<追記>
Ujico*/Snail's Houseの関連記事はこちら



わたしが密かに応援していたサウンドクリエイターのUjicoくんが
メディア初登場ということで
ネットラジオを聞きました。

Ujicoくんは日本人、18歳の男の子。

そのキラキラな音楽は
ゲーム音楽のようでもあり
クラブミュージックのようでもあります。

初めて聞いたとき、
これは今後「くる!」と思い、
Twitterに書き込んだのを覚えています。 

2014年の冬コミでCD販売するという情報を得て、購入するつもりでいたのですが
諸々の事情で来場することが出来ずじまい。
けっこう早い時間に完売していたようなので、行ってたとしても買えたかどうか。
2015年、夏コミに早くも期待しております。

そしてつい最近、音楽関連のネットニュースでUjicoくんの
「Kawaii Future Bass」が「未来の音楽」と評され、
取り上げられました。
 
自分が「いいなぁ~」と思ってるものが
専門家の方に評価されるというのは、こんなにも嬉しいものなのかと。
とうとう彼の時代が来た!とドキドキしています。


未来の音楽がここに!?  新たな音楽シーン「Kawaii Future Bass」に迫る
http://kai-you.net/article/16783


この曲はやっぱりカワイイ!!
Snail's House(Ujico)
「Kirara EP」

https://soundcloud.com/trekkie-trax/sets/snails-house-kirara-ep

trekkie32

そしてクセになる!!

5月22日に
出演されたネットラジオ番組は
http://block.fm/program/shibuya_oiran/

川村由紀(カワムラユキ)として作詞家&作家としても活動中。の
Venus Kawamura Yukiさんの番組でした。

川村さんは
今石洋之監督の短編アニメ
『SEX and VIOLENCE with MACHSPEED』
の曲
『セックス&バイオレンスwithマッハスピードノてーま』
の作詞もされている方です。
png


「わたしの年齢の半分!」と川村さん、
Ujicoくんが18歳だということに驚きを隠せないようで
何度も
「まだ18歳ですよ!」
と言ってました。

当のUjicoくんは
堂々としていてとても賢そうに話してましたね~
(これでさらに、英語ペラペラなんだから、ますます賢そうですよね。)

今は、作曲に全力をそそいでいて
曲を作ったら、新鮮なうちにクラウドにアップしてるそうです。

実際、Twitter見てると
毎日曲を作っているのがわかり、
その集中力に驚かされます。

この日、紹介された曲のなかには
川村さんから依頼があって1時間で作ったというものもありました。
 
「全ての種類の音楽を作ってみたい。
 その一つがKawaiiだった。」

ピアノは習ったことがなく、独学。
小、中の習い事は野球と柔道。

野球は今もやっているようで、
先日のtwitterでは、「ホームラン打った!」と喜んでいましたね。 

「親がもともと音楽方面の方で」
と話してました。

YouTubeの
Ujico*/Snail's House
https://www.youtube.com/user/loudnessfete/featured

では、彼の音楽ヒストリーが見れます。
2011年から作曲した楽曲を発表。

また、独学のピアノを弾く様子も見られます。
ニュージーランドで高校生活を送ってきたときの文化祭でのピアノの発表では、
演奏後の屈託のない笑顔が見られ、
音楽をまさに楽しんでいるのがわかります。 

川村さんからは
「堂々としていて、10年ぐらいやってます、って感じですね。
素晴らしい才能です。」
と言われてました。

川村さんが、インスタグラムに写真をupしてくれてました。
Ujicoくん、まだまだ幼い感じがするねw
30

若き才能。
その若さから、私達は驚きを隠せえないけれど

作り上げられた作品が私達の耳に届くとき
それには年齢も国籍も関係はない。

音楽は、そのもの自体の良さで評される。



私達は、これからそれを間違いなく実感するだろう。

Ujicoの作り出す音によって。 



6月20日に秋葉原でイベント出演するそうです!
要Check! 


Ujico*/Snail's house

https://soundcloud.com/ujico