晴れる日ばかりじゃあない

色々ありながら何とか40代にたどり着いた男、妻1子供1のブログです。思い込み、知ったかぶりが散見するでしょうがそこは小心者の独り言として受け流してください。

2007年09月

オネアミス

 雨、雨、雨、のち仕事。お客、お客、お客のち子供、そうのうちに様。野菜、果物の循環。明日は棚卸し。ああきりがない・・・

 何だか昔良く見たアニメ映画を思い出しました。「オネアミスの翼」。監督が監督だけにお宅映画の代名詞みたいに言われるのですが、映画は完全1回完結(簡潔?)で全く予備知識のいらない映画。観客の方から歩み寄っていかなければいけない映画が多い日本のオタクアニメとは違うスタンスの映画だと思っています。ま、今は内容はともかく、その中のワンシーン。ヒロインがどこかで稼いできた生活費を床に落としてしまってそれを拾うシーンがあります。何だかお金の持つイメージ、またそれにまつわる人間関係をとても短いシーンに凝縮していてたまに思い出すシーンです。

トムソン

 何だか妙な感覚に飛び起きると既に7時を回っていました・・・・

 閑話休題。仕事から帰ってきて、机の上に散らばっていたCDのなかからヴァージル・トムソンのCDをコピーしながら聴くことにしました。学生時代以来久しぶりに聴くCDです。モノラルの古い録音で狭い音域でしゃーしゃーという弦の音です。でも曲調と相まって何だか古い映画のシーンに引き込んでくれるような感じが好きでした。その頃の感慨にふけって疲れをいやしていました

またか

 このところ仕事で嫌なことが立て続け。かゆみ止めがよく効いてきたのでもう寝ることにします

残念なこと

 今日はちょっとした事の事後処理から職場に半日いました。解決した・・・かなあ。終わったのは2時半それから書店によって買い物をして帰宅です。
 いつも読んでいる週間のモーニング読んでたら、あまり好きでない「神の雫」という作品が目にとまりました。何故これがあまり好きでないかというと、取材がいい加減でいかにもとってつけたようなワイン蘊蓄になってしまっているところです。格好をつけるためにいろいろな高尚な香りのする物を取り込んでいるのですが、それがいつも中途半端。私は音楽の事ぐらいしか判らないのですが、それがいつも気になります。今回もやってました。何故か外でピッコロを吹いているお兄ちゃんが出てくるのですが、完全に手が逆。それぐらい良いではといわれそうなんですが、それはたとえば「赤とロゼなんて大して違わない」と言うことと同じ気がします。以前にもこんな事があったのでこの漫画はとても付け焼き刃的知識の漫画と思ってしまうのです。最近のコミック作家がとても取材を良くして書いていることが多い中で残念な作品でした。

結論は毛虫

 比較的空いていた日。一昨日からのかゆみはいよいよひどく、熱を持っています。もう夕方には我慢できなくなって近所の皮膚科に。見せたとたんに「ああ、毛虫ですね。毒蛾ですよ。今時期多いんです」とのこと。そういえば去年も何だか同じ状況だったような。細かい毛が抜けて服の間に入り込んでしまうとのこと。公民館の駐車場の植え込みは要注意ですねえ

か、かゆ〜〜〜い

 とんでもなく混雑した火曜日。朝から大忙しだったんですが、昨日のじんましんが右半身に広がってかゆいのなんの。
 夜はオケの演奏会の打ち合わせでした。今回は少しだけ早めに動き始めています

最後にじんましん

寂々として(海)
上の写真は今日も行ったというわけでは無くて、たまにはPixtaの写真も宣伝しようかなということです。

で、本日は朝仕事に出かけるパートナーを見送った後再度布団へ。近所の工事がうるさいので、ヘッドフォンをして横になりました。ルーセルの交響曲全集。程なくして眠ったらしく、次に気が付いたときは「あれ・・これ4番の終楽章じゃ・・・!え!!」二つの全集を通して4時間、時間はすっかり13時を回っていました。
 一日の半分が既に終わって仕方がないのでご飯を食べた後オケの書類を作った後、水泳にだけ出かけそのまま吹奏楽団の練習へ。終わって帰るときに妙に腕がかゆいのです。帰ってみてみると、久しぶりのでこぼこじんましん。左腕全体に広がっておりました。今晩寝られるかなあ・・・

秋の虫もやっと

 職場でのほとんど合い言葉のようになっているのが「お彼岸なのに暑いね」。確かに何故かとんでもなく暑いです。しかし、朝や夜はさすがに過ごしやすくなりました。あんなに頑張っていたセミもさすがに・・・。
 今日はそんな暑さも少し収まって過ごしやすい中、かなり痛いミスをしてのスタートでした。本当に胃がしくしくします。

妙に不安です

 明日への不安がいっぱい残る日になりました。もうあまり自分に言い訳したくないなあ

あまり売れない一日

 何だかまだ昨日の波の音が頭の中に残っているような雰囲気で起床です。ああ、現実はつらいなあ。あそこでいつまでも座って眺めてたかったなあと思いながら車を走らせました。今日はまたとんでもなく人出の少ない日で、暇なはずなのに社員の相方が裏に引っ込み放しだったので走り回っちゃいました。ぜーぜー。
 仕事が終わって久しぶりにサンマを購入。脂がのっていて良い香りでした

海にひかれる

 18年間歩いて海に行けるところにすんでいましたので、何となく海が恋しくなりました。
情景
そこで、先日いった波?の海岸へふたたび。今度は夕暮れ時をねらって行きました。
波と夕焼け
 つもりだったのですが途中で別の被写体に浮気したり美味しいそうなラーメン屋さんを見つけて立ち寄ったりしているうちに何と太陽が地平線ぎりぎりまで来ちゃってるじゃあありませんか。しかも鹿島の工業プラントをぶち抜く幹線道路はちょうど仕事が終わった車で大混雑でした。
夕暮れの風車
 それでもいろいろ写真が採れて大満足でした。ふと風車を見上げると上の機械の部分に灯りがついている物があります。扉が開いていてそばに車が止まっていましたのでメンテナンス中だったんでしょう。巨大な風車、多分上の部分も私のアパートの部屋ぐらいのスペースはありそうです。登ってみたいなあ・・・

明日からお彼岸

 ということなんですが、お盆ほどはお客さんこなかったです。平日ですし。でも売れなければ売れないで精神的に疲れますね

たまにはお外で楽器

 先日の練習でちょっとやばいなあと思ったせいでもありませんが、今日はお外で練習です。ただ楽器がでかいのであまり響き渡らない場所を選んで・・・結局いつもの洞峰公園でした。以前ちょくちょく練習していた北部公園はちょっと遠くなってしまったので。さて楽器を取り出して音階練習をしていると、小さな男の子がこちらをじーっとみて固まっていました。
 一通り60の音階を吹いて、練習曲をさらって、今やっている曲をさらったらすぐに1時間でした。今度はプールに行って泳ぎ、そのまま自宅へ帰りました。今日は少しだけ充実しました

秋風ももんわり

 売りました!売りました!今日は本当によく売れました。そして今日は私以外は新人さんとおばちゃんが3人。みんなよく頑張りました。この人数でそれだけ売りさばいたんだから無理させてると思います。私はといえば、今朝は気温の変わり目によくある浮遊感が取れなくて少し不安なのでいつもより少し早くいって職場の駐車場で他の方がくるまで寝てようかなあと思ったのですが・・・5時50分もう鮮魚がきてるじゃありませんか。あ・り・が・た・い・な〜〜と思いながら仕事開始です。
 で、実は今日はそれほど売れないだろうと思っていたので夜の吹奏楽の練習にも間に合う腹づもりだったんですが、見事に遅刻。一日ずっと気になっていた脚のしびれが、練習の最後の最後に強烈な脚のツリになって帰ってきました。立ち上がろうとした瞬間だったのでそのまま前のめりにどたーんと。痛いよりも恥ずかしかったです
 帰ってからこの前ダウンロード購入してから聴いていなかった音源を聴いていました。Wouter Lenaertsという作曲家の「ヴェニスの夜」という曲が良かったですね。ネットで作曲家の事を調べていたら友人Aのサイトにしっかり紹介されていました。さすがだ。フルートソロとバンドのための曲。あいつなら吹けそうだから、次回の候補曲に・・・

セールス電話

 日曜日に社員二人でちょっと厳しい一日でした。しかも蒸し暑い一日。で、数字が全然伸びなかったので、売上げの速報を見る度に胃がきゅーっとなります。帰ってきたら9時を過ぎてマンションの購入勧誘のお電話。このクラスのアパートはすんでいる人が生活が次のステップに上がる可能性があるひとが多いからこういった電話もチラシも毎日のようです。絶対不動産会社が情報を垂れ流しているなあ

風車

風車
 休みで昨日からパートナーとちょっと喧嘩状態。ま、昼過ぎには何とか小康状態になって私もちょっとわだかまりがあったので、海に行くことを提案。で、銚子の手前の神栖の海岸まででかげることにしました。海岸線に着くとなにやら巨大な建造物が。風力発電の風車が並んでいたのです。あまりのスケールの大きさに圧倒されました

売れた〜〜

 今日は最近にない好成績な日でした。不振だった果物もよく売れて、チーフのいない中残りのメンツでてんやわんや。ま、売れたから良かったんですがこれで売れてなかったら・・・
 仕事が終わって明日は時間が取れそうにないので今日のうちにプールへ。

パヴロワ

 パヴロワという作曲家をご存知でしょうか?私は昨日まで知りませんでした。本当に偶然にNaxosというレーベルのサイトを見ていて見つけたのです。ちょっと重たい曲から離れたい気分の時にちょうど聞きやすそうな感じの曲解説で、早速ダウンロードして購入してみました。最上のサントラのようでとても聴きやすく、それでいてサントラのように時間に縛られないのでとても良かったです。
 って、こんな事を日記に書くぐらい今日はあまり良いことが無かったのです。この聴きやすい曲でも聴いて布団かぶって眠っちゃいましょう

安部首相辞任

 仕事の昼休みにお弁当を食べながらちょうどテレビで放送していました。安部首相の胸中は無念か悔しさかあるいは解放されることの安堵か、テレビで見ただけでは判りませんでしたが・・・。ただ今回年金問題にしろ国際貢献に(格好つけているだけかもしれませんが)しても、じゃあ民主党が何らかの答えを持っているようには思えないんです。それだったら、問題を生み出した側の人間、今までの実務にからんだ人たちの方がまだ解決策を持っているようにも思えるのです。しかし、舛添要一さんがどこまでやれるかも疑問があって、いつまでも学者上がりのコメンテーターのような活動では内容が無いなあ、なんて偉そうなことを
思ったりしながら昼休みが過ぎていくのでした。今の私には自民党の次の党首よりもこのあいたスペースに何を出すかのほうが大きな問題なんです

体調も天候も

ランチ
どうもぐずついております。そんなときぐらい家にこもっていればいいのに休みの日には外出しないともったいない気がして・・・。というかアパートの前の空き地に新しいアパートができるらしく、朝からユンボが忙しそうに動いていたからなんですが。それでも昼ぐらいまではぐずぐずし昼からあまり無理をしない程度に泳いで、書店にいったりしているうちに夜。

妙な浮遊感

 妙な浮遊感。昨日から続く痛みを鎮痛剤と風邪薬で押さえ込もうとしたせいでしょうか。何だか動いた先で体がぶれているような感覚。それは面白い感覚でもあるんですが、調子に乗って動いてると足下が怪しくなるので注意しながら仕事していました。
 夜は少し早めに退社して余裕を持って吹奏楽団の練習へ。今日は楽器を持ち上げるときが危なそうだったので。今日は妙にダンチョーの音が小さいなあと思っていたんですが、多分風邪と鎮痛剤の関連の神経に作用する薬(よくわかってないなあ)のせいであまり聞こえてないだけなんでしょうね。吹いている自分の音も正直いつもほどは敏感に聞き取れていなかったような・・・。斜め前に座っている友人に私の不調が伝染したかのように、調子が悪そうでした。アマチュアでは第1級の腕前を持つフルート吹きの彼があれほど苦労している姿というのは記憶にありませんでした。ただピッコロを吹ける人というのはすごいなあと思います。息の細さはまさに針のようですから。私はいろんな事情から必要に迫られてフルートは音を出せるようにしていました。曲はだめでもとりあえず音だけなら3オクターブは何とか(もう指は忘れましたが)ところがピッコロはだめなんですね。2オクターブのソぐらいから怪しくなってすぐにバジング(金管楽器を吹くときのように唇がぶるぶるすること)になってしまいます。あの細いエアービームをコントロールする技術だけでもものすごいことです。
ちなみに、フルート奏者はビンを吹いてならすときも、他の人が出す音の1オクターブ上(第2倍音)は楽に出せて、上手い人だとその更に5度上を出すことができる・・はずです。お近くのフルート奏者に試してみてください

絶不調

 今日は朝からとんでもなく不調でした。なんとかかんとか仕事を終えて8時くらいに帰宅。薬を飲んで横になってラジオをつけると、坂口安吾の長男なる人がしゃべっていてとても面白かったです。一番興味をひかれたのは「自分が死ぬんだと言うことに気づいた瞬間を覚えている」という所。私も何故か「自分が生きている」ということに気づいた時の事を覚えているんです。彼の年齢よりはかなり下だったせいか「死」とは思わなかったようですが。とにかく寝るために暗くなった部屋で、隣の部屋の灯りがドアの隙間から漏れてきていて、両親が晩酌をしている。その時のつまみはかまぼこでした。何故こんなどうでも良い光景が記憶に焼き付いているのか不思議で仕方ないんですが。そういえば、ブラッドベリの「タンポポのお酒」という小説の切り出しも同じような主題でした

花火

 昨日とはうってかわって朝から快晴です。朝から花火の音。近所の学校の運動会が無事開催されることを知らせる音でした。考えてみると21世紀になっても運動会の朝には花火が上がっていると、誰が考えていたでしょう。運動会ってどことなく20世紀の空気が漂うような気がします。
 仕事が終わって家で掃除をしていると、また花火の音。今度は近所の牛久沼方面で花火が上がっているようです。今は花火大会に行く余裕がいつもなく、行き当たりばったりで出会う以外に花火に出会うことはありません。でも、遠くの花火が屋根や塀の隙間から見え隠れして、時間差のどーーんが聞こえてくる風情って好きなんです。そしていつもそうなんですがカメラを用意しようとするとだいたい終わってしまうのです。今回もそうでした。ま、無理をしてデーターに変換するよりも花火くらい心の中に投影しておきなさいと言うことなんでしょうか。家々の屋根を渡ってくる花火の音は格別の風情でした

台風一過

 朝から何だか熱っぽい体を引きずりながら台風のもっとも激しい時間帯に出勤しました。途中並木の枝がたくさん落ちていて、それをよけながらです。午前中は暇だったのですが午後からは明日運動会の学校があることもあり結構な来客でした。ただ、やっぱり熱っぽいこともありまた電話したらチーフも熱が高いとのことでへばった声を出している。これは明日休む可能性があるなと思い、まずは自分が復調しなければと5時過ぎには退社してしまいました。

台風進路決定

 昨日ぐらいまで進路が決まらなかった台風君も心を決めて関東に上陸することにしたようです。おかげで朝から降ったりやんだり。いまキーボードを叩いてるときにはもう降りっぱなしです。困ったことには明日私が出勤する早朝の時間帯に一番激しくなるとか・・・。ま、仕方がありません。
 今日は一日カメラは持ち歩きましたがそんなわけでほとんどシャッターを切りませんでした。昼過ぎに水泳と昼食、その後髪を切ってからは晩ご飯の買い物を済ませて家にこもって音楽を聴いていました。トンカツを揚げながら。途中からこれもよく聴く落語に換えたんですが、今までよく聴いていた「幽霊長屋」というお話が実は前半であることに気が付きました。何しろ古い録音で会場のざわめきと気の早い拍手に混じって「幽霊長屋の序でした」と噺家がいっているのを今まで聞き逃していたのです。私は寄席で真打ちの話を聞いたのはたった1回「強情灸」だけですのでライブである寄席の事情はよく知りません。ただ少なくとも録音された物で考えると2つに分かれる噺の場合圧倒的に前半部の方が多いです。この話もきっとだまし損ねた男が引っ越してきて一騒動といくのでしょうが、今まで一度も聞いたことはありません。江戸言葉のオンパレードで落語の超絶技巧的な「大工調べ」も今まで4種類ほど聞いたことがありますが、大工の松五郎が御奉行に訴え出た後の話は聞いたことがありませんね。落語は時間短縮のためか前半で終了できるようにできているようですね

台風迷走中

うつろいやすい天気
朝から晴れと土砂降りが次々におこるとっても不安定な天気でした。
どしゃぶり
雨上がり
 午前中はちょっと所用をこなして午後はパートナーとお出かけ。といっても給料日前の雨降りの日ですから、どこに行くと言うこともなくただプラプラと。最後は彼女の実家にいって歌がとても上手な義母を誘ってカラオケへ。「津軽のふるさと」とか「悲しい酒」とかとても難しい曲をさらっと歌っていました。すごい

〆は雨

 今日が終われば連休と思ったのがいけなかったんでしょうか。今日はミスの連続でした・・・

たまった記憶3日目

 別世界から帰還した翌日もお仕事です。今日は特に人出が少ない一日でした。これは夜の練習に間に合わないかなあと思っていたら夜のバイトが来てくれて助かりました。今日は懐かしの「シンフォニア・ノビリッシマ」他の練習です。いつまでも懐かしがっていられないのですが、ともかく吹奏楽の曲は年々進化していることを感じさせました。

たまった記憶2日目

北浦にて
 昨日早く寝た分元気に早起き・・・ではなくて、毎年のことなんですがここでは睡眠が浅いんです。翌日いっつも眠くて。今回は期せずして睡眠をたっぷりとったのですが、質が低くて眠かったです。それでも、毎年恒例の撮影散歩に出かけました。今回は北浦大橋を渡った先に行ってみました。あの橋を越えた先はアントラーズのお膝元鹿島市なんですね。午前中は分奏、午後から前奏でほぼ全曲演奏しました。

ため込んだ記憶1日目

 用事があるって前々から伝えてある日に限っていっぱい仕事を残して自分は先に帰ってしまうのは、どうでしょうね。ともかく、予定が大幅に狂った吹奏楽の合宿へ。各方面に迷惑をかけて言い訳ができません。とりあえず途中でコンビニの弁当を食べて門限前に何とか到着。汗だらけの体を洗って、一息・・・ついたつもりが・・・記憶は世界陸上の400mmメドレーのあたりまで。合宿の真の目的である飲み会は盛り上がっている中、私の睡魔も増殖。次に目が覚めたのは2時過ぎでした。
Recent Comments
livedoor 天気
Profile

tanukawa2006

山口県の下関市から茨城にやってきてもう茨城の方が長くなってしまった30代男妻一人子一人です。下手の横付きでいろいろ手を出していました。今の主な趣味は写真と楽器。生き甲斐は子供。
下記もよろしくお願いします
<アルバム>
http://pics.livedoor.com/u/tanukawa2006/

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor-pic
zorgフォト
  • ライブドアブログ