晴れる日ばかりじゃあない

色々ありながら何とか40代にたどり着いた男、妻1子供1のブログです。思い込み、知ったかぶりが散見するでしょうがそこは小心者の独り言として受け流してください。

2008年07月

真夏の忠臣蔵

 朝からぼんやりした頭痛。ひどくならなくてよかった。今日は月末の棚卸し準備に加えてお盆期間の発注があり、とても大変になることは目に見えてましたから。この時期大好きな大好きな桃のシーズンでうれしいのですが、同時にお盆があって大変です。お盆とか正月とか時期を決めずにフレキシブルで行うようにすればいいのに。宗教改革?
 9時半を回って帰宅。夕食の時にちょうど浪曲をやっていました。はい、じじむさいと言われても仕方がありませんが、何せ子供の頃からうちでは自然に流れていたのです。左甚五郎や次郎長親分の子分たち、それに今日あった忠臣蔵の登場人物。たいていとても目立つ人よりも少しだけ地味なしかし味のあるキャラクターが物語の主人公。そして、落ちがなく終わってしまう。これが「〜という一席でしたばんばん」と終われば講談。落ちがあって終わるのが落語。ともかく今日は忠臣蔵でした。さて忠臣蔵なんですが、物語・フィクションとしての存在はもう否定のしようのない名作で、ありとあらゆるフィクション世界に様々な影響を与え続けています。しかし、現実に起こった事件として考えるとどうなんだろうと思うことがあります。武を行使することのなくなった武士社会。元禄の平和でとても成熟した社会のなかで、漠然と押し広がってしまったひずみが事件につながってしまったのではないでしょうか。美化されている部分をそぎ落としていくと、まず発端となった浅野内匠頭の刃傷沙汰があまりにも短絡的でお粗末。当時の法令に照らし合わされて処罰されるのは逃げようのない結果。「武士のプライドを傷つけられて、抜けないのなら何のための刀か」というのは「腕力に自信があるから、不満なことがあれば人を殴る」ということと表裏。そして、老中の大石内蔵助を筆頭にどうも浪士には人間的に問題があるように感じます。もし家族の事や事件の流れを考えるなら、浪士に加わらずに再就職先や次の人生を模索している藩士の方がよっぽど”必死”に生きている。現実的に考えると赤穂浪士の中に渦巻いているのはある種のあきらめ。また芝居によって美化されまくっている大石の言葉もいわばごまかしでその場逃れ。瑤泉院にはもちろん、身内である藩士にもどうもいいことばかりを”匂わせ”そのくせはっきりしない。だいたい浪士の選択があやふやで、本気で最初からあの事件を起こそうとして選んだ人選とは思えないところが。どことなく「弱い」人間を(腕力のことではなくて)選んでいるように感じます。もしかしたら大石の本心は「そのうちあやふやになった上に、みんなが適当になってしまって取りやめにならないかなあ。そうすれば『おれはこんなにがんばったのに、みんながついてこなかった』と言い訳ができる」。と、ここまで書くといろんなところからお叱りを受けそうです。でも、ストレスを感じながら生きていたのは何も浅野内匠頭ばかりじゃない。たぶん吉良上野介もずいぶんなストレスを受けながらも生きてきた人だと思います。家の実質が伴わないで、家名ばかりの家柄。それを揶揄されることもあったのでは。息子は名門大名へ養子に出され、そこでの歌舞伎三昧が元で上杉家にとんでもない借財を追わせた張本人と後々まで後ろ指を指される。それでも領地の治世はきちんとしていた。欠点があっても何かをやり続けた事は、刀を抜いたことよりもはるかに偉大だと思えるのです

いよいよお盆が・・・

 近づいて参りました。ヘビーな1週間。・・・なにかいいことないかなあ・・・

説明

 最近自分の行動がとても気になる。頭からのコマンドとアクションが一致してない。よく物を落とします。ひげを剃りに洗面台へ向かい、歯磨き粉と歯ブラシを手に取った。新聞を取りに行って、玄関先が汚れていたので片付けて新聞を忘れた。コーヒーを入れて、すっかりさめるまで手をつけていない。週に3回は通っているプールの発券機でお金を投入するところを探してしまった。今まで何度もさらっている曲の一部が突然読めなくなってしまった。今日の日替わり品の発注を落としていることが判明。銀行によって、コンビニと衣料品店に行く予定にしたのに、一番最初にコンビニによってしまった。今日一日で思い出せるだけでもこれだけ。なんだかものすごい勢いで脳みそがおかしくなっているんじゃないだろうか。あー頭の中がうるさい。この場所に来るべきは本当は私の方ではないか
廊下
 不安になって、いろいろネットで検索。そんな時偶然に知人の事がヒットした。ある製薬会社の新聞広告。載っていたのは知っていたんですが、ゆっくり読んだのは初めてでした。その企業のHPにそのまま掲載されているいわば看板。内容がまたすごかった。私はいつもご本人に圧倒されているのですが、地道な研究とその成果をちゃんと打ち立てている人。そしてそれが社会に貢献されている。自分のことすらままならない私は容赦なく吹き飛ばされる文章でした。別なブログでも感想を寄せている人がいましたが、素直に感動しました
薬
 頭の中が少しは静かになるときは体を激しく動かしているとき。午前中はずーっと泳いでいました。午後から所用をすませて、病院へ。今日は妻の内科の担当医からの説明がありました。甲状腺亢進状態。何でもレセプターにホルモンがずっと作用している状態が続いているとか。甲状腺はヨードを蓄積して機能する働きがあるためにヨード制限をしているとか。それでも、どうしても甲状腺の機能が収まらないときは逆にヨードを飲んで(ルゴールってうがい薬の)甲状腺をだましてしまうとか。一番最悪のシナリオも聞かされました。妻も私も共通の疑問「何でバセドー病になったのか?」には「今のところ不明」と「日本人の女性には特に多い」ということを教えてくれました。いろいろな説明がありました。今はがんばって、退院したら「あの中華料理屋に行って好きなだけ食べよう」と励ましているのです

帰ってきたMac

 再修理から戻ってきました。またまたロジックボードの交換。ずいぶんな修理です。今度はHDの中身はそのままでしたから、まあいいでしょうか。一部設定が消えているところもありましたが。それにしても2度もロジックボードを交換するとはアップルさんもずいぶんと経費がかさみましたね

土砂降りで〆

 やっぱりなんだか頭の中がうるさいです。以前聞いたラジオで「頭のいい人の頭はあまり働いていない」ということを聞いてとても納得したことがあります。確かにいろいろ、むやみやたらに考えているのはとても効率が悪く、時間ばかりかかります。ちょっと落ち着かないかなあ
ソロ
 今日人生初の出来事。なんとベットから転落してしまいました。もともと布団で寝ていたのですが、妻が入院中にベットを使わせてもらうことに。そして今朝寝返りを打ったとたんに、落下!!何が起こったのか判断するまで少し時間がかかりました。
 その後起きて車の定期点検。ついでにそのディーラーの横にある公園でガチョウの雛を撮影してみました
ファミリー
 その後一泳ぎ。そして妻の洗濯物を持って病院へ。帰るころには、とんでもない土砂降りになっていました

韓国家庭料理

 このところ常に感じるのが思考の迷走。なんだか次から次にいろんなことを考え始めて、はっきりいって頭の中がうるさい。普通にひとつのことを考えていたいのに、すぐにわきにそれてしまう。だから、考えがうまくまとまらないし、何よりも記憶力の低下が深刻。行動もどう考えても最適化していない。疲れているのかなあ
ランプ
 少しでも癒したほうがいいなと考え、妻の病室を尋ねた後最近行ってなかった韓国料理屋さんへ。このところ自分のことなので食事がとても手抜きになっていました。ちゃんとした食事を取らないと
お部屋の隅に
 このお店、あるとき何もない場所に麦畑と林の間にぽつんとできていました。今では横にパチンコ店ができてしまいましたが。それでもお店とは広大な駐車場をはさむ形になりとても静かです。そしてこのお店のいいところは、韓国の料理が僕らにとって「特別なものに感じない」こと。これはすごいです。普通、イタリアンとかフレンチとかどこも特別な料理として非日常という感じのお店ばかりです。どうもなじんでないという感じですが、ここは本当に”日常”を思わせるのです。昔遊びに行った友達の家が実は在日韓国人家庭でそこでご飯をご馳走になったときのことを思い出します。料理以上に気にっていること。それはとてもいい空間演出です

試験

投射
 午前中は普通に仕事をしました。というか、昼からの試験の時間を空けるためにダッシュ!何とか発注まで終えて、試験のある本社ビルへ。この建物、つくば市の名建造物を紹介する本にも掲載されていて、私も好きな建物です。ただし、各店舗はあんなにきつきつの作りをしているのに、本社ビルだけやたら贅沢な建造物という感じがしなくもありません。でも、好きです。
 で、試験なんですが・・・・だいたいできたなと思って安心していたら終了間際、トンでもないポカミスをしていることに気がつきました。あ〜あ。面接は普通にできたんですが、その問題がとても気がかりです

香り

どうしてあれほどの臭いがするんでしょう。腐ったジャガイモ。経験のある人には分かるでしょう、虫歯をこじらせた時の臭いを何倍にもした臭い。そして今日の記憶のど真ん中に居座られました。
仕事の後ギリギリで病室へ。開口一番「うなぎ食べたい」無理です。
また昨日人間じゃあない奴が事件を起こしました。本当に言葉がでない。許すとか許さないと言う事は人に対して言う言葉です。

今日も行けなった

あつーーい一日でした。お店の中は冷房が効いていますが、それは売り場だけの話。バックルームは大きく口があいた構造になっています。それにしても今日はいろいろありすぎました。きつい一日でしたが、若い社員といろいろ問題点を話し合う機会ができました。
 仕事が終わってテレビをつけるとNHKで郷里の山口県は下松市が出ていました。知らなかったのですが、下松市は有名な新幹線工場の集まる町なんだそうです。それで私も一度だけ夜中に道を走る新幹線を見たことがあったのですね。でも、幼いころの記憶だし、夜中で車の中で寝ていたので今まで夢かと思っていました。番組では車両の外形を作り上げる板金職人さんが出ていました。わたしは以前の仕事で楽器の修理をしてました。小さなハンマーでこつこつ金属をならしていく作業もよくやりました。もちろんそのレベルはお粗末だったんですが、あの均等に同じように鳴るハンマー音と打点がとても美しいさまがとてもハイレベルであることだけはわかります。ものすごいプロフェッショナルな仕事でした。

今日も行けなった

あつーーい一日でした。お店の中は冷房が効いていますが、それは売り場だけの話。バックルームは大きく口があいた構造になっています。それにしても今日はいろいろありすぎました。きつい一日でしたが、若い社員といろいろ問題点を話し合う機会ができました。
 仕事が終わってテレビをつけるとNHKで郷里の山口県は下松市が出ていました。知らなかったのですが、下松市は有名な新幹線工場の集まる町なんだそうです。それで私も一度だけ夜中に道を走る新幹線を見たことがあったのですね。でも、幼いころの記憶だし、夜中で車の中で寝ていたので今まで夢かと思っていました。番組では車両の外形を作り上げる板金職人さんが出ていました。わたしは以前の仕事で楽器の修理をしてました。小さなハンマーでこつこつ金属をならしていく作業もよくやりました。もちろんそのレベルはお粗末だったんですが、あの均等に同じように鳴るハンマー音と打点がとても美しいさまがとてもハイレベルであることだけはわかります。ものすごいプロフェッショナルな仕事でした。

日無坂

 朝からあい方が遅刻というハプニングでスタートでしたが、今日は何とか病室へ行かなければと心に決めて大急ぎ。コンナ日に限っていろいろあるものですが、かかる火の粉も振り払い何とか面会時間内に会うことができました。
 「とにかく暇」「・・・が食べたい」が口癖になっている妻。いい機会だからと本をいろいろ買っては見たのですが、やはり好みがあるためにはねつけられてしまうものもあります。でも、暇なんでしょうね「読むのがめんどくさい」と言っていた「クライマーズハイ」も「歴史ものはドラマか映画がいい」といっていた藤沢周平「たそがれ・・・」(SEIBEIがうまく変換してくれない)も読み終わりそうです。で、はねられた本はといえば、私が読んでいます。そんな1冊安住洋子「日無坂」。これは久しぶりに時間を忘れさせてくれる本でした。「最後まで一気に読みました」という事は言いませんが、時間が空けば必ずページをめくっていました。江戸の情景が、もちろん見たこともないのに目の前に広がる小説でした。私にとっての最上の小説の第1条件である、簡潔で無駄のない文章のお手本のような本でした。もう登場人物が「かっこいーーーー」。妙な表現かもしれませんが現代小説の時代小説でした。それほどまでに、舞台が江戸時代というだけのリアルな設定。まるで、夕暮れの長屋の縁台に腰掛けて事の成り行きを傍観しているような感じを受けました。最後の栄一郎と伊佐治の兄弟が歩いているシーンを読んでいるときにはもう頭の中でジプシーキングが流れはじめ、勝手に作り上げたキャストがエンドロールで登っていきます。この数日で本を人に薦めることの難しさを切々と実感していますので、<薦めません>が気になった人は

安住洋子著 「日無坂」 新潮社

入院4日目:今日はいけません

 今日はさすがに日曜日。とても面会時間まで間に合いそうになかったので、最初からいけないことにしていました。しかし、思った以上に遅くなり、せっかくのマックの修理回収にも間に合いませんでした。一刻も早く修理したいのになあ。
 ただいま妻の洗濯物がコインランドリーの中でぐるぐる回っている間を利用してネットカフェです。久しぶりにインターネットラジオを聴きながらの入力なんですが、このTBSのクラシックチャンネル。作っている人(パーソナリティーではなく)はあまりクラシックを聞く人ではないんじゃないでしょうか。とにかく曲間がまったくなく、時にかぶってまでいて、のりが完全にJ−Wave。楽章単位では一応全曲流してくれてはいるのですが、時折曲調が大きく変わるところまでということも。・・・落ち着きがない。提供する側の音楽に対する愛情が薄いような。理想を言えば、やはりNHK−FMのクラシック番組の解説のテンポや曲への導入が一番いいです。海外のネットラジオにはそんなところもあるようですが、やはりどことなく違和感がありますし、何せ英語の解説がするすると頭に入るような語学力は持ち合わせていませんから。・・ああ、NHKさんFMやめてネットラジオにしませんか?そうすれば専門チャンネルをいくつかもってユーザーの要望にこたえやすくなるように思うのですが。以前、FM放送廃止論を耳にしたことがありましたので。

梅雨明け:病院食

廊下
 今日の出始めは昨日とほとんど同じです。妻の洗濯物を急いでやり、簡単な食事のあと洗濯物が乾くまでの間水泳と楽器の練習。今日は昨日のような胸の痛みがなく3キロ泳ぎきれました。
 終わった洗濯物と頼まれたものをもって病室へ。入り口から売店がすぐあってそのあとが長いんです。この4日間でいったい何往復したかなあ。病室に行ってからこ1時間ずーっと食事の話をしていました。いろいろ制限があるとはいえこれじゃあ足りないだろうなあ・・・
病院食

入院3日目

朝から洗濯と買い物.もはや外す事が出来ないヒーリングの水泳に出かけました。手抜き炭水化物だらけ料理の為か今日はきつくて、2.5k過ぎた当たりで胸が痛くなって引き上げ。情けないなあ。公園で楽器を吹きはじめたら、今日はギャラリーが10人ちょっと。嬉しかったです。もっと子供の曲仕入れておこう
面会時間に病院へ。厳重な警備は安心感があります。上半身のむくみは消えてきたかなあ。今日は子供がひときわ元気でお腹を蹴りまくっていたようです。悪運は全部マックの方に行ったと思いたいです

入院2日目

うるさいのが居なくて羽を伸ばせるかと思いきや、こちらがなんだか寂しがっています。まず自分の為にご飯を作るのが面倒くさく、手抜きです。やっぱり旨いとか不味いとか言うのがいないと
仕事を何時もよりは早く切り上げて病室で発注をやっていました

ついてないな

修理終わったばかりのマックはいよいよ駄目で携帯に逆もどり。
妻は今日から入院。がんばれ

ついてないな

修理終わったばかりのマックはいよいよ駄目で携帯に逆もどり。
妻は今日から入院。がんばれ

入院?!

マック治ってない。今度は畳模様が出てフリーズする。今度はトラブルまでに時間があるので、必要なものをコピーしています。いいんです私のようなライトユーザーですらこの八年間トラブルだらけでしたから。マックはいいです。問題は…
妻の調子が悪く、紹介してもらった筑波大学 附属病院へ。つくばに長くいますが初めて入りました。全部予約患者で1800人。先生にもう少し早く来てくれればと言われたのですが、予約が取れなかったのです。そして明日からいきなり入院です。ええ、ええ糞マックなんかぶっ壊れたままでいいです。そのぶん妻を早く治してください

メジャーな現代音楽

 最近店長からたびたび残業を減らすように言われています。でも、仕事量が減るわけでもなく、何とか複雑に入り組んだ事柄を効率よく効率よく・・・って余裕がないとうまく考えられない。余裕がほしいです。今日は何とか6時半に退社。でも、それはお昼ご飯を抜きにした結果。追い立てられて追い立てられて仕事するぐらいなら、残業したほうがまだいいんですが。本当に水を飲む時間すらないって感じになります

 さて、帰宅してから昨日ダウンロードしたアイヴスの交響曲全集をゆっくり聞いてみました。現代音楽の比較的メジャーな録音回数の多い曲を聴くとちょっと感心することがあります。それは、とても初歩的な感じ方なのかもしれませんが、複雑な曲を別の演奏者が演奏しても同じようにできあがること。「あたりまえじゃないか」といわれそうなんですが、自分が前衛音楽の演奏経験がないとあの手の曲の楽譜は適当なんじゃないかと思っていたのです。特にあまり多くの楽譜と出会っていない高校時代には。そのびっくりする最初の経験は確かこのチャールズ・アイヴスだったと思います。ちょうど録画していたN響アワーで「宵闇のセントラルパーク」という曲を放送していました。それがとても新鮮に感じ、そのカオスの体験を繰り返しするために何度も見直したのです。しばらくしてCDを買ったとき、全く別の演奏団体の演奏が基本的にほとんど同じ状態だったときの感想は「あれは、適当ではなかったの?」でした。後に前衛音楽の楽譜を見る機会があり、たいていの楽譜はとても精密に再現できるように書いてある事を知りました。もちろん中には「ボールを転がす」とか「〜秒間この音列を適当に繰り返す」とか「指揮者が倒れる」とかかなり偶然的な曲もあります。でも本当に感心したのはベリオの「シンフォニア」。今まで3種類の演奏を聴いたのですが、(楽譜の版の違いがあるそうですが)複雑なコラージュ技法を用いた楽章が同じように演奏されていたこと。楽譜にどんな風に書いてあるのか非常に興味があるのですが、未だにみたことがありません。

暑い一日

 店内は冷房が効いているはずなんですが・・・・。暑いですね。特に時折外に出たときが。今日も家庭内交渉の決裂した日。帰ってきてからが更に疲れた1日でした。

昨日の映画

 ドンドンドン!職場の非常扉をたたく音。普段ここからの出入りは禁止されているんですが、お客様駐車場に止めたりして、ショートカットする不届きものが(たいてい商品を借りにきたりあるいは、借りてきた商品を入れるとき)時折います。「だれだよ、ったく」とぶつぶつ言いながら鍵を開けると、なんとそこには本部長様が。「俺だ」・・・聞かれたな。やっぱり。

 今日はそれなりに忙しく一日が終わりました。特に書くこともなくなったので、昨日見たアニメ映画。スタジオジブリの映画でかの宮崎駿の息子吾朗初監督作品ということで、原作も有名な「ゲド戦記」(ルグインでしたっけ?)。結構ジブリ作品は映画館で見ているのですが、この作品は予告編で?と思ってしまいちょっと二の足を踏んでいるうちに公開が終わってしまいました。たいてい予告編で素直にだまされる方ですから、予告編で?というのはよっぽどのことです。で、昨日はせっかくですのでまじまじと見てみました。と言っても家事をしながらですので8割ぐらいかなあ。感想。「たぶん父親よりはいい人なんだろうなあ」。これは作品をほめたわけではありません。絵とか、構成とかどこまでも父親の影響下にありながら、作品の仕上がりに厳しい事がいえない人。そんな感じがします。テレビのインタビューで父駿氏が作品にはノンタッチ的なことを言っていましたが、たぶん本当にそうなんでしょうね。タッチしていたら、黙ってられないところが多々あったんじゃないかなあ。日本のアニメにはよくあることですが、台詞がとても説明的で独り言が多い。これは「ナウシカ」なんかで父親の方もずいぶんやってきたことですからしょうがないことなんでしょうが、父親は作品をこなすごとにすばらしい脚本になっていき、ここ数年の会話は本当にいい台詞の連続だなあと感心してしまいます。それから、これも若手と、独りよがりの傾向の強い作品に多いのですが画の方にばかり気をとられて、台詞や音声の表現にあまり気が回っていない。声優素人を使うのは親父さんの十八番ですが、親父さんのすごいところはその人の新たな面を取り出すところ。最終的に自分の手駒にしてしまうところ。若い人にはできなかった技かもしれません。また、背景美術にあんなにこっているのに画面の構図があまりにも単調で飽きてしまう。だからまだストーリーの密度の薄いうちはいろいろな事を盛り込んでいるのに、クライマックスを迎える頃になると、入れなければいけないことが多くなりすぎて、全体的に希薄な感じに。と、くそみそに聞こえるでしょうが、それでもあきらめずに作り続けてほしいです。できれば、親父の元を離れて。

まつりつくば

 街を走っていてふとまつりつくばの看板があることに気がつきました。祭りに伴う交通規制を案内する看板です。開催は8月の23日と24日の2日間。ああ、今年もそんな季節になったんだなあと思ったのですが、心はとても重かったです。所属している吹奏楽団はこの祭りで毎年演奏しています。私にとって、唯一棒を振れる本番だったんですがたぶん自分の家庭のことも解決できなく休団する羽目になっている人間に声なんてかかるはずがありません。もうすでに次の人が決まっているんでしょう。けっこうがんばって楽譜も読んで準備もして、仕事も何とか都合つけてやってきたのなあ。本当に運が悪いです、ささやかな本番一つも奪われてしまうんですから。
 というか、考えてみるとそれほど重要な存在でないからすっかり忘れられているところが現実かもしれません。ま、それでも祭り自体は年々楽しくなっているし、ほんの少しでも私のことを覚えてくれている人がいないとも限らないので、そんなほんの少しの可能性に託して来月は希望休暇を入れておこう

気がついたこと

 笑われそうなことです。今日ふと気がつきました。今気がついたことに笑われそうです。もし夫婦で女性が家事をしたことをいちいち「やっといたから」というとどうでしょう。家事が女性に偏っている家庭の方、どうでしょう。たぶんうっとうしいというか、いやでしょうね。今・・・に限らず家事はどちらかがやるべきもの。自分がやったからと言って口に出すのは控えようと、今日になって気がついたんです。また「的が外れてるね」と妻からしかられそうです。
にょきっと


サミットが終わりました

 諸事情により連休。相変わらずPCの立ち上げを続けています。これ以上の出費は抑えたいと思いつつもやっぱりことえりは使いづらいので、負けてATOKを購入。ちょうど2008が発売される直前でしたので、2007をまけさせて購入しました。以下の写真は本文とほとんど関係ありませんが本日の撮影
ネジソウ
 ところで、サミットが閉会しました。ま〜〜〜ったく関係ないというと少しだけ悔しいので、ま1億分の1は関係してるんじゃないかないかと思って感想を。とはいってもアナリストでも何でもないので、どこかのマスコミの意見をつまみ食いしています。さて今回のサミットの主要議題の一つは環境。そう、環境に関する考え方も原発がエコロジーといわれるぐらいいろいろ変わってきています。前回イニシアチブをとってきたドイツも原発やめて石炭に依存してきたために、CO₂削減がまるでだめでたたかれました。どんどん考え方が変わる時代に関係者だけがのったジェット機を飛ばして、たった数日だけいろんなところに負担をかけながら開催するサミット。このサミットで余計に出てしまったCO₂を帳尻あわせるにはいったいどれくらいの労力がかかるのでしょう。各国の首脳は確かにその国を代表する、超〜〜優秀な人材(だと信じております)でしょうがそれでも人間です。実際にいろいろ行うのはその下の膨大な数のスタッフです。顔をつきあわせて話をしたところで、どうせ後は”事務レベルで”という話になります。ならば、インターネットでいくらでも会議ができるのですから、長い期間かけてG8と言わずもっと多くの国ともネットで会談すればいいではありませんか。大容量の専用高速通信回線をサミット用に開くことなんか、実際に首脳を集めることに比べれば全くたいした労力ではないはず。次回のサミットはもう場所が決まっているそうですが、是非その次のサミットはヴァーチャルサミットにしてもらいたいです。本当に現代の文明社会を維持していくのにはタイムリミットが迫っているのです。人類は古代ローマ帝国の崩壊のあと500年も停滞した時代を経験しています。早く何とかしないと第2のそしてもっと長い停滞、いや後退の時代を迎えるかもしれません

お帰りなさい・・

 仕事もいろいろあったんですが、本日のメインイベントはマックの帰還です。数日前から見知らぬ番号からの電話が携帯に相次ぎ、無視していたんですが本日突然ヤマト運輸から「アップル様から荷物が届いています」の電話。あの電話はアップルストアーだったんですね。想像したよりもかなり早い完成でした。そして予想していた最悪の結末。ハードディククの交換とOSのリストアでした。つまり、内容は完全に出荷状態。写真とiTune用のmp3ファイルはHDに保存してあったんですがそれ以外はまっさら。とりあえず、起動すると買ったときと同じ妙な映像が。そしてセットアップウィザードが起動。ネットの環境はほとんど問題はなかったのですがメール設定が思い出せずに少し苦労しました。まあそれはネットで検索して解決したんですが、次の問題がソフトのインストール。プロダクトキーがわからなかったATOKがインストールできずに使いづらいことえりを使っています。せっかく買ったのに・・・・。そしてショックだったのは、iTuneのフォルダーがすべて消えたこと。例えていうならば400個の引き出しにきっちり入っていた荷物がすべてばらまかれた状態とでもいえばいいでしょうか。インターネットラジオを聞くためにメディアプレーヤーをインストールして、そのファイルを解凍するためのソフトもダウンロードして、どっかにいってしまったプリンターのドライバーはメーカーからダウンロードし、Google Earthのプラスの許可キーは手書きメモを偶然見つけてラッキー・・・・と、随分時間がかかってしまいました。う〜〜〜ん、知恵熱が出そう。

早く終わらせる事

今まで逃げないように逃げない頑張ってきたつもりでしたが、いかんせん残業が貯まりすぎて。やり方を考えないと

閉店

 珍しく休日が気持ちのよい目覚め。最近いつも程度の違いはあっても休日の朝が不調でしたので。さて、いろいろ済ませて今日は妻と休みがあったので一緒に出かけることにしました。妻からの提案で最近ほとんど行くことがなかった隣町の土浦へ行くことに。
エレベーター
 ここの駅構内にある集合商業施設が閉店することになり、閉店セールをやっているからです。多分土浦市民はこうした大規模小売店舗が閉店することに慣れっこになっているのではないのでしょうか。閉店セールで日曜日なのになんとすいていたことか。昔は茨城県南地区でもっとも栄えた商業都市土浦も、商業地としての面影はまったくありません。以前大型店舗が4つも5つもあった駅前も今やS&Iの入っている1つだけ。飲み会の話とかで「いつかつくば市と合併するんじゃないか」なんて話が出たりもします。しかし、実は土浦市は財政的にはそれほど逼迫してないとも聞いたことがあります。昔商業都市として栄えた記憶から現在の姿が痛々しく見えるだけで、背産業で拠点を置く企業が結構あるのです。神立という工業団地にはコカコーラをはじめ大きな企業が生産拠点をおいていますし、中川ヒューム管等本社を置いている法人も結構あるのです。そして、これもうわさですがつくば市の方が財政的にはよっぽど逼迫しているとか。今まで国の補助金で何とか派手な外見を取り繕ってきていますが、さしたる企業が本社を置くでもなく、(カスミとインテルジャパンと・・・)研究学園都市の顔のようなそんざいの各研究所も法人税収入や経済効果には結びつかないと・・・・。ま、あくまでうわさですが
アジサイ2

いろんな仕事

土曜日。明日はいつものように市場がお休みでその分余計に入荷する日です。このところ少しだけ人を動かす意味が解りかけてきました。しかし年上のば…いや女性を扱うのは難しいですね。
それでも結構早く終わったので帰りにプールへ。いつもと違うルートで行ったのでJAXAの前を通りました。いかにも宇宙に向いていそうか通信アンテナ。募集が〆切られた新規の宇宙飛行士はもう選考が始まってるのかなあ。ここで働いている人はすごいなあ。と、いい年になってしまったスーパーのオヤジが思います。

いろんな仕事

土曜日。明日はいつものように市場がお休みでその分余計に入荷する日です。このところ少しだけ人を動かす意味が解りかけてきました。しかし年上のば…いや女性を扱うのは難しいですね。
それでも結構早く終わったので帰りにプールへ。いつもと違うルートで行ったのでJAXAの前を通りました。いかにも宇宙に向いていそうか通信アンテナ。募集が〆切られた新規の宇宙飛行士はもう選考が始まってるのかなあ。ここで働いている人はすごいなあ。と、いい年になってしまったスーパーのオヤジが思います。

突然蒸し風呂

朝のうち雨が降っていたけれど、その後いい天気。蒸し暑い事この上ない状態でした
Recent Comments
livedoor 天気
Profile

tanukawa2006

山口県の下関市から茨城にやってきてもう茨城の方が長くなってしまった30代男妻一人子一人です。下手の横付きでいろいろ手を出していました。今の主な趣味は写真と楽器。生き甲斐は子供。
下記もよろしくお願いします
<アルバム>
http://pics.livedoor.com/u/tanukawa2006/

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor-pic
zorgフォト
  • ライブドアブログ