2004年08月22日

移転のお知らせ

共通テーマ関連のトラブルはようやく昨日に回復したようですが、まだおかしいですね。例えば「SEO対策」は8/19の発言の前が、7/28となっています。この期間にも、このテーマにはいくつか発言をしていたのですが、完全に消去されています。
おそらく、もうlivedoorとしては、この対応をする気は無いでしょう。
また結局、共通テーマに関する障害はどこにも公式アナウンスはさておらず、これも無かったこととするようです。

約1ヶ月半ぐらいこのlivedoorを利用して「無料SEO対策日記」を運用してきましたが、ここ最近のトラブル騒ぎでのlivedoorの対応のまずさには呆れ果ててまいましたので、移転することにしました。

移転先はXreaで、BlogツールとしてNucleusをインストールして使用しています。

もし興味がありますなら、新しい「無料SEO対策日記」の方まで訪問して頂ければ幸いです。
  

Posted by tantris at 11:54Comments(1)TrackBack(1)SEO対策

2004年08月16日

メンテナンス終了?

何かlivedoorがおかしいですね。
つい先月末にも障害があったばかりですが、またですか。

イタリア戦終了後、その感想を書こうかと思ったのですが、メンテナンス中で書けず。
それは仕方ありませんが、終了予定の9時が過ぎても一向に復旧する気配なし。
ようやく夕方になって復旧したようですが、まだ共通テーマ関係はぼろぼろな状態です。
(この投稿を登録した「Livedoor Blog全般」の最新投稿の日付が"2003/11/04"って…)

アナウンスではこの夕方ぐらいに携帯を除いてメンテナンス終了とか言っていますが、状況の把握もできていないのでしょうか。

まあ無料サービスなのでユーザはある程度は仕方ないと思いますが、スタッフがその無料ということに甘えてしまっては駄目だと思うのですが。

まあ嫌なら利用するな、ということでしょうが、このままならいずれデータ消失という最悪の事態にもなりかねません。
本当にBlogを別のサービスに変えた方がいいかもしれません。

追記:
今、開発日誌を確認してみると、この障害に関するトラックバックおよびコメントが全部削除されていますね。
その前に確認したときにはあったはずなのですが。
サービス業が、ユーザの声に耳を塞ぐようになっては、もう終わりですね。  
Posted by tantris at 21:18Comments(2)TrackBack(0)livedoor

2004年08月14日

複数ワード指定でのGoogle検索の謎

私のHPは「IP電話+相互接続」でのGoogle検索は以前は1位になったこともありますが、現在は2位となっております。
7/24の投稿にも記入しておりますが、それ以降も「IP電話料金・相互接続マトリックス」に全く勝てません。

ところがこのページが何故1位を取れているのか、実に不思議なのです。
このページの「IP電話」「相互接続」単独ワードでの検索順位を調べてみますと、いずれも100位以内に入っておりません。
私のHPは、ぞれぞれ29位・2位となっていて両方とも順位的にはかなり上位なのに、ぞれを合わせての検索順位だと何故負けるのでしょうか?

普通に考えれば、複数ワード指定での検索順位を上げるためには、それぞれのワードでの検索順位を上げるしか無いと思うのですが、他に方法があるのでしょうか。
短期間ならばたまたまといえるかもしれませんが、ここまで長期間同じ状態なら、何か理由があると思うのですが。
  
Posted by tantris at 08:38Comments(2)TrackBack(0)SEO対策

2004年08月13日

五輪サッカー 日本3-4パラグアイ

アジア杯が終わったと思えば、すぐ五輪サッカー。
サッカー漬けなのはいいですが、今度は時差の関係で眠い…。

正直、前半戦を見る限りこのまま寝ようかな、と思うぐらいのひどい試合でした。
大チョンボをした那須は論外としても、小野も全く機能しておらずパラグアイとの差ばかりが目立ったワンサイドゲームでした。

しかし後半、小野をボランチに下げ、トップ下に松井を入れてゲームが落ち着きました。
最終的には、パラグアイの4点目が効いてしまって追いつけませんでしたが、あれはシュートがすごかったとしかいいようがありません。(阿部のミスもありましたが)

やはり前半の3失点が大きすぎ、後半からで無く前半の間に修正しとかないと駄目でしたね。
初戦敗退でグループリーグ突破はかなり難しくなりましたが、残り2戦何とか頑張って欲しいものです。
アジア杯を見ても分かりますように、最後まで何が起こるかわかりませんから。
ましてや今日の完全なワンサイドゲームを1点差まで追い上げたことが、最後の得失点差勝負になったときに生きてくるかもしれませんし。

ところで試合前の中継で永島が「今日のキープレイヤーは那須」と言っていましたが、本当にそうでしたね。
もちろん永島の意図とは逆の意味でしたが(^^;)
  
Posted by tantris at 04:42Comments(0)TrackBack(3)サッカー

2004年08月12日

HPの被リンク状況

ネタ切れなこともあり、昨日もこの日記を更新をさぼっていたこともありますので、現時点の私のHPの主な被リンク状況を。
とりあえず分かる範囲でPageRankが1点以上のページで静的なページをまとめてみました。

[主なリンク元]
 6 - Google(World > Japanese > コンピュータ > インターネット > 接続)
 5 - dmoz(Top: World: Japanese: コンピュータ: インターネット: 接続)
 3 - 24up.org(接続 :: インターネット :: コンピュータ :: Japanese :: World :: Home)
 3 - しめクンの部屋(FTTHでのIP電話利用)
 3 - J.O.Y.(インターネット/Web技術、サービス)
 2 - Su-Jine(TOP > コンピュータ > インターネット > インターネット電話)
 1 - cync(Top: World: Japanese: コンピュータ: インターネット: 接続:)
 1 - Xasa(Top > World > Japanese > コンピュータ > インターネット > 接続)
 1 - SKYWALK DIRECTORY(Top: World: Japanese: コンピュータ: インターネット: 接続:)

[対象HP]
 2 - IP電話の相互接続について

[凡例]
 該当ページのPageRank - サイト名(ページ名)

まだと言いますか、ようやくと言いますか9サイトまで来ました。
前回まとめた時(7/4)はSEO対策を行うようになってまだ日は浅くて2サイトしかありませんでしたが、それに比べれば1ヶ月強で9サイトはまあいいとこじゃないですか。
(増加分のほとんどがdmozのおかげなんですが^^;)

ただ、無料で出来そうで、めぼしいところは登録してしまったので、ここからは難しいでしょうね。
  
Posted by tantris at 22:02Comments(0)TrackBack(0)SEO対策

2004年08月10日

CATVのIP電話サービス

CATVのIP電話サービスの相互接続に関するニュースがありました。

CATV業者56社のIP電話サービスが8月より無料の相互接続を開始
KMN、ジャパンケーブルネット(JCN)、イッツ・コミュニケーションズ(iTSCOM)、シーテック、アイテック阪神の5社は、IP電話サービスの相互接続を8月より開始すると発表した。

 今回のIP電話サービスの相互接続は、5社のソフトスイッチを相互接続することで可能となるもので、各社のソフトスイッチを利用するCATV業者のIP電話サービスを利用するユーザー間の通話料が無料となる。相互接続は8月から準備ができ次第開始するとしている。

自分がHPを書くために調べたときは、iTSCOMやアイテック阪神等のCATV会社のIP電話サービスは、他社のVoIP基盤を利用していたと思うのですが…
(実際、自分のHPではそういう書き方をしていますし)

しかし上記のニュースを見ますと、自分たちでVoIP基盤を持っているように見えます。
もう少し深く調べてみる必要がありそうです。  
Posted by tantris at 21:51Comments(0)TrackBack(0)IP電話

Googleディレクトリに登録

Googleディレクトリに私のHPがようやく登録されました。
毎日チェックしていた訳ではないのでいつリンクを貼って貰ったのか細かい日付は分かりませんが、それでもここ数日間のことだと思います。
dmozに登録されたのが6/26ですから、Googleディレクトリへの登録は約1ヶ月半の遅れですね。

Google(World > Japanese > コンピュータ > インターネット > 接続)

リンクを貼って貰った上記のページのPageRankは6点で、今までのリンク元では最大のPageRankです。
このリンク分が反映されたときの、HPのPageRankがどれだけ伸びるかが非常に楽しみです。

Googleディレクトリは、DmozのデータにPageRankをプラスして表示していますが、私のHPには4点ものPageRankが付いております。
実際にはまだ2点しかないのですが、これは次のGoogle Dance時には4点になるということを示しているのでしょうか?
それとも単なる暫定PageRankでしょうか?

暫定PagerRankは1つ上のディレクトリのPageRank-1になる、と言うのをどこかのサイトで読んだ覚えがあります。
1つ上のディレクトリである www.eonet.ne.jp を見てみますと、ぴったり+1点である5点。
ということはやっぱり単なる暫定PageRankか…。
  
Posted by tantris at 21:29Comments(0)TrackBack(0)SEO対策

リダイレクトさせたときのPageRank

予定は未定であって決定ではない:googleはプロトコルを見てるのか?
いきなりですが、googleのページランクや評価ってのはプロトコルの違いを見てるんですかねぇ? プロトコルっていったって、80番か443番かの違いだけなんですけど。
いやいや、gare−ccAのサイトは80番でアクセスしてきたら自動的に443番に移るようになってるんですけど、ヤフーとか様々なサイトに登録されているのはhttp・80番なわけなんですよね。技術的には80番の場合、ヘッダで443番に動いてるんですが、そのあたりのヘッダ処理をどのように扱ってるかって感じなのかも。

「link:http://gare-cca.jp/」と「link:https://gare-cca.jp/」でそれぞれの逆リンクをみてみますと結果が異なりますので、Googleはこの2つを別ページと認識しているようです。
ですからリンクがhttp側とhttps側とに分かれていたら、PageRankは2つのページに分散されることと思います。

一方、自分の会社のHPの場合は、「www.hogehoge」にアクセスがあったときにwwwの無い「hogehoge」にリダイレクトさせているのですが、これらの逆リンクを見てみますと、同一の結果となっています。
Yahooのカテゴリーに登録する場合必ず「www.」が必要なため、リンク時のURLがwwwありとなしに分かれてしまっていますが、PageRankは分散されていないようです。

前者が別ページと認識されてしまうのは、プロトコルだからというより、リダイレクトの方法の違いだと思います。
前者が具体的にどのようにリダイレクトさせているかは分かりませんが、後者はステータスコード302でリダイレクトさせています。
RFC的に言いますと302(一時的な移動)より301(恒久的な移動)を使うべきでしょうが、今のままでも特に問題が起こっていませんので、そのままにしています。

ですから、同一のページでもリンク時のURLがどうしても異なってしまう場合には、ステータスコード3xxでリダイレクトさせると、Google的には同一ページだと認識するため、そのページのPageRankがそれぞれのURLに分散されずに済むようです。

ちなみにYSTの場合は、wwwありとなしで同様に逆リンクを行うと異なる結果となります。
したがってYSTでは、3xxでリダイレクトさせても別ページと認識されてしまうようです。
  
Posted by tantris at 08:11Comments(0)TrackBack(1)SEO対策

2004年08月09日

このブログへの検索キーワード

SEO対策の対象としているいつものHPではなく、このブログに対する検索についてです。
このブログもアクセス解析可能なようにして日はまだ浅いのですが、このブログに対する検索キーワードが面白い(?)結果となっています。

このブログのメインテーマはSEO対策で投稿記事もSEO対策のカテゴリーが一番多いのですが、10位までにその手のキーワードが全く入っておりません。
ほとんど投稿していない、「QV-5000PVR-J」・「DAD-M100pro」・「DivX」等のSEO対策と全く無関係な雑談記事に対するキーワードばかりが上位に並んでおります。
こららのキーワードでこのブログにきて貰っても、その手の記事はその発言しか無く、しかもその発言自体も情報量がほとんどありませんので、ある意味申し訳ないのですが。

それにしても肝心のSEO対策がらみで誘導されないのは何でなんでしょう。
まあSEO対策を話題にするようなページは、当然ながらその手のキーワードでSEO対策されていて、それらのページが上位表示されているからなのでしょうね。
自分自身が上位にこれないようなページに書いてあるSEO対策は、誰も信用しませんから。
  
Posted by tantris at 22:12Comments(0)TrackBack(0)SEO対策

2004年08月08日

国際試合を行うホスト国としての資格

それにしても中国。この国は国際試合を行うホスト国としての自覚があるんでしょうか。

まず試合開始時の国歌斉唱でのおきまりのブーイング。
重慶は特に反日感情の激しいところだから、と言い訳しておりましたが、北京に行っても同じでした。

試合中のブーイングに関しては、国際試合で当たり前の話なので特に何も言いません。
ただ、試合中にものを投げるのは、国際試合うんぬん以前に駄目でしょう。

そして日本が3点目を入れた直後に観客が帰っていったこと。
確かに試合の趨勢は決まりましたが、この後に表彰式があるのにそれを無視していました。
日本憎しとはいえ、表彰式の前にさっさと帰るというのはあまりに常識はずれです。
しかも中国はアジアで準優勝という成績を上げたのにもかかわらず、その健闘をたたえようとすらしませんでした。

そして表彰式。
TVでは5割ぐらいと言っていましたが、どうみても2〜3割程度しか観客がおらず、寂しい表彰式となっていました。

まず得点王の表彰から始まりましたが、全く観客の反応無し。
準優勝した中国に対してすら、ほとんど拍手無し。
今の中国の実力からすれば準優勝は十分健闘に値すると思うのですが。
さらに日本に対してはやはりブーイング付き。

試合中はともかく、試合を終わっても祝福できないような国は、二度と国際試合を行って欲しくありません。

そして試合後の暴動。  続きを読む
Posted by tantris at 09:57Comments(0)TrackBack(0)サッカー