピンク、青系と様々ですが、できればおまかせください。


tantewolle at 14:53|PermalinkComments(0) ウオルドルフ人形 

2018年07月10日

嵐のあとで

IMG_7695






豪雨が去った後のこの暑さ。
亡くなった方もどんどん増えて、自然の力の大きさに驚くばかり。
何かあった時に生活用水のたしになるかと、大きなペットボトルに水を詰めて階段にストックしているのですが、あの土石流の映像をみますと、こんなことをしてもすぐに流されてなんにもならないなとため息です。
自分の想像力と現実の差。言葉もありません。

そのような現実ではありますが、逆にこうして水道から水が出て、電気が利用できる日常のありがたさをかみしめて、やはり水のストックを続けなくてはと思います。

こんな時にではありますが、色鉛筆で絵を描くなんてことも、あたりまえの日常ではないんですね。
すごく贅沢な時間だとあらためてしんみり思います。
この色鉛筆の単色販売も少しずつ廃番色がでてきているんです。
例えば金色銀色、まだ在庫有りますけど、タンテノ在庫無くなると再入荷がないとのこと。
リラ社のラインナップもこれから変わっていくかもしれません。

でもまだまだたくさんの色と在庫はございますので、ご利用ください。


tantewolle at 17:12|PermalinkComments(0)

2018年07月07日

七夕なのに


10E82984-5D76-4A46-911D-1DE6DF6C52CB
















今日は七夕、ウォルドルフ人形の講座が開講されました。
7月、8月の小さなタンテ in ピュスラはお休みですけれど、急遽お人形講座が今日と、7月21日に開講することになりました。ありがたいです。
7月21日土曜日、まだ若干空きがございますので、よろしければお電話、メールください。

それで容易にドタバタしていたので昨日からの大雨も講座来られない方みえるかな?なんてことを案じるくらいでした。
講座も終わって、帰りましたら、このひどい被害のニュース。
七夕なのに、それを祝うなんて思いつかないような悪天候です。
夜空を見上げることもありませんでした。
異常としかいえないような気候の数々に、今、大丈夫だからと言って安心できないとうちひしがれます。
でも実際に土手に残されて暗くなる空の下にいる方の不安はいかほどか。
もう千里の道も一歩から、これ以上温暖化がすすまないように、できることを増やさなくては。
早く水が引いていきますように。


tantewolle at 23:19|PermalinkComments(0) 自然 

2018年07月05日

ニキティキのこと

01C67C7B-8D13-4FB5-8BB1-6C372390EC1C


















先日の日記の写真は何?って思われたことでしょう。
すみません、ロッテやイネスなどの織機が値上がりをしたのでした。
でもすこしタンテに在庫があり、もしよろしければその在庫がある間は旧価格でお届けできます。
そして新しいおもちゃも含めて、新しいニキティキのカタログが届きました。

タンテノHPの写真が、古すぎる、、、、。
いつもながら。
でもちゃんと2018年版をお届けします。
なんとコンビニエンスストアのお支払い以外でしたら、郵送ができ、7月中は送料のご負担がありません。
コンビニエンスストアのお支払いjは金額変更ができませんので、宅配でお送りいたします。
送料のご負担をお願いいたします。


tantewolle at 17:54|PermalinkComments(0)

2018年07月03日

ようこそ、7月!

IMG_5927





ようこそ、7月。

6月にお礼を言う間もなく7月がスタート。
今年もすでに後半戦に突入です。
まだ東海地方は梅雨明けしてないようです、晴れている日も多く?な気候。

先日、八事にあったタンテに行ったらお店が無くて、普段ネットはしないのだけれど、検索してみて、豊田と知りました。とメールをいただき、豊田の店までおたずねくださったお客様がみえました。
お顔とお名前はちゃんと覚えている方で、ご案内もなんにもお送りしてなかったのかと申し訳なく思いました。
そして細い糸をたぐりよせてくださったおかげでお顔をみることができ、じーんといたしました。

こちらのご案内がとっても不足していて、やってるのかやってないのかわからないようなタンテでとぎれた糸も数知れず。
だから有難く思いました。

時々、ニュースや新聞で知る世界は大雑把なもので、違う世界もちゃんとあると、大げさながらこんな時に思います。

知らない世界がたくさんある、こうだと思って違うこともたくさんある、驚くこともあいかわらず多い、
多いんです。


tantewolle at 00:06|PermalinkComments(0) タンテ 

2018年06月27日

7月になると

P2200420















六月のピュスラが終わりまして、これで、七月と八月の豊田のタンテも、ピュスラのタンテもお休みです。
長期海外旅行とか、避暑地に滞在とかではありませんので、残念ながら。
ずっと今日をこなす日々でしたから、この2ヶ月、豊田にタンテを移転してからためてしまったあれこれを整理したいです。
在庫切れと思っていた品々が出てくるかも、、、へへ。

とはいえ、明後日はなつかしいお客様が豊田のタンテにおみえになりますし、七月七日のお人形講座は満席となりましたが、急遽二十一日土曜日も開催することなりもしご希望の方あればメールなりお電話をください。
八月はとにかく教室はお休みです。
八月一日には夏休みの算数教室が安城で開かれます。小学生対象です。
ご興味おありの方、ご紹介しますのでよろしければお尋ねください。
すぐご用をつめてしまうのが悪い癖ですが、夏をどうすごすかが大事だと感じております。

そう、この写真のウサギをはじめとするヴェルナーのどうぶつたち、七月から値上がりするんです。
しょんぼり。まだだいじょうぶです。よろしければご利用ください。


tantewolle at 11:29|PermalinkComments(0) タンテ